無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

結露

氷挽くおとは山かげを徹りきて
午前十時の日のささぬ谷

氷室よりひかる氷を切りいだす
きのふより雪のふりやまぬかも

蒟蒻のしろき芋切れ刺しつるし
構へしづけき家いへの軒

 『切氷』 生方たつゑ

まったく写真とは関連はありません。
これらの歌が心にしみるのは北の山人の暮らしがみえるから。

また、この素材に心がとまったのは、季語氷室は夏の季語なのですが、それは使う方の季語分類でありまして、氷を切り出して、氷室に納めるのは、冬の仕事であると、これを読んで初めて知ったわけです。つまり、なんといいますか、その消費者論理と生産者論理での季語ばたらきの違いです。どこから探してきたかといいますと、神田の古書店が送ってくれる目録本の生歌稿のページから。朴訥なてらいのない平常心そのもののような字でしたね、この歌人の肉筆は。そりゃそうと、一回買っただけであとは何年も一度も買わないのに、いつも送本してくださってありがとさんにござんす。

吹雪になった大晦日

ことしはこのブロック塀に一度も車体を擦らなかった。

高木門  その2

携帯でかささぎの旗を検索しますと、最近はここ、高木門へ出ます。
読み返して気づいたのですが、さいご、高木門は日航ジャンボ機墜落事件につながっていくのが、今にして思えば、非情に怖いです。これ、なにからこのはなしになったのだろう。

「昭和60年8月12日、犯人側から終息宣言。
「くいもんの 会社 いびるの もお やめや」
同日、日本航空123便墜落。犠牲者に脅迫されていたハウス食品の浦上郁夫社長が。」

連句的につながっていく回路がとても気になる。
今年みた映画にジャンボ機墜落のがあったことも気になる理由の一つです。
ところで。
三鷹の永井友二郎先生から先日返信が届きました。
妻菊枝は去る八月に死にました。と書かれていました。先生と奥様とは小学校からの同級生じゃなかったかと記憶します。その奥様に先立たれて、永井先生はひどく気落ちされているようであったと、これは同時期永井先生にお会いになったタンゴバイオリニスト麻場利華さんのお話です。(アストロリコの関東公演を永井先生はお聞きになられたそうです)
資料を前にどう手をつけていいかと逡巡されている先生のお姿がうかびます。それで、かささぎはそう先方にお伝えしましたところ、すぐに日本昆虫学会に問い合わせられ、なんとかこどもさんの連絡先がわかったということでした。三人のおこさんのうちの
ひとりは、よど号事件の副機長さんだったのですね。と驚いておられました。そうなんですよね。
ところで、永井先生がわからないと返された理由のひとつは、(かささぎはなぜかふとそうおもったのですが、)直接の依頼ではありませんでしたので、そういうような返信になったのではなかろうかと思うのです。なぜなら、わたしもはじめは動くまで時間がかかりました。いまもよくわからないところがあります。それで、おききになりたいという明石先生の専攻は何ですか。とたずねました。ぶしつけとは思いません。知りたかった。すると、教え子と申される方がおっしゃるには、先生はもともとキューバ危機の研究者です。と。
えっ・・!
ちょうどそれを聞いた前夜、「坂の上の雲」でキューバがでてきました。そして、もしやこの先生は当時の諜報活動とかも研究されているのではないか。という疑念もよぎりました。いまのわたしたちには想像もつかない世界ですが、「ワールドオブライズ」などの映画をみますと、いまもずっと戦時中である米国やムスリムの国では生きるか死ぬかの国をかけた諜報合戦が繰り広げられています。日本だけが戦時中の国と同盟むすんでいるくせに、戦時中の意識も皆無だしあまりに能天気なのです。
そういったことを漠然とおもうにつけ、永井友二郎先生の戦塵を潜り抜けてこられた、このすばやいそして慎重な対応には、納得と敬意とをおぼえたことでした。依頼者の明石氏の真意が今ひとつ汲み取れなかった、ということだとかささぎは思います。自分なら、人にききたいことがあれば、自分で依頼の手紙を直接かくだろう。と思われたのかもしれません・・。それがかささぎのような市井のものがおもいつく理由です。ですから、明石さま、どうかお気を悪くなさらず、ご放念くださいませ。

さいごに、永井菊枝先生90歳のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りもうしあげます。菊枝先生は、4年前、わたしがそうしてものを尋ねましたとき、とても親切に、資料を送って下さったり、いろんなことを教えてくださいました。そのご恩は決して忘れません。

「高木門」で検索しても、ここが上位に出ますね。

3億円事件とグリコ事件と日航123便事件

これらが繋がっている、という仮説です。
これで小説を書けば当たるかも。

キューバといえばチェ・ゲバラ
彼は31歳の時(1959年7月15日)、訪日しています。
途中、予定にない行動を。
大阪の宿を抜け出して夜行列車で広島へ行き、7月25日、原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れています。
「なぜ日本人はアメリカに対して原爆投下の責任を問わないのか」とゲバラは中国新聞の取材に答えています。
以来、キューバでは今でも、初等教育でヒロシマ・ナガサキを教えています。

「世界ともしびプロジェクト」という、星野村の原爆の残り火を、平和の灯火として世界に分与しようというプロジェクトがあります。
その第一回「分火国」としてキューバが選ばれました。
本当は今年のうちに分与される予定でしたが、いくつかの“事情”により中止になりました。
キューバでは毎年8月6日に平和を祈る集いが行われています。
テレビは朝から原爆関係の映像を流します。
カストロ議長は、毎年8月6日に日本の被爆者を偲び、「この日を忘れてはいけない」と訴え続けています。
原爆は中学2年生で学びます。
教科書には3ページにわたって書かれています。
キューバの子どもたちは、8月6日がヒロシマの日で、9日がナガサキの日だと答えることができます。

日本は?
チェ・ゲバラが訪日した時も、日本政府は(米国の反応を恐れて?)広島訪問を許さなかった。
キューバで語り継がれているヒロシマは、日本政府非公認訪問の、チェ・ゲバラのメッセージ。
キューバは自給率100%の世界一の有機農業先進国。
大学まで授業料無料。
医療も無料。
主な交通手段はヒッチハイク。
貧しくても、助け合い、支え合いが国家運営の基本。

2009年を締めくくるにふさわしく、新たなコメンテイターの登場ですね。
もしお近くに住んでいらっしゃるなら、1月9日八女市堺屋へいらっしゃいませんか。
雅な遊びをお目にかけたいと思います。熟年美女がお出迎えします。(爆)
かなり寒いので、暖かくしてきてください。

政権交代と医療(85)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 31 日 木曜日 

景気後退につれ百貨店の初売り日が早まり、正月休みの返上も当たり前のようになってきました。

百貨店は、開業日が増えれば、その分、売り上げが増えます。

定休日を1日減らせば、年間売り上げは0.3%くらい増える計算になります。

医療機関の場合、入院医療や救急医療には正月休みはありませんが、外来診療については年末年始を休診とするところが多いようです。

年末年始は、確かに医療需要が抑制されます。

軽い病気の人は常備薬で我慢し、正月休養のうちに回復してしまった人は受診しないからです。

年末年始の外来休診日を1日減らせば、年間医業収益が0.2%くらいは増えるかもしれません。

次期診療報酬のアップ率は0.19%です。

0.19%の収益アップで、多忙な従業員の一部に1日の休暇をプレゼントできそうですが、日常的な労働負荷の軽減にはほど遠そうです。

医療費抑制が続けば、経営改善のために正月休診を返上する医療機関が増えないとも限りません。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▼かささぎの2009年最後のひとりごと

ここ数年のものの値段の下落、中国やアジアの人たちの労働のおかげだと思っています。洋服は湯に黒や島村みたいなところで、日用品は100均でしか買わなくなりました。デザインも品質もどんどん良くなってきたのを実感します。匂いとか泡立ちが明らかに日本製と違う石鹸は生産国をみてしか買いませんでしたが、いや、それさえぜいたく、最近はインドネシア産でもどこのでも買います。あと何年かすれば、世界中のものの値段が均されてしまうのでしょう。
日用品や洋服などの品物でさえそうですから、医療もまた海をわたるでしょう。
そういえば、先日国民放送で放映されたがん闘病の患者さんが銀行員で米国出張中に手術をうけた話がありましたが、その場合医療保険は日本のが外地適用となるのでしょうか。
かささぎがことし出会ったかたに、一人息子さんに心臓移植手術をうけさせるため渡航を待っているあいだになくした方がいらっしゃいます。

http://blogs.yahoo.co.jp/excel_task/18410203.html
おかあさんが本を出版されたのを読ませていただいたのですが、事情があってここでの紹介は見送りました。けれども、親の必死のねがいはいろんなものを動かします。生まれいづるためにはその子が負わされてきた使命みたいなものがあって、たとえ短い命であっても、たしかな足跡をつけていく。

政権交代のおかげで、竹橋乙四郎の解説を聞くことができる。
意識を変えるだけで交通事故死も半分に減る。

それを思えば、なんでもできそうな気がする。

2009年12月30日 (水)

医療と統計学 突然死のうち、交通事故死半減!乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

万が一の死亡

2009 年 12 月 30 日 水曜日

人口動態統計調査では死因ごとの年間死亡数がわかります。

日本人の1万人に1人以上が1年間に死亡する死因は次の10死因です。

日本人は、むこう一年間以内に、これらの死因で死亡する可能性が「万が一」あります。

(死亡数)

平成12年 平成20年 増加率

全 死 因   961653   1142407  119%

悪性新生物   295484   342963  116%

心 疾 患   146741   181928  124%

脳血管疾患   132529   127023   96%

肺   炎    86938   115317  133%

不慮の事故    39484    38153   97%

交通事故(再) 12857    7499   58%

老   衰    21213    35975  170%

自   殺    30251    30229  100%

腎 不 全    17260    22517  130%

肝 疾 患    16079    16268  101%

糖 尿 病    12303    14462  118%

交通事故死が激減しているのは、シートベルトの徹底など、交通安全運動の成果でしよう。

それにひきかえ、病気による死亡が減っていないのは、医学医療の進歩の恩恵が日本人に及んでいないかに思えてしまいます。

実は、そういうことではなく、死亡数の増加は人口構成の高齢化のためです。

年齢調整死亡率という、比較のために年齢補正した指標があります。

主要死因の年齢調整死亡率の推移は次の通りです。

(人口10万対年齢調整死亡率)

(男)H12 H20 増加率(女)H12 H20 増加率

全 死 因 634.2 557.4  88% 323.9 283.0  87%

悪性新生物 214.0 188.9  88% 103.5 94.2  91%

心 疾 患 85.8 77.1  90%  48.5 41.7  86%

脳血管疾患 74.2 53.6  72%  45.7 30.3  66%

肺   炎 53.1 48.2  91%  23.3 20.3  87%

不慮の事故 33.6 24.5  73%  12.6  9.9  79%

交通事故(再)13.2  6.9  52%  4.4  2.2  50%

老   衰  6.3  6.3  100%  6.8  7.7  113%

自   殺 30.7 30.5  99%  10.7 11.3  106%

肝 疾 患 14.0 11.6  83%  4.4  4.0  91%

腎 不 全  9.2  8.5  92%  5.7  5.0  88%

糖 尿 病  7.8  7.1  91%  4.4  3.6  82%

医学医療の進歩の恩恵で、どの死因も死亡率が大きく改善していますが、老衰と自殺には恩恵は及ばないようです。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

△ かささぎのひとりごと

ときに乙四郎はすました顔できついギャグをいう。

医学医療の進歩の恩恵で、どの死因も死亡率が大きく改善していますが、老衰と自殺には恩恵は及ばないようです。

これ読んで声なくうなった。ほっといてよといいながら。
老衰死までもひきとめんといてくれ。恩恵ではなくなる。
自殺も複雑な事情があってのこと。とめることはできぬ。
この点かささぎは冷酷非情。鳥にはできないことだから。

人口の国際化に関するコメント(連句的)

コメント

えめさんが子供時代の古いターナーをずっと愛用してるってかいてたので、ふとティナ・ターナーを思い出しました。(笑)
そしたらおんとし七十、ことし。
はあ~前田先生や瀧春樹氏とほぼ同い年です。
ブラックインディアン*と書いてありました。
ついでに調べました。
アフリカンアメリカンが米国人にしめる割合は12・9パーセントですって。二割にもみたないなんて、なんだか意外でした。

「Tina Turner」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC
black Indian:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

「真のメルティングポット誕生へ」

http://www.tenri-u.ac.jp/tngai/americas/files/newsltrs/29/29lateral.kitadume.html

「人種のるつぼ」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%82%8B%E3%81%A4%E3%81%BC

キッチン用品のターナー:http://www.misakazoo-kitchenware.com/honma/ladle2.html?OVRAW=%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&OVKEY=%E8%AA%BF%E7%90%86%20%E5%99%A8%E5%85%B7%20%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&OVMTC=advanced&OVADID=22803963541&OVKWID=234328457541

nightこんばんわ
ティナターナーさんはもう70歳ですか!現役で歌ってあるのかな?
今夜は無料スカパーで清志郎を聞きながら賀状の宛名書きですpen会社のもあるので大量ですが、音楽つきだからけっこう楽しいです♪
ひめさんにも書きますよ。 ほかのみなさんも住所を聞いとけばよかった。
明日メールで尋ねてみることにしますpc

『メヌエット』 山崎まさよし

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND25114/index.html歌詞

http://www.youtube.com/watch?v=AjDlZRWli5M&feature=related音楽動画①

http://www.youtube.com/watch?v=I6Olgn7T-Y8&feature=related

車の中で聞くことが多いのが山崎まさよしだったりもするのですが、最近ようやくこの歌の歌詞のすばらしさにきづいた。車で聞いているのは、②です。でも①のシンプルな音はさらにいいかも。かおをよくしらなかった。動画ではじめて知った。
さあ、いつまで貼り付けていられる。

やっぱひとつだけ、文句ね。かささぎはこんなへぼい題つけない。
『落日』にする。でもま、ありますかね、らくじつは。たっくさん!

2009年12月29日 (火)

生活

生活

ガロン缶のむこうは外厠です。
埋めよう!と私と子たちが強硬に主張、が母と父が屈強に反対。
この家のあるじは父母なので、逆らえない。外仕事するのに便利だって。
でもさ。もし父も母もいなくなったら、だれが汲み取りする。
いやだよ~~ そーだ長男にやらせよう。

自転車の手前に干してあるのは豆殻。豆が入っているかどうか不明。
灯油が入っている缶の上にあるのは夢砂。ほら、なにか俳句がでませんか。
にしても、さる喫煙者がガロン缶の上に吸殻を捨てていたことがあった・・・  

見たいね

見たいね

なぜこのビラをもらってきたかというと、杉浦先生のブログで中空土偶展があったとの記事を去年読んでいたから。そのときが初めてでした。中空土偶に出会ったのは。

中がからっぽだから中空土偶っていうんだって。

ほんっとにからっぽのいい表情しているのですよ、これが。

いちばんすきですね、土偶の表情としては。

「もうおれはなーもしらん、ふん!」ってかお。あらゆるもんをつきぬけたかお。

夜の羽犬塚駅

夜の羽犬塚駅

医療と統計学 人口の国際化ー日本人の自然減が外国人の自然増でちゃらに

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

▼出生と死亡の国際化

2009 年 12 月 29 日 火曜日 

人口動態統計調査では、日本居住の外国人の人口動態と外国居住の日本人の人口動態も調査されています。

平成20年に日本で生まれた外国人は1万4千人で出生数の1%以上となっています。

国際結婚が18組に1組であることもあわせ、日本の母子保健は国際化への対応が必要となってきています。

日本で死亡した外国人は6千人で出生数の半分以下ですので、日本居住の外国人人口は8千人の自然増ということになります。

日本人人口の自然減が外国人人口の自然増で補われる構図で、日本社会の国際化は急速に進展しています。

国別内訳(出生は母の国籍別)は次の通りです。

        出生数  死亡数

中国    3670  514

ブラジル  3463  184

韓国・朝鮮 1734 4679

フィリピン 1523  129

ペルー    768   49

米国     255  140

タイ     121   42

英国      46   19

日本との人的交流が反映する統計ですが、これらの国々は国際結婚の相手の国籍としても多い国々です。

「韓国・朝鮮」の自然減が特異的です。

日本定住の歴史の長さのあらわれかもしれません。

外国における日本人の出生数は15563人、死亡数は1596人でした。

出生数は日本における外国人の出生数相当ですが、外国で死亡する人は少なく、若い企業戦士の国際進出のあらわれでしょう。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」を転載)

政権交代と医療」へのコメント

25日に政府予算案が決定したというのに、その詳細がいまだに(ネットに)公表されてない!
省によっては25日のうちに公表しているところもあるが、厚生労働省はまだ。
かつては、予算案が決定するや否や、対外的な発表のために官僚たちが最後のひとふんばりをして即日発表していたはずだが、今年はどうなっているのやら。
子ども手当が、実は4月からの支給ではなくて6月からの10か月分しか予算に計上されていないことなど、発表すべきことは山ほどあるのに・・・

子ども手当、調べてみました。
真偽は別として、10月分しか予算計上していなくても次の方法で4月から支給できるようです。
支給月は年に3回、6月と10月と2月。
6月に、4月分と5月分を支給。
10月に、6~9月分を支給。
2月に、10~1月分を支給。
2月分と3月分は翌年6月に支給するので翌年度予算まわし。

厚生労働省所管の予算案、さきほど公表されたようです。

「手薬煉」=てぐすね。知らなかった。
こないだ、小侍従の歌で、「音信て」が読めず、函館の杉策さんにたずねた。「おとずれて」です。とのこと。しらないことがいっぱいだ。
こないだ出てきた日和見感染もまだ調べていない。
おつしろう。きのうの朝刊、再診料は一律650円になるって書いてあったよね。ひきさげるなんて。病院はあがるからうれしいだろうけど。700円にすればいいのに。
せんごくさんは消費税あげれるかな。誰も許さないだろう。
税金をごまかそうとした総理がいるのでは。

2009年12月28日 (月)

むかしのきおく

大掃除で窓ガラスを外から拭くときしか通らぬ家の東側。
となりとの境界はごらんのように軒を接しています。
むかし、隣はとうふやでした。なので、父は今も豆腐屋とうふやと呼んでいる。
寺田村には姫野姓は多いのですが、うちと隣とが同じ家紋で、隣の薬やにつとめていた佐賀の子孫のかたがあるとき調べてこられておっしゃるには、甘木家家老の家に連なる家紋だったと。そういえば矢野一貞の筑後国史をみると、ちらりと姫野が出てきますが、そのようなことが書かれていた。でもその甘木家って何かさっぱり知らない。山下整子がいつかコメントしてくれた中では甘木ってのは広川町の地名のようです。朝倉の近くの甘木ではないのか。いなかざむらいの親分の家の家来だったってことなんでしょか?どうもよくわからないです。

なんだかわからないけど、今急にこういうことを書いているのは、今日さっき、次男がふっと朝倉へ行きたい、一人で行ってくる。といって出て行ったから。あれも妙な子です。黒門がみたいらしくて。なんなんでしょうね。

それはともかく、かささぎの知る範囲何代かはずっとお百姓。家紋が同じってことは隣とは何代かを遡れば兄弟くらいの近い親戚だった模様。

家の土台は100年以上、たぶん110年はたっているとおもう。
杉の木を数本軒の下に抱え込んでいる。これはなんで?
家を修理するのにとっておいているのだろうか。
いつ台風がきてもいいように、瓦をとっているように。

消えたり現れたりする橋

ここに時にインスタントにアルミ橋をかけます。
ふろが灯油で沸くので、その給油に見えるからです。
生垣の途中が破れているのはそのため。

熊笹と葉ランが自生しています。

冬麗やジェンダー論はうねうねと

冬麗

三匹に曳かれる散歩冬うらら   恭子

しるしか日 むぞかじつなか せからしか  竹橋乙四郎

冬麗のマクベスの妻の髪の畝   恭子

高木登の感激日記2001:http://members2.jcom.home.ne.jp/0132012801/2001-2002/2002_013.html

道、できたて

道、できたて

裏の道が舗装になりました。

数へ日のやっつけ仕事の道普請    

医療と統計学 出生数と死亡数         乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

▼出生と死亡

2009 年 12 月 28 日 月曜日 

平成20年の人口動態統計によると、出生数は109万1千人、死亡数は114万2千人で、差し引き5万人以上、人口が自然減したことになります

日本の歴史上、初めて死亡数が出生数を上回ったのは平成17年です。

この年を境に日本の人口は減少しています。

一人の女性が一生に産む子供の数を示す合計特殊出生率という指標は1.37で、少子化が人口減の大きな要因であることは間違いありません。

合計特殊出生率が日本より低い国として、韓国(1.26)やシンガポール(1.29)がありますが、いずれの国も、死亡の倍以上の出生がありますので人口は増加しています。

世界に人口減の国はあまりありませんが、ドイツとイタリアは人口が減少局面に転じています。

合計特殊出生率はドイツが1.33でイタリアが1.35です。

日本も、25年前の昭和59年までは、死亡の倍以上の出生がありました。

この年の合計特殊出生率は1.81でした。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」を転載)

▲かささぎの脳天気な連句的ひとりごと

朝日新聞を読んでいた頃は上野千鶴子が好きでなかった。
その後連句をするようになって、最初の宗匠・窪田薫師から頂いた連句のアンソロジー中に上野氏の俳句作品を読み、その後『エロチシズム』という題の俳句ばかりを特集した本を読んだときも、彼女が寄せていたエロスと社会をめぐる考察が真実をのべていたこともあり、ころっと見方がかわった。
昨日、又今年二度目の女性セブンを買った。
竜馬特集がよみたくてです。(苦笑)

そしたら、上野千鶴子氏が出ていて、おとこもお一人様に耐えられるような教育をと述べておられた。本も出版された模様(買わないけどね)、まったく同感です。

上野先生が言われますには、一人のまま男が三十にも四十にもなったら、もうおそらくそのまま妻帯はしない。、だからこそ誰の手も借りず一人で生活を完結できるような能力をつけておくべし、と。さもないと本人もまわりも大変困った事態になる。というのです。

かささぎはその生活を一人で完結するという生き方、自衛隊みたいに軍隊ならばなんでも一人でできないといけないのが当然ですが、若いときにそんな生活能力をだれでもが身に付けていたら、ほんとうにコストの面でも国政の面でも家庭的にも大いに助かると思います。

人口はこども手当で増えるとは、思いたくはない。
それこそすべてがお金で買えるということだから。

コメント

グラフを今修正しながらみていてきづいたこと。
これ。

外来:
痛みなどのからだの症状を和らげる対応 
大病院35.8< 小病院44.1
入院:
痛みなどのからだの症状を和らげる対応 
大病院64.6> 小病院63.0

なぜ、逆転するんだろうね?
わたしは昨日、じゅうせいしのせんせいにたずねたばかりでしたので、ちょうどのかんじでこれをよんだ。
つまり、どんな病院がすぐれている外科医院か。という質問なんですわ。
で、かささぎより一回り若いが、かささぎよりずっと田舎の土着の骨をもった(これほめことば)その医師はこう答えられた。
いい医師は、患者のいたみによりそい、痛みを軽くしてくれる医師だ。と。それは手技でもいいが、ことばのちからでもなんでもおなじことだ。と。
明快だった。この質問はつぎの精神的ケアと連動してるし、おなじことを別のことばできいたことだから、数字が似通ってますね。

では、子をおくってきましゅ。はいぬづかえきまで。

>なにかがひどく変なんだ。おおもとが。

そげんたい。
21世紀少年の「ともだち」に支配された世界のごたる。
少なくとも、マスコミが機能しとらん。

nightこんばんわ
今年もおしせまってきましたね。
あっちこっちと手をつけながら片付けています。。が、なかなか処分するのがヘタです。。なので、全然すっきりしません(^_^;)。。みなさんの中で、誰が一番片付け上手?

