無料ブログはココログ

« 星野村黒木谷農道竣工式 8 | トップページ | 「三光橋」「天神一丁目」ー丸山消挙 »

2009年12月 4日 (金)

政権交代と医療(75)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 4 日 金曜日

「適切な医療費を考える議員連盟」の民主党国会議員数は日ごとに増え、160人になりました。

議員連盟は次期診療報酬改定でプラス3%以上の改定を求める模様です。

診療報酬改定は2年ごとに行われます。

政権公約(医療費の対GDP比をOECD諸国並みにする)を4~5年で実現するためには、診療報酬改定は3回しかありませんので、3回連続で1回3%の改定が必要だろうという考えのようです。

このほか、議員連盟は、医療クラークを10万人雇えるようにすること、「事業仕分け」で削減方針が出されたへき地・離島や産科・小児科などの医師を確保するための「医師等人材確保対策の推進事業」について予算をむしろ倍増すること、漢方薬の保険適用の継続についても求めています。

3日に開催された社会保障審議会(厚生労働大臣の諮問機関)の医療部会でも、基本認識として医療費全体の底上げの必要性を指摘する意見が続出しました。

社会保障審議会は、診療報酬改定の点数配分を決める上での基本的な方向性を基本方針として示します。

これらの動きを受け、年末に内閣が診療報酬改定率を決定します。

年が明けたら、中央社会保険医療協議会(中医協)は厚生労働大臣の諮問を受け、基本方針と改定率に沿って具体的な点数配分を議論します。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』より転載。

▼かささぎのひとりごと

きのうかささぎは星野村の黒木谷農道の完成を祝うお式に参加しましたが、村長さんは東京へ陳情にいっていなさるとかで不在でした。で、今朝ちらりとのぞきにいった函館の杉作先生ブログでも、市長は東京へ陳情にでかけて不在とのこと。どこもかしこも陳情のあらしでありますなあ!
あとでアップしますが、かささぎの高校時代の同級生丸山消挙の勤務先でも事業仕分けでばっさり三分の一の削減に遭ったそうで、これはこれは。ははは・・・笑うしかありません。

きのうからのつづきコメント

>おのれの不始末を聞いてくれるだけでいい。

受容、寛容、共感。そんなことばさえ不要だ。
ただ耳を傾けてくれ、あいづちを打ってくれる。
それだけでひとはひとにすくわれる。

近所の一人暮らしの、半分ボケかかったばあちゃんがしうとめのお見舞いに来てくれる。しうとめが具合が悪くて相手できないときはわたしが茶飲み話の相手をする。帰りしな、またきてよかの?とおっしゃる。(ちょっと迷うけど)うん、おばちゃん。いつでんよかよ、ばあちゃんの相手ばしてやってねと答える。禅僧にでもなった気分で。笑

人は常に耐えられるだけの重い荷物を背負いながら生きている。
「聞いてくれるだけで生きていける」のに、それを言うと相手方の味方になって意見するやつがいる。
もうたまんないよ。

せいちゃん。やさしか~。ついあまゆうごとなるよ。
さくらさん。たしかに。きをつけます・・・笑

« 星野村黒木谷農道竣工式 8 | トップページ | 「三光橋」「天神一丁目」ー丸山消挙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(75)  乙四郎元官僚語録:

« 星野村黒木谷農道竣工式 8 | トップページ | 「三光橋」「天神一丁目」ー丸山消挙 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31