無料ブログはココログ

« 東妙寺家の猫 4 | トップページ | 政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録 »

2009年12月22日 (火)

医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 22 日 火曜日

福岡県の国保(3)

資格証明書世帯調査で無保険高校生数が多いとされた福岡県の市町村は、福岡市、北九州市、飯塚市、水巻町、太宰府市、宗像市でした。

国保の運営主体は市町村であり、滞納率も市町村ごとに異なります。

福岡県の滞納率ワースト10は次の通りでした。

     世帯数 滞納世帯数 滞納率

嘉麻市   7,812   2,402  30.7%

香春町   2,154    602  27.9%

川崎町   3,290    863  26.2%

糸田町   1,680    437  26.0%

福岡市  216,408   53,536  24.7%

うきは市  5,114   1,260  24.6%

粕屋町   4,898   1,204  24.6%

行橋市   10,394   2,528  24.3%

新宮町   2,736    660  24.1%

久留米市  45,422   9,266  20.4%

無保険高校生数が多いとされた市町村は、必ずしも滞納率が高い市町村ではないようです。

水巻町も宗像市も10%未満です。

なお、滞納率が低い市町村は次の通りです。

久山町   1,119    54   4.8%

みやま市  6,408    304   4.7%

上毛町   1,249    50   4.0%

矢部村    324    12   3.7%

星野村    579    20   3.5%

ところで、滞納世帯への資格証明書の交付率が高い市町村は次の通りです。

   世帯数 滞納世帯数 交付数 高校生数 滞納率 交付率

太宰府市 9,890  997  628  59  10.1%    63.0%

宗像市  13,029  908  565  55   7.0%    62.2%

直方市  9,312  894   487  25   9.6%    54.5%

水巻町  4,974  471   244  60   9.5%   51.8%

岡垣町  4,697  274  136  12   5.8%    49.6%

豊前市  4,374  329  130  3  7.5%   39.5%

中間市  8,049  683  238  11  8.5%   34.8%

広川町  2,839  226   76  0  8.0%   33.6%

飯塚市  20,428 3,627 1,137  62 17.8%  31.3%

北九州市161,666 22,315 6,830 249 13.8%   30.6%

宮若市  4,756   62   185   5   3.1%    9.7%

福岡市 216,408 53,536 4,334 439 24.7%   26.8%

資格証明書世帯を調査する手法ゆえに、結果として、資格証明書交付率が高い市町村で数多くの高校生がカウントされているようです。

福岡県は、人口が多い福岡市や北九州市での交付率が高かったため、全国調査の1割以上の高校生がカウントされてしまったものと思われます。

滞納率が高い市町村や他の都道府県には、資格証明書が交付されていない世帯に、相当数の高校生が無保険状態にあることが推定されます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎの独り言

なるほどそうでしたか!

ぱっとみて、滞納所帯は福岡県では筑豊地方に多い事に気づく。
筑豊はかつての産炭地です。
かささぎは以前の職場で政治にお詳しい方から、こういう話をきいてぶっとんだことがある。筑豊には福祉職員が二百名以上もいると。こういうことは普段なんの話題にもなりませんが、考えてみる必要のあることだと思います。知らないでいた自分が恥ずかしかった。
行政の保護に依存する体質を作ってしまってはいけない。
今、こころある人たちは、皆感じているはずです。
こども手当てを恐れるのも、それです。
偏見をもって物事を見、差別するのは悪です。

ですから、冷静に実態を調べ、それを分析する目がほしい。

ところで、きのうの西日本新聞朝刊のトップに、アフガンで地道なとりくみをされている福岡の中村哲医師の寄稿が載っていました。
アメリカが兵を増員しても、なにもよくならない。
外地からアフガンの内戦に介入しても悪くなるだけだ。
いずれ皆それに気づき、出て行くしかなくなる。
現地の人たちはもう十年を越す戦争につかれ、慣れっこになっている。
戦よりまず食うために、畠を。気づけば柳川のようなクリークが、あるいは筑後川にも見られるような水路の知恵が・・・というふうにいくつもできていて、今は麦の芽のそよぎが見られる。声高に論を主張せずとも、この国とわが国は水を通して結びついているのだ。
・・というようなことが、淡々と格高い文章でつづられていました。
感動します。

と同時に、きのう返却期限にせかされ読了した『鷺と雪』の時代性に、思いをいたさずにはおれなかった。
この小説には何が書かれていたか。
戦前の、(戦がおきる直前の)、時代性が書かれていた。
善悪を超えた時代性。なんの時代性か。戦の必然性。のようなものの。
北村薫、感じ取っている。考えている。
時代の跫(あしおと)。

« 東妙寺家の猫 4 | トップページ | 政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録 »

コメント

中村哲氏の手記で印象に残ったこと。

彼らは時計を持っているが自分たちは時間を持っている。

そうなんです。
復興支援の仕事は、カレンダーや時計に追われっぱなしでした。
現地では、そんなの関係なしに時が流れていました。

昨日、次男がおりなす八女で中村哲医師の講演を聴いてきた。
友達の藤山くんのお父上からチケットをいただいたそうです。
ありがとうございました。
大変感動していました。
手を挙げて質問したらしい。
医師になる前、昆虫学者になりたかったときもあったそうな。
たくさん学生が手を挙げて、名乗り、質問ぜめみたいになり、さながら松陰先生の塾みたいな熱気だったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由:

« 東妙寺家の猫 4 | トップページ | 政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29