無料ブログはココログ

« 火災報知器、鳴る。 | トップページ | てぶくろをかいに »

2009年12月25日 (金)

政権交代と医療(84)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 25 日 金曜日 

診療報酬のプラス改定は平成12年度以来10年ぶりです。

過日、平成20年医師・歯科医師・薬剤師調査結果が発表されました。

それによると、平成20年末現在の医師数は28万6699人、歯科医師数は9万9426人、薬剤師数は26万7751人でした。

調査は2年ごとに行われています。

平成12年の調査結果では、医師数25万5792人、歯科医師数は9万857人、薬剤師数は21万7477人でした。

診療報酬が抑制されている間に、医師は3万1千人、歯科医師は9千人、薬剤師は5万人増えたことになります。

我が国の医療を大きなひとつの企業体にたとえると、収益は伸びないのに高給従業員数を1割以上増やしていることになります。

政権の意思として、これらの職種の増加を抑える考えはなく、むしろ医師数を1.5倍に増やす方針が示されています。

さらに、その他の職種も含め、待遇を充実させる方針が政権公約に示されています。

収益が伸びずに人件費が膨らむ一方の企業体は、いずれ経営破綻をきたします。

今回の改定に見られたように、政権の意思として収益(診療報酬)の伸びを抑制するのであれば、現有人員で効率的に企業経営を行うことに真剣に取り組まなければなりません。

保健医療経営人材の育成が急務です。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」を転載)

▽かささぎのあんまり関係ない連句的ひとりごと

「我が国の医療を大きなひとつの企業体にたとえると、収益は伸びないのに高給従業員数を1割以上増やしていることになります。」

「収益が伸びずに人件費が膨らむ一方の企業体は、いずれ経営破綻をきたします。」

ほんにほんにのう。難儀なことじゃ。

こういう時代には紅白歌合戦も先々は世界中から歌手を集めるようになるだろうなあ。と昨日ふと思って、まず最初にネットで話題のイギリスのあの五十近くの歌手だ。と思ってたら、ほんとにそうなった、みな思うことはいっしょだね。そんだけ疲れているのかもね。

政権交代がみせてくれたのは、これまでの政治の裏側。
お金をもっていること、すなわち、力。
だけど、それには限界があるということもわかった。
佐藤栄作総理が一人の胸に核密約を蔵いこんで逝った、という事実も、今だから騒がず受け止められる。時代と世情をよくみた政治家の判断だったと尊敬こそすれ、怒りはわかない。佐藤総理の平和賞の意味、やっとこれでわかる。

ところで、昨日の男女逆転大奥から、紙屋研究所の頁を開いたら、いつのまにかマルクスが復活していた。これにはおどろいた。って一度もマルクスを読んだことない者がいうせりふじゃないけど。んで、意識しないうちにそういう心性の文士の文章に心ひかれていたってことはよ、心の奥で時代を感じ取ってるってことなんだろうね、かささぎも。雇用が伸びない格差社会。ここ数年こうです。ほんとうにまずしい社会ができつつある。ゆたかな人はきづいていない。だけどどっちがなにが豊かなんだろう。ほんとうは。

漫画「大奥」よしながふみ
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_bcbe.html
「マルクスブームは来ているか」紙屋高雪http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/Marxboom.html

かささぎは目下ひとり親状態だからとくによく見える。
政治的に保護されたひとり親の人たちと接することが多いのですが、とてもかれらは恵まれているようにかささぎの目にはみえる。かれらは海外旅行も国内旅行もする。国民の税金で保護している人たちが、じつは税金をやっと納めているわれらよりずっと豊かで幸せであれば、それはゆがんだ社会保障ではないか。どこかまちがっていないか。こう感じる自分の心性のまずしさを哀れみつつ、どうしても今はそう思ってしまう。なんだか、ものすごい複雑な世の中。かささぎ頭ではこなれない。これだけのことをしてあげる社会を戦後日本は営々とつくりあげたってことだよ。もっともっとしてあげるだろうよね。そりゃあよかったね、ふん。
で、これをみてください。

以下、乙四郎紹介の母子社会保障制度のさまざま。

<母子保健対策>

母子保健法等に基づいて、あらゆる時点をとらえた対策が行われています。

(結婚前)

  思春期クリニック

  健全母性育成事業

  婚前学級

(結婚後)

  新婚学級

  遺伝相談

不妊専門相談センター

特定不妊治療費助成事業

(妊娠後)

  妊娠の届出

  母子健康手帳の交付

両親学級

海外在留邦人母子保健情報提供事業

妊産婦健康診査

保健師等による訪問指導

母子栄養管理事業

出産前小児保健指導事業

妊娠中毒症等の療養援護

(周産期)

  出産前後ケア事業

  B型肝炎母子感染防止対策

産科医療、周産期医療、小児科医療体制の整備

周産期医療ネットワーク

(新生児期)

  未熟児養育医療

  先天性代謝異常、クレチン症検査

  新生児聴覚検査

(乳幼児期~)

