無料ブログはココログ

« 僻地医療体制    乙四郎元官僚語録 | トップページ | かっぱのブックン »

2009年12月 8日 (火)

ゆめのはなし

数日前の朝じっちゃんがこんなはなしをしました。

「ゆんべは兄貴がおりのふとんに入ってきたとやんけん。寒か寒かち言うて。」

すると母も横からこんなはなしをしました。

「そうの。うちは姉しゃん(あねしゃん)のこらした。あんたこのごろいっちょんこんやったねち言うたら、にこにこして忙しかったち言わしたばい。ばってんがよおっと考えたら、あねしゃんはもう死んどらしたねえ。わすれとった。」

父の兄貴も母の姉しゃんもだいぶ前に死んでいる。
母は夢だとはっきり自覚しているけど、父は全くわかっていない。
駄目押しのように、父がこういう。
「よんべの九時ごろち思うばって、○さん(わが夫のなまえ)の来とらしたろ。おまえと三十分ぐれ玄関口で話しとったごたるね」

・・・。だれもこないし、玄関口には誰もいなかったし、その時間は何かしていたし。

父よ。あなたのこころの奥がみえた気がしましたよ。
ありがとう。
おやふこうなむすめをゆるしてください。

« 僻地医療体制    乙四郎元官僚語録 | トップページ | かっぱのブックン »

コメント

かささぎさん

ご無沙汰してます。
ときどき、おじゃまはしているのですが
なかなかコメントできずです。
ご両親のお話、そして、かささぎさんの
気持ちに涙がでました。
私、若いときに両親をなくしているので
自分と置き換えて、この会話を読みました。
孝行したいときは親は無しです・・・・。
ご両親もかささぎさんも優しくて、
良いご家族だなぁとおもっています。


どこに書いていいかわからないのでここに・・・

連句協会のホームページに投稿していたら採用されていました。

長い間ほったらかしにしていましたが、しばらくぶりで開いてみるとまだ募集していました。投稿する人が少ないのでしょうね。
今回は批評がないのでつまらん。
とってもらえて嬉しかったけどね。

やったね、ぼんさん!おめでとう!!
たまたま見つけた連句公式サイトで、ずっと前投稿句の中に、ぼんさんの句をみつけました。古きよきレコード盤の句。名前はついてなかったけど、すぐ分かりました。
今度採用された句もいいね。うれしい。

私は貼り付け方を知りません。連句協会公式サイトの付け句講座をご覧下さい。

mariさん
ごらんになってたんですね。
古き良き・・・の句は堺屋(だったかな)で巻いたときにかささぎさんからとっていただきました。
前句とのつけかたがよくわからないまま投稿してます。よかーごとです。

yokoさんへ

おやさしいことば、ありがとうございます。
こちらのほうこそ、泣いてもらったときいて、なみだでました。ありがとございました。はげまされます。親の恩って、さいきんです、すこーしずつわかるようになってきました。

ぼん。いま、みました。
私も時間があればつけてみようかな。
ありがとう、きっと協会の人たちはよろこぶよ。
かささぎは会費も払わないのに会報をいただいています。ことしは払わなきゃ。

まりさん、はりつけかたは蝶かんたんですよ。
コメントを書く、のところに、上から順に、名前、めるあど、あどれすとありましょう。そのurlあどれすのところに、はりつけたいページの一番上にあるhttp://で始まるアドレスをコピペしたらいいのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆめのはなし:

« 僻地医療体制    乙四郎元官僚語録 | トップページ | かっぱのブックン »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31