無料ブログはココログ

« 冬麗やジェンダー論はうねうねと | トップページ | むかしのきおく »

2009年12月28日 (月)

消えたり現れたりする橋

ここに時にインスタントにアルミ橋をかけます。
ふろが灯油で沸くので、その給油に見えるからです。
生垣の途中が破れているのはそのため。

熊笹と葉ランが自生しています。

« 冬麗やジェンダー論はうねうねと | トップページ | むかしのきおく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えたり現れたりする橋:

« 冬麗やジェンダー論はうねうねと | トップページ | むかしのきおく »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31