土偶展ですか。 おもしろそうですね。 招待券のタダ券をゲットしたいものです。 アンテナぴくぴくsnail

2009年12月27日 (日)

医療と統計学 大病院志向  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 27 日 日曜日 

「受療行動調査」という調査があります。

10月下旬の調査日(平日)に一般病院(層化無作為抽出500施設)を利用した患者(あるいは家族)が調査票に記入したものを集計したものです。

過日、平成20年調査結果が発表されました。

調査項目のうち、満足度に関する項目を、大病院(500床以上)と小病院(20~99床)とで比較してみます。

※ 特定機能病院、療養病床を有する病院を除く。

「満足」と回答した患者割合(%)は次の通りです。

(外来)           大病院 小病院

全体                 59.3< 61.2

看護師その他の病院職員による看護や対応57.1< 59.6

医師との対話             56.0< 58.5

医師による診療・治療内容       55.4< 57.9

医師に診てもらっている時間      45.8< 50.2

診察時のプライバシー保護の対応    44.4< 45.8

痛みなどのからだの症状を和らげる対応 35.8< 44.1

精神的なケア             34.9< 40.5

待ち時間               20.5< 29.2

診療・治療に要した費用        13.8< 16.3

外来では、すべての項目について、小病院のほうが満足度が高いという結果ですが、それでも満足度が50%以下の項目が半分あります。

(入院)              大病院 小病院

全体                 70.8> 69.9

看護師その他の医療従事者による看護など77.8> 72.3

医師との対話             73.0> 68.0

医師による診療・治療内容       76.7> 72.5

病室でのプライバシー保護の対応    53.2< 55.8

痛みなどのからだの症状を和らげる対応 64.6> 63.0

精神的なケア             57.4> 55.1

病室・浴室・トイレなど        51.3< 57.1

食事の内容              41.2< 50.8

入院では、総じて満足度が高いようです。

大病院では医療・看護の本質的事項ほど満足度が高く、小病院ではアメニティ項目の満足度が高いようです。

近年の患者の受療行動は「大病院志向」だといわれています。

入院医療については頷けるものの、外来医療の大病院志向は必ずしも満足ゆく結果とはなっていないようです。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」を転載)

コメント

関係あるかどうか解らんけど。

子宮頸がんの予防ワクチンというのが10歳以上の女子に投与されるそうですね。今は希望者だけど後には全員になる予定だとか。
いつも行っているエンブリオ関連の会で、Tさんが言うには「相手が一人であれば感染することはないから、全員に予防接種することはないんじゃないか。」と。
それともしておかなければならないほど、現代の若者は10歳ぐらいから交渉を持っているのでしょうか。
孫たちの時代はますますわからない世の中になりそうです。

ぼん、そのワクチンのニュースは聞いた、テレビで。とてもよく効くらしくて。でも高価だって言ってた。ぼんの心配ですが、かささぎの知ってる範囲ではみだれていないよ。みな純。だけど、「鈴木先生」って漫画を以前よんだとき、ええっと驚く内容だったので、一部ではそういうこともあるのかもしれん。でも、感染症はどこから感染するかわからないからこわいのでしょうし、予防にこしたことはないのでしょう。けいがんが感染症だってこと知らなかった。なにもしらんので、むしろ患者さんからこうなんだよっておしえてもらっています。じぶんは肝炎だからうつらないようにしてください、とかね。笑
わらいごとではなく、乙四郎語録にもぼんにもみなさんにもいろんなことをおそわってるよ、おかげさま。ありがとう。

漫画「鈴木先生」武富健治:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-c900.html

今日羽犬塚駅が新装オープンしましたよ。ピンクのうさぎと茶色のりすの着ぐるみがゆるーくお出迎えしてました。祝い花がずらーと並んできれいでしたよ。
羽のついた犬の銅像が無いけど帰って来るのかなあ。それらしきスペースはあるみたいだけど。
駅の中身はそんなに変わってないみたいだけど、上を走る新幹線の高架橋が迫力ものです。

たからさんおはよ。
昨日の新装開店の模様、ニュースであってました。
そうか毎朝まりさんは羽犬塚駅まで送ってるのね。
私も先日の職場の忘年会が筑後市でしたので、帰るとき二次会へ行く人を駅近くまで送るついでに、駅舎のほうを見上げてえっと思った。
あの置物・・・さあ。どうなるのでしょうか。どきどき。

てぶくろをかいに

国語。記憶の一番そこにある国語の授業の記憶。
小学一年生か二年生のとき、鴻江寿美江先生の「てぶくろをかいに」の授業参観。
うしろに母がきていた。しっていたけど、ふりかえることができない。
先生がみんなに、いろんな質問をした。手をあげて答えるみんな。
わたしはあげれない。わかっていても手をあげるのがいやだった。
先生がひめのさん、これはなにをさしますか。きつねはなにをいおうとしてるでしょう。
ときかれた。答えはとても簡単だった。
だから、子供心に深く考えて、もう一つべつの次元の答えをした。
今思うと、答えるまでかなりの時間もじもじしていたにちがいない。
声もちいさかっただろうし、顔があかくなってもいたろう。
先生がどういわれたか覚えていないけど、この日の授業は鮮明に覚えている。

こうのえ先生がだいすきだった。

そういえば、短大受験のとき、物理の先生が引率してくださった。
その先生のお名前もこうのえとおっしゃる先生でした。

「てぶくろをかいに」http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/card637.html

2009年12月25日 (金)

政権交代と医療(84)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 25 日 金曜日 

診療報酬のプラス改定は平成12年度以来10年ぶりです。

過日、平成20年医師・歯科医師・薬剤師調査結果が発表されました。

それによると、平成20年末現在の医師数は28万6699人、歯科医師数は9万9426人、薬剤師数は26万7751人でした。

調査は2年ごとに行われています。

平成12年の調査結果では、医師数25万5792人、歯科医師数は9万857人、薬剤師数は21万7477人でした。

診療報酬が抑制されている間に、医師は3万1千人、歯科医師は9千人、薬剤師は5万人増えたことになります。

我が国の医療を大きなひとつの企業体にたとえると、収益は伸びないのに高給従業員数を1割以上増やしていることになります。

政権の意思として、これらの職種の増加を抑える考えはなく、むしろ医師数を1.5倍に増やす方針が示されています。

さらに、その他の職種も含め、待遇を充実させる方針が政権公約に示されています。

収益が伸びずに人件費が膨らむ一方の企業体は、いずれ経営破綻をきたします。

今回の改定に見られたように、政権の意思として収益(診療報酬)の伸びを抑制するのであれば、現有人員で効率的に企業経営を行うことに真剣に取り組まなければなりません。

保健医療経営人材の育成が急務です。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」を転載)

▽かささぎのあんまり関係ない連句的ひとりごと

「我が国の医療を大きなひとつの企業体にたとえると、収益は伸びないのに高給従業員数を1割以上増やしていることになります。」

「収益が伸びずに人件費が膨らむ一方の企業体は、いずれ経営破綻をきたします。」

ほんにほんにのう。難儀なことじゃ。

こういう時代には紅白歌合戦も先々は世界中から歌手を集めるようになるだろうなあ。と昨日ふと思って、まず最初にネットで話題のイギリスのあの五十近くの歌手だ。と思ってたら、ほんとにそうなった、みな思うことはいっしょだね。そんだけ疲れているのかもね。

政権交代がみせてくれたのは、これまでの政治の裏側。
お金をもっていること、すなわち、力。
だけど、それには限界があるということもわかった。
佐藤栄作総理が一人の胸に核密約を蔵いこんで逝った、という事実も、今だから騒がず受け止められる。時代と世情をよくみた政治家の判断だったと尊敬こそすれ、怒りはわかない。佐藤総理の平和賞の意味、やっとこれでわかる。

ところで、昨日の男女逆転大奥から、紙屋研究所の頁を開いたら、いつのまにかマルクスが復活していた。これにはおどろいた。って一度もマルクスを読んだことない者がいうせりふじゃないけど。んで、意識しないうちにそういう心性の文士の文章に心ひかれていたってことはよ、心の奥で時代を感じ取ってるってことなんだろうね、かささぎも。雇用が伸びない格差社会。ここ数年こうです。ほんとうにまずしい社会ができつつある。ゆたかな人はきづいていない。だけどどっちがなにが豊かなんだろう。ほんとうは。

漫画「大奥」よしながふみ
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_bcbe.html
「マルクスブームは来ているか」紙屋高雪http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/Marxboom.html

かささぎは目下ひとり親状態だからとくによく見える。
政治的に保護されたひとり親の人たちと接することが多いのですが、とてもかれらは恵まれているようにかささぎの目にはみえる。かれらは海外旅行も国内旅行もする。国民の税金で保護している人たちが、じつは税金をやっと納めているわれらよりずっと豊かで幸せであれば、それはゆがんだ社会保障ではないか。どこかまちがっていないか。こう感じる自分の心性のまずしさを哀れみつつ、どうしても今はそう思ってしまう。なんだか、ものすごい複雑な世の中。かささぎ頭ではこなれない。これだけのことをしてあげる社会を戦後日本は営々とつくりあげたってことだよ。もっともっとしてあげるだろうよね。そりゃあよかったね、ふん。
で、これをみてください。

以下、乙四郎紹介の母子社会保障制度のさまざま。

<母子保健対策>

母子保健法等に基づいて、あらゆる時点をとらえた対策が行われています。

(結婚前)

  思春期クリニック

  健全母性育成事業

  婚前学級

(結婚後)

  新婚学級

  遺伝相談

不妊専門相談センター

特定不妊治療費助成事業

(妊娠後)

  妊娠の届出

  母子健康手帳の交付

両親学級

海外在留邦人母子保健情報提供事業

妊産婦健康診査

保健師等による訪問指導

母子栄養管理事業

出産前小児保健指導事業

妊娠中毒症等の療養援護

(周産期)

  出産前後ケア事業

  B型肝炎母子感染防止対策

産科医療、周産期医療、小児科医療体制の整備

周産期医療ネットワーク

(新生児期)

  未熟児養育医療

  先天性代謝異常、クレチン症検査

  新生児聴覚検査

(乳幼児期~)

  乳幼児健康診査、1歳6か月児健康診査、3歳児健康診査

育児学級、共働き家庭子育て休日相談事業、育成等健康支援事業

  医療給付(障害早期治療、小児慢性特定疾患)

  療育指導事業

これをみて、なにかきづかないでしょうか。
かささぎはだいじなことがぬけているような気がする。
紙屋研究所のひとにたずねてみたい気分だよ。

コメント

コメント

中村哲氏の手記で印象に残ったこと。

彼らは時計を持っているが自分たちは時間を持っている。

そうなんです。
復興支援の仕事は、カレンダーや時計に追われっぱなしでした。
現地では、そんなの関係なしに時が流れていました。

最近みた「イングリッシュ・ペイシェント」の拷問シーンと、きのう次男がみていた「ワールド・オブ・ライズ」の拷問シーンがこころのなかで響きあう。後者、これ最近の映画なんですけど、こないだの「危険な常時」といっしょで次男がみているうしろでおこぼれ頂戴の見方、さいごのほうをちょこっとだけみた程度ながら、メイキングの解説部分だけはちゃんと見た。かっちりつくっている映画。あいてを理解するとはどういうことか。指の骨を砕かれる拷問のいたみとともにじわじわと。(かささぎ)

2009年12月24日 (木)

火災報知器、鳴る。

おととい、火災報知器が「火事です、火事です」と叫んだ。
母がくろまめの砂糖煮をガスコンロにかけたまま場をはずれ、それが吹きこぼれて焦げてしまった。
もくもくと黒煙があがったそうだ。
おかしいのは、茶の間と台所がつながっているのにもかかわらず、テレビをみていた父は気づかず、二階の次男が階段の天井についてる警報機の声をきいて気づいたこと。

我が家には三つか四つ警報機がついていると思うけど、台所のは作動せず、二階のが察知したってのもへん。本来なら、たばこのけむりさえ察知して、火事ですとさわぐ。だから、父が気づかなかったのは、警報機がならなかったせいではなく、テレビに夢中になっていたからじゃないかな。むすこがすぐ気づいてよかった。

上津の山林で

上津の山林で

上津の山を209号線から国道3号に出るまで平行移動。
ここを通るとなぜか自衛隊のことをしぜんとおもう。

働くくるま

働くくるま

なんとなく。

三鷹の永井菊枝さんをおもいだしました。

ことし91歳になられます。祝長寿。

政権交代と医療(83) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 24 日 木曜日

診療報酬の引き上げ幅が確定しました。

23日は祭日ですが、予算編成に休みはなく、診療報酬の改定率について長妻厚生労働大臣と藤井財務大臣との大臣折衝が行われました。

折衝には、両大臣の他に長浜副厚労大臣、野田佳彦副財務大臣、菅副総理、古川内閣府副大臣も同席しています。

結果、診療報酬の0.19%引き上げが合意されました。

診療報酬のプラス改定は2000年度以来10年ぶりのことですが、議員連盟が求めた3%にも、厚生労働省が求めた0.3%にも及ばないわずかな改定率です。

財政事情から予想されたことではありますが、医療関係者は、医療費の総枠拡大の期待が幻想であったという現実に向き合わなければなりません。

限られた財源の中でいかに医療を効率的に運営するか、医療のありとあらゆる局面において、医療経営改善に真正面から取り組まなければなりません。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載してます)

これまでの『政権交代と医療』:

http://www.healthcare-m.ac.jp/app/gm/archives/category/%e6%94%bf%e6%a8%a9%e4%ba%a4%e4%bb%a3%e3%81%a8%e5%8c%bb%e7%99%82

△かささぎのひとりごと

「着地点のぶれ幅が、プラス0.3%からマイナス1%の間に狭まりました。」

政権交代と医療(81)12月16日付稿、
その中間に着地しました。
かささぎの素人かんがえでも、マイナスでなく、プラスに振れてよかった。
長妻大臣はがんばられたのでありましょう。かように厳しい中の折衝では。

きのうは、「かささぎの旗」を旗揚げして五年目に入る記念すべき日でした。
書かねばならないものがあったのですが、読まず書かずぼけえとしてました。
ところで、かささぎの旗はなぜかささぎの旗なのでしょう。
それは。

まあいいじゃごぜいませんか。

五年目、よろしく。またよろしくおつきあいください。

2009年12月22日 (火)

医療と統計学  保険料滞納率と無保険高校生数との乖離の理由

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 22 日 火曜日

福岡県の国保(3)

資格証明書世帯調査で無保険高校生数が多いとされた福岡県の市町村は、福岡市、北九州市、飯塚市、水巻町、太宰府市、宗像市でした。

国保の運営主体は市町村であり、滞納率も市町村ごとに異なります。

福岡県の滞納率ワースト10は次の通りでした。

     世帯数 滞納世帯数 滞納率

嘉麻市   7,812   2,402  30.7%

香春町   2,154    602  27.9%

川崎町   3,290    863  26.2%

糸田町   1,680    437  26.0%

福岡市  216,408   53,536  24.7%

うきは市  5,114   1,260  24.6%

粕屋町   4,898   1,204  24.6%

行橋市   10,394   2,528  24.3%

新宮町   2,736    660  24.1%

久留米市  45,422   9,266  20.4%

無保険高校生数が多いとされた市町村は、必ずしも滞納率が高い市町村ではないようです。

水巻町も宗像市も10%未満です。

なお、滞納率が低い市町村は次の通りです。

久山町   1,119    54   4.8%

みやま市  6,408    304   4.7%

上毛町   1,249    50   4.0%

矢部村    324    12   3.7%

星野村    579    20   3.5%

ところで、滞納世帯への資格証明書の交付率が高い市町村は次の通りです。

   世帯数 滞納世帯数 交付数 高校生数 滞納率 交付率

太宰府市 9,890  997  628  59  10.1%    63.0%

宗像市  13,029  908  565  55   7.0%    62.2%

直方市  9,312  894   487  25   9.6%    54.5%

水巻町  4,974  471   244  60   9.5%   51.8%

岡垣町  4,697  274  136  12   5.8%    49.6%

豊前市  4,374  329  130  3  7.5%   39.5%

中間市  8,049  683  238  11  8.5%   34.8%

広川町  2,839  226   76  0  8.0%   33.6%

飯塚市  20,428 3,627 1,137  62 17.8%  31.3%

北九州市161,666 22,315 6,830 249 13.8%   30.6%

宮若市  4,756   62   185   5   3.1%    9.7%

福岡市 216,408 53,536 4,334 439 24.7%   26.8%

資格証明書世帯を調査する手法ゆえに、結果として、資格証明書交付率が高い市町村で数多くの高校生がカウントされているようです。

福岡県は、人口が多い福岡市や北九州市での交付率が高かったため、全国調査の1割以上の高校生がカウントされてしまったものと思われます。

滞納率が高い市町村や他の都道府県には、資格証明書が交付されていない世帯に、相当数の高校生が無保険状態にあることが推定されます。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎの独り言

なるほどそうでしたか!

ぱっとみて、滞納所帯は福岡県では筑豊地方に多い事に気づく。
筑豊はかつての産炭地です。
かささぎは以前の職場で政治にお詳しい方から、こういう話をきいてぶっとんだことがある。筑豊には福祉職員が二百名以上もいると。こういうことは普段なんの話題にもなりませんが、考えてみる必要のあることだと思います。知らないでいた自分が恥ずかしかった。
行政の保護に依存する体質を作ってしまってはいけない。
今、こころある人たちは、皆感じているはずです。
こども手当てを恐れるのも、それです。
偏見をもって物事を見、差別するのは悪です。

ですから、冷静に実態を調べ、それを分析する目がほしい。

ところで、きのうの西日本新聞朝刊のトップに、アフガンで地道なとりくみをされている福岡の中村哲医師の寄稿が載っていました。
アメリカが兵を増員しても、なにもよくならない。
外地からアフガンの内戦に介入しても悪くなるだけだ。
いずれ皆それに気づき、出て行くしかなくなる。
現地の人たちはもう十年を越す戦争につかれ、慣れっこになっている。
戦よりまず食うために、畠を。気づけば柳川のようなクリークが、あるいは筑後川にも見られるような水路の知恵が・・・というふうにいくつもできていて、今は麦の芽のそよぎが見られる。声高に論を主張せずとも、この国とわが国は水を通して結びついているのだ。
・・というようなことが、淡々と格高い文章でつづられていました。
感動します。

と同時に、きのう返却期限にせかされ読了した『鷺と雪』の時代性に、思いをいたさずにはおれなかった。
この小説には何が書かれていたか。
戦前の、(戦がおきる直前の)、時代性が書かれていた。
善悪を超えた時代性。なんの時代性か。戦の必然性。のようなものの。
北村薫、感じ取っている。考えている。
時代の跫(あしおと)。

2009年12月21日 (月)

東妙寺家の猫 4

東妙寺家の猫

土曜日にぼんからのりんごをらんちゃんに届けました。
そのときの写真。
このねこ、目から耳にかけての斜め上の毛が薄く、そりこみをいれた高校生みたいな感じでした。
なぜ?ときくと、ねこはみなそうよ!との答え。
えっ知らなかった・・・
自分の匂いを付けるため、ねこはここをすりすりってするそうです。

このねこは、でかかった。
二番目に重いねこで、一番重い白猫の父親だそう。
ところで、。三毛猫はいるのかな。
聞けばよかった。三毛は高価で盗まれるほどだという。

時代と感染症と法律   乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 21 日 月曜日 

<感染症対策>

有史以前から抗生物質の普及(1929年にペニシリン登場)まで、ヒトの病気の大部分は感染症でした。

今日でも、世界の死因の約4分の1は感染症(マラリア・結核・AIDS・腸管感染症など)で、途上国の開発上の大きな課題です。

先進国においても、新興感染症・再興感染症、多剤耐性菌の蔓延、バイオテロの脅威、免疫抑制状態の患者の日和見感染など、課題山積です。

日本では、「伝染病予防法」、「性病予防法」、「エイズ予防法」が統合され、1999年度から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)が施行されています。

感染症には多様な分類方法があります。

(感染様式からの分類)

内因感染:宿主の免疫力低下により、常在微生物により症状を起こす場合。

・・・日和見感染、異所性感染

外因感染 :生体外から進入した微生物による感染。さらに感染経路により分類。

(病原微生物の種類による分類)

寄生虫、細菌、真菌、ウイルス、異常プリオン等

(病態からの分類)

一次感染と二次感染 

局所感染と全身感染 

持続感染

不顕性感染、潜伏感染 

(法律上の分類)

感染症法では以下のような分類がなされています。

一類感染症 :危険性が極めて高い。建物の立入制限・封鎖、交通の制限

二類感染症 :危険性が高い。入院の勧告・措置

三類感染症 :集団発生のリスク。受診勧告、就業制限、生活用水の使用制限

四類感染症 :動物、飲食物を介して感染。消毒、駆除、動物の輸入禁止・輸入検疫

五類感染症 :発生動向調査により拡大を防止。

新型インフルエンザ等感染症 

指定感染症 

新感染症 

分類ごとに、届出などのルールが異なります。

感染源を早く発見し、感染ルートを断ち切ることが感染症対策の基本ですが、差別・偏見との闘いも同時に求められています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

感染症について、この「学長のひとりごと」ファイルのカテゴリー分類を探しましたが、みつけることができませんでした。六月ころに何本か乙四郎先生は書いておられるはずです。インフルエンザ関連。そのなかの二本はかささぎも保存しておりますが、日付が入っていないのでアップしません。

それは別途置きます。

連句的な話をつけますか。
二日返却予定日を過ぎてしまった本を今から戻しにいく前に、気になる箇所を引用しておきたい。まったく関係ない疎句的話題。でもちょっと気になるので。

北村薫『鷺と雪』より

「そうそう。世の偶然とは面白いもんだ。この本(※黒死館殺人事件を指します、姫野注)の初めには、どきりとするような言葉遊びがある。探偵達が、犯罪の舞台となる館を訪れると、富貴と信仰を表す旗が逆の位置に置かれているというんだ。弥撒旗(ミサばた)、そして英町旗(エーカーばた)とね」
「それがどうしたの?」
「Massミサからacreエーカーと置かれることにより、祝福の旗がたちまち、Massacre、つまり≪虐殺≫にばけてしまうというんだ

「まあ・・・・」

中略

「それがな。今日の新聞を見たら、本と現実が、ちょっぴり重なったよ」
「新聞がどうしたの?」
「≪マッサカー≫の本を読んでいたら、ちょうどそこに≪マッカーサー≫が来たってさ」

もうひとつ、つけます。

かささぎがずっとかぶりつきで見ていた「仁」が終わってしまいました。えっというような、まだ終わっていないじゃんというよな終わり方でしたが、それでも本当に久々に楽しめるドラマでした。全部の役者さんたちにお花を投げたいかんじのドラマ。感動をありがとう!
このドラマには昔の感染症がいろいろ出てきました。
感染にひるむことなく立ち向かう医師みなかたじん先生の姿に感動しました。はい、かささぎは単純なのであります。時代はかわっても、あんこはおなじだ。ということばにも、かんどうした。アンコじゃなかったけど。

コメント

八女市横町町屋交流館の企画展「上妻歳時記」に母と行ってきました。
企画された橋本長年(平田在住)氏が丁寧に解説くださいました。
たまたま松田久彦氏もおられたので、お話することができました。
高橋昇氏関連展示の前に長くいたのを観察しておられたらしく、松田氏曰く、
「高橋昇博士だけでも企画展を開く価値がある」
寺田天満宮の広田弘毅の揮毫の写真もありました。
橋本「いろんな人に訊ねたのですが、なぜ広田弘毅がここに揮毫しているのか謎なのです」
母「渡辺鉄工所の重役だった室園さんが口利きして依頼したんでしょ?」
橋本「ありがとうございます。調べてみます」
お礼にカレンダーをくださいました。
母は生き字引です。

上妻歳時記の企画展にさりげなく置いてあった文献ファイルをぱらぱら捲っていたら、福岡県の「庚申講」について書いてあるページが飛び込んできました。
琵琶法師を招いて庚申を通夜で過ごすような風習が福岡の各地にあったらしい。
室町時代頃から。
庚申塔、というのもあるらしい。「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿が彫られることが多いとか。
いろんなものが連句的に繋がってきました。

企画展は24日までです。

さっきバイト先から大むすこがケーキを二個もって帰ってきました。四千円分も買わされて。雪のおうちみたいなケーキ、二切れできもちわるくなった。クリーム多すぎ。これでクリスマスには何もないぞ・・。ひ~

土曜のキャンドルナイトはいかがでしたか。
こちら、朝は母たちを院へ送迎し、昼は三者面談、院の忘年会が夕方からでした。大むすこはバイト、小も用事があり、とうとう参加できませんでした。
ぼんやせいこさんやえめさんまりさんたちと、来年こそは参加したいです。

ひるに乙四郎母上のお顔がふっと浮かびました。
去年は何度か姫野農園の野菜を届けましたが、今年はなんにも届けていません。乙四郎には連句会場を何回もただで使わせてもらうなど大変お世話になっており、心苦しい限りですが、すみません。よろしくお伝えください。そうですか、寺田村のむかしのこともご存知なのですね。長生きしてもらわないと。

