無料ブログはココログ

« 歌仙『ちゃっきり節』 挙句 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(5)        放射線技師、臨床検査技師 »

2010年1月18日 (月)

光の春がきた

光の春がきた

« 歌仙『ちゃっきり節』 挙句 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(5)        放射線技師、臨床検査技師 »

コメント

2010八女市老連広報が届きました。
山内の木附大子さん(上妻小卒業証書に名前がある校長先生の奥様)が、小学生の頃に矢部川河川敷で見た「山窩(サンカ)」について書かれています。
平田の橋本長年さんが、平田天満宮の一角に蛇のご神体を祀って以来、平田からマムシが消えたと書かれています。
古希について書かれた古希の石松さんは、古希の由来をWikipedeiaから引用されています。

うわあ。うちにもきてるかな。まだよんでいないよ。それどころか。おつしろうとえめさんに届けなければいかん、さくらさんからのさくらカレンダーもまだ届けていない。ごめん。かささぎはほんなこて尻がおもたいっちゃんね。土日、ずずうっとお篭りしてた。笑
こどもがいないってことをしみじみ感傷的になって考えていた。たった六日間旅行にいってただけなのにね。だけど大学生になったら、もう二度とふるさとへはかえらないだろうと思ったら、急にさびしくなってね。これはまずいぜよ。ぜってえやばい。空の巣症候群になるかもしれんけん、予防注射ばうたんといかん。
今日、次男は無事に修学旅行から帰ってきました。
ところで、そのきつきさんちの嫁が従姉なのですが、去年初孫ができたと言って関東へいそいそとお祝いに行きました。従姉は私より十歳上、それで初孫。なら心配すまい。せいこさんちやぼんちが早いので、なぜうちはこんなに何の音沙汰もないのかな。ってふと心配になってました。むすめは28に今春はなります、だけどけっこんしない。なんていうものですから。

あと、黒土にだけ雷がおちていたのはなぜだったのだろう。それ、きいてくれないかな。もしや、雷を祀るご神体かなんかがあったのだろうか。

おはようございます。
乙さん、サンカの文章をいつか私にも見せてください。
11月は流浪の民サンカを読んでいました。難しかったけど知らないことがいっぱいでした。
五木氏の「風の王国」にもたしか登場されますね。
ひめさん、カレンダーとても楽しみです^^

サンカ>>ページをめくったらちゃんとコピーされてました。ありがとうございます^^

あ、いえ、違いました。 いつか見せてください^^

ページをめくったらちゃんとコピーされてました...ってえめさんて千里眼?すげ。強迫観念にせかされて、打ち込んでしまいましたよ。おかげでカレンダーをもっていく暇がなくなった。あしたこそ。

おはようございます。
せかしましたか。。すみません(^^ゞ(^^ゞ
カレンダー>>ありがとうございます。。でもすみません。。今日は出かけます。。夜いただきに伺いましょうか?
サンカ>>去年、こういう風な生き方をされている人と少しだけお話しました。 
「定住」をしない不思議な生き方☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光の春がきた:

« 歌仙『ちゃっきり節』 挙句 | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(5)        放射線技師、臨床検査技師 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31