  乳幼児健康診査、1歳6か月児健康診査、3歳児健康診査

育児学級、共働き家庭子育て休日相談事業、育成等健康支援事業

  医療給付(障害早期治療、小児慢性特定疾患)

  療育指導事業

これをみて、なにかきづかないでしょうか。
かささぎはだいじなことがぬけているような気がする。
紙屋研究所のひとにたずねてみたい気分だよ。

コメント

コメント

中村哲氏の手記で印象に残ったこと。

彼らは時計を持っているが自分たちは時間を持っている。

そうなんです。
復興支援の仕事は、カレンダーや時計に追われっぱなしでした。
現地では、そんなの関係なしに時が流れていました。

最近みた「イングリッシュ・ペイシェント」の拷問シーンと、きのう次男がみていた「ワールド・オブ・ライズ」の拷問シーンがこころのなかで響きあう。後者、これ最近の映画なんですけど、こないだの「危険な常時」といっしょで次男がみているうしろでおこぼれ頂戴の見方、さいごのほうをちょこっとだけみた程度ながら、メイキングの解説部分だけはちゃんと見た。かっちりつくっている映画。あいてを理解するとはどういうことか。指の骨を砕かれる拷問のいたみとともにじわじわと。(かささぎ)

« 火災報知器、鳴る。 | トップページ | てぶくろをかいに »

コメント

関係あるかどうか解らんけど。

子宮頸がんの予防ワクチンというのが10歳以上の女子に投与されるそうですね。今は希望者だけど後には全員になる予定だとか。
いつも行っているエンブリオ関連の会で、Tさんが言うには「相手が一人であれば感染することはないから、全員に予防接種することはないんじゃないか。」と。
それともしておかなければならないほど、現代の若者は10歳ぐらいから交渉を持っているのでしょうか。
孫たちの時代はますますわからない世の中になりそうです。

ぼん、そのワクチンのニュースは聞いた、テレビで。とてもよく効くらしくて。でも高価だって言ってた。ぼんの心配ですが、かささぎの知ってる範囲ではみだれていないよ。みな純。だけど、「鈴木先生」って漫画を以前よんだとき、ええっと驚く内容だったので、一部ではそういうこともあるのかもしれん。でも、感染症はどこから感染するかわからないからこわいのでしょうし、予防にこしたことはないのでしょう。けいがんが感染症だってこと知らなかった。なにもしらんので、むしろ患者さんからこうなんだよっておしえてもらっています。じぶんは肝炎だからうつらないようにしてください、とかね。笑
わらいごとではなく、乙四郎語録にもぼんにもみなさんにもいろんなことをおそわってるよ、おかげさま。ありがとう。

今日羽犬塚駅が新装オープンしましたよ。ピンクのうさぎと茶色のりすの着ぐるみがゆるーくお出迎えしてました。祝い花がずらーと並んできれいでしたよ。
羽のついた犬の銅像が無いけど帰って来るのかなあ。それらしきスペースはあるみたいだけど。
駅の中身はそんなに変わってないみたいだけど、上を走る新幹線の高架橋が迫力ものです。

たからさんおはよ。
昨日の新装開店の模様、ニュースであってました。
そうか毎朝まりさんは羽犬塚駅まで送ってるのね。
私も先日の職場の忘年会が筑後市でしたので、帰るとき二次会へ行く人を駅近くまで送るついでに、駅舎のほうを見上げてえっと思った。
あの置物・・・さあ。どうなるのでしょうか。どきどき。

25日に政府予算案が決定したというのに、その詳細がいまだに(ネットに)公表されてない!
省によっては25日のうちに公表しているところもあるが、厚生労働省はまだ。
かつては、予算案が決定するや否や、対外的な発表のために官僚たちが最後のひとふんばりをして即日発表していたはずだが、今年はどうなっているのやら。
子ども手当が、実は4月からの支給ではなくて6月からの10か月分しか予算に計上されていないことなど、発表すべきことは山ほどあるのに・・・

子ども手当、調べてみました。
真偽は別として、10月分しか予算計上していなくても次の方法で4月から支給できるようです。
支給月は年に3回、6月と10月と2月。
6月に、4月分と5月分を支給。
10月に、6~9月分を支給。
2月に、10~1月分を支給。
2月分と3月分は翌年6月に支給するので翌年度予算まわし。

厚生労働省所管の予算案、さきほど公表されたようです。

「手薬煉」=てぐすね。知らなかった。
こないだ、小侍従の歌で、「音信て」が読めず、函館の杉策さんにたずねた。「おとずれて」です。とのこと。しらないことがいっぱいだ。
こないだ出てきた日和見感染もまだ調べとらん。
おつしろう。きのうの朝刊、再診料は一律650円になるって書いてあったよね。ひきさげるなんて。病院はあがるからうれしいだろうけど。700円にすればいいのに。
消費税あげれるかな。誰も許さないだろう。税金をごまかす総理がいるのでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(84)  乙四郎元官僚語録:

« 火災報知器、鳴る。 | トップページ | てぶくろをかいに »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29