甲四郎先生にもずいぶんご無沙汰してます。
ひとつ聞きたいこともあるのです農学博士高橋昇のことで。蝶の学者の話。
以前ブログで紹介した乙骨一族の江崎悌三博士のことで、さる方からお尋ねがあり、また聞きの又聞きみたいなお話でしたので、どうしたものかと気にかけながら、そのままにしていました。が、昨夜と今日と再び依頼の電話があり、お話をよく整理しますと、こういうことでございました。
戦時中、江崎悌三博士はシンガポールの植物園か博物館におられたことがあったらしい。そのとき、懇意になられたのがイギリス人のコーナーさんとおっしゃるかたで、その方は回想録をのこしておられる。その父上のことを伝記に書きたい息子さんがいらして、その方は、オーストラリア在住のイギリス人、ジョン・コーナーさんとおっしゃいます。
コーナーさんは名古屋の明石陽至とおっしゃる先生を通じて、悌三博士のご家族にお話をお聞きになりたいそうです。
かささぎはこのことをふせていようかとも思いましたが、ちょうど高橋昇博士と同じ時代のことだし、なにかつながっていそうでもあり、ここにも書きます。
かささぎにご連絡くださったのは、明石氏の教え子さんでございました。(かささぎは明石氏を全くぞんじあげませんし、ジョン・コーナーさんも知りません。しかし、君が代を国歌にした乙骨太郎乙の直系の子孫である、九大の昆虫学者・江崎悌三博士のことをもっと知りたいとおっしゃる方、それも外国の方がおられますなら、できるだけ力になりたいと思いました。あまりにも茫漠とした話でしたので、最初戸惑って、さくらさんへも相談しました。さくらさんは、このような返信をくださいました。ありがとうございました。

姫野様

こんばんは
メールありがとうございました。
下記の内容ですが、姫野さんの文章にしてはぜんぜん意味がわかりません。
誰が誰のことを知りたいのか理解できないのです。

昆虫学者江崎悌三博士の遺族のかたから
名古屋の方から
・・・・とおぼしき方の教え子さん(筑紫野在住)から

書きながら件名を見て、知りたいのは「明石陽至さん」のことだとわかりました。
軍人なのか学者なのか?
当時その方面に行っていた日本人は無数にいますので、その名前は知りません。
今中国にどんどん支店や工場を移して、中国駐在員としてたくさんの日本人が行ってるのと
同じ状況だと思います。
今中国に行っている誰々さんを知っていますか?と聞くのと同じよなもの。 

>当時日本の委託統治領であった南洋諸島にも・・・・・
占領政策というとよっぽど悪いことのように教育されていますが国際条約です。
第一次世界大戦では日本は戦勝国ですから、そのときの国際条約で
日本が統治するように決まったのです。
第二次大戦でに日本は負けたので、条約によりアメリカ軍がいるのと同じなんですよ。
またそれらの国(南方の)の人たちは日本人をとても尊敬して好きでいてくれる人が多いのですよ。
今も日本を占領してる(ようなもの)アメリカを、日本人はみな嫌いかというとそうじゃないのと同じです。
嫌いな人も好きな人もいるのに嫌いな人ばかりのように教育・報道するのを偏向教育・報道といいます。

この前長崎カステラの話をちょっとしましたが、おじいさんの戦死について調べ、それを題材にして
小説を書いた青年に今日会ってきました。
小説フリマーというのがあるんですね。
http://bunfree.net/
なかなか奥が深く今日の私はちょっと感傷的になっています。
日本中からたくさんの表現者が集まって盛況でした。
訴えたい、聞いてほしい、自己表現したい・・・・生きていくのは大変だ。
かける人はまだ幸せかも知れないが。

その青年の小説は帰りの駅のカフェで一気に読んでしまいました。
おじいさんが海軍で、1年に1回船が佐世保に入港すると、南洋からバナナをいっぱい持ってくるの
が子供にとってものすごく楽しみだった場面が生き生きと書かれていました。
バナナと一緒にデパートからカステラも買ってきた。
バナナとカステラを楽しみに待っていた女の子は、今日会った青年のお母さんなわけです。
病床のお母さんにその思い出を忘れないために、姉妹から今も定期的にカステラが届けられる
ことに疑問を持ったことから、この青年は「知ろう」と思ったそうです。

姫野さんのこのメールがそのバナナが豊富な南洋の島に関係してるのがとても不思議です。

では、    神崎さくら

蝶といえば、上妻小学校の小川先生を思い出します。
ご存命でしたら、何か手掛かりをご存知だったかも。

おっとっと、ここで2度読んでやっと人脈がわかりました。
小さな(これから大きくなるかもしれない)国際交流のひとつとして尽力するのもいいことですね。
上の理由ならば、永井菊枝さんにお尋ねするのは大いに理由がありますね。
ところで最近利華さんは永井先生に三鷹で会われたようですね。
そのコンサートのことは見逃して知りませんでした。
知ってれば私も永井先生に会えたのに。

高橋博士のことといい、いろいろとつながりますね。

2009年12月20日 (日)

ヤツデの花

ヤツデの花

昨日は雪

昨日は雪

昨日は雪でした

昨日は雪でした

医療と統計学  国保保険料滞納率       乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

福岡県の国保(2)

2009 年 12 月 20 日 日曜日

福岡県の国保の滞納率が際立って高いわけではありません。

各都道府県の滞納率は調査年ごとに変動しますが、平成21年9月の資格証明書世帯調査時点では、ワースト都道府県は次の通りでした。

      世帯数 滞納世帯数 滞納率

1 東京 2,408,788  692,322  28.7%

2 宮城  350,516   82,509  23.5%

3 岡山  282,030   64,474  22.9%

4 埼玉 1,181,810  267,767  22.7%

5 三重  291,131   62,870  21.6%

6 大阪 1,499,407  320,118  21.3%

7 奈良  209,209   42,920  20.5%

8 神奈川1,432,315  290,345  20.3%

9 千葉 1,028,450  206,176  20.0%

10福島  308,749   61,856  20.0%

これらの都道府県では、4~5世帯に1世帯が滞納していることになります。

九州の各都道府県はワースト10には入っていません。

13熊本  330,191   63,323  19.2%

15沖縄  259,922   49,164  18.9%

17福岡  771,246  131,802  17.1%

23長崎  253,251   38,675  15.3%

26佐賀  122,300   18,126  14.8%

30大分  193,759   27,809  14.4%

31鹿児島 286,232   40,843  14.3%

37宮崎  202,027   25,565  12.7%

福岡県では6世帯に1世帯が滞納です。

最も滞納率が低い県は島根県でした。

47島根  104,021   7,578   7.3%

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

おお!
昨日の「高校生の滞納率」というのと対照すべき統計でございますね。
調査のやりかた、かささぎの予想では、受診した「人」に実施したのではなく、「医療機関」に実施したのではないかと思います。ただ漠然とそう思います。プライバシーが絡みますので、。したがっていつぞやかささぎが「なんやん、こげないそがしかときにこげなややこしい調査書を提出させてから!!(なによ、こんな忙しい時にこんなややこしい・・・)」と怒りまくった、建設業界での公共工事にからむ価格調査のようなことがあったのではないかとお察し申し上げる次第でございます。苦笑

でも、これをみれば、さらに疑問が深まる。
東京がワースト。(そうだろうと思っていた。)

で、次にくるのは宮城ですか。所帯数がさほど多いわけでもないのに。
意外でありました。

九州はワースト10の圏外。
しかも福岡より熊本や沖縄が滞納率は高い。
じゃあ、なんで「滞納高校生」が福岡は全国ワースト二位?

乙四郎先生、こたえをひっぱりますね。明日まで待つのか。

コメント

福岡県の無保険高校生数が突出しているのは、福岡県、特に福岡市と北九州市が対象者をよく把握しているからだということがわかりました。連載の(3)あたりで書きます。

子供手当てを出す所得制限の話(TVの報道による)を聞いていて、私は怒っている。
なんが年収800万ねやん。1000万?2000万?あほらしゅうて声も出らん。年収300万円、400万円台で生活している人は大勢いるのに。そんな中で、家賃も支払い子供を学校へやり、毎日食べていっているのに。
そういう人たちでさえ、子供手当てやらいらんと言ううとるのに。
民衆の声を聞いてね、政治家の皆さん。
ちなみに久留米市議会議員の報酬は月額58.2万円、12ヶ月で698,4万円です。
(久留米市報による)

乙四郎先生、かささぎは疑問に思うのであります。
日本は全部でいくつの行政ブロックかなと思って、「日本全国一都何県」で検索したら、一都一道2府43県とヒットしました。だからここでは色々思わず、単に47で割ったのですが、ほんとうはどう数値を出しているのか、知りませんし、報道でもそこまで詳しいことには言及されていませんでした。
しかしです。ちょうど十年前、八女市に石橋秀野という俳人の墓がある関係で秀野没後五十年の俳句大会が全国規模で執り行われたことがあるのですが、そのとき、文化会館に見えた講演ゲストは、乙四郎の大好きな新明解辞書を編纂なさった山田孝雄博士のおうちのご兄弟ただ一人の女性で俳人の山田みづえ先生でありました。
先生はお話の冒頭、わたしの住んでいます世田谷区は、ただ一区でこの八女の町の人口の十倍近い三十五万ほどが居住しています。
とおっしゃいました。そういうことを思うに付け、都会と、地方の県をひとしなみに扱っていいものかと思います。

それと。
ぼんとおなじく、わたしも雅子さまが大好きです。
で、ぼんと同じようなことを思うのですが、ただ、それを雅子さまが自然にやろうとしても、まわりがそれを許さなかっただろう。外交は政治の問題のどうのとうるさくうるさくうるさくいって、。それがあったから、ここまでこじれた。お気の毒です。あのようなお立場にたつくらいなら、空をとぶ鳥のほうがよほどましだときっと雅子さまは何度もお思いになられたことでしょう。じっと辛抱されていることがすでに奇跡だ。

あまりに多い宗教行事は整理すべきだと思います。
庶民の次元では現にそうなっているのに、皇室にだけ以前とかわらぬ厳格な式を要望するのはおかしいもの。皇太子さまがおっしゃるとおりです。

ほかには、・・・雅子さま。
ぜひ、一度連句をいたしましょう。お姑さまは和歌がとってもお上手でいらっしゃいますが、時代は連句でございます。(てか、単にかささぎは興味があるんだわ。和歌は天皇家や貴族のものだった。それに対して中世に俳諧が生まれたのですが、かように圧倒的な民主主義の世になっては、「俳諧」の意味が逆転しそうな気がする。きれるのはあちらがわのかたがたで、ああ、ああ、もうやってらんねえ!!と、きもちロックンローラーしてがんがんやるっきゃねえ。みたいな。で、そういうかんじを雅語にのせたら、というのを一度やったら、どんなにおもしろいだろうなあ!)
これこれかささぎどん。
いくらなんでも、不謹慎ですよ。ーはいはい、わかっちゃいるっすけどね。

いまから、高校の三者面談にいってまいります。もう子は行ったようですね。今日学校は餅つき大会で早く帰ってきました。

ぼん。久留米は三潴やそこらへんも合併して大きくなりましたが、ということはよ。無駄を省くためだったのでしょう。その分、議員さんとかは減ったのですか。また、三潴の議員さんより久留米の議員となったほうが収入は上がったのでしょう。であれば、無駄を省くどころか、逆に無駄の上塗りになったのではありませんか。もし、失礼なことを尋ねているのであれば、先におわびします。

市会議員さんの数は減りましたよ。10数人いた三潴町議は4人に減りました。北野、田主丸、城島も減ったと思います。

2009年12月19日 (土)

政権交代と医療(82)  統計学とこどもの無保険   乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

福岡県の国保(1)

2009 年 12 月 19 日 土曜日

厚生労働省は、16日、「資格証明書世帯に属する中学生以下の子どもに対する短期被保険者証の交付状況及び資格証明書世帯に属する高校生等の人数に関する調査(平成21 9 月時点)の結果について」という記者発表を行いました。

保護者が国民健康保険の保険料を滞納して子どもが無保険状態になっている問題です。

4月に施行された改正国保法で中学生以下の子どもには救済措置が導入され、保護者が保険料を滞納していても6か月間有効の短期証が交付されることになりました。

今回、参考情報として調査された高校生世代(救済措置の対象外)について、資格証明書世帯で無保険状態の高校生世代が10647人も存在していることが判明しました。

都道府県別には、神奈川県1180人、福岡県1118人、千葉県947人がワースト3県です。

人口比で考えると、福岡県の突出が目立ちます。

(資格証明書世帯で)無保険高校生の1割以上が福岡県に集中していることになります。

資格証明書交付世帯は滞納者の一部(約1割)ですので、実際の無保険状態の高校生や中学生以下の子どもはもっとたくさんいることになりますが、その実態は不明です。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

割合の算出:昨日間違えた割合をやり直しました。
日本とは1都1道2府43県のことなので、与えられた人数を47で割ります。
10647÷47=226.53=およそ227名

福岡は1118名というのですから、

1118÷227=4.925=およそ5

何が一割増しなものか、なんと他県の五倍もの数値じゃないか!

うっひゃー乙四郎、あったまいい!
一割増しと思ってたかささぎ、蝶ぼんくら。

調査法は不明ながら、ご苦労を察し申し上げる次第です。
実際はこれよりかなり多いであろうと乙四郎先生も書かれています。
神奈川県は更にもうちょっと福岡県の数値を上回る、しかし素人考えで神奈川千葉などの首都圏の県はさもありなん。と思うのですが、福岡はちょっと意外なのですよね。県民性を考えるべきか、景気を考えるべきなのか。両方にらみあわせつつ原因を考えるのだろう。

(きのう、乙四郎論文の冒頭を数行引きたいと思ったのは、統計の考えの粋みたいなものがそこには書かれていたからです。もともと膨大な人員を対象に調査を行うことは土台無理な話ですから。一部をとりだして、その結果をもとに考えるということ。)

今かささぎの身ほとりには無保険のこどもはいませんが、ついこないだまで、無保険のおとなは普通にいらっしゃいました。(そのような職場でしたから。)健康なときはぜんぜん構わないのですが、病気になったら即困ります。病院の窓口で過去の不払いまでも言われ、受診を断られます。自業自得といいますけども、それはそうしたくてそうなったわけではなく、一生懸命歯をくいしばって一人で働いておられても、支払えないことが現にある。独り者でさえそうですから、家族持ちとなるとどんなに大変なことか。
きっと今はこの調査の時よりもっとうんと増えているに違いありません。
昨日の朝刊は建築関連学校の定員割れを報じていました。
政権交代がそれを促したことになります。

▼連句的

どう連句的かよくわかりませんが、

昔光明皇后が恵まれないこどもたちに施療院を作って保護したとか色々な歴史的事例もございます(歴史の先生のろいりさん、これ間違っていませんか、自信なし)し、星野と黒木の物語についたコメントをここにひっぱりましょうか。ほんとは矢野一貞の文章を引用してそれにつけようと思っていたのですが、時間がとれない。(あれはとても時間がかかります。)それでここにつけます。
別段たたくために披露するものではない。先祖に深く学ぶために。

コメント

こんにちは。

「天皇を人権として認めてあげないと」。というのは物質的な外見の部分しか見ないからかもしれません。皇族を人間として一般人と同じく見たとたんに「変な人」で終ってしまいます。また一般人に情けをかけれらる存在でもありません。はるか昔から培ってきた内面(霊性)は、多くの一般人とかけ離れています。見かけで議論する事など到底できない事を、昔は多くの日本人が知っていたのでしょう。
外見のみで議論すると歴史の教科書のように聖人や極悪人の両極端な面しか見えません。

私が学生の時の先輩にある皇族の方がいました。
外見や話をすると非常に真を捉える真面目な方でしたが、一般社会から見ると浮世離れしている面もあり、周りの学生からは「変な人」として敬遠されていた部分も多くありました。
このように皇族の方々が庶民に慣れ親しんできた事を良く理解せずに分をわきまえられない人が増えてきているのは事実です。
徐々に外堀が埋まってきている感はあります。。

うたまるさん。『鷺と雪』(北村薫)の『不在の父』にでてくる旧華族の馬さんがまさにそんなタイプの人です。ひたひたとおしよせる民主化の波。時代が大きくうねる226事件を前にした一瞬をすくいとって、百年ちかくも昔のことなのに、まるで今であるかのような味わいの推理小説になりました。殺人は殺人でも、人の為にじぶんのいのちをさしだす話。
うたまるさんのおっしゃりたいことはよくわかります。だけどそれはあんまり口にしないほうがいいかも。

お気遣いありがとうございます。このような言葉を表に出すのは実は初めてだったりします。特定ブログという性質に伴い違和感を感じられる方が多い内容である事も、またサーチロボットにピックアップされないようにする書き方の術も知ってはいますが、あえて直に書きました。ただ、恐らくこれ以降はないでしょう。。失礼しました。

 良くも悪しくも、現制度の下では(昔の制度下でも)、天皇は一般人と違います。なぜなら戸籍には載らず、選挙権など現憲法に基づく基本的人権も制限され、その他いろいろ。しかし一般人とは違っても「人間」であることに変わりはないでしょう。だから皇太子や秋篠宮の恋愛結婚も認められました~昔なら勝手に許嫁が決められる。
 天皇(制度)を奉る人たちの発言や行動が、実は天皇を困らせる(あるいは怒らせる)、二・二六事件や三島事件など、そのような例は多々あります。天皇(制度)を奉りながら(あるいはそのふりをして)、それを利用し戦争始めた人たちが、戦後天皇の政治責任論・退位論や天皇制廃止論で天皇(制度)を危機に陥れた。某東京都教育委員の園遊会での余計な発言に対して、現天皇も内心は困って「強制でないことが望ましい」と言わざるを得なかったetc.
 蛇足ながら、天皇の政治的利用は大昔からの日本の伝統?典型的なのが明治維新で、討幕派にしろ公武合体派にしろ、天皇は将棋の「玉」に過ぎなかった。うたまるさんは「歴史の教科書のように聖人や極悪人の両極端な面しか見えません」と書いてるが、歴史の教科書にはそのような書き方はしてありません。聖人の天皇も極悪人の天皇も出てきません。『古事記』『日本書紀』には出てくるが。
 このコメント、書くのも迷ったし送信もやめとこうかと思ったけど、あえて送信します。

今朝の報道で、雅子様の外国でのご公務が又取りやめになったとのこと。理由の一つに飛行時間の長さが取りざたされていました。
ミーハーな雅子様ファンの一人として、海外で思う存分英語を話し、知識を披露して、笑顔の外交をされてきたらご病気も少しはよくなるのではないか思うのであります。
皇太子もご結婚を決められたときのように、「全力で雅子を守りたい」と仰れば良いのに。

2009年12月18日 (金)

笠原小学校

笠原小学校

これは母がもっている「母校の百年」の写真です。

なんと「六地蔵」のことも、ドラマになった旭座のことも(これにもぎくりとした。黒木の旭、という題で連句をアップしてたので。無意識のシンクロですが)、それから樋口氏のことも、「和郎おとし」のことも書かれていました。
・・・と、見出しをかいてみましたが。なんのこっちゃでしょうね。笑

いつか引用する記事があるかもしれません。

太宰府のパフェ屋さんノエルの樹の

太宰府のパフェ屋さんノエルの樹の

ここ、太宰府の石坂ってとこにあります。
娘が是非にというので、道に迷いながら、山の中をぐるぐる回って捜し求め、やっとみつけました。太宰府って大学がたくさんありますね。
で、お味です。きびしいことを書きますが、かたちはとってもかわいいんですが、いまいちいまにでございました。もっと甘くてやわらかかったら。

青山ってとこから山を回りこむように石坂へ下りていくとき、道が古くて狭くて、もし対抗車がきても離合できないかもとはらはらしました。
この道は昔、戦国の時代もあっただろうな。武将たちが攻め降りた道かもしれない。
などという思いがふつふつとわいてくるような。どこか久留米の高良山の道に似てた。

政権交代と医療(81) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 18 日 金曜日

中医協の議事は公開です。

傍聴希望者が多く、早朝から行列ができている状況です。

インターネットラジオによる生中継方針が発表されましたが、委員から賛否両論が出て、実現できませんでした。

16日の中医協では再診料が議題になりました。

「論点」は次の4つです。

1 病院と診療所の再診料について、一物二価となっていることをどう考えるか。

2 同一日に病院の複数の診療科を受診した際の再診料の算定についてどう考えるか。

3 各診療科が担う役割と、初・再診料、外来管理加算における診療科間のバランスについてどう考えるか。

4 前回改定において、再診料の点数を引き下げる代わりに、外来管理加算について患者への懇切丁寧な説明や計画的な医学管理等を評価するものとして5分という時間要件を導入した。

外来管理加算の時間要件を見直す場合に、懇切丁寧な説明等を時間以外の何をもって担保するか。

また、一定の処置や検査を行わない場合に加算されるということで、患者にとって分かりにくいという指摘に対し、どのように答えるか。

病院の再診料は600円です。

診療所の再診料は710円です。

同じ再診なのに価格が違う一物二価はおかしいということで、統一される方針となりました。

高いほうに統一するのか、低いほうに統一するのかは決まっていません。

2番目の論点は議論が尽くされていません。

3番目の論点は、収支の根拠データが不足しており、議論するのかしないのかも合意に至っていません。

4番目の論点である、懇切丁寧な説明の対価であるところの外来管理加算については、政権公約どおり、5分要件を用いないことが決定されています。

懇切丁寧な説明を行ったということを、時間を5分以上かけましたという以外の何をもって簡潔かつ客観的に記録に残すことができるかは、哲学的難題です。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

△かささぎのひとりごと

えーっ三十年前から百円しかあがってない。再診料。
500円でしたよ三十年前。
これ、初めてしりました。ダブルスタンダードな再診料。
診療所を優遇してたのですね。でも今や病院が危ない。
法で価格をきめることの難しさが伝わってきます。

五分要件・・・。苦肉の策でありまするなあ。

連句的。前こういうことを思ったことがあります。

再診料をとるときに慢性疾患には指導料が二週間に一度五百円加算できた。しかし、慢性疾患というのは慢性であるゆえに、治療も慢性化し(という意味はほぼ同じ薬でいくことが多く)患者さんによっては窓口に電話で薬だけお願いします。とおっしゃる方もあった。事務はそういう場合、医師の了解を得て処方箋を書き、調剤薬局に薬をお願いして処方してもらうと、それを郵送していました。その場合もいただいていました、指導料。三十年前の話ですけどね。

▼今日のおまけ記事

医療と統計学

≪福岡人の医療費と無保険所帯との相関性≫

国民健康保険医療費マップというものがあります。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/hoken/iryomap/06/03.html

北海道と西日本に「医療費」が集積しているのがわかります。

実績医療費というのは、生の数字。

高齢者が多い地域では医療を要する人の多さを反映して医療費が高くなるのは当然です。

そこで、年齢構成の違いによる影響を除去して補正した値が「地域差指数」(全国平均を1)です。

地域間で比較する場合には地域差指数で比べたほうがいいでしょう。

福岡県は、平成18年度には、ついに地域差指数全国ワースト1になってしまいました。

地域差指数1.212で、全国平均より2割増しの医療費ということになります。

で、これにかささぎが付けます。(↑は蔵出し学長ブログ)

昨日西日本新聞のトップに、医療保険未加入の高校生数が福岡はとても多いと出てました。(ワースト神奈川、福岡二位)
全国平均の一割増しの数字でした。
親が保険料が払えない子たちの救済。

厚労省によって中学生以下には今年四月から救済策(半年有効の短期保険証を発行)が実施されているが、今度はそれを高校生にも拡充するというニュース。

福岡は交通事故死者数も多いし薬物死数も多い。

いったいなぜなんでしょうね?その理由。

わからない。
あたまのどこかにみんなが自覚しておけば、何かみえるか。

2009年12月17日 (木)

