無料ブログはココログ

« 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より | トップページ | 母校 »

2010年1月25日 (月)

医療崩壊をくいとめる医療クラークの仕事       保健医療経営大学のめざすもの

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 1 月 25 日 月曜日

<医師不足対策>

「医師事務作業補助者」(医療クラーク)について

「医師事務作業補助体制加算」(平成20年度の診療報酬改定において新設)に対応した業務を行う者で、通称、医療クラーク、ドクターズクラーク®(「医師事務作業補助技能認定試験」(日本医療教育財団)による資質証明者)など。

民主党マニフェスト:

《病院勤務医が診療のみならず、診断書や意見書、紹介状の作成など事務手続きをしなければならないことにより、医師不足に拍車がかかっていることから、医師の事務を分担する医療事務員(医療クラーク)の導入を支援します。》

民主党「適切な医療費を考える議員連盟」の決議文「医療崩壊を防ぐための緊急提言」:

《低迷する日本経済の現状において、新たなる「雇用の創出」が喫緊の課題です。私たちは医療分野において、勤務医・看護師等の過重労働を軽減する効果に繋がる「医療クラーク」等の増員を提唱します。具体的には、「医療クラーク」の10万人の増員を目指し、厚生労働省予算である「緊急雇用創出事業」の中で2000億円を確保し、新規医療クラーク10万人分の半年分を手当てする事を要望します。》

平成22年4月の診療報酬改定の論点:

《医師事務作業補助体制加算について、より多くの医師事務作業補助者を配置した場合の評価を設けるとともに、評価の引上げ及び要件の緩和を行う。》

(医師事務作業補助体制加算の診療報酬上の扱い)

医師事務作業補助体制加算(入院初日)

 ① 25対1補助体制加算 355点、② 50対1補助体制加算185点

 ③ 75対1補助体制加算 130点、④100対1補助体制加算105点

(対届出一般病床数比での医師事務作業補助者の配置数による)

病院勤務医の負担軽減を図るため、地域の急性期医療を担う病院(特定機能病院を除く。)において、医師の事務作業を補助する職員を配置している場合の評価。

(参考:診療録管理体制加算(入院初日)30点)

<医師事務作業補助者の業務範囲>

1 . 診断書などの文書作成補助、診療記録への代行入力、医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、医師の教育や臨床研修のカンファレンスのための準備作業等)並びに行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症のサーベイランス事業等)への対応を医師の指示の下に行う。

2 . 医師以外の職種の指示の下に行う業務、診療報酬の請求事務、窓口・受付業務、医療機関の経営、運営のための基礎データ収集業務、看護業務の補助並びに物品運搬業務等については行わないこと。→専従者要件

業務に就くための必須資格はなし。

ただし、医師事務作業補助職を配置してから6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の研修期間が必要。

<基礎知識習得研修の内容>

ア 医師法、医療法、薬事法、健康保険法等の関連法規の概要

イ 個人情報の保護に関する事項

ウ 医療機関で提供される一般的な医療内容及び各配置部門における医療内容や用語等

エ 診療録等の記載・管理及び代筆、代行入力

オ 電子カルテシステム(オーダリングシステムを含む。)

多くの団体が、「32時間以上の基礎知識習得研修」プログラムを提供中。

例:()全日本病院協会 医師事務作業補助者研修プログラム

Ⅰ.集合研修プログラム

60 分)医師事務作業補助業務について

60 分)医療関連法規

「医療法」「医師法」「保険師助産師看護師法」「感染症法」「身体障害者福祉法」

「高齢者の医療の確保に関する法律」「介護保険法」

60 分)医療保険制度

「健康保険法」「国民健康保険法」「保険医療機関及び保険医療養担当規則」

「労働者災害補償保険法」「自動車損害賠償保障法」

50 分)演習問題  医療関連法規・医療制度

120 分)薬学一般

「薬事法」「薬剤師法」「麻酔及び向精神薬取締法」等、医薬品の基礎知識、

消化器系・循環器系に作用する薬物

30 分)医学一般Ⅰ 受診から診断までのフローチャート

120 分)医学一般Ⅱ 各種疾患と治療法、消化器系・循環器系

90 分)診療録の記載事項

      電子カルテ・カルテ三原則、診療録記載の基本的事項、電子カルテの基本

50 分)演習問題カルテ作成

(120 ) 各種診断書・証明書・申請書カルテ症例から診断書、証明書を作成

50 分)演習問題診断書・証明書等作成

60 分)個人情報保護法医療機関における個人情報の取扱い

(45 分) 安全管理医療安全管理概論

60 分)確認問題研修全講義の確認問題

60 分)×8【集合研修レポート】

60 分)×8【病院内研修レポート】

本学では、これらの内容について、32時間という短時間ではなく、4年間みっちりと教育しています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

« 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より | トップページ | 母校 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『特攻第一号のはずの久納中尉』  八女老連広報第42号より | トップページ | 母校 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31