無料ブログはココログ

« 郷土の偉人とこども時代の文通の記憶、談義 | トップページ | 星野村黒木谷農道竣工式 2 »

2009年12月 4日 (金)

星野村黒木谷農道竣工式 1

場所は星野村に入ってすぐのところですが。
かささぎは星野村の住民ではないので、説明がむずかしい。
写真で車がとまっている道路は県道442ではありません。
442はもう一つ下の家並みのむこうを平行して走っています。
玉露畑を走る農道が車が通れるように整備されました。

« 郷土の偉人とこども時代の文通の記憶、談義 | トップページ | 星野村黒木谷農道竣工式 2 »

コメント

このみちは浮羽方面へぬける道?

先月、星野の山を見に行ったよ。
舅が若い頃買ったとう山の場所確認のため。だれも(父さえ)場所を知らないので、役場で地番確認して尋ねまわった。
村のおちこちに、手入れの行き届いた茶畑が広がっていました。そして、そんな茶畑の先の、急な傾斜のついた細い獣道のさきに父の山はありました。車どころかリヤカーすら通れない、雑木のおいしげった、どうやってあそこまで行くの?という場所に。笑

ではせいこさんちはさきざき星野に別荘がたてられる可能性があるんだね。そんときはバーベキューしようよね。笑
場所、ちょっとまって。あとでわかりやすーく説明します・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野村黒木谷農道竣工式 1:

« 郷土の偉人とこども時代の文通の記憶、談義 | トップページ | 星野村黒木谷農道竣工式 2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31