小侍従の歌合の歌ー『筑後将士軍談』 4 

千五百番歌合の歌、

「たのめつヽこぬよをまちし古へを忍ぶへしとは思ひやはせし」

続拾遺六 千五百番歌合に、

「音信て猶過ぬるかいづくにも心をとめぬ初時雨哉」

新後撰九、 心月輪の心を、

「いさきよく月は心にすむものとしるこそ暗の晴るヽなりけれ」

又十二

「波高きゆらの港をこぐ舟のしづめもあへぬ我こヽろかな」

恋の歌の中に、

「住吉の神に祈りし(て)逢事のまつも久しくなりにける哉」、

玉葉二 平忠度朝臣、山里の花見侍りけるに、家つとは折すやと申遣りし侍りければ、

「家づともまだをり知らず山桜ちらで帰りし春しなければ」、

と申て侍りける返事に、

「我為に折や一枝山桜家づとにとはおもはずもあれ」

又五 正治二年百首歌奉りける時、秋歌、

「ながめても誰をか待ん月夜よしよヽしと告ん人しなければ」

又十 依レ雨増恋と云ことをよみ侍りける、

「たのめしを待夜の雨の明がたにをやむしもこそつらく聞ゆれ」

又十一 寄木恋、

「いかなれば朽ぬる袖に波かヽる岩手のまつもさてこそあはれ」

小侍従あり所知せさりけるを恨みければ、三輪山ならすともしるくこそと申ける、程なく尋出て遣しける、前左衛門尉公光、

「待らんと何をしるしの杉にてか心もしらぬ宿を尋ねん」

返し、

「人しれぬ心のうちのまつのみぞ杉にも勝るしるしなりける」

前右近中将資盛家に歌合し侍けるに、読て遣しけるに恋歌、

「同し世にあるを頼の命にて惜むも誰が為とかはしる

続後拾遺九、正治百首歌奉りける時、覊旅(きりょ)、

「今宵もや宿借り兼ん津の国のこやとも人のいはぬわたりは」

風雅十三に、月の夜久我内大臣もとへ遣ける、

「ながむらん同じ月をば見るものをかはすに通ふ心なりけりせば」、

新千載十八に題しらす、

「忍ひこし夕ぐれなゐのまヽならでくやしや何のあくに逢けん」、

新拾遺十一に、男のつらくあたりけるに遣さんとてこひける人に代て、

「なびきける我身あさまのこヽろからくゆる思ひに立煙かな」

又十二 恋の歌の中に、

「身のうさを思ひもしらぬ物ならば何をか恋の慰めにせん

又十八 暮春の心を、

「身に積る年のくれにもまさりけり今日はかりなる暮の惜さは」、

月前遠情と云ことを、

「いとふらんくめぢの神の気色まで面影立夜半の月哉」

新後拾遺六 千五百番歌合に、

「跡つけし其昔こそ悲しけれ長閑につもる雪を見るにも」

新続古今十七に、正治二年百首歌に、

「何ことに露も心のとまらまし月をなかめぬ此世なりせば」

又十八 正治百首歌に、

「朝夕の煙ばかりをあるじにて人は音せぬ大原の里

(つづく)

かささぎの手許にあるのは、『六百番歌合 六百番陳情』という本だけ。
ですから、これらの千五百番歌合歌の解説がまったくできません。
それもしゃくですので、六百番歌合から同じ題の歌をひき、連句的に並べてみます。そういや、この引用文の中で使われてた並べるという漢字、「双」でしたねえ。(井戸の井と書いて何とよめばいいか不明な字もあった。わからんけん適当によみなした。こういうときは英語といっしょですね。)

▼『六百番歌合  六百番陳情』

岩波文庫黄色34-1

建久の頃、藤原良経の主催したこの歌合には、定家、家隆、家房、慈円、寂蓮ら当代のすぐれた歌人が参加し、俊成が判者にあたった。(と表紙裏)

その中から、小侍従の千五百番歌合にも同題の恋歌がある、

寄木恋(木によせる恋)をまるまる引用します。
連句人には二つの意味でとても重要で、目をひきます。
まず、何が面白いかといえば、歌の数。

春15、夏10、秋15、冬10。以上50首。

この数に、連句人ははっとします。
連句の付句の季順表、同じ季節の句を数句ならべますが、春と秋は夏と冬より数が多いのが決まり。春秋は三句以上五句まで続けてよいが、夏冬の句は一句から三句まで、たいがい一句か二句です。それはもうすでにここに表れています。

恋の歌は春夏秋冬の歌が出てからきます。その数、五十首。
これは二分の一、相当な数です。『暦論』で引いた東明雅先生の『芭蕉の恋句』にも書かれていたのですが、連句もまた、この和歌における恋歌の尊重という伝統を重んじるものです。

ムネも教養も薄っぺらいかささぎは、打ち込みつつ学ぶ式でいくしかない。
ひまなおかたはおつきあいくだせえ。

なお、一番古い写本は九州探題今川了俊(貞世)の写したものだそう。
十四世紀の写本、古い!

長くなりますので、参考として打ち込みました。↓

続きを読む "小侍従の歌合の歌ー『筑後将士軍談』 4 " »

ゆきの朝

ゆきの朝

医療と統計学  幼児死亡率、高!        乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 爪 章

2009 年 12 月 17 日 木曜日

日本の幼児死亡率の高さが話題になっています。

私も、日本国際保健医療学会の学会誌に、「アンバランスな発展」と題してこの問題を発表したことがあります。

http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jaih/-char/ja

全文はこのページで著者名検索か、巻号検索(Vol.20 No.1 2005)をしていただければ読めますが、要約すると次の通りです。

国の発展度を測る指標として乳児(0歳児)死亡率が多用されているが、乳児死亡は闇に葬られがちなので、予防接種プログラムの対象児でもあり行政的に捕捉されやすい1~4歳児死亡率を用いたほうが合理的であろう。

ユニセフは乳児死亡率と5歳未満児死亡率の国別一覧を発表しており、わが国は、いずれの指標についても世界トップクラスの低率を誇っている。

5歳未満児死亡率から乳児死亡率を減ずると、1~4歳児死亡率を算出することができる。

多くの先進国において1~4歳児死亡率が(出生児千人あたり)1未満に改善してしまっている中、わが国のそれは1.08と高い。(注:平成20年統計では、0.87に改善していますが、それでも他の先進国より劣っています。)

わが国は世界の中で20~30位に位置している。

わが国の1~4歳児の主要死因は事故とりわけ交通事故と溺水であるが、十大死因には(予防接種での)予防可能感染症や他殺も登場する。

わが国の援助対象国の中には、1~4歳児死亡率においてわが国と争うところに位置しているところさえ出てきている。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』の転載)

カテゴリー『国際協力の経営学』を全部よむ:
http://www.healthcarem.ac.jp/app/gm/archives/category/international

▼かささぎのひとりごと

橋爪章論文を開き、冒頭数行をコピペしようとして失敗。

おもしろかったのにな。できないようになっているね。

これを読んで、マザーテレサのことば、(日本は心貧しいかわいそうな国だ)と、ブータンのことを反射的に思い出した。日本はしあわせを量るはかりにお金をもってくるけどブータンはそうじゃない。国民総生産高ではなくて国民総幸福高で量ると本で読んだ。
先進国という名前はただ独善的なはずかしい呼び方だというのがよくわかる。その例みたいにこの話をよむ。

▼きのうのコメント(天皇問題と政治)

 小沢一郎の記者会見、あのふてぶてしい口の聞き様は、現東京都知事にそっくりな感じだった。あーゆう俺様タイプが良いと思う物好きも結構いるんだろうな。小沢は天皇の政治的利用をして開き直ってるが、慎太郎は皇太子をオリンピック誘致に利用しようとしてできなかった。しかし何の問題でもすぐ開き直って自分を正当化する、そういうところも似とる。でも、立場が変われば自民党だって同じようなことしていないとは限らんと思うよ。所詮、小沢も鳩山兄も元自民党だし。
 このブログでは民主党が散々叩かれているが、同じ穴のムジナも多い政界、これからどうなるかはまだまだ予断を許さないというところですね。
 ところで私は、今の天皇は人間個人として、とてもいい人だと思います。皇太子にも好印象。そのいい人同士の親子関係がうまくいってないらしいところが、人間関係の難しさですね。政治も、いい人や清廉潔白な人がやると良くなるかというと、これまたわからん、これは政治の難しさ。

民主党が政権とったおかげで、たちどまることができる。

止まることは傍迷惑な事だが、必要なことだったと思う。

ろいりさんの文章をよんで、ふと連句的に思い出したのは、娘が不登校だったころお世話になった日教組の先生である。先生はとても熱心にこどものことを見てくださった。助けてくださった。毎月文藝春秋を読んでいたあたまには先生の考えは偏向としか思えないときもあったが、それでも高濱先生が大好きであった。母女の会の映画にも何度もさそって下さった。

先生のお考えのうち、日の丸君が代反対、というのにはついていけなかったけれども。
しかし、理由のひとつにあげられた、天皇だってにんげん、その人権はどうやって守られるのだ。という主張には同感であった。ずっと、天皇というお立場には、尊崇の念とおなじくらいの同情の念を抱いていた。

また連句的に、
テレビドラマ『仁』のおいらん野風のことを思った。
まずしい家におさないころ身売りされて、吉原の花町にきた野風。

それは江戸時代のことだ。というだろうか。

まだ百年もたっていない。

日本にそんな時代があったのはついこないだである。

東北の大凶作がつづき、村には一人のむすめも残らぬほど、身売りが横行した時代が確かにあった。幻のようによぎる。北村薫『鷺と雪』の「不在の父」がその時代のひとこまを鮮やかに描いて出色だ。ますます俳句(のあじわい)の腕があがった北村薫。文章が連句的だ。以下は「不在の父」を読んでできたかささぎ詩。

ゆきのあしおと    

     

今日会ひし人に
二度とは会へぬかも知れず

一期一会の

ゆき降れば

街の騒擾

そのなかに

目覚めし耳の

ありありと

みる

聯兵たちの靴音を

遠き日の雪の跫近づきぬ

2009年12月16日 (水)

今季最高の

今季最高の

ぼんさんがもってきてくれた、弘前のりんご。

こんき、さいこうのおあじでした。種類はたぶん・・ふじ?

かささぎの家では子達がりんごはさむい。といってたべません。へんなの。
ゆえーに、ひとりじめしてかっくらうのだ!芯の種がみえるほどたべたのだ。

小侍従の歌と矢野の考察   『筑後将士軍談』

矢野一貞『筑後國史ー筑後将士軍談』巻之三十五より
(きのうの続きです)

小侍従は八幡にて終りけるにや、小侍従の妹に、後鳥羽帝の愛妃美濃局と聞えし男山の末美濃山に住りしなり、扨(さて)この人の事は助能が井て下りたりと、昔よりこちたく云もてはやす事なれど、更に弁へあげつらふ人も少ければ、今かく驚かし置なりけり猶彼が歌の勅撰集に見えたるは新古今六に題知らず、

「かき曇りあまぎる雪の故郷を積らぬさきに問ふ人もがな」

又十三

「つらきをも恨ぬ我にならふなようき身をしらぬ人もこそあれ」

又十七 山家のこころを、

「しきみ摘山路の露に濡にけり暁起の墨染の袖」、

又二十心経の心を読る、

「色にのみ染し心の悔しきをむなしととける法の嬉しさ」

新勅撰四に和歌所の歌合に、海辺の秋月と云る心を読み侍りける、

「沖つ風ふけひの浦に寄浪のよるともみえず秋の夜の月」

又五 京極摂政百首歌よませ侍けるに、

「おきて行秋のかたみや是ならん見るもあだなる露の白玉」

又十三  後京極、云々同上

「雲となり雨となりても身に添はば空き空を形見とやみん」

読後撰集四に、

正治百首哥(うた)奉る時、

「さのみやは山井の清水涼しとてかへさもしらず日を暮すべき」

又十三題しらず、

「待も見よ逢夜を頼む命にて我もしばしの心づよさを」

続古今三正治二年百首歌に、

「咲にけりをち方人にこととひてなをしり初めし夕顔の花」

又十三

「諸共にあかぬ別れのきぬぎぬに何れの袖かぬれ勝るらん」

又十四

「思ひあまりみつのかしはに問事の沈にうくは涙なりけり」

又十五 後京極摂政百首歌に

「何事も夢と聞世に覚やらで現に人を恨みつる哉」

(あしたにつづけます)

かきうつしながら、矢野一貞もいろんな疑惑がわいてきたのでしょう。
かなり詳細に調べたあとがみえます。黒木氏蔵の文書がどこからどこまでなのかが、さっぱりわかりません。ここにかささぎが引いているのは、矢野の長い考察文の一部だろうと思います。
目下かささぎにわかるのはそのことだけです。
ありがたいとおもいます。そのまま和歌のお勉強になりますから。

政権交代と医療(80)   乙四郎元官僚語録

調査日に在宅医療(往診、訪問診療など)を受けた推計外来患者数は10万人です。

内訳は、病院が1.1万人、一般診療所が6.2万人、歯科診療所が2.5万人です。

病院による在宅診療は前回調査より減っていますが、診療所では大きく伸びています。

量的にも、在宅診療の主力は診療所であるといえるでしょう。

高齢化が進み、入院病床数が抑制される中、在宅診療はしっかりと伸ばしてゆかなければなりません。

事業仕分けで、診療報酬配分を診療所から病院へとシフトさせる見直しが評決され、ほぼ既定路線となってしまいましたが、診療所から在宅診療の余力を奪ってしまうような荒療治だけは避けてほしく思います。

日本の医療は、(勤務医が疲弊している)病院だけではなく、地方の診療所も支えていることを忘れてはなりません

15日、厚生労働省の足立政務官は、診療報酬の「本体」部分で6300億円程度の増額を求めて財務省と交渉に入る考えを示しました。

救急、産科、小児科などの赤字を補うために4500億円、リハビリや終末期など後方機能の支援に1000億円などが必要ということです。

診療報酬は「本体」と「薬価」の合算で決まります。

薬価部分は5000億円程度引き下げる見通しが示されていますので、薬価との差し引きで1300億円の引き上げ方針ということになります。

1300億円のアップは、0.3%のアップに相当します。

3%の大幅アップというわけにはいかないようです。

財務省からは、協会けんぽなどの保険料引き上げを抑えるために、診療報酬の4000億円~5000億円(約1%)の引き下げを求められているのだそうです。

こちらも3%の大幅引き下げの勢いではなくなりました。

着地点のぶれ幅が、プラス0.3%からマイナス1%の間に狭まりました。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

プラス0.3%からマイナス1%の間。そりゃないでしょう。
といいつつも悪い予感がする・・、さらにマイナスとなったら。

在宅医療は増えていたのですか。それを支えているのは、町の大病院ではなくて地方地方の診療所であるのですね。なのにこないだの
事業仕分けで、診療報酬配分を診療所から病院へとシフトさせる見直しが評決され、ほぼ既定路線となってしまいました

そうだったのですか。
どのようになっていくのでしょうね。

≪昨日電撃的に行われた天皇と中国副総理との会見≫

コメント

陛下以外の要人との会見の際のコメントです。

横路衆院議長「軍縮、地球環境などグローバルな問題で協力が緊密になることを願いたい」

江田参院議長と参院議長公邸で。江田「鳩山内閣が誕生して日中関係は氷も解けて暖かい春に近づきつつある」

亀井国民新党代表「日本は発展を遂げたが、日本人の心を失ったことが経済の停滞を招いた。日本の轍を踏まないようにしてほしい

福島社民党党首(16日に会談予定)

谷垣自民党総裁は「東シナ海の油田開発問題に配慮してほしい」「野党になっても自民党との交流関係を深めていきたい」

山口公明党代表「食品の安全・安心のための枠組みをつくることが当面のテーマだ」

鳩山首相(首相官邸で握手)

報道を見る限り、首相の影が薄いです。何も見えてこない。

ところで、ある人が「陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだ、すべて」と断言されたおかげで、ひとつ賢くなりました。すべて、というところが間違い。
天皇の行為は「国事行為」と「公的行為」に分類され、前者は憲法に列挙された、国会召集や衆院解散、外交文書の認証、外国大使・公使の接受など。
外国賓客との会見などの国際親善活動や全国植樹祭や戦没者追悼式へのご出席などは国事行為ではなく「公的行為」。公的行為は「内閣の助言と承認」を必要としません。
国事行為をよく理解せず、天皇は政権のいうことを聞けばいいという考えの人が政権中枢にいることがわかりました。

2009年12月15日 (火)

小侍従の歌    『筑後将士軍談』から 3

(きのうからのつづきです)

又小侍従病重くなりて月頃経にけりと聞て、とぶらひにまかりけるに、此程少し宜き由申て、人にも聞せぬ和琴の手引鳴しけるを聞て読侍りける、西行法師、

「琴の音に涙をそへて流す哉 絶なましかばと思ふあはれに」

又高倉院御時、内にさむらひけるが、様かへて八幡の御山に籠りぬと聞て、刑部卿頼輔もとより、

「君はさは雨夜の月か雲井より人にしられで山に入ぬる」

と申送て侍りける返事に、

「すむかひもなくて雲井に有明の月はなにとか入もしられん」

新古今六に、

「思ひやれ八十の年の墓なればいかばかりかは物は悲しき」

とあり、こは百首歌奉りし時とはあれど、己が老たるをなげきてよめる歌には非ざるか、いみじく、しきしまの道に心を留たる人にして、類ひ少き上手になん有ければ、勅撰集にも歌数多く載られたり、されば玉葉十八に、小侍従大納言三位の夢に見えて、歌の事様々申て帰と覚しく侍けるが、又道よりふみをおこせたるとて、書付て侍ける歌、

「言の葉の露におもひを掛けし人身こそはきゆれ心消めや

こは亡後の歌と聞えたり

又正治二年百首歌奉りし事、勅撰集に是彼見えたり、正治二年は文治二年より十五年後なれば、かたがた助能の具して下れりしは、小侍従に非る事いちじるし、頼政へ菖蒲前玉りたりしも其頃の事なれば、さる事あるまじきにも非れど、菖蒲前を得たるは頼政と云説普通なるに、砂石集五に曰、故鎌倉の右大将家、京よりあやめといふ、はしたものの美人なりけるをめし下して、かくしおかれたりけるを、梶原の三郎兵衛尉所望してみたりければ同じ齢の十七八ばかりなる女房美女の見もしらぬを、十人装束させて双べすえおきて、此中にあやめを見知たらば、可レ給と仰られければ見わきがたくて、

「まこもぐさあさかのぬまにしけり合て何れあやめとひきぞわつらふ」

といひたりける時、あやめ顔をあかめて、袖を引つくろひけるを見て、あれこをと申て、やがて給りけりとあり

官女なりせば物にも見ゆべきを、しるし留し物をあらざるをもて思へば、こは内の女房にはあらで、折にふれ内わたりにも参れる女房なりしを、小侍従は名ただる人なれば、菖蒲の前の事などに混して、しか云ひがめたるならんかし

(あしたにつづきます)

▼コメント

こうして読み進めていけば、地の文はやはり矢野一貞その人が書いているようです。
たしか矢野一貞には歌集もあった、歌人であればこそのこの熱の入った書きよう。
小侍従は恋多き歌人として有名で、彼女とだれとの間でどういう場合に詠まれた歌ということの解説が矢野一貞の解説によってわかります。
小侍従の歌をいつかは読まねばと思っていますが、まず最初にここでこれを読んでよかった。今日のうたのなかにあった、

すむかひもなくて雲井に有明の月はなにとか入もしられん

この歌をよんで、連句的に出てくる歌があります。戦国百首のなかにある。
どことなく似ている。内容はまったくちがいますが。技巧的なものが。

七十二  不逢恋   鑑冨昨日の文の中にもついにんまりする解説がありました。矢野一貞の素が思わず出ちゃったっていうよな。連句ではついにんまりと笑ってしまうような恋句になんども遭遇しますんで、みょうに楽しかとです、はい。
・・にしても、パソコンおもい。四年間もつめこめるだけつめこんできました。
容量ふやさんとダメですね。   

今は我見る目も隠す言ふ甲斐も
なく/\袖のうらなみぞたつ

八女戦国百首和歌:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/cat33636509/index.html

 (姫野恭子)

読むだけで頭が変になりそう。
よくぞ打ち込んだり。

大学が瀬高の庄のそばに出来たのも何かの縁かも。

藤原徳大寺家は元々黒木荘一帯の管轄者です。(昔は有力公家さんが荘園の管轄をしてた)
助能の家と実定の家は縁あって助能の何代か前から昵懇の間柄とされており、瀬高の庄の紛争解決(源平)として入荘とされています。(諸説は色々)後の後鳥羽帝と助能の宮廷での最初の執り成しを行ったのも実定のようです。
保元の乱は助能が黒木にくる頃の都で起こる表向き天皇と上皇の対立です。よって政治的拮抗に公家と武士も分かれ、その時代に登場人物の一人として頼政がおり、同時期小侍従の恋(系譜では待宵の母)があるとされているようです。

星野中務大輔胤実(星野氏の祖)は幼名を八郎丸と云い、母は待宵の子侍従、京都樋口小路の生まれであるとされています。助能が京から黒木に帰る時には天皇の御子が腹にいて身重のため、その身を小侍従の親戚の樋口次郎太郎実安に預け、助能が帰った数ヶ月後に男の子が産まれそれが胤実であるとされています。その後に小侍従は胤実を京に残し筑後の助能の元に下り、幼少の胤実は後に母親を慕い星野荘に赴くとされています。

 (調うたまる)

医療のフォーマット 病床数の設定        乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 15 日 火曜日 

《医療計画(基準病床数等)》

都道府県には病院の許認可権がありますので、医療計画で定めた「基準病床数」が重要な意味を持つことになります。

医療圏内の基準病床数を超えるような増床申請は認められません。

基準病床数は次のように定められます。

一 療養病床及び一般病床:特定の式によりそれぞれの病床の種別に応じ算定した数の合計数。

二 精神病床:特定の式により算定した数。

三 結核病床 都道府県の区域ごとに都道府県知事が定める数

四 感染症病床 都道府県の区域ごとに都道府県知事が定める数

ただし、山間地、離島等の交通条件に恵まれない地域において病院の病床又は診療所の療養病床の確保が必要になる場合など、厚生労働大臣が認める事情があれば基準病床数を超えても許認可がなされます。

以下のような特別な医療についても例外的に取り扱われます。

一 専らがんその他の悪性新生物又は循環器疾患に関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院又は診療所の病床並びにこれに準ずる機能及び性格を有する病院又は診療所の病床(高度ながん診療施設又は循環器疾患診療施設が不足している地域における高度ながん診療又は循環器疾患診療を行う病院又は診療所の当該機能に係る病床に限る。)

二 専ら小児疾患に関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院又は診療所並びにこれに準ずる機能及び性格を有する病院又は診療所の当該機能に係る病床

三 専ら周産期疾患に関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院又は診療所並びにこれに準ずる機能及び性格を有する病院又は診療所の当該機能に係る病床

四 専らリハビリテーションに関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院又は診療所並びにこれに準ずる機能及び性格を有する病院又は診療所の当該機能(発達障害児の早期リハビリテーションその他の特殊なリハビリテーションに係るものに限る。)に係る病床

五 救急医療体制において不可欠な診療機能を有する病院又は診療所の当該機能に係る病床

六 アルコールその他の薬物による中毒性精神疾患、老人性精神疾患、小児精神疾患その他厚生労働大臣の定める疾患に関し、特殊の診療機能を有する病院の当該機能に係る病床

七 神経難病にり患している者を入院させ、当該疾病に関し、診断及び治療並びに調査研究を行う病院又は診療所の当該機能に係る病床

八 専ら末期のがんその他の悪性新生物の患者を入院させ、緩和ケアを行う病院又は診療所の当該機能に係る病床

九 病院又は診療所の建物の全部又は一部、設備、器械及び器具を当該病院又は診療所に勤務しない医師又は歯科医師の診療、研究又は研修のために利用させる病院又は診療所の当該機能に係る病床

十 後天性免疫不全症候群に関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院又は診療所の当該機能に係る病床

十一 新興感染症又は再興感染症に関し、診断及び治療、調査研究並びに医療関係者の研修を行う病院の当該機能に係る病床

十三 治験を行う病院又は診療所の当該機能に係る病床

十四 診療所の病床(平成十年三月三十一日に現に存する病床に限る。)を転換して設けられた療養病床

また、以下の病床についても、特別な病床数算定がなされます。

一 特定の対象者の診療のみを行う病院若しくは診療所

二 放射線治療病室の病床、無菌病室の病床又は集中強化治療室若しくは心疾患強化治療室の病床であつて、当該病室の入院患者が当該病室における治療終了後の入院のために専ら用いる他の病床が同一病院内に確保されているもの。(算定しない)

三 介護老人保健施設の入所定員については、当該介護老人保健施設の入所定員数に〇・五を乗じて得た数を療養病床又は一般病床に係る既存の病床の数として算定する。

四 ハンセン病療養所である病院の病床。(算定しない)

五 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律の規定による病院の病床。(算定しない)

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』より転載)

きのうからの連句的コメント
(日本国天皇と中国副総理との会談を小沢氏が指示した件)

コメント

安倍元総理のメルマガ(当時)より。
 「私の知る限りでも、来日する賓客の多くが陛下への謁見を望み、1カ月を切って申し込んでくる国も多々あります。その中には日本にとって重要な要人もいましたが、例外なく断ってきました。陛下のご日程に政治的、外交的思惑を入れてはいけないと、その時々の政権は自制してきました」

司馬遼太郎先生や江藤淳先生がご存命であれば、きっと激しく抗議なさるにちがいありません。

名前を知らない花

赤い花は何の花?エリカや馬酔木に似ていますが。

2009年12月14日 (月)

