無料ブログはココログ

« 上海亭のみそちゃんぽん | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(7)       歯科衛生士、技工士、補助者 »

2010年1月20日 (水)

のぞえのにきのふゆのふうけい

通りすがりの普段着写真。のぞえのにき。
にき=付近という方言、韓国語っぽい。

写真左奥のほうに△三角錐のきれいな裸木があります。
あれはなんという木でしょうか。
成田山にもあれとおんなじ木をいっぽん発見。
そのうち写真をとります。

からつぽの樹はまつすぐに立つてをり持たざる腕に風を遊ばせ

« 上海亭のみそちゃんぽん | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(7)       歯科衛生士、技工士、補助者 »

コメント

多分それは、石炭の元になったと言われるメタセコイアでしょう。
わたしはもみの木が枯れて裸になったのかと、知らないときは悲しんでいました。

これですね。教えてくださってありがとうございます。

わたしもやまももさんと同じで、通勤時に見かける大木のもみの木が一気に茶色くなって、枯れてしまったのかと悲しんだ経験があります。大仰なくらいに足元に枯れ葉の海をつくりますよね。メタセコイアは短歌の素材によく使われています。

広川町の川瀬交差点近くのメタセコイアも、
かなり大きくて知る人ぞ知る一本ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のぞえのにきのふゆのふうけい:

« 上海亭のみそちゃんぽん | トップページ | 医療と統計学  医療従事者の動向(7)       歯科衛生士、技工士、補助者 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31