無料ブログはココログ

« 社会保障制度の中の公的年金制度       乙四郎元官僚語録 | トップページ | 歌仙「ちゃっきり節」 ナウ2 »

2010年1月12日 (火)

なぜ年賀状を書きたくなくなったのだろう

というのを自己分析してみました。

夫が失業して、かささぎはそうなりました。
それまではどうしていたのかといいますと、夫の会社づきあいの分もかささぎが書いていました。
どうもそこに原因があるようです。

それがいいことかわるいことかはともかく、そのおかげで、じぶんたちのいびつさを知ることができた。
わたしは経済的に夫に全面依存していたし、夫はわたしに家事やその他の些事を依存していた。これ、当たり前だと思ってきたけど、そうではなかったことにやっと気づかせてもらいました。



« 社会保障制度の中の公的年金制度       乙四郎元官僚語録 | トップページ | 歌仙「ちゃっきり節」 ナウ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ年賀状を書きたくなくなったのだろう:

« 社会保障制度の中の公的年金制度       乙四郎元官僚語録 | トップページ | 歌仙「ちゃっきり節」 ナウ2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31