無料ブログはココログ

« 石の重し | トップページ | 米府 矢野一貞 »

2010年1月 6日 (水)

米府 矢野一貞の本

米府 矢野一貞の本

« 石の重し | トップページ | 米府 矢野一貞 »

コメント

おぉ
これが「筑後国史」ですか。
上津荒木の乙姫神社が載ってるといふ。

訂正
乙姫神社が載ってるのは「筑後誌略」じゃった。

おつしろう。ありがとう。誌名を教えてくれて。
こんど三潴図書館いったら、それもとりよせてもらう。たぶん八女図書館の禁持ち出しの鍵つき書庫をあけてもらって、一度はみている。にたような名前の本が二冊あって、それだったとおもう。筑後各地の神社を総ざらいした本ですよね、たしか。

これは、初子の日(はつねのひ)に、上津荒木から小松の苗をもらってどうの、ということが高良山物語にでていましたよね、古賀の姓の方のブログに。その神社のことですね。

いま気づいた、この「高良山物語」の題、「黒木物語」を意識してますよね。いや、まてよ。その逆。


「高良内と云う地名に就き矢野一貞翁は「内とは如何なる義にや考え得ず、強いて云わば是も武内宿禰の内に由緒ありて聞こゆ」と言っているが、是も明星嶽や現在の高良山、即ち廣い意味に於ける昔の「高良山の内の村」と云う義に解すれば少しの無理もなく解決されることになる。従って中世に所謂「高良山城」又は太平記の所謂「高良山の神」なども、決して単純な一箇所能代を指したものでなく、毘沙門嶽・杉城・明星嶽城・鶴ヶ城・吉見嶽城・東光寺城等、多くの端城までを包含した廣い地域の総称であったと考えることが穏当であろう。 」(「高良山物語」倉富了一著、その一章から)
この文章の次におかれたのは高良秋月の前書きのある俳句二句。ってことは、秋月も高良内って事ですね、広義の。いまのかんがえの外、とうじのひとたちのおもいって。

じゃなく、秋の月、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米府 矢野一貞の本:

« 石の重し | トップページ | 米府 矢野一貞 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31