無料ブログはココログ

« 医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由 | トップページ | 働くくるま »

2009年12月24日 (木)

政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 24 日 木曜日

診療報酬の引き上げ幅が確定しました。

23日は祭日ですが、予算編成に休みはなく、診療報酬の改定率について長妻厚生労働大臣と藤井財務大臣との大臣折衝が行われました。

折衝には、両大臣の他に長浜副厚労大臣、野田佳彦副財務大臣、菅副総理、古川内閣府副大臣も同席しています。

結果、診療報酬の0.19%引き上げが合意されました。

診療報酬のプラス改定は2000年度以来10年ぶりのことですが、議員連盟が求めた3%にも、厚生労働省が求めた0.3%にも及ばないわずかな改定率です。

財政事情から予想されたことではありますが、医療関係者は、医療費の総枠拡大の期待が幻想であったという現実に向き合わなければなりません。

限られた財源の中でいかに医療を効率的に運営するか、医療のありとあらゆる局面において、医療経営改善に真正面から取り組まなければなりません。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載してます)

これまでの『政権交代と医療』:

http://www.healthcare-m.ac.jp/app/gm/archives/category/%e6%94%bf%e6%a8%a9%e4%ba%a4%e4%bb%a3%e3%81%a8%e5%8c%bb%e7%99%82

△かささぎのひとりごと

「着地点のぶれ幅が、プラス0.3%からマイナス1%の間に狭まりました。」

政権交代と医療(81)12月16日付稿、
その中間に着地しました。
かささぎの素人かんがえでも、マイナスでなく、プラスに振れてよかった。
長妻大臣はがんばられたのでありましょう。かように厳しい中の折衝では。

きのうは、「かささぎの旗」を旗揚げして五年目に入る記念すべき日でした。
書かねばならないものがあったのですが、読まず書かずぼけえとしてました。
ところで、かささぎの旗はなぜかささぎの旗なのでしょう。
それは。

まあいいじゃごぜいませんか。

五年目、よろしく。またよろしくおつきあいください。

« 医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由 | トップページ | 働くくるま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録:

« 医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由 | トップページ | 働くくるま »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29