エリカの花ー西田佐知子とその時代談義(というほどでもないけど)

コメント

左の黄色のは十月末の連句会でせいこさんがもってきてたもの、まだご健在。で、右のサルビアレッドのすずらん型の花ですけども。花だけ見たら、ぜったいこれは「エリカ」なんです。でも、エリカを調べると、葉っぱが違うのですよね。これは針葉樹みたいな葉っぱではないのです。あとで、ぜんたいの立ち姿の写真もアップしてみます。どなたか、何の花かごぞんじでしたら教えてください。

ってことで、エリカから、西田佐知子を思い出してしまいました。勤務先の先生に西田佐知子を知っていますか。とたずねたら、一回り下の先生はやっぱりご存知ない。そりゃそうだわ、かささぎ九歳のときのヒット曲「エリカの花散るとき」。父が西田佐知子が大好きだったので、歌も完全におぼえていました。アカシアの雨がやむとき。と同じひとたちが作詞作曲してました。

nightこんばんわ
これはエリカの花のようですね。
西田さんの歌>>私も大好きでした。
一番好きだったのは「コーヒールンバ」・・歌のとおり、アラブ人が最初にこの世に広めたようですね☆
陽水さんのコーヒールンバも好きですよ♪
昔の歌謡曲の歌詞って楽しい~notes

エリカ>>旬の花コーナーにこの赤い花とそっくりのが載るんだけど、今よく見てみたら葉っぱが違うようです。
形はそっくり同じなんだけどね。 この花はいただき物?
黄色いのはなんていうのでしょうか? よく見かけます。 それにしても寿命が長いですね☆

えめさんへ

黄色の名前も右の赤いエリカ風の花の名もしりません。だれかおしえてください。

 昔々その昔、小さな川のほとりで、じゃなくて伊豆半島の、そうじゃのぅ、どこじゃったじゃろうか。フラワー・パークみたいなところにエリカの花が咲いとってのう。つい西田佐知子の歌を思い出したものじゃった。
 で、私が最初に西田佐知子の歌を聴いたのは「日曜はダメよ」という、映画の主題歌日本語バージョンだった。幼心に、この歌詞でなぜ日曜がダメなのか、その関連性がわからなかったことをおぼえている。その後が「コーヒールンバ」で、「コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム…」という部分を「こんな笑かす…」かととんでもない方言的聞き取り間違い~どうでもいいことはよう覚えとる。最初はポップス系だったのが、「アカシアの雨がやむとき」で歌謡曲に転向(当時よくあったケース)、60年安保の挫折感を象徴する歌だったと当時の世代は語っておりますたい。で、70年安保の挫折感は青江三奈が歌うと予言した人とか、いや藤圭子だと言われたりも。
 「政権交代」の挫折感なんて誰も歌わないね。いや、「構造改革」も「行政改革」も。70年代以降は時代状況や社会的事象が、一見何の関係もなく幅広い世代に歌われる流行歌に託されて歌われることはなくなったのかも。

医療のフォーマットー医療計画と医療圏     乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

《医療計画(医療圏)》

医療法により、都道府県は厚生労働大臣が定めた基本方針に即し、地域の実情に応じて、医療提供体制の確保を図るための計画(「医療計画」)を定めるものとされています。

都道府県は、少なくとも5年ごとに目標の達成状況などについて、調査、分析及び評価を行い、必要があると認めるときは、医療計画を変更します。

「医療計画」では、次の事項が定められます。

一 都道府県において達成すべき第四号及び第五号の事業の目標

二 第四号及び第五号の事業に係る医療連携体制

三 医療連携体制における医療機能に関する情報の提供の推進

四 生活習慣病その他の厚生労働省令で定めるもの(がん、脳卒中、急性心筋梗塞及び糖尿病)の治療又は予防に係る事業

五 次に掲げる医療の確保に必要な事業

イ 救急医療

ロ 災害時における医療

ハ へき地の医療

ニ 周産期医療

ホ 小児医療(小児救急医療を含む。)

ヘ 都道府県における疾病の発生の状況等に照らして特に必要と認める医療

六 居宅等における医療の確保

七 医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者の確保

八 医療の安全の確保

九 地域医療支援病院の整備の目標その他医療機能を考慮した医療提供施設の整備の目標

十 主として病院の病床及び診療所の病床の整備を図るべき地域的単位として区分する区域の設定

十一 主として厚生労働省令で定める特殊な医療(先進的な技術を必要とするもの、特殊な医療機器の使用を必要とするもの、発生頻度が低い疾病に関するもの、救急医療であって特に専門性の高いもの)を提供する病院の療養病床又は一般病床であって当該医療に係るものの整備を図るべき地域的単位としての区域の設定

十二 療養病床及び一般病床に係る基準病床数、精神病床に係る基準病床数、感染症病床に係る基準病床数並びに結核病床に係る基準病床数

十三 前各号に掲げるもののほか、医療提供体制の確保に関し必要な事項

十および十一が「医療圏」の設定です。

医療計画は、医療圏をひとつの基本単位として策定されます。

南部の人たちが北部の医療機関を利用することは稀であり、北部の人たちが南部を利用することも稀である場合、この地域全体を医療圏として北部に偏った医療提供体制を充実させても南部への恩恵はありません。

こういう場合は、北部と南部とを分離して医療圏を設定すべきでしょう。

法的には「地理的条件等の自然的条件及び日常生活の需要の充足状況、交通事情等の社会的条件を考慮して、一体の区域として病院及び診療所における入院に係る医療を提供する体制の確保を図ることが相当であると認められるものを単位として設定すること」とされています。

医療圏の広がりは、一次医療圏は市町村単位、二次医療圏は保健所単位、三次医療圏は県単位といったイメージです。

厳密には患者の圏内外の出入りを統計的に分析して医療圏の境界が定められます。

患者の受療行動は交通網に依存しますので、実質的な医療圏が行政的な単位と一致するとは限りませんが、どこかで行政的に割り切って線引きがなされることになります。

近年は広域合併によって市のサイズが広大となってきていますが、医療圏が市を分断する例はあまり聞きません。

県を跨って医療圏が設定された例もあまり聞きませんが、法的には「都道府県の境界周辺の地域における医療の需給の実情に応じ、二以上の都道府県の区域にわたる区域を設定することができる」とされています。

医療圏では、医療提供施設(病院、診療所、介護老人保健施設等)に医療連携体制の構築が求められます。

たとえば病院は、医療計画の達成の推進のため、建物の全部又は一部、設備、器械及び器具を病院に勤務しない医師、歯科医師又は薬剤師の診療、研究又は研修のために利用させるように努めるものとされています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載

▼きのうのコメントから

コメント

最近びっくりしたニュースから。
源泉所得税は職員給与から天引きして、よく月10日までに事業所が国に支払わなければなりません。1日でも遅れたら税額の5%から10%の不納付加算税が発生し、企業が大きくなればなるほど膨大な金額になります。なんとそれを某市役所が今まで何度も不納をしていたため7千万近くの加算税がかかるというニュースを見て、開いた口がふさがらないとはこのことかというほど驚きました。市役所と言えば納付を推奨しているところ。そこでも起きるのです。どうも一箇所の市役所でのことではないようで、納付の方法を見直さなければいけないのではないかと思います。と言うよりずっと前から危うい方法だと思っていました。預かっている源泉税とは目に見えないお金ですから、うっかりということは充分ありえます。会社なら会社の損失で済むのですが、市役所となると加算税は市民の税金から払うということになるので、どうするんだろうと想像もつきません。各企業忘れないようはらはらして払っていると思います。市役所さん、まさかあなたが!という驚きのニュースでした。

上の「企業が大きくなれば」でなく「規模が大きくなれば」のまちがいでした。(職員の数が多くなればと言う意味です。)市の職員は相当たくさんいるでしょうから、その職員から預かった源泉所得税も巨額だったんでしょうね。

まりさん、そのニュース、びっくりしましたよねえ。なんども、というのがどうもわからない。督促があるべきでしょう?あったのかな?それをずっと無視してずらして支払ってきた、というのですかね。民間なら経理に責任とらせるよね、損失金が出た時点で。・・・どうもわからん。市民はどんぐらい怒っただろうね?

これ、わたくしもびっくりしたニュースでした。
これによる追加税を公費で賄うなんてことはありえません。むろん、させてはなりません。
じゃあどうするのか。たぶん、職員ひとりひとりが支払わねばならないでしょう。もちろん。
職員の方もいい迷惑よね。給料天引きで払ってる国税に加算税がつくんですから。

それよりなにより、この原因が会計事務担当者が納税システムを熟知していなかったからってのが、笑うに笑えないお粗末さ。信じられんけど、在り得ないハナシではないってのがまたツライ。

黒木氏文書にみる小侍従のこと  『筑後将士軍談』からの引用 2

きのうからの続きを気合を入れてやります。

出典は矢野一貞著、
『筑後國史 筑後将士軍談』の中巻(巻之三十五)
系譜小傳 第七 黒木氏のくだり。
本当はカタカナ表記のところを平仮名にかえています。
読みづらいからです。が漢文の読み下し表記の番号や返し点はそのまま字の大きさも変えずに移しました。ですから意味が通じないやもしれない。それはご想像くださることを願って、なんとか読みとかれてください。漢字ばかりのはまあ読むのもいやだって感じですが、何度か目を往復させているうちに意味がとれてくるから不思議です。

霊山宗眞寺又云今村宗眞寺、初禅宗号善応寺一黒木氏菩提所而代々墓在、皆無レ碑、古有二六坊一帝釈寺、法蔵寺、円経寺、大千寺、泰見庵、法釈寺、黒木氏没落廃絶、田中家老辻勘兵衛居二猫尾城一此時再興為二浄土宗一慶長十二年正月廿五日、勘兵衛子勘太郎卒、法名指紅院如幻宗眞禅定門、其後改レ号曰二大雲山指紅院宗眞寺一什物有二惠心筆山越三尊画像円光大師名号黒木画像辻勘太郎画像等一
彼一柄の剣は延實迄相伝へしが、延實流浪の時肥前下野村に持参せり、仏像曼荼羅、笛、此三品は攝津守が娘の乳母取持て柳瀬村に有しが黒木の家臣矢谷右馬助買取て嫡子六助に譲り与ふ、右馬助後に木屋村庄屋となりて、子孫代々相続す、中頃火災に罹り、曼荼羅は焼失ぬといえども、仏像、笛は持伝へたりしが正保の頃六助より延實の子に返しぬ  今按、上妻浩太がとて持伝へたり、是は往昔黒木村に在して同所より上妻家に嫁たる女持来れりとぞ、然るに南古屋村住居医師(俸禄百石)馬渡道栄と云者、右の笛を借、黒木系図に添へ上京し、徳大寺家へ奉り、賞を乞しかとも其沙汰無りし故、持帰りつと云、其後浩太が家に有しを、息為大夫に進つとぞ、余も游焉(ゆうえん)大夫に乞て一覧しぬ、此笛を京師にて繕ひを頼みけるに笛師云、上古の笛にて、是を繕はば却て悪し、元の儘にて家宝とし玉ふべしと云けれとも、強て繕せけるに、かかる名管を繕ひたればとて、音を入る人は有まじきに、惜き「哉と、深く嘆きける由、倉重氏の話也、又寛延記、湯辺田村釜屋宮件云、一笛一つ、黒木大蔵殿御秘蔵、直に奉納の由 又按、生葉郡延壽寺村熊野社什宝に楽の面あり、竪八寸二歩横六寸四分、耳より鼻迄三寸五分、曲尺 素尊の面にして春日の作と云、今按に還城楽の面也 誠に古物霊器と見たり、社説云、文治中黒木助能か横笛の妙曲に天感有て、官女待宵小侍従及面横笛小刀各一ケを賜ふ、助能以為らく、此女を携て帰国せば、妻女の嫉妬浅からじと、乃(なんじ)これを紀州熊野に留む、此女素より身(はらむ)ことあり、未だ幾ばくならずして男子を産めり、是を星野伯耆守胤實と云、胤實小侍従に随て筑後に下り、熊野社を此地に創して此面を納むと云、 猶与二星野系図一可二併考一又寛延記云其後小侍従卒二紀州高野山光明院一有二其廟一又祠二之寺内一号二新八幡一以二八月十五日一祭レ之  今按、徳大寺祖、従一位左大臣藤原實能卿也、是鎌足公十六代孫也、實能の子正二位右大臣公能、公能子号後徳大寺左大臣實定公一、母俊忠卿女、文治五年任二左大臣一建久二年閏十二月二日薨、年五十三、詩歌に長じ、子公継号二野宮左大臣一、嘉禄三年正月晦薨、年五十三、伝見二日本史、系図知譜拙記等一、南筑明覧云、徳大寺左大臣實定卿、領二瀬高庄、古今著聞集五云、嘉応二年十月九日、道因法師人々を勧て住吉の社にて歌合しけるに、後徳大寺左大臣前大納言にておはしけるが、此歌をよみ玉ふとて、社頭月と云「を、

舊(ふ)りにける松物いはゞ問てまし昔もかくや住の江の月」
かくなんとよみ玉ひけるを、判者俊成卿ことに感じけり、世の人々もほめののしるほどに、其頃彼家の領筑紫瀬高庄の年貢積たりける舟、攝津に入んとしける時、云々、平家物語月見の条に曰く、中にも徳大寺の左大将實定(しつてい)の卿は古き都の月を恋つつ、八月十日余りに福原よりぞ上り玉ふ、云々、故郷の名残とては、近衛河原の大宮計ぞましましける、大宮は御徒然に云々、御比巴を遊されける処へ、大将つと参られければ暫く御びわを閣かせ玉ひて、夢かや現か、是へ是へとぞ仰ける、云々、待宵の小侍従と申す女房も、此御所にぞ候はれける、抑此女房を待宵と召れけることは、或時御前より待宵帰る朝た、何れか哀れ勝れると、仰ければ、彼女房

「待宵の更行鐘の聲きけば帰るあしたの鳥はものかは


今按に、新古今集十三恋の歌に題しらず、小侍従

「まつよひに更行鐘の聲きけばあかぬわかれの鳥はものかは」

とあり

と申たりける故にこそ、待宵とは召れけれ、大将此女房を呼出て、昔今の物語ともし玉ひて後、小夜もやうやう更行ば、今様にこそうたはれけれ、云々、大将暇申つつ、福原へぞ帰られける、供に候蔵人を召て、侍従が何と思ふやらん、余りに名残惜げに見えつるに汝帰りて兎も角も云てこよと宣へば、蔵人走り返り、畏つて、是は大将殿申也と候とて、

「物かはと君かいひけん鳥の音の今朝しもなとか悲しかるらん」

拾訓抄一も此物かはの歌を載たれど、返歌はなし  女房取あへず、

「またばこそ更行かねもつらからめ帰るあしたの鳥の音ぞうき」

蔵人走り帰て此由を申たりければ、扨(さて)こそ汝をば遺したれとて、大将大に感ぜられけり、夫おりしてこそ物かはの蔵人とは召されけれ、とあり、此は新千載集十三に、内にて小侍従と夜もすがら物語して、朝申遺しける、後徳大寺左大臣、

「ならひにきあかぬわかれの暁もかヽる名残はなかりし物を」

返し

「是ぞげにたぐひはしらぬ古へのあかぬ別れは身をも恨みき」

とあるによく似たる  ともなり、
風雅集二に高倉院の御時、内裏より女房数多いざなひて、上達部殿上人花見侍けるに、右京大夫折節風の気ありとて伴ひ侍らざりければ、花の枝に付て遣しける、小侍従

「さそはれぬ心の程はつらけれど独り見るべき花の色かは」

新勅撰一 二月の廿五日余りの頃、大内の花見せよと小侍従申遣しければ、未だ開けぬ枝に付て遣しける、従三位頼政、

「思ひやれ君が為にと待花の咲も果ぬに急ぐ心を」

頼政集二、
小侍従が歌に

「雪とだに見るべき花のなどやさは雨やみそれと降んとすらん」

なども見たり

返し

「逢事をいそがざりせば咲やらぬ花をばしばし待もしてまし」

玉葉集二  前参議経盛、常に申かはしけるが、久しく音信ざりければ、小侍従、

「忘るヽはおなじうきみの是はたゞ悔しき事の添ぬばかりぞ」

同十

暮にと契り侍りける男の音信侍らで、よべは蘆分けなる事の有てなん、今宵必と申たりける返事に、

「筏おろす杣山川の浅き瀬は又このくれもさこそさはらめ」

などあり、すき物なりつと見たり、吾妻などにも下りつと見えて、新続古今十七 二月計、小侍従あづまより上りぬと聞て、法橋顕昭許より、

「今はよし君まち得たりかくてこそ都の花も諸共に見め」

と云遺したりける返事に、

「逢見んと急ぎしものを君はさは花ゆへのみや吾を待ける」

などあり後は飾おろしつと見えて、続古今十九、出家後読侍ける、

「そむきにししるしはいづら立返りうき世にかくて墨染の袖」

玉葉十八に小侍従かさりおろしぬと聞て遣しける、従三位頼政、

「我ぞまづいるべき道にさきだてヽしたしふべしとは思はざりしを」

   (長いので、あしたにつづきます。  かささぎの旗)

ここまで打ち込みまして、これは一体何だろうと、わくわくと思案しているところです。
とってもとっても面白いよ。

黒木物語はいっさいおもてには出てきませんよね。
八女在住のかささぎでさえ、この物語を知ったのは今年の夏のことでした。
先日放映された国民放送の福岡発地域ドラマ『母さんへ』でも一言も触れませんでしたから、信じられない伝説のたぐいという扱いなのだと思います。
けれども、すべてを肯定する山口信一氏のお説のような意見もあります。
かささぎにはまだ何にも分かりませんので、ただ書かれている通りにうちこむだけです。
それさえ、ちょっとわからないことがありまして。
詳しいかたがいらっしゃれば、聞くことができるのですが、(たとえば昨日の新聞にちょっと出て見えてた柳川古文書館の田淵学芸員さんとか。あ、この人知ってる、と思った、百首和歌を読み解いているとき、「荒和祓」がわからなくて、そしたらたまたまこの方が教えてくださった。あらにこのはらへ。なごしのはらへのことです。)

かささぎは二男が生まれたころからずっと独りで知りたいことを調べる勉強を続けてきました。そういうことが、なぜかすきなんですね。
オットは遠いですし、普通なら欝になるところをいろんな方々との出会いがありまして、その出会いに救われて、欝にならなくてすんでいます。本当にみなさま、ありがとうございます。

で、ここで、この黒木氏のくだりのこの文章を打ち込みまして、はっとしました。

最初は打ち込みながら、いなかの山の中の何にも娯楽のない人たちが、高野山仕込の高良山お抱え琵琶法師の語りで知ったみやこの歌物語を、連句的に変えて遺したものだろう、と思いました。でも、もしそうであっても、この久留米が産んだ久留米の考古学者矢野一貞の書いている文章には目をひくものがたくさんあります。あたしは打ち込み作業をやってよかったなあと思いましたよ。このくそ忙しい師走に!

たとえば、つぎのようなところをごらんくださいましな。

徳大寺祖、従一位左大臣藤原實能卿也、是鎌足公十六代孫也、實能の子正二位右大臣公能、公能子号後徳大寺左大臣實定公一、母俊忠卿女、文治五年任二左大臣一建久二年閏十二月二日薨、年五十三、詩歌に長じ、子公継号二野宮左大臣一、嘉禄三年正月晦薨、年五十三、伝見二日本史、系図知譜拙記等一、南筑明覧云、徳大寺左大臣實定卿、領二瀬高庄、古今著聞集五云、嘉応二年十月九日、道因法師人々を勧て住吉の社にて歌合しけるに、後徳大寺左大臣前大納言にておはしけるが、此歌をよみ玉ふとて、社頭月と云「を、

「舊(ふ)りにける松物いはゞ問てまし昔もかくや住の江の月」
かくなんとよみ玉ひけるを、判者俊成卿ことに感じけり、世の人々もほめののしるほどに、其頃彼家の領筑紫瀬高庄の年貢積たりける舟、攝津に入んとしける時、云々、平家物語月見の条に曰く、中にも徳大寺の左大将實定(しつてい)の卿は古き都の月を恋つつ、八月十日余りに福原よりぞ上り玉ふ、云々、故郷の名残とては、近衛河原の大宮計ぞましましける、大宮は御徒然に云々、御比巴を遊されける処へ、大将つと参られければ暫く御びわを閣かせ玉ひて

ここのところです。
黒木氏の領していたのは黒木一帯と瀬高の庄だった、と読んでいました。
かささぎは今年の夏、(まだ警備会社で事務をとっていたころ)隣の席の竹ちゃんからさる文書をもらいました。竹ちゃんは柳川の青年でしたが、父親が川下り船頭さんの修行中という話や父親が通い始めた古文書館の話を聞かせてくれました。そのとき、かささぎも古文書館で二年間学んだという話をしたら、翌日もってきてくれたのが、次のような話が書かれたビラでした。
江戸時代のある年、瀬高の港をたくさんの米を積んで越後方面へ出た船が遭難、流されて朝鮮へ着いた。しかし朝鮮側では親切にもてなし又日本へ送り届けてくれた。それがちゃんと文書に残っていた。という話。

たいくつなはなしのどこがおもしろいといわれそうですが、時々平べったいものがむくっと起き上がるときがあるんです。ここがそれでした。おおっ!

