無料ブログはココログ

« 小侍従の歌    『筑後将士軍談』から 3 | トップページ | 小侍従の歌と矢野の考察   『筑後将士軍談』 »

2009年12月16日 (水)

政権交代と医療(80)   乙四郎元官僚語録

調査日に在宅医療(往診、訪問診療など)を受けた推計外来患者数は10万人です。

内訳は、病院が1.1万人、一般診療所が6.2万人、歯科診療所が2.5万人です。

病院による在宅診療は前回調査より減っていますが、診療所では大きく伸びています。

量的にも、在宅診療の主力は診療所であるといえるでしょう。

高齢化が進み、入院病床数が抑制される中、在宅診療はしっかりと伸ばしてゆかなければなりません。

事業仕分けで、診療報酬配分を診療所から病院へとシフトさせる見直しが評決され、ほぼ既定路線となってしまいましたが、診療所から在宅診療の余力を奪ってしまうような荒療治だけは避けてほしく思います。

日本の医療は、(勤務医が疲弊している)病院だけではなく、地方の診療所も支えていることを忘れてはなりません

15日、厚生労働省の足立政務官は、診療報酬の「本体」部分で6300億円程度の増額を求めて財務省と交渉に入る考えを示しました。

救急、産科、小児科などの赤字を補うために4500億円、リハビリや終末期など後方機能の支援に1000億円などが必要ということです。

診療報酬は「本体」と「薬価」の合算で決まります。

薬価部分は5000億円程度引き下げる見通しが示されていますので、薬価との差し引きで1300億円の引き上げ方針ということになります。

1300億円のアップは、0.3%のアップに相当します。

3%の大幅アップというわけにはいかないようです。

財務省からは、協会けんぽなどの保険料引き上げを抑えるために、診療報酬の4000億円~5000億円(約1%)の引き下げを求められているのだそうです。

こちらも3%の大幅引き下げの勢いではなくなりました。

着地点のぶれ幅が、プラス0.3%からマイナス1%の間に狭まりました。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

プラス0.3%からマイナス1%の間。そりゃないでしょう。
といいつつも悪い予感がする・・、さらにマイナスとなったら。

在宅医療は増えていたのですか。それを支えているのは、町の大病院ではなくて地方地方の診療所であるのですね。なのにこないだの
事業仕分けで、診療報酬配分を診療所から病院へとシフトさせる見直しが評決され、ほぼ既定路線となってしまいました

そうだったのですか。
どのようになっていくのでしょうね。

≪昨日電撃的に行われた天皇と中国副総理との会見≫

コメント

陛下以外の要人との会見の際のコメントです。

横路衆院議長「軍縮、地球環境などグローバルな問題で協力が緊密になることを願いたい」

江田参院議長と参院議長公邸で。江田「鳩山内閣が誕生して日中関係は氷も解けて暖かい春に近づきつつある」

亀井国民新党代表「日本は発展を遂げたが、日本人の心を失ったことが経済の停滞を招いた。日本の轍を踏まないようにしてほしい

福島社民党党首(16日に会談予定)

谷垣自民党総裁は「東シナ海の油田開発問題に配慮してほしい」「野党になっても自民党との交流関係を深めていきたい」

山口公明党代表「食品の安全・安心のための枠組みをつくることが当面のテーマだ」

鳩山首相(首相官邸で握手)

報道を見る限り、首相の影が薄いです。何も見えてこない。

ところで、ある人が「陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだ、すべて」と断言されたおかげで、ひとつ賢くなりました。すべて、というところが間違い。
天皇の行為は「国事行為」と「公的行為」に分類され、前者は憲法に列挙された、国会召集や衆院解散、外交文書の認証、外国大使・公使の接受など。
外国賓客との会見などの国際親善活動や全国植樹祭や戦没者追悼式へのご出席などは国事行為ではなく「公的行為」。公的行為は「内閣の助言と承認」を必要としません。
国事行為をよく理解せず、天皇は政権のいうことを聞けばいいという考えの人が政権中枢にいることがわかりました。

« 小侍従の歌    『筑後将士軍談』から 3 | トップページ | 小侍従の歌と矢野の考察   『筑後将士軍談』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(80)   乙四郎元官僚語録:

« 小侍従の歌    『筑後将士軍談』から 3 | トップページ | 小侍従の歌と矢野の考察   『筑後将士軍談』 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29