無料ブログはココログ

« 医療と統計学 医療従事者の動向(10)          事務職 | トップページ | 自、他、自他半が一句の中にある恋句 »

2010年1月24日 (日)

『フローズン・リバー』がみたいぞ。

映画『フローズン・リバー』公式サイト:http://www.astaire.co.jp/frozenriver/

久留米か佐賀まで映画はやって来るだろうか。

« 医療と統計学 医療従事者の動向(10)          事務職 | トップページ | 自、他、自他半が一句の中にある恋句 »

コメント

こんにちは
深いすばらしい映画のようですね☆
公開館は渋谷と富山とあります。
絶賛されてるのに収入には結びつかないからでしょうか★
私は確実に全館でありそうな「パーシージャクソンとオリンポスの神々」の招待券希望のハガキを出しました。
全国で1000組。たぶん当たらないでしょうが^^

調べたら、めどぅーさのはなし。えめさんの髪、めどぅーさ風ですからちょうどいいですね。
招待券、あたるといいですね。えめさんはいつもあたりますよね。

この映画館、福岡でも博多駅だけですね。
この女性監督のことばに感動します。

「私の仕事は、社会から見逃されがちな人々の生活に目を向けて、彼らの物語を語っていくことだと思っています。」

今日、帰ったら、れぎおん冬号が届いてました。
あすにはくばります。おたのしみに。

こんばんわ
れぎおん>>購読を申し込もうと思っていました。よろしくです。
メデューサ>>もし券が当たっても、へびうじゃらうじゃらのあの頭は恐くてよう見きらんかも・・と
ヘヤスタイル>>今朝チェンジを決めたばかりでしたが

れぎおん、お届けありがとうございました。当方、せいこさんちに出張しておりました。

調さんの留め書きと言い、乙さんの留め書きと言い、良いですね。このような非凡な方々と同じ処にいられるなんて、恐れ多いと思いますが、自分を卑下することなく、立ち向かいたいと思います。
恋句で、負けてなるものか

今日は多忙でした。
ばあちゃんずを院へ送迎し、上津の100均で幼馴染と待ち合わせしていたのでとんぼ返りで又上津へ。ちょうど約束の時間に到着。三人でひるごはんをたべたんですが、友が連れてってくれようとした「古蔵」は公休日でした。興味があった磯の松にも連れてってくれたけど狭くて、やっぱり又又三度目のさつき庵。おいしくてやすくてきれいだけど、三度もだとあきてしまいました。)中学時代の同窓会へ私もTもいけなくて、K一人だけが参加、そのKから話をきこうと思っていたのに、別の話ばかりで時間が過ぎた。笑
がんを患っているK、でも毎日を懸命に明るく完全燃焼している。今日も又きものだった。こんどイタリアにいくんだそうです。生き生きしている。みているだけでうれしい。仲人をなんどもしたというので、院の先生のことも気にかけてもらうことにした。おせっかいとはおもわない、人助けです。
ぼんの家に本をもっていったのは、母たちを院へ降ろしたあと、まっすぐ上津バイパスを荒木方面へ走って三潴へ抜ける道をやっと覚えたので。ちょうど行って帰って一時間。だれもいなくて、それなのに玄関もおふろの窓もあいていた。のぞいたりして。笑
仕事帰り、七時半ころ、乙四郎宅とえめさん宅と二件郵便受けに投げ入れてたから宅へも寄る。乙あんどえめさん、あとでポストみてください。たからさんとこはよしくんにもひさびさにあえた。やせてかっこよくなっていた。青年になりつつありますね。おかあさんよりのっぽになっていた。せいこさんとこに廻る時間がなかったごめんね。

こんばんわ。ありがとうございます。今取り出しました
7時半はもどったばかりで、仕度の最中でした。気づかなくてごめんなさい。
またゆっくり読ませていただきます^^

上京してました。
さきほど帰宅。
れぎおん配達、ありがとう。

おつしろう学長。入試がありますね。
いそがしいですね。文音ができればいいんですが、二月中旬まで多忙でそれ過ぎないとできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フローズン・リバー』がみたいぞ。:

« 医療と統計学 医療従事者の動向(10)          事務職 | トップページ | 自、他、自他半が一句の中にある恋句 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31