「其頃彼家の領筑紫瀬高庄の年貢積たりける舟、攝津に入んとしける時、云々」

あと、大江希望さんブログをのぞいていましたら、時代がほぼ同じころと思われる保元の乱研究って文章を発見しました。特大寺、じゃなかった徳大寺の名前もみえます。かささぎは目下、さっぱり何がどうなっているのかわかりませんが、どこかでつながっていそうな気がします。この長い長い文章を読まれてなにか気づかれました方は、どうかご一報ください。

保元の乱について、併せて『保元物語の「放免」のこと』大江希望http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/nob/hougennoran/hougennoran.htm#nenpyo

2009年12月13日 (日)

地域ドラマ『母(かか)さんへ』とつながっていた!ー『筑後将士軍談』

お約束の矢野一貞著『筑後國史ー筑後将士軍談』から黒木氏のくだりをひきます。
最初に系図(それぞれに説明つき)がずらーっと出てますがそれは省略、そのあとに付された文章です。みてください。とてもよみづらいですががまんしてください。

黒木由来記云、黒木河内木屋村猫尾城其起源詳ならず、薩州根智目城主某、大軍を卒して来攻る事二年余、遂に猫尾の城を払て是に居る、黒木大蔵大輔源助能と云、室は島津忠宗女なり、黒木六町及山門郡瀬高庄千町を領す、黒木六町と云は、縦八里横三里、村数十一、今高にして八千石余の所なり。文治二年春助能大番として上京、助能笛に巧なるを以て、仮に大納言に任ぜられ、其役に候ぜしむ、帝其曲調微妙なるに叡感ありて、調姓及官女待宵小侍従を賜ふ。文治以下筑後城館集寛延記名号縁起甲冑伝之に同じ、縁起助作祐曰、小侍従帝子孕由来記云小侍従者徳大寺左大臣実定密婦、懐胎既三月、別れに臨み、実定は剣二柄及長五寸観音像光明皇后自ら曼荼羅を作りて曰く、男産れれば剣を、若し女子なら仏像曼荼羅を与えよと。そういってなくなった。寛延記及縁起曰、帝が之を賜ふと、寛延記又曰、小侍従男子を産む、すなわち後鳥羽院第四子也、徳大寺左大臣之を命じる。名は黒木四郎調宿禰藤原定能と曰ひ鎧一領及山門郡瀬高上庄千町を賜ふ。この鎧は木屋村定能臣松雄蔵王子孫今尚存す。助能是を携て下向 寛延記云、此時馬渡将監随逐す。助能室之を深く嫉み、乳母、由来記云名は紅梅、及侍女十二人を卒、城下岩淵に投じて死す其死骸本分村築地の瀬に留る、怨霊祟りを成して往来の人を悩ます、故に先に給ふ所の剣一柄を沈めて (寛延記云、文治五年、又云、一柄伝黒木家) 其霊を和(なご)め、築地窪と云所に(本分村)祠を建て、その霊を三体としてこれを築地御前と称す、これにおいて怪息(や)む、その淵を名付て剣淵を云、これより毎年赤手拭三筋、白粉三箱、紅粉三皿、赤緒草履三足を供て黒木氏よりこれを祭る、今に至て断るなし。(由来記、寛延記)小侍従男子を産む、是黒木四郎調宿禰藤原(実定の姓を用いる)定善と云、黒木家を相続す、先腹に二男一女あり、これを薩摩腹と云、長子上妻郡川崎庄犬尾篠城を興て是に居しむ、是を川崎五郎源重俊と号す、(誌云以長子川崎三郎宗定山内村犬尾城主寛延記云、豊福村鶴見山為二川崎三郎定宗隠居館一其地号二上野一尚与川崎家譜一可併考)二男星野谷の城主たり、代々星野を以て氏とし、姓は源を用いる(誌云、嘉禄年中星八郎星野を始めて領す爾後一族繁栄す)女子は肥後国和仁氏の室也、小侍従老後京の四條を写し、四條野村四條野川原など名付く。後の山に城を構へ、鷲が城と号す、その周りの堀は和仁領芋生村より来て掘りたる故、芋生堀と云。屋敷あり。小侍従の塚と云伝へたるもそのうちにあり、今は畠となりて館屋布と号す、土人この地に住まうことを得ず、助能の塚と言い伝へたるは、その菩提寺善能禅寺の内にあり。(この寺古くは六坊を有す。根福寺、円見寺、大専寺、法釈寺、大見寺、法蔵寺也。今は廃れてただその遺跡の存す。寛延記云、黒木氏菩提所善能禅寺、田中代為二浄土宗一号二大。(長いので次へつづく)

ここまで打ち込んではっときづきました。
鰐八という地名のなぞ。
ブルーでぬいたところが参考になりそうです。(かささぎ)

▼べつのところについたものですが、コメントです。

「後年になってから編纂される時に時の宗教の観点からの解釈で内容が融合される事も多い」(調うたまる)
でしょうね。たしかにそうだろうとおもいます。
それをふわけするのは「やおいかん=むずかしい」とおもいます。

昨夜のNHK福岡発ドラマ、よかったね。
「母さんへ」
   ↓

http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/kakasan/diary/index.html

おつしろう。かいてくれてありがとう。
じつは私は都合で半分しかみていないので書く資格がありません。でも、うちの母がちゃんと全部みてくれました。(ちちも楽しみにしていたのに、その時間は眠ってしまっていて見れなかった。)も一度再映があればとおもいます。母はあのドラマの笠原小学校が母校なので、それだけでも懐かしかったようです。泣いてみていました。
きのうは、仕事に行く前に市役所の観光課にいき、一月の連句会場堺屋の予約をすませてきたのですが、そこに「母さんへ」の広告ビラがあったので、一枚もらってきたばかりでしたがその夜の放映でしたね。
昔の校歌とまったく同じだったって母がいいます。
ただ学校と運動場の位置が少しかわってきれいに広くなった。と。昔は校舎の東に奉安殿があってそこの天皇陛下にごあいさつをして、一日がはじまったそうです。卒業歌が海ゆかばの時代の生徒ですから。
今日院にみえた患者さんの中に黒木出身の年配のかたがいらして、そのかたとドラマのはなしをしました。とってもよかったねえ。なみだがでたよ。っておっしゃってました。番組のことで熊本からも電話があったそうです。どの範囲まで放映されたのでしょうね?
関係ないのですが、さっき「イングリッシュ・ペイシェント」っていう映画を三潴図書館のビデオでみたんですが、それに出てくるターバンを巻いたインド人が昨日のドラマでお茶生産者の青年を演じた小澤さんにどこかそっくりでした。かれはなかなかいいですね。それと人形たちのりっぱなこと。びっくりしました。親方役をなさった津川雅彦さんも風格があってよかったです。こどもたち、みんなよかったけど、ことに男の子がよかった。新鮮で。自然なかんじで。途中までしかみれず残念でした。
かささぎは、歌仙をまいているとき、とってもふしぎなことにあの旭座ってところの横を通って六地蔵さんにおまいりにいったことを忘れません。笠原小学校出身の母さえ一度も行ったことがなかった、という鰐八地区まで尋ねもとめていったこと。とってもとっても遠かった。それがなぜ、どこからそうなったのかもふくめて、とってもふしぎなえにしを感じた今回のドラマでした。ありがとうございました。

私も途中までしか見ませんでした。でも、ビデオにとっています。主人が見れなかったからです。
それにしてもお茶畑が綺麗でした。制作の方が見事に再現してくれたとありましたね。
うれしいですね。又見ますね。

医療と統計学 全国患者調査 3        乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 13 日 日曜日

患者調査の傷病別統計は主傷病のみについての統計ですが、患者はたった一つの病名だけで受療しているわけではありません。

代表的な病名(糖尿病、高脂血症、高血圧、虚血性心疾患、脳卒中、精神疾患など)について、副傷病もカウントして統計をとると次のようになります。

(入院)       (うち75歳以上)

精神疾患   53万人 (20万人)

高血圧    37万人 (23万人)

脳卒中    27万人 (18万人)

糖尿病    23万人 (11万人)

虚血性心疾患 15万人 (10万人)

高脂血症   11万人 ( 5万人)

(外来)

高血圧   127万人 (54万人)

高脂血症   65万人 (22万人)

糖尿病    51万人 (17万人)

精神疾患   43万人 (11万人)

虚血性心疾患 26万人 (14万人)

脳卒中    20万人 (11万人)

主傷病統計より精神疾患数がかなり多くなっています。

分布が高齢者に偏っていることから、認知症をかかえた高齢患者が多いのかもしれません。

高血圧の入院患者が37万人もいますが、入院患者総数は139万人ですので、入院患者の4人に1人以上は高血圧ということになります。

高血圧の外来患者は127万人です。外来患者総数は687万人ですので、外来患者の6人に1人以上が高血圧です。

糖尿病は、主傷病統計では「内分泌、栄養代謝疾患」に分類され入院患者数は下位のほうですが、副傷病もカウントすると23万人です。

入院患者の6人に1人は糖尿病ということになります。

主病名が何であれ、高血圧や糖尿病は入院に至るかなりの危険因子であるということができるでしょう。

メタボ健診でこれらの疾病をコントロールすることの重要性を裏付ける統計です。

※『学長のひとりごと』より転載しています。

▼かささぎのひとりごと

老人の受診は増えているがそれ以外は減っていると昨日のには書かれていました。
これは経済的なゆとり心のゆとりが減っていることの証明だとかささぎは思います。
年収二百万以下の社会保障がなにもつかない世界で経理をやっておりました。
病気になったらたちまち自費受診が待っている世界です。

そういう社員を多く抱えてボスはどう対処していたか。
国保の事務所にでむき、毎月払えるだけの保険料を給与から天引きして必ず支払いますから、これまでの各自滞納分はいったん留保して保険証を再発行してください。と交渉をして前に進んでいました。そういう世界では、ぎりぎり必要な受診しかしませんしできません。
そういう職場は特殊な職場だと感じていたのですけど、だんだん世の中全体がそうなりつつあるのではなかろうか、と思い始めました。
数字の上では昔より健康になってる。経済がしまれば、統計上人は健康になる。というへりくつが成立する。ほんとうはその逆なのに。

それから、秋に役所は統計をとるのですね。これでわかりました。土建業でも十月でした。

この忙しいときにと悪態をついた記憶があたらしい。どこかに書いている。
かささぎはまだ市民税をきっちり清算していません。なぜなら、元いた会社に返信封筒に切手はって源泉徴収票を送ってくださいと依頼しましたが、なしのつぶてだからです。清算すれば二万ほど支払った税金が還ってくるのですが。ボスは私がいなくなりもう一人の子も人員カットして一人で事務をやってるだろうと思えば、仕方ない。でも、役場の事務も少しは無駄を省いてほしい。この意味は、こうです。役場の市民税課には私の去年の収入の記録が台帳にきっちりとありました。源泉徴収票は一度会社から提出されて、それをもとに税額が計算されているからです。しかし、税額補正にはもう一度源泉徴収票をつけて税務署へ申告するよう要求されます。会社は税理事務所に高いお金を支払ってこの源泉徴収票を作成してもらっていました。おなじ情報であれば、なぜ役場にあるコピーではいけないのか。とかささぎは思う。ゆとりなどどこを探してもない職場に経費と時間と労力を求めることは罪悪だ。役場にはそれがわかっていません。

かささぎの旗「公共事業労務費調査説明会」

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-3008.html

2009年12月12日 (土)

政権交代と医療(79)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 12 日 土曜日 

平成22年度診療報酬改定について、大臣諮問の各種の委員会が意見を表明したり、意見集約できずに意見書提出を見送ったりしている中、厚生労働省としての見解が、9日、報道発表されました。

厚生労働省の政務三役の見解が、厚生労働省の見解として対外的に明らかにされたもので、次のように発表されています。

○ 医療は国民の生活を支える最も重要な社会基盤の一つである。我が国の医療費(対GDP比)は国際的に見ても低水準であるが、医療現場の努力により、効率的かつ質の高い医療を提供してきた。

○ しかしながら、高齢化の進展による患者増などにより、医療現場は疲弊しており、特に救急・急性期の入院医療は危機的な状況にある。前回の診療報酬改定においても、厳しい勤務環境におかれている病院勤務医の負担軽減や、救急医療や周産期・小児医療の充実などを重点課題として取り組んだが、必ずしも十分な効果が出ていない現状にある。

○ 例えば、有識者の研究によれば、急性期の入院医療を担うDPC対象病院の年間の赤字は総額3,500億円にのぼると推計されている。また、平成21年度医療経済実態調査によれば、年間の緊急入院患者受け入れが200名以上の病院の経営実態は、補助金等による補填を行った後の総損益差額ベースで見ても、1施設当たりで年間約1億円の赤字となっている。

○ こうした状況の下、三党連立政権合意では「医療費(GDP比)」の先進国(OECD)並みの確保を目指す」ことが、また、民主党のマニフェストでは「医療従事者の増員に努める医療機関の診療報酬(入院)を増額する」ことが示されている。平成22年度診療報酬改定においては、これらを踏まえ、「国民の安全・安心を支える医療の再構築」に取り組んでいく必要がある。

○ 具体的には、救急医療の充実など喫緊の課題に対応するため、急性期を中心とする入院医療に優先的かつ重点的に配分するとともに、急性期後の受け皿としての後方病床・在宅療養の機能を強化する。さらに、手術等の医療技術の適正評価、医療の高度化への対応、医師補助業務の充実等を通じた勤務環境の改善、医療安全への取り組みなど、我が国の医療をめぐる課題に対応していくことが求められている。

○ これらを総合的に勘案すれば、薬価改定と医療材料価格改定により捻出される約5,000億円を全て診療報酬本体の財源として充当するとしても、これを超える規模の財源が必要であり、全体としては10年ぶりのネットプラス改定を行うことが必要である。

プラス改定を明言していますが、具体的な数値はありません。

遅くても7日には具体的な目標数値が発表されるだろうとの観測もあり、関係機関は首を長くしていましたが、肩透かしでした。

長妻厚生労働大臣は11日の記者会見で、基本方針に具体的な数値を盛り込まなかった理由について、「まずは基本的な考え方を示した」「(財務省との)交渉の中では、数値を示した上で話を進めることになる」と述べています。

改定率の決定を急がなければ、予算編成スケジュールにも診療報酬改定作業にも支障が生じます。

来週が山場となるでしょう。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』より転載。

連句的コメント

こちらでは、この時期になるといつもある事が原因で電車のダイヤが乱れます。
年々多くなっていき皮膚感覚では今年(今月)は更に多いように感じます。。
この事だけではありませんが、連続で年間3万人を軽く超す結果は世の中の異常をあらわす一つですね。でも実はデータには出てこないのですが、もっと異常なのは、みんな慣れて平常心だという事でしょうか。。

なぜ 書けないのでしょう
書けないですね

自殺についてはたくさんかきたいことがあります

しかし書きません

書きませんといいながら 他の人よりははるかに沢山書いているけど

ところで 自分のblogにログインできません
調べたいことがありますが 繋がらない

携帯端末からアクセスしています

2009年12月11日 (金)

宝くじが当たったら

宝くじが当たったら




医療と統計学 全国患者調査 2       乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 11 日 金曜日

傷病ごとの患者数は、多い順に次の通りです。

(入院)

1位 精神        30万人

2位 循環器系      28万人

3位 新生物       16万人

4位 損傷、中毒、外因  13万人(増加)

5位 神経系       11万人(増加)

6位 呼吸器系       8万人(増加)

7位 筋骨格系、結合組織  7万人

8位 消化器系       7万人

9位 腎尿路生殖器系    5万人(増加)

10位 内分泌、栄養代謝疾患 4万人

(外来)

1位 消化器系      125万人

2位 筋骨格系、結合組織  95万人

3位 循環器系       89万人

4位 呼吸器系       65万人

5位 内分泌、栄養代謝疾患 36万人

6位 損傷、中毒、外因   32万人(増加)

7位 歯          30万人(増加)

8位 腎尿路生殖器系    29万人(増加)

9位 眼          27万人

10位 皮膚         25万人

11位 精神         23万人(増加)

12位 新生物        22万人(増加)

入院の疾患順位と外来の疾患順位とは大きく異なります。

すなわち、入院診療を主体とする病院と外来診療を主体とする診療所とは、対象疾病においても機能分化することに合理性があります。

疾患の増減も、入院と外来では異なる傾向を示しています。

精神疾患や新生物の医療は入院管理から外来管理へとシフトしつつあることが読み取れます。

シートベルトやヘルメットの普及で交通事故死亡は減少しているものの、「損傷、中毒、外因」による患者数が入院、外来ともに増加傾向にあるのが気になります。

自殺企図の患者は、統計的にはここに分類されています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

昨日小沢幹事長が640人の民主党員を率いて中国へ行きました。
ええーっ640人!!
あっとおどろくこの数とタイミング。
外から日本は今どう見えているでしょう。
アメリカは日本を信用できないだろう。
国民にとってもまた同様です。
しかししかし。
かささぎ一家はじめ多くの国民は自分たちの家の事情で手一杯、とても国のことまで心から思いやる余裕はないのが実情です。
もしなにかコトをおこすとすれば、今このどさくさまぎれにやるのが一番だ。
いちご大福みたいに泣き虫で大甘な大金持ちの総理からはお金を引き出せるだけ引き出し、利用するだけ利用したら、脱税その他でポイすることも自由です。
きのう乙四郎が引用してくれたユーチューブの傑作動画、野党時代の民主党鳩山代表が現在の自分をせめるという「クローンの逆襲」もヒットラーが日本国民を憂えてお説教してくれてるアフレコ動画も、笑ってしまうのですが、そのあとで意気揚々と小沢さんが640人もの民主党員を率いて赤の帝国に降り立ったニュースを見て、ぎょっとして、いっぺんで笑いがさめました。これはまるで・・・

それから、乙四郎。

いまごろ、報道されています。佐賀空港案。
乙四郎の指摘はここでした。→http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-7ac4.html(11/13コメント)
今朝の朝刊は読み応えがありました。

やはり地元民は反対しますわなあ。心配ですものね。
沖縄のこころになったことなど、これまで一度だってなかった。
ということです。

乙四郎のブログをそのまんまここで紹介する式にして、先をよむ目がついた気がします。昨日の朝刊もトップ記事に「県境の救急五県連携」ってのが載ってシンクロしてました。

コメント


笑うです

ところでまた話をおとしますが
皸という字は褌という字に似てるね
あかぎれとふんどし
なんかいいねえ

ところでおやぶんひとつきになることが
鳩山兄弟はいぼ兄弟じゃなかったんですかい
選挙のまえに地元の応援者になさった邦夫氏のはなしでは じぶんはめかけの子だったから兄とちがってとても苦労してる といわれたそうですが

もしそれがほんとうなら
鳩山家のひみつはここにこそあるなとかささぎはとってもかんしんしたのに
もしそれがうそなら
巨額脱税とおなじ精神からでたもの 
選挙にかつためならどんなうそでもいうのか
だれかこのはなしの真実のありかをしりませんか?
鳩山家はどうなってるんだろう 
さっぱりわからないよ謎だよ
それとね
はとやまははのおかねがどこへきえたのか
きっとマスコミ対策費とかにきえたんだよね
ほかには閣内ねまわしと他党対策費
てきをことごとく金のちからでぶっつぶす式の
いや
てきをことごとく金のちからで和ます式のね
それぐらいはわれわれもわかる。

石橋の母はお金持ちだねー。今日のニュースでは金額が又大きくなっていたようでしたが聞き違いでしょうか。

のど自慢・・・手芸教室でも話題になっていました。上手下手ではなく、公務員・・○人、女性○人上手○人てな具合に構成がある程度決まっているそうです。中高生は民謡なども。受け売りですので100%正しいとはいえませんが、さもありなんですよね。当日は200人参加して、TVに出るのは20組かな。それぐらいだから、競争率はすごいですね。

乙さんご紹介のムービー。
笑えました、笑いました。
編集者に敬意というより、執念だよねえ。

攻める側、攻められる側でこんなにも変わるんですね。皮肉だなあ。攻めるときのほうが生き生きしてる。そのまんま自分に跳ね返ってくるとは、、、、。
総統閣下のお怒りには笑いました。こればっかりは閣下のおっしゃるとおりですね。

温暖化についての特別講義があります。
19日(土)保健医療経営大学にて。
「キャンドルナイト」のプレイベントです。
    ↓

http://www.healthcare-m.ac.jp/faculty/recture/citi-edu-0912.html

2009年12月10日 (木)

医療と統計学 全国患者調査 1       乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 10 日 木曜日

「平成20年患者調査」結果が発表されました。

患者調査というのは、10月の特定の調査日(平日)に病院や診療所を利用した患者の実態を調査するものです。

なお、退院患者の実態については、9月中に退院した患者を調査しています。

調査結果によると、調査日に全国の医療施設で受療した推計患者数は、入院139万人(病院133万人、診療所6万人)、外来687万人(病院173万人、診療所514万人)でした。

入院患者と入院患者数相当の外来患者を病院が受け持ち、そのほかの外来患者を診療所がしっかりと受け止めている日本の医療の姿が、全国統計を鳥瞰すると見えてきます。

ごく一部の病院だけを見て日本の医療を語ることの危うさがわかります。

75歳以上の患者は、入院65万人、外来159万人です。

入院患者の半数は後期高齢者であることがわかります。

後期高齢者の入院医療の診療報酬の抑制が全国の病院経営を直撃することが頷けます。

患者調査は3年おきに実施されています。

前回調査(平成17年)と比較すると、入院患者数も外来患者数も減少しています。

患者数が減少した理由は、国民全体が健康になったからなのか、受診が抑制されたからなのかはわかりません。

年齢別に見ると、75歳以上の患者数は増えていますが、他の年齢では減少しています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

これまでの「保健医療の地域経営」カテゴリーの文章を全部読む:

http://www.healthcare-m.ac.jp/app/gm/archives/category/health-m

▼かささぎのひとりごと

トイレになぜか「統計学」の本が数日おいてあった。ぱらぱらめくってみた。難しくてさっぱりわからんかった。経済の項目のなかに統計学があるのだろうか?そいったこと、なんも知らんのですが、上の乙四郎先生の一文をよめば、いかに統計学が大事かわかります。まず現場の正確なデータがなければ、なにを手がかりにどう方策を編み出したらいいかがわからないからです。
連句への下心から始めた乙四郎元官僚語録でありましたが、だんだんはまってきてしまいました。こういう勉強をプロの視点で解りやすく教えてくれるのは、保健医療経営大学だけです。そこな大学浪人さん。あるいは就職難民さん。ここに大穴のねらい目大学があります。みんなで保健医療経営大学へ入ろう。そして日本の医療を学び、問題点をみすえ、医療をかえよう。連句俳諧もやって、じんせいのなぞとこの宇宙の謎をときあかそう。

昨日からの続きコメント、温暖化とのど自慢。

コメント

cloudおはようございます。
昔、子供時代の冬はほんとに寒かったね。
しもやけ皸(あかぎれだって)は普通やったし、
暖房といえば炬燵か火鉢くらいで、しかも火鉢にでも手をかざしてたら年寄りからめっちゃ怒鳴られたものです。
子供は体を動かしていれば暖かいものだとか言われて^^
寒や夏の厳しさはある意味精神も鍛えられるかな?
子供時代の下着を覚えてる? 肌色で分厚いメリヤス製で前にボタンのあるやつ。
あれかっこ悪かったけどぬっかったね♪
寒対策>>今は薄くてぬっかヒートテックとかいいかも。まだ持ってないけど^^

やはり温暖化か、と思うのは、夏2階が暑くてたまらなくなったこと。主人の妹が7月に里帰りした時、2階で寝たら熱がこもって暑くて一睡もできなかったとか。クーラーもあるのに。昔は、その2階でクーラーも無く寝てたのにね。
逆に冬が暖かくて、我が家はこたつも出さなくなりました。ヒートテック下着でOKよ。

絵目さん。メリヤスってことば、なつかしいですね。
そんひーとてっく。整骨院の患者さんも着ている人が増えました。半そでのは売り切れてたと昨日の人はいってた。のど自慢にでたって人。こないだくるめであったでしょう。(なしか必ずそろばん歌やらせますよねえ)

まりさんちの屋根裏部屋にいつかあがりたい。
サンタのおじさんがどっちの煙突から入ろうかと迷うような煙突二つの家。かささぎの旗のごく初期の写真に雪の写真があります。(人気が高かったんだよねあの写真。)
「冬至」http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_53f8_1.html
小公女せーらも詩人もみんな屋根裏べやにすんでいたよねえ。熱かろうがさむかろーがけなげに生きていた。だからあこがれる。
かささぎの古い家はゆがんでいて、隙間が寺田のお宮なみにもろみえ。暖房がんがんつけた上ストーブたいても、熱効率最低。無駄を絵にかいたようだ。むかしは辛抱した。いまはできん。

「大気中の二酸化炭素が熱の外部放出を妨げるという「説」の根拠データが捏造だというホットな話題(クライメートゲイト事件)が本当だとすれば、二酸化炭素を出さないエネルギーとして原子力発電や太陽光発電を推進している地球人たちは、とんでもない愚か者だということになります。」(元気象大学生のコメント)
とんでもない愚か者。ほんとうに。
根も葉もないうわさばなしを信じて(信頼できる情報であるとよく確かめもせず単なるエコファッションに踊らされて)、CO2・25%削減を国際公約してしまったわが国の首相。ほんとうにはずかしいです。

music愚か者つながり♪
昔はショーケン、その後はマッチさん。
いい歌だよね。
「・・失くした時間を男は振り向き 女は消し去る・・」ってとこ好きよ^^♪
のどじまん>>ぼんさんのご主人も出られたらよかったのにね~bellbellbellbellbell
では、今日もお気をつけてcar

 久留米であったのど自慢、当日朝刊のテレビ番組欄で知り、でも用事があったので録画しようと思いながらつい忘れて出かけてしまった。誰か、録画したという酔狂な人はいませんか?「そろばん歌」は私も得意です、母が昔そん踊りばしよったけんね。「久留米小唄」は歌い出ししかしらんけど。
 新宿ゴールデン街に久留米の、しかもM高校出身の人(もう65歳ぐらい?)がやってる店があって、筑後地方の人が来るとベラベラのちっご弁に早変わり。名物ママさん(ババさん)の1人らしい。数年前に息子も同じゴールデン街に店出したとかで、新聞に出てました。東京にお越しの節はご案内申し上げます。
 温暖化の問題、諸説あって何が正しいのか素人にはわからん、早計は禁物だが、とにかく海面上昇で領土がなくなる国にとっては大問題。その国の人たちは「環境テロ」と言ってるらしいが、その気持ちもよくわかる。これが「日本沈没」だったらみんなもそう思うでしょう?しかし、だから火力発電はダメで原子力発電賛成論というのも陰謀臭い。核廃棄物が、後の世代にどういう悪影響を残すのか、年金問題より難しいかも知れませんよ。

あら、のど自慢がくるめであったんですか?
主人はちゃっかり申し込んでましたよ。でも、落選でした。予選に出られるだけでも大変らしい。見に行くほうの抽選にも外れたといって悔しがっておりました。弓頭ぐらいでちょうどいいとよ。

