無料ブログはココログ

« 「死亡退院」ということば  乙四郎元官僚語録         | トップページ | 岡部六弥太師追悼 »

2010年1月31日 (日)

平成医療維新 Nurse Practitioner と Physician Assistant

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 1 月 31 日 日曜日

昨日と本日、聖マリア医学会研究会が開催されています。

昨日は「ナース・プラクティショナーの現状と課題」のシンポジウムが開かれました。

欧米では、医行為の一部を行うことができるNP(ナース・プラクティショナー)やPA(フィジシャン・アシスタント)という職種が医療現場へ配置されています。

日本では、医師法により、医行為は医師に責任と権限が集中しています。

医行為といっても、高度なもの(画像診断、遺伝子治療、再生医療など)もあればそうでないもの(血圧判定、約束処方、傷の手当てなど)もあります。

たとえ軽微な医行為であれ、医師以外はこれらを主体的に行ってはなりません。

結果として、あらゆる医行為の場面において、医師の配置が求められます。

たとえば日本の外科手術室では、執刀医以外に何人も外科医師がいて、執刀医を補佐しています。

欧米ではPAが代替していることを、日本では医師が行っています。

健診や予防接種や献血などの公衆衛生活動の場面でも医師の配置が求められます。

欧米ではNPが代替していることを、日本では医師が行っています。

医師配置の限界が公衆衛生活動の限界となったりします。

「医師不足」が叫ばれるのも当然かもしれません。

医行為の責任が医師に集約されていることの意義を無碍には否定できませんが、医師不足対策の決め手は医師を増やすことであるというような発想に囚われず、NPやPAについての議論を深めることは重要でしょう。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%BC→なーす・ぷらくてぃしょなー

(ふぃじしゃん・あしすたんと。は、自分でだしてください。)

なお、かささぎは乙四郎ブログと出合うまで、イシは、どくたーとばかりおもいこんでいた。

んが、えいごでいしは、ふつう、ふぃじしゃんみたいです。外科医はさーじゃん。
むかーしむかし、きんぐすいんぐりっしゅでならったのは、どくたーだけでした。

参照記事:

1『転がるイシあたま』:http://blog.m3.com/ishi-atama/20090104/1

2『チーム医療維新』:http://www.teamiryou.org/

« 「死亡退院」ということば  乙四郎元官僚語録         | トップページ | 岡部六弥太師追悼 »

コメント

nurse practitioner検索約37,100,000件 中10位。
これってすごくないかえ。
かささぎは数え切れなかった。
で、9位がこれどす。神津仁って人のブログ。
なまえが超かっこいい。はい、すみまそん。ただそれだけの不純な理由でこれをつけます。↓

すみません。でませんね。失敗しました。
こんどは。↓

ちゃんちゃん。でませーん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成医療維新 Nurse Practitioner と Physician Assistant:

« 「死亡退院」ということば  乙四郎元官僚語録         | トップページ | 岡部六弥太師追悼 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31