のどじまん。ほんというと、院にみえてる人たち七人組さんは最終まで残ったのに出れなかったて。この方たちは皆老人ホームの介護の方でした。かささぎ整骨院には介護職の方が多くみえています。
だれか録画してあるとはおもいますが、それよりアーカイブ探したらありませんか。ありますよきっと。
ちょうどよかった。ろいりーさんへ。お正月のオフ会、またこりもせずガストでやりましょう。ほかにさつき庵もあるのですが、別においしいものとかたべんでいいでしょう。苦笑。高校生ののりでいいよね。ちょっとざわついてて、半分浮き足立っているがさつなガスト。かささぎは逆におちつく。四日の七時から。あるいは五日の九時から。(七時からの場合は夜、九時からの場合は昼。どちらがいいですか。このへんな時間はもう仕事が入っているからです。笑。ともかく早く仮ぎめしましょう。)えめさん、ぼん、せいこさん、まりさん。乙四郎。ぼんのおとう。ひまならきてね。親戚寄りがもう終わってるころではなかろーか?みんなでろいりーさんと音楽や映画や歴史やむかしのはなしをしましょう。かささぎは竹橋乙四郎が大好きだし、神津ろいりーさんも好きだし、俳人の中山宙虫もすきだし、函館の杉作先生も好きだし、ばどさんもすきだし、丸山しょうきょどんもすきだし、しらべさんもすきだしぼんのおとうもすきだよ。あ。せいちゃんのおとうもね。(笑)・・・。まことに気が多いよなあ。とは想うけど、夫がいない特殊な身の上なんで、許されよ。下心はありません。なーんもござんせん。どうか、ごあんしんください。(けっだれがしんぱいするかよって。むかっ。それもまたさびしーんだよー)
又、まじめな話にもどします。
反原発集会には一度いったことがあります。36歳のとき。

その方たち(最終まで残ったのに本番には出れなかった人たち)がいっていらしたのは、紅白で流す予定の歌があって、とっても高度な歌で(という意味は複雑なメロディラインの曲だったらしく)、それを日本各地のふつうの人たちがワンフレーズずつちょこちょこっと歌ってつないでいく・・・、むかしあった、ういあーざわーるどみたいな歌のパッチワークフィルムを作るため、カメラの前で歌わされたそうです。それもまたたのしみだっていってらした。でも高齢のかたはそれでへとへとになって帰ってみえましたよ。拘束時間がとても長かったくたびれたといって。

実はかささぎどんはおじ様キラーなのだ。英語の忘年会の時判明した。「べっぴんさんになったなあ。」とか「又会いたかった。」ってもてもてだったよーん。

のど自慢といえば私の知り合いも書類審査で落ちたよ。ものすごく上手なのに残念だった。

かささぎどん、下心、みえみえだよ。皆連句に誘いたいんでしょ?ははは・・・彦山は誘えばどこでも付いて来る。

おわわ・・まりさんそりゃかばいすぎ。笑
もてるのはぱんつのひもだけです。
ばあちゃんは百姓なのでいつも夜に縫い物をしますが、裁縫箱ががば古い。くつした我が家の場合男が三人もいて常に片方を探してる。穴があくスピードが新幹線なみ、穴かがりをしてくれる。子たちもいやがらずはいてく。父のぱんつのごむやぱじゃまのごむをいれかえてくれる。だけど昔とちがって布に縫いつけてあってだんだんできない。

のどじまん、選出するための基準があるみたいね。じょうずへたとはちがう構成の型があるっちゃろね。地方の独自性と世代や職業の多様性それに個性と生き生き感。・・連句の構成ににてるかもね。どうも本番当日までだれが採用されるかわからないらしかった。ゆとりをもって局側は多いめにえらび、その人たちを応援人も含めて招待するみたい。なにしろライブやし、ふたをあけるまで何があるかわからんもんね。あるばあちゃんは一キロやせたっていいよんなさった。当日の予選映像はみせてくれるらしく、携帯にとった写真をみせてもらいました。のど自慢って目にみえる以外にもいろいろある大掛かりな興行なんですねえ。

さむいってとこで、えめさんが(ろいりさんオフ会の返信メール中で)書いてくれた、昔のおとなは決して寒い暑いをいわせなかった。それは季節のあたりまえだったから。ということば、私もおもいだしました。火鉢に手をかざすのも年寄りだけで、こどもは風の子だって外においやられた。それは美学だったと思う。先日、太宰府の観世音寺でみた、石の水紋のみごとな造形とびしっと重なる日本人独自の美学です。

石の水紋:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-16.html

2009年12月 9日 (水)

政権交代と医療(78)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 9 日 水曜日

病院へ配られている「Lohas Medical ロハス・メディカル」というフリーマガジンがあります。

充実した取材と独自の視点での医療記事が満載で、中医協の議事録なども、いち早くロハスメディカルのホームページで知ることができます。

http://lohasmedical.jp/news/

単なる議事録ではなく、重要な発言に記者のコメントが添えられた署名記事となっているのが特徴です。

12月6日にアップされた中医協の議事録には「差別医療か、平等な医療か」というタイトルが付けられていました。

新政権が主張する後期高齢者医療制度廃止にかかわる診療報酬が議論された4日の中医協に関する記事です。

一部引用します。

《すべての病人を救うか、優先順位を付けるか。すべての命を平等に扱うのか、“無意味な延命措置”があると考えるのか。医療サービスに優先順位を付けるなら、「医療費全体の底上げ」は矛盾しないか。平等な医療提供を求めながら、「医療費のメリハリ」を口にするのは矛盾しないか。(新井裕充)》

《もし、医療財源に限りがあると考えるなら、余命わずかな高齢者よりも未来ある若人の医療に適正配分すべきとの考え方もあるだろう。もし、すべての人に対して無制限に医療サービスを提供すべきと考えるなら、年齢によって区別せずにすべて等しく医療が受けられるようにすべきだろう。

もし、医療資源に限りがあると考えて、提供できる医療行為に一定の制限を加えるなら、「アルコール依存症」や「摂食障害」の治療よりも優先する疾患があると考えるべきだろう。もし、すべての病気やけがに対して等しく医療サービスを提供しようと考えるなら、脳卒中の後遺症がある患者がリハビリを受けられずに寝たきりになってしまうような状況を直ちに改善すべきだろう。

もし、「医療費全体の底上げ」を主張するなら、あらゆる疾患に対して医療を提供すべきと考えるべきだろう。もし、「限られた財源の効率的な配分」という“メリハリ”を主張するなら、100%完璧な医療や医師の献身的な応召義務を求めることはできないだろう。

助かる命と、諦めなければいけない命との間に優先度の違いがあると考えるなら、「医療費全体の底上げ」ではなく、「限られた財源の効率的な配分」を主張するほうが一貫するだろう。》

公的な立場にある者は「平等な医療」の追求というスタンスからしか発言できないことが多く、後期高齢者医療制度の廃止も、高齢者と若者を平等に扱うべきというスタンスからの主張です。

しかし、ロハス記者の提起した視点には、議論を深める価値があります。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎの独り言

記名記事はいいですね、なにより責任感がある。かささぎも西日本新聞・池田郷記者のスパコン特集記事をこないだ読んだばかりです。なぜナンバー2ではなく1でなければ意味がないのか。わかりやすくて蒙を啓かれました。

さて、

《すべての病人を救うか、優先順位を付けるか。すべての命を平等に扱うのか、“無意味な延命措置”があると考えるのか。医療サービスに優先順位を付けるなら、「医療費全体の底上げ」は矛盾しないか。平等な医療提供を求めながら、「医療費のメリハリ」を口にするのは矛盾しないか。(新井裕充)》

(これをよみながら、かささぎはお役人だった乙四郎の入市被爆者問題に対するスタンスについて、つい思いをめぐらしてしまいます。なんでもずらして考える連句人のわるいくせです。ですが、あれは時間がもうすでにかなりたっているという与件のなかで考えるべきで、その目でみるとき、限られた予算をどこへ配分するべきか。といつも考えている役人の視線があったんだろうなと素人ながらに思う。これまでこの人の書いてきたものを読んだ限りではそう思う。)

≪公的な立場にある者は「平等な医療」の追求というスタンスからしか発言できないことが多く、後期高齢者医療制度の廃止も、高齢者と若者を平等に扱うべきというスタンスからの主張です。≫


平等の考え方がこの世でいちばんむずかしいですね。
かささぎはいまだに連句の。。。ごめん。やめた。

▼温暖化に関するコメント(きのうからの続き)

モノは、
① 外部から入ってくる熱エネルギー

② 内部から発生する熱エネルギー
の合計が
③ 外部へ放出される熱エネルギー
より大きい時に温かくなります。
モノが地球の場合、
①は、太陽エネルギー
②は、人間活動(発電等)が生み出すエネルギー
③は、太陽エネルギーの反射
が主な要素で、これらのバランスが崩れると温暖化したり氷河期に突入したりする可能性があります。
化石燃料を燃やすことによって発生するエネルギーは、太古に光合成で植物に蓄積された太陽エネルギーに由来しているので、厳密には①。
風力発電や水力発電も、太陽エネルギーの恵みがもたらす自然循環が由来なので①。
しかし、原子力発電は、地球鉱物由来エネルギーなので、②。
太陽光発電は、③の放出される運命だったエネルギーを取り込む。
従って、原子力発電と太陽光発電は、地球温暖化加速因子ということになります。
(注:現在、こんなことを言う人はいなくなりました)
大気中の二酸化炭素が熱の外部放出を妨げるという「説」の根拠データが捏造だというホットな話題(クライメートゲイト事件)が本当だとすれば、二酸化炭素を出さないエネルギーとして原子力発電や太陽光発電を推進している地球人たちは、とんでもない愚か者だということになります。

投稿: 元気象大学校生 | 2009年12月 9日 (水) 01時02分

ああ。竹橋乙四郎がここへ登場した最初のころに登場した、げんきなゾウの大学ですね。そこのところをあとで探し出してつけます。
きのうのこの方(竹橋乙四郎)のコメントを読んで、三十年以上も前から日本でも温暖化問題はそのすじには意識されていたんだ!とはじめて知りましたよ。
そりゃそうですよね、気象を専門に調べて分析するのが気象大学でしょうから。
ここで乙四郎がかいたこと、昔はやった反原発うんどうのとこでかなりの量出てきた、エントロピー増大の法則ってやつではござんせんか?
あれはそういう意味だったのか。どっちみちかささぎ頭にはよくわからん話ですが。
とりあえず地球がだんだん熱くなってきたというのは本当なんだね。
その原因をすべて二酸化炭素に負わせるのが間違いってことか。
それどころか、CO2をださないためといって推進している原発や太陽光発電が、どんどん地球を熱くしているって説もあるのですね。んんんーーー。なんてこったい!

2009年12月 8日 (火)


かっぱのブックン

かっぱのブックン

ゆめのはなし

数日前の朝じっちゃんがこんなはなしをしました。

「ゆんべは兄貴がおりのふとんに入ってきたとやんけん。寒か寒かち言うて。」

すると母も横からこんなはなしをしました。

「そうの。うちは姉しゃん(あねしゃん)のこらした。あんたこのごろいっちょんこんやったねち言うたら、にこにこして忙しかったち言わしたばい。ばってんがよおっと考えたら、あねしゃんはもう死んどらしたねえ。わすれとった。」

父の兄貴も母の姉しゃんもだいぶ前に死んでいる。
母は夢だとはっきり自覚しているけど、父は全くわかっていない。
駄目押しのように、父がこういう。
「よんべの九時ごろち思うばって、○さん(わが夫のなまえ)の来とらしたろ。おまえと三十分ぐれ玄関口で話しとったごたるね」

・・・。だれもこないし、玄関口には誰もいなかったし、その時間は何かしていたし。

父よ。あなたのこころの奥がみえた気がしましたよ。
ありがとう。
おやふこうなむすめをゆるしてください。

僻地医療体制    乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 8 日 火曜日 

<へき地医療体制>

へき地医療とは、交通条件及び自然的、経済的、社会的条件に恵まれない山間地、離島その他の地域のうち、医療の確保が困難である地域の医療をいいます。

無医地区とは、医療機関のない地域で、当該地域の中心的な場所を起点として概ね半径4キロメートルの区域内に人口50人以上が居住している地域であって、かつ、容易に医療機関を利用できない地区のことをいいます。

無歯科医地区は同様に歯科医療機関がない地域のことです。

無医地区に準じる地区は、既に診療所が開設されているか、または人口が50人未満であるために、無医地区には該当しないが、無医地区に準じた医療の確保が必要な地区であると都道府県知事が判断した地区のことをいいます。

へき地診療所は、へき地医療を確保するため、人口1000人以上で、最寄りの医療機関まで通常の交通機関を利用して30分以上要する無医地区に設置された診療所のことをいいます。

へき地医療の3要素は、

1.医師を確保する方策

2.医療を確保する方策

3.診療を支援する方策

で、以下の各機関が実施しています。

[(社)地域医療振興協会]

各へき地医療支援機構間の連携のサポート 

へき地関連の支援 

・医療従事者の求人募集 

・へき地勤務者、支援者となる人材の発掘 

・へき地医療従事者研修 

・へき地医療の普及・啓発 

・医師バンクの整備 

[へき地医療支援機構]

へき地医療支援事業の企画調整 

・協議会を通じて確保された医師の配置計画 

・都道府県で策定したへき地に関する診療支援体制の実施 

・へき地からの意見、情報等を集約し、都道府県、協議会への報告 

[へき地医療拠点病院]

へき地医療支援機構のもとでのへき地診療所の支援 

巡回診療

代診医の派遣

[へき地診療所]

無医地区、準無医地区における地域住民への医療の提供 

[へき地保健指導所]

無医地区、準無医地区での保健指導 

[大学医学部附属病院、公的病院等の地域医療で一定の役割を果たすべき病院]

定期的な医療の提供 

[医師会等の医療関係者団体]

必要に応じて、へき地医療を支えるための協力 

[搬送体制]

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

連句的コメント:

▼温暖化問題とはなにか。

検索順位は一番になっていますね。
それにしても、もう一つのブログで紹介されてたこれ、強烈でした。
   ↓

しばらくそちらであそばせてもらいました。
ところで。なんとかゲイト事件っての、あれはなんでしょね?
希望さんブログでもそれでもりあがっています。温暖化ってのはホラなの?データは捏造?
いまでもきおくにあたらしい。はじめて地球温暖化に触れた記憶。長男がまだ幼稚園のころだから二十年近く前。朝日新聞の記事でした。アメリカのなんとかいう人がそれを発見したんだった。温暖化で地球の海面が上昇するおそれがあるって記事。それで、かささぎはそのころ福岡市の主婦レポーターをしていて、市長を囲んでの懇親会ってのがあって出席したとき、何かひとことってことで、知ったばかりのそれを話したら、だれもまだご存知じゃなくて、市長もほへえって感じで聞いておられました。その市長さんは桑原市長さん。もうお亡くなりになりましたけども。私的なお休みが全くない。といっておられた。政治家ってたいへんな仕事なんだなあ。とおもった。
いつも、ぜんぜん関係ない話をするくせがかささぎにはあるよね。すんまへんなあ。・・ぺこぺこり。
ほかに、そこらへんのどこかのサイトでよませていただいた、チベットで今おこなわれていることの漫画。修羅となんとかいう、あれがすごくきつかった。なんかこわくてこわくて、きっと行空もあれとおなじことをされたんだろうな。

三十数年前、ある気象大学校の学生は地球温暖化について学んでいました。
(※これは竹橋乙四郎青年のことですね。かささぎ注)
地球へ降り注ぐ太陽光(エネルギー)の大部分は地表で反射して宇宙空間へ放出されるが、太陽熱発電が普及したら太陽エネルギーが宇宙へ放出されずに地球に捕らえられ、それらは最終的に熱エネルギーとして蓄積するので地球が温暖化してゆくだろう、と。
地球温暖化防止のために太陽熱発電を普及させている人たちには信じがたいことでしょうが、真理はどこにあるのでしょうか。

2009年12月 7日 (月)

乙四郎先生に学ぶ救急医療体制  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 7 日 月曜日

<救急医療体制>

救急医療の3要素

1.応急処置 ・・・ 市民

  気道確保、人工呼吸、心臓マッサージ

  AED(自動体外式除細動器)

  通報

2.搬送   ・・・ 消防

   受入先探索

   トリアージ

   救命処置 ・・・ 救急救命士

輸液ルート確保、

食道閉鎖式チューブ等による気道確保

電気的除細動

気管挿管(気管挿管認定救急救命士)

強心剤(アドレナリン)の薬剤投与(薬剤投与認定救急救命士)

3.診療   ・・・ 医療機関

初期救急医療(外来で対処しうる患者への対応)・・・市町村が整備

在宅当番医制(休日)

休日歯科診療所

休日夜間急患センター(人口5万人以上の市に1つ) 

小児初期救急センター 

二次救急医療(入院治療を必要とする重症患者への対応)・・・都道府県が整備

中規模救急病院 

病院群輪番制

センター方式/共同利用型病院 

小児救急医療支援事業 

小児救急医療拠点病院 

地域周産期母子医療センター 

三次救急医療(高度な処置を必要とする重篤な患者への対応)

救命救急センター(人口100万人に1か所/各県1か所)

高度救命救急センター(広範囲熱傷や指肢切断、急性中毒等への対応)

新型救命救急センター

総合周産期母子医療センター

(参考:九州の救命救急センター)

[福岡県]久留米大学病院、北九州市立八幡病院、済生会福岡総合病院、飯塚病院、福岡大学病院、北九州総合病院、九州大学病院、聖マリア病院

[佐賀県]佐賀県立病院好生館、佐賀大学医学部附属病院、唐津赤十字病院

[長崎県]国立病院機構長崎医療センター

[熊本県]熊本赤十字病院、国立病院機構熊本医療センター

[大分県]大分市医師会立アルメイダ病院、大分大学医学部附属病院、大分県立病院、新別府病院 

[宮崎県]県立宮崎病院、県立延岡病院

[鹿児島県]鹿児島市立病院

[沖縄県]沖縄県立中部病院、浦添総合病院、沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

(九州の高度救命救急センター)

久留米大学病院高度救命救急センター

久留米市(人口30万人)の救急医療体制は突出して充実しています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』の転載)

▼かささぎのひとりごと

昨夜は困ってしまった。見たいドラマ(「jin-仁」)を心待ちにしていたのに国民放送の「坂の上の雲」を見てたら時間を忘れ二十分以上も見逃した。んんん。どっちもとっても面白い。今度から録画しよう。といってもじきに仁は終わってしまうんだよね。サビシイー!
テレビドラマの感想かいて初めて若い人からコメントもらいました。うれしかったなあ!
さて、昨夜の「仁」にトリアージが出てきました。
いつだったか乙四郎先生(よびすて返上します)が書いてたコメントに出てきましたので、ああこれがトリアージだとすぐ気づきました。
場面はお江戸の大火事、次々と運び込まれる負傷者を見て瞬間的に治療の緊急度を判断し、腕に色違いのリボンを結んで峻別する。死者は黒。むかしのお医者さんもやっていたかどうかは存じ上げないことながら、リアルでとても緊迫感があった。
気道を火傷している火消しを「もうそいつは助からねえ」と見放す中村敦夫棟梁。手術をすれば助かるといいはる仁先生。そのやりとりも面白かった。おおっと、ここはドラマの感想をかくところではござんせん。

「久留米市の救急医療体制は突出して充実しています。」と書いた乙四郎先生。それは聖マリア病院があるからです・・と、そこまでは書かなかったところ、俳諧的ですね。ぜったいに急患を断らない病院があるということは市民にはとっても心強い。

ついでに「坂の上の雲」の話もやりまひょ。
きのうのに出てきた正岡子規の野球(のぼーる)。
上野に連句にいったとき、上野公園の端っこにその野球場がありました。文化会館の裏。写真もとった記憶があります、これです。ついでにごらんください。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_616d.html

▼以下は民俗学的連句的コメント(寺田天満宮のお座。例年十二月七日あたりの日曜の朝八時から)ってかあんまり関係ない話なので、
医療の地域密着性と連句的にひびきあうってことにしとこう。

お座、お疲れ様。あれから男衆と女5人だけが残って宴会があったのですよ。全く飲むつもりがなかったのに、うしじまさんが1mくらいの竹2本にお酒を入れて焚き火で熱燗にして持ってきたので、みんな珍しがって、紙コップで。朝っぱらから飲んだので今日は1日全く仕事になりません。

そうだったの。
お隣のおばさんの折詰を預かって、おみきだけいただいてささっと帰ったのだけど、そのとき焚き火をしていた数人のおじさんたちがカッポ酒のでかいやつをわかしてしまったとかぼやきながら、お宮にもって行ってたのとすれちがった。あんなにでかいカッポ酒、はじめてみた。すげ。まりさんてばやるなあ!!

2009年12月 6日 (日)

政権交代と医療(77) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 6 日 日曜日 

後期高齢者医療は現役世代による支援によって支えられています。

必要な医療費の約4割は現役世代の保険料で賄われており、各健康保険から「後期高齢者支援金」として拠出されます。

ところが、協会けんぽの財政が悪化し、支援金の負担が重荷になっています。

厚生労働省は、4日、支援金の負担額を、加入者数ではなくそれぞれの財政力(総報酬)に応じて負担する提案を社会保障審議会医療保険部会へ行いました。

提案が実現すれば、協会けんぽの負担は2500億円減り、健保組合の負担が1400億円、共済組合の負担が1000億円増えます。

確かに、加入者割では財政力が弱い健保組合の負担が相対的に重くなりますので、総報酬割の導入で組合間の公平を図ることができます。

しかし、健保組合の今年度の赤字は6150億円もあり、追加負担を求めることができる財政状態ではありません。

協会けんぽの財政悪化への対処は、厚生労働省の22年度予算概算要求で「事項要求」とされた「協会けんぽ国庫負担割合の引上げ」しかありません。

長妻厚生労働大臣は、後期高齢者医療制度の廃止後の制度設計を検討する「高齢者医療制度改革会議」で話し合うべきだと主張していますが、事態は喫緊です。

景気が回復して健康保険組合や協会けんぽの収益が改善しさえすれば財政危機は解消します。

小手先の制度改変より、即効性ある景気浮揚策が期待されるところです。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載しました。)

かささぎのひとりごと

めったにしないことながらアクセス解析をちらりとのぞいてみました。
そしたら「英語俳句」でここへおいでくださるかたがいらっしゃる。
試みに「英語俳句」で検索しますと、かささぎの旗が二番にでました。
たまたまにしてもびっくりしました!
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E4%BF%B3%E5%8F%A5&ei=UTF-8
んで、一位のブログは、これでありますえ。
http://purple-dawn.seesaa.net/article/134322006.html

(ひゃあ、ここでも鳩山政権をぶっつぶす会ってのが結成されているみたいです。)
それにしても欧州統合のトップが俳句好きの人だったなんてエコ家電並みっす。

2009年12月 5日 (土)

三潴図書館にて

先日紹介した久留米在住の山口さんの文章に、黒木と待夜(待宵)の小侍従の件が書かれていました。矢野一貞の筑後将士軍談にも書かれているとあったので、三潴図書館で読めるかと尋ねてみたところ、すぐに久留米本館から取り寄せてくださいました。
江戸時代後期、久留米藩の考古学者矢野一貞が著した五十巻ほどもあった書物をきれいに三巻にあつめて編み直した労作です。
佐賀の図書館だけは貸し出しをやってましたが、やはり久留米でも禁持ち出しですねえ。
もちろん八女も同様です。古い本なので扱いに注意しながら図書館で読みます。

メモをしていたのですがくたびれるので、コピーをとってきました。
いずれその部分だけでも打ち込みたいとおもいます。

あ。そうそう。やっと『鷺と雪』北村薫が借りれましたよ。
予約して26番目だったのですが、二ヶ月で借りれた。すごい。
私のあとにも又二十数人の待ち人がいらっしゃるそうです。

前回借りたビデオは『めぐり逢えたら』『卒業』『日本の祭りー九州沖縄編』、
今回『天国の青い蝶』『イングリッシュ・ペーシェント』『日本の祭りー九州沖縄編』。
時間があるかがいつも問題。

政権交代と医療(76)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 5 日 土曜日

臨時国会が終了しました。

臨時国会で成立した医療関係の主な法律は、新型インフルエンザワクチン副作用被害救済法と肝炎対策基本法と原爆症基金法でした。

新型インフルエンザワクチン副作用被害救済法については、衆議院では委員会での37分の審議を経て本会議でも質疑が行われました。

参議院では本会議質疑は省略されたものの、委員会審議に2時間20分が費やされました。

ところが、肝炎対策基本法と原爆症基金法については、委員会審議も本会議質疑も省略され、委員長が提出した法案の採決がなされたのみでした

最大野党が欠席しての事態だとはいえ、法が議会制民主主義のルールのもとで成立するはずの国家運営としては危ういものがあります。

国会審議というのは、出来レースの法案をそのまま法律に仕立て上げるような通過儀礼では決してありません。

法案審議を通じて法の執行上の留意点が浮き彫りにされ、議事録に残ります。

野党の意見も配慮した修正が加えられ、より多数の国民の意志を反映した法へと昇華してゆきます。

法案審議は、国権の最高機関における真剣勝負の舞台なのです。

原爆症基金法については、国の健康対策予算のかなりの割合を被爆者対策予算が占めていることから関心があり、提出された法案の本文を見てみたかったのですが、インターネット上の一般向けニュースでは法案の本文は流れていませんでした。

広く公開された法案に国民が目を通すことができ、国民の意思を集約して国会の場で十分な審議や質疑がなされた上で、必要な修正や付帯決議が加えられて法律が成立するのが理想です。

たとえば、旧政権下の先の通常国会で野党の民主党が反対した海賊対処法では、委員会審議は衆院で25時間半、参院で21時間45分が費やされ、衆参両院で本会議質疑が行われています。

重要法案の場合には、数十時間の審議がなされるのが通例です。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

▼かささぎのひとりごと

臨時国会で法案が通った、それは新インフル関連法案と後のふたつは肝炎対策と原爆症にまたあらたに金を出すってこと、なんですね、乙四郎。

肝炎については『政権交代と医療73』でとりあげてます。
下賎な例をコメントにつけていますので、みてください。http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-2baf.html
乙四郎と足掛け二年ブログ上でつきあってきて驚くのは、感情を決してあらわにしない。かささぎみたいな単細胞には信じがたいこと、日々ひえ~っとひれふしながら、よんでいます。

で、ここでも感じてしまいました。
あの乙四郎が、(あのというのは、去年の夏、国民放送の、戦争を振り返る例年の定番番組の一環として放映された特集番組で、入市被爆者を被爆者と認定しなかった当時の行政責任者として番組に出演、まるで市中引き回しの刑に遭ったお役人さながらの役どころを演じなければならなかったことをさします。いま書きながらきづいた、そもそも日本はまるで最終戦争を戦った国みたいに今でも感じていて、六十数年前の戦争の痛手からいまだに抜け出ることができない、その対戦当事国はその後も何度も戦争をやっているというのに
)、ここで取り上げた原爆症関連法案を本心ではどう感じているのか、少しだけ表白されている点を見逃してはいけません。
わたしたちははっきり申しまして見る目がありません。
ですから、えぬえっちけいで放映されれば、その目でしか物事をみません。正直なはなし去年夏のあの放映をみて、乙四郎ってそんな非道い極悪役人だったのか。とちらりとこころによぎったのもじじつです。

その後、ここで「学長のひとりごと」を毎日とりあげて学ばせていただくうちに、まるでそれが違ってみえだすことに気づきました。
感情で腑分けしてはいけないし正義とか道徳観とかもそれにあたる場合がある。
国家の法案ってのは、結局お金の再配分問題なんですね。こんどの事業仕分けで日々学んだように、どの仕事もどの事業も、当事者にとっては生死にかかわるほどの大事業であり一つも落とせないほど大事なものです。

政治家はクールに考える人でなければ、道を誤る。
しかし往々にして民主主義はそれを否定する。そのジレンマ。

2009年12月 4日 (金)

「三光橋」「天神一丁目」ー丸山消挙

こないだ八女福島の夜の町(笑)でかささぎお初の飲み会をやりました。
そのとき、すぐ近くで丸山消挙とその一味(かささぎ達のクラスメイトでもあった井上尚、隈本、橋爪エイテン、平田)も飲んでいた。知ってはいたのですが声もかけず帰ったので、ちょっとここでご挨拶をしておきたいと思います。以下、メール文です。毎度ことわりなくアップする無謀さをお許しください。

おーいしょうきょどん。
きのう博多に行った、帰り道三号線方面にでるはずが、ごちゃごちゃしとるんで
まちごうてしまって天神方面にでてしまった。そんとき、道の右側にnosaiとかかれた
真新しいビル発見。おおしょうきょの勤務先か~とおもい、ちかくをきょろきょろしたら
「三光橋」という小さな橋だったか地名だったか信号の下に書かれていたのか、
とにかくなんかしらんが文字が目にとまりました。車を運転中だったので一瞬。
ああそういえば、夏の原爆忌の一連の句のなかに、三光の説明がありましたね。
あれとなにか関係ありますか。
かささぎはないとおもうけど。
俳句で一時師事した樹(たちき)の瀧春樹先生が昔、下毛郡三光村という地名のところに
お住まいでした。今は中津市三光森山となっています。
勤務先、ほんとに天神のどまんなかですね。
さて先日はどうでしたか。飲み会。何時まで飲んでいたの。二次会とかもいくの。
酒飲みがいないのでわからん、さっぱり。
ではまた。おげんきで。
こんどは一月に座をもちます。それ用の発句をまた募集しますんで。
          ひめのかささぎ11・30「三光橋」

貴女の記憶力、すごいですね。
NOSAIしかり、三光しかり。
まさにそこが私の勤め先のあるビルです。
ただし、は昭和47年建立と聞いとりますので、とんでもないおんぼろビルです。
場所はいいとこでしょ。
先月、民主党の事業仕分けにかかりまして、予算縮減1/3と判定されました。
来年は職を無くし、途方に切れているかもしれません。

28日はいつものように飲みすぎたようです。
飲んでたら整子ちゃんと会いました。
なんでも6時から従姉会、7時から恭子chanと飲むとのことでした。

         丸山消挙12・3「天神一丁目」

そうだった、あの日せいこさんはいとこ会でした。
ノウサイか~のうさいってなんの仕事してんのかな。
農協直轄の保健、いや保険事業でしょうかねえ。
予算削減三分の一?!それはたいへんじゃないか。
そげーん切られちゃ、よっぽど無駄なことばっかりやっとったっちしか思わんやろ。
まぁまるやましょうきょどんのいるとこだしなあ。・・こらこら。ひとぎきがわるい。
扱いは公務員なのかな。ううむ・・途方に昏れました。

政権交代と医療(75)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 4 日 金曜日

「適切な医療費を考える議員連盟」の民主党国会議員数は日ごとに増え、160人になりました。

議員連盟は次期診療報酬改定でプラス3%以上の改定を求める模様です。

診療報酬改定は2年ごとに行われます。

政権公約(医療費の対GDP比をOECD諸国並みにする)を4~5年で実現するためには、診療報酬改定は3回しかありませんので、3回連続で1回3%の改定が必要だろうという考えのようです。

このほか、議員連盟は、医療クラークを10万人雇えるようにすること、「事業仕分け」で削減方針が出されたへき地・離島や産科・小児科などの医師を確保するための「医師等人材確保対策の推進事業」について予算をむしろ倍増すること、漢方薬の保険適用の継続についても求めています。

3日に開催された社会保障審議会(厚生労働大臣の諮問機関)の医療部会でも、基本認識として医療費全体の底上げの必要性を指摘する意見が続出しました。

社会保障審議会は、診療報酬改定の点数配分を決める上での基本的な方向性を基本方針として示します。

これらの動きを受け、年末に内閣が診療報酬改定率を決定します。

年が明けたら、中央社会保険医療協議会(中医協)は厚生労働大臣の諮問を受け、基本方針と改定率に沿って具体的な点数配分を議論します。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』より転載。

▼かささぎのひとりごと

きのうかささぎは星野村の黒木谷農道の完成を祝うお式に参加しましたが、村長さんは東京へ陳情にいっていなさるとかで不在でした。で、今朝ちらりとのぞきにいった函館の杉作先生ブログでも、市長は東京へ陳情にでかけて不在とのこと。どこもかしこも陳情のあらしでありますなあ!
あとでアップしますが、かささぎの高校時代の同級生丸山消挙の勤務先でも事業仕分けでばっさり三分の一の削減に遭ったそうで、これはこれは。ははは・・・笑うしかありません。

きのうからのつづきコメント

>おのれの不始末を聞いてくれるだけでいい。

受容、寛容、共感。そんなことばさえ不要だ。
ただ耳を傾けてくれ、あいづちを打ってくれる。
それだけでひとはひとにすくわれる。

近所の一人暮らしの、半分ボケかかったばあちゃんがしうとめのお見舞いに来てくれる。しうとめが具合が悪くて相手できないときはわたしが茶飲み話の相手をする。帰りしな、またきてよかの?とおっしゃる。(ちょっと迷うけど)うん、おばちゃん。いつでんよかよ、ばあちゃんの相手ばしてやってねと答える。禅僧にでもなった気分で。笑

人は常に耐えられるだけの重い荷物を背負いながら生きている。
「聞いてくれるだけで生きていける」のに、それを言うと相手方の味方になって意見するやつがいる。
もうたまんないよ。

せいちゃん。やさしか~。ついあまゆうごとなるよ。
さくらさん。たしかに。きをつけます・・・笑

星野村黒木谷農道竣工式 8

この写真の奥は上陽、八女市側です。
右奥に見える材木置き場が、俎板工場のものだと想います。
まだ星野村をあまり知らない頃できた句に

帰路きづく俎板工場星野村   恭子

というのがありまして、その工場がここです。
なぜ帰路きづくかといえば、○○まな板工場という看板は星野村を出るときに目に飛び込んでくるように立っているから。
その工場から右へ山の方へ少し上りますと、442に平行して走る道があります。そこをたどってくれば、ここまで来れます。ですから星野村に入ってすぐのところですよね。

星野村黒木谷農道竣工式 7

祝詞が奏される前に、神主さまはお連れを二人伴っておみきと塩を東西南北に降り注ぎ、地の神さまにご挨拶されて、わざわいがおきぬよう鎮められました。(あ、これはかささぎが勝手にそう感じたのです)

そういえば、ついこの間もこれと同じものを見たっけ。

なんだったかな。・・・おもいだした!
星野川の治水のため人柱に立たれた中島内蔵之助翁への感謝祭でした。
おなじ笹竹、おなじ注連縄、・・・
宮司さまはどこの神社の方ですか、と聞けば、これもまた、「奥の方のかたです。」
との、ざざっとした返事でございましたが。苦笑。。。

星野村黒木谷農道竣工式 6

かささぎが現場に到着したときには、このお祀り用具一式はまだ影も形もありませんでした。
けれどもすぐに村役場の車がきて、笹竹に注連縄を張り巡らして紙垂をたらし、野菜や鯛や米や酒などを上げた祭壇がつくられました。その手前には椅子も二十脚ほど並べられましたが、まだ神主さまがいらっしゃいません。
場所は高野堂の駐車場の手前あたり、坂道の途中です。

星野村黒木谷農道竣工式 5

この景色は高野堂の写真をたくさんアップしたときも撮りました。
小さなお堂が高野堂。
軽トラが置いてあるところが駐車場です。
この白い道をまっすぐ奥へいけば黒木へ抜けるでしょうか?
とある人に尋ねてみたら、さあどうでしょう・・・
車ではそこまでしかいけません。とのことでした。
(ではなぜに黒木谷っていうのでしょうね?)

星野村黒木谷農道竣工式 4 玉露の木

玉露の古木のあしもと。みどりの苔がはえています。
植えて二十年以上たつものだそうです。

星野村黒木谷農道竣工式 3

むこうのほうが奥星野です。
けむりがあがっています。
三々五々お茶生産者のみなさんが集まってみえました。

星野村黒木谷農道竣工式 2

かささぎが住んでいる八女市内にも茶畑はたくさんありますが、星野村のは日本一の玉露園です。電柱みたいな防霜ファンと草が生えないよう敷かれた藁、まだあちこち残る茶の花、きれいなかまぼこ型のお茶の木の列。日々の労働をおもいます。

星野村黒木谷農道竣工式 1

場所は星野村に入ってすぐのところですが。
かささぎは星野村の住民ではないので、説明がむずかしい。
写真で車がとまっている道路は県道442ではありません。
442はもう一つ下の家並みのむこうを平行して走っています。
玉露畑を走る農道が車が通れるように整備されました。

2009年12月 3日 (木)

郷土の偉人とこども時代の文通の記憶、談義

cloudおはようございます。
八女燈籠人形のからくりは田中久重氏ですね。
東芝の祖、田中製造所を創立された技術者。 
で、お若い時は日本全国をからくりの興行で行脚されていたとか。
先日テレビで取り上げられていたけど、からくり人形がまことに達筆な書道をしましたね☆
公演の最終夜・千秋楽公演はすべての扉が開けられますのでほんとに見ごたえがあります。 来年はぜひ^^

 「田中久重」ちゃ、「からくり儀右衛門」のことでっしょうもん。
でも、東芝と関係あるとは知らんやった。国鉄、じゃなかったJR久留米駅の前にあるからくり時計は、田中久重が作ったのを再現したっじゃなかったやろか。
そう言えば昔(35年以上前?)、NHKのドラマで、田中久重の少年時代を主人公にして、久留米絣の創始者井上伝も登場する番組があった。誰か見てた人おらんでしょうか?
千本杉とか五穀神社とかの地名が出てきたのも覚えとります。
へ~、今調べたら、田中常民とも関係あったと。
というか、井上伝の人脈のほうがもっと驚いた。
久留米が生んだ近代3大画家の2人、坂本繁二郎・古賀春江や、ブリヂストンの石橋正二郎とも何か関係あるらしいが、どういう関係かようわからん。
灯台もと暗し、もっと郷土史を勉強せんといかんね。

 上記の「田中常民」というのは「佐野常民」の間違いです。日本赤十字の創始者と言われる人で、数年前「その時歴史は動いた」で知った。以上、お詫びと訂正。

ろいりーさん、まいど専門的な知識をおしえてくださってありがとうございます。
井上伝ですが、こどものころバスで遠い遠い久留米まで出て行くとあちこちに「お伝せんべい」の広告がでていた、それがよめなかったんでいらいらした。
まさかおでんだったなんて。おつたとよむよね普通。
強烈ななまえ、いのうえ・でん。

その昔、静岡県の美代ちゃんと文通していて、彼女が「井上伝のことを教えてほしい」といってきたことがある。私はよく調べもせず、当時書き方の本(教科書)に載っていた井上伝の話をそのまま写して返事にしたことがある。いけない少女だったと今も悔やんでおります。

ぼんちゃん。その昔っていつの時代?
小学生高学年のことかな、中学生?
文通しました、しらない人と。はやっていた。
あたしも新潟の女の子と半年しました。小学六年生のころ。きっかけはみごとにわすれた。ペンフレンドコーナーでみたのかも。
書き方の本に井上伝。書き方って書道ではなかった。

 「お伝せんべい」、そういやそんな久留米銘菓がありましたね。あたしゃ、「塩屋の娘」のほうが好いとったばってん。井上伝のことを、小学校で「井上伝女」と習ったことも思い出した。今の久留米っ子も、井上伝のことを小学校で習いよっとやろか。「高橋お伝」と間違えてはいけません、こりゃ、明治の毒婦と呼ばれた人で…あと省略。

その昔は小6からです。結婚してからもしばらくしましたが、あちらから「再開しましょう」と言ってきた割には返事が少なく、いつの間にか立ち消えになっています。

追伸
書き方は「書写」です。私たちの頃は「書写」の時間が週一回、1時間ありませんでしたか?

pencilペンパルとも言ってましたよね。
私も小6と中2にやってました。
小6女の子は滋賀県の人で、冬はスキーが出来ると聞いてあこがれました。
親戚の人がブラジルにいるとかで、封筒の中にコーヒー豆を入れてくれたことがありました。
あの香りは今でも忘れられません☆
中2はオーストラリアの人で、文通本をほとんど丸写しで出しました。
数通のやりとりで同級くらいと勝手に思っていたら18歳とわかって急に気持ちが醒めました(勝手でしょう@@)
でも外国の切手やエアメールの封筒などに満足してました(爆)
最近でも雑誌のコーナーにあるんやろか?
情報は規制するのでないかもですね。 でも夢がある時代でしたね。

 

脚注;

テレビドラマ『JIN-仁』のりょうまさん

毎週日曜の夜九時から十時、時代劇ドラマ『仁』をみています。
そこに登場する役者さんがみなかっこいい。
で、ひとつだけきになることが。
坂本竜馬。いつもひまそう。
ちょうどのときふらりと現れるから。

むすめがいうには、内野せいようはあつくるしいそうです。
だけどいんだよあれで。たぶん。

政権交代と医療(74)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 3 日 木曜日

厚生労働省は1日の政務三役会議で、具体的な数値を盛り込んだ診療報酬改定率の方針を7日までに示すことを決めました。

この方針で、マイナス改定を主張する財務省との折衝がなされることになります。

民主党の国会議員120名からなる「適切な医療費を考える議員連盟」も、3日に開く会合で診療報酬の引き上げ幅や税金投入額、メディカルクラークの数など協議し、国会が閉会する4日までに、厚労省と財務省の政務三役に対し、医療費の増額を要望する方針だそうです。

財務省が診療報酬のアップに難色を示す拠り所は行政刷新会議の「事業仕分け」ですが、仙谷行政刷新担当大臣は2日の講演で、事業仕分けで診療報酬の配分が「見直し」と結論付けられたことについて、「医療費全体を減らすこととイコールではない」と述べています。

医療は「産業として大きく伸ばさなければならない」とし、診療報酬については、全体的に点数を引き上げなければ「医療水準を維持できない」と述べています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」より。)

コメント

http://tokyo.cool.ne.jp/holyweb/minshuto.html#8

私はご紹介のページ(↑)のようなものばっかり読んで
います。
世に言う「ネットウヨ」って言うんですか。
きれいごとの記事はうんざりだから、むしろこっちが真実が読み取れるのです。
いままでどこにも現れなかったネットの威力だし。

戦争のことを勉強して以来こうなりました。
本当はどうだったのか?知らされてきたものはどうだったのか?
と疑問だらけに陥ってからです。

でも普通は下世話としてスルーしますかね。

避けないで何でも読んでみて自分でかぎつけるしかないと思いますけどね。

さくらさん、小沢ガールズさんご紹介のページを読みました。
ぜんぶ。
くらいきもちになった、。そうなるように書かれているとはいえ。

まわりの人たちも鳩山政権の実態に気づき始めて、これなら麻生政権の時代のほうがずっとよかった。とおっしゃる。かささぎも小さな世間に身をおいていて、毎日の世間話のなかで飛び交うのです、なかでも、鳩山さんの人間性には大きな疑問の声が集まり始めています。上辺だけのことばのむなしさ。桁外れにお金をもっているひとの不埒さ。

きれいごとの記事はうんざりだ。

以前、小泉さんの郵政民営化に賛成して投票したことをどうだったんだろう。と感じていたのですが、郵政職員だった人と最近話していて、それは間違っていなかった。過去の膿をだすということができたから。という話をあちらがわの人から直接聞き出せて、やっとほっとしました。
この民主党政権でのゆらぎもまた、そうなるようにと願うのみ。

話はかわりますが、さめたきれいな独身女性から「危険な情事ー肝硬編」で引用した話を唐突に聞かされ、それが胸につかえた。
彼女は、自分の不始末をちゃんと自覚してた。
だからこそどうしようもない思いを抱えている。宿業のように。
だけどもさ。なんで彼女はわたしにはなしてくれたんだろうね?
かささぎの旗に記録として残されるため。・・・
と勝手にうけとるのがかささぎ族なんだけどもね。苦笑
話をきいてなんと答えただろう。。。。わすれた。

ひとはただ、自分の不始末をきいてくれるだけでいい。
とおもうときがあるよね。
こどものころ、かささぎはそれをねんねばあちゃんにやっていたなあ。

   (かささぎの旗)

まいにちまいにちぼくらはてっぱんの
うえでやかれていやになっちゃうよ。

2009年12月 2日 (水)

『九州俳句』 俳壇抄33号より

肩書きを返し余生を涼しくする    福岡 長尾キヌエ
焼きソバと桃の葉エキスと月半個  福岡 姫野 恭子
夏椿未然の故意を恋として      長崎 小山 淑
神になった君の笑くぼよかたつむり 長崎 橋本 和子
喪失感モディリアーニの柿の種   熊本 赤峰 卓次
ぽろんと夏月無名の男ばかりなり  熊本 宮部 鱒太
父を返せ母を返せと蝉時雨     大分 土屋 北彦
秋の山閂落とし喪中です       宮崎 疋田恵美子
青田原老婆ひとりを呑み込んで   鹿児島 肥後洋子
六月のシーサー不戦の爪で立つ  沖縄 玉城 幸子
軍靴めく安全靴の黴拭う       福岡 中村 重義
恋に落ちたこともあったな子守柿  福岡 福本 弘明

第五十回九州俳句大会   記

   大会事務局      堀川 かず子

 九州俳句作家協会主催の第50回九州俳句大会は、平成21年6月20日、21日の両日、≪篤姫≫人気の鹿児島市の桜島で開催された。
 桜島は二日前に歓迎の噴煙が揚がったということで降塵も懸念されたが、関係者の情熱に満ちた完璧な準備で滞りなく進行し、有意義で感動深い二日間を共有できた。
 事務局を引き継いで初めての総会に少なからず緊張したが、その後の前夜祭で古代ギリシャの美しい弦楽器(プサルタリー)とギターの二重奏に綻びた。このギター奏者村上芳樹の「桜」の旋律は圧巻で誰もが陶酔し歓喜した。半世紀に亘るキャリアだとか。
 大会の講演、藤沢周氏(芥川賞作家)の「言葉の見る夢」は自著の朗読を交えた内容の深い心理描写で、一言一句聞き漏らせなかった。講演後も精力的に著書にサインをされ、頼もしかった。
 第41回九州俳句賞は熊本の中山宙虫氏に決定、表彰された。
 
 
風花の僕に都合のよい記憶  熊本 中山 宙虫

なお大会賞には福岡の安部泰子氏が選ばれた。

異動期や背凭れのない椅子ばかり  福岡 安部泰子

和服をきりりと着こなし、笑顔とユーモア溢れる司会者(山下久代)の一体感を醸し出す話術、力量は特筆に価する。
大会会長 野間口千賀氏、実行委員長 高岡修氏のご尽力で各県の固い絆を再確認し、盛会裡に終了した。
 鹿児島水族館でノーベル賞の下村博士で有名な「おわんくらげ」の発光体を何度も確かめ、大いに一人旅を楽しんだ。

参照:おわんくらげ、下村博士ノーベル賞記事:http://blog.goo.ne.jp/kagayaki_001/e/5eb45b2741d9094bd2eb677f47e83b91

▼かささぎのひとりごと

伝統俳句派からみますと、ここにある九州俳句の表情は、すべてといっていいほど、ブロークン俳句にみえることでありましょう。かささぎの採ってもらった月半個の句なども、あれは発句ではなく、もろ連句の付句(夏月)です。
いつも思う事ながら、九州俳句っていうのは、超結社であることがめでたいのであります。こんな俳句誌、どこにもありませんもの。たいがい縄張りというか、きっちりと結界をめぐらしているのが俳壇であります。
これを偶然目にされて、ほーう。俳句ってなかなかおもしろいじゃないか。
と思われた方。また、年に一度、夏に九州のどこかの県で大会があることに興味をもたれた方。どうぞどうぞ、九州俳句にお入りください。
ご用命はかささぎの旗まで。

出典:全国俳誌ダイジェスト夏・秋33号≪俳壇抄506誌≫
   平成21年11月1日発行
編集人:マルホ株式会社≪俳壇抄≫編集室
発行所:マルホ株式会社
発行人:高木青二郎

後援・現代俳句協会・日本伝統俳句協会・俳人協会

 

医療の需給バランス 2  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 2 日 水曜日

<医療の需要と供給 3>

医療を構成する要素のうち、医師の需要と供給について考えてみます。

毎年、約7700人の医師が誕生していますので、退職などを差し引くと、年間4000人弱の増加があります。

厚生労働省は、2006年7月に『医師の需給に関する検討会報告書』を出しています。

その後、医師の追加養成不要の論拠とされ評判は良くありませんが、専門家が真剣に分析検討した結果ですので、闇に葬るのは早計です。

この報告書では、受療動向の推計と人口構成の推計から将来の医療需要を推計し、これに見合う医師数を将来の必要医師数としています。

報告書によると、医師の労働時間を週48時間以内に抑えた場合、平成16年において、医療施設に従事する医師数が25.7 万人(病院勤務16.4 万人、診療所勤務9.3 万人)であるのに対し、必要医師数は26.6 万人と推計され、9000人の医師不足でした。

しかし、供給の伸びが需要の伸びを上回っており、平成34年には需要と供給が均衡するとされていますので、それ以降は医師過剰となります。

ただし、病院だけに着目すれば、病院の需要の伸びは供給の伸びを上回っており、病院勤務医の負担は、医師過剰になっても軽減されません。

病院は需要に対し供給過少、診療所は需要に対し供給過剰という未来図です。

これらの需給アンバランスを解消するためには、病院で勤務する医師の診療時間の4割が費やされている外来診療を積極的に診療所へシフトさせるか、病院勤務医の待遇を改善し医師が診療所へシフトしないようにするかの方策が必要です。

病院勤務医の需給アンバランスだけに着目して医師数を増やしても、結局は診療所の医師過剰に拍車をかけるだけになってしまうかもしれません。

マクロ的に医師過剰であれば、結果として、国全体の医療コストが増嵩*します。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』を転載)

*
増嵩・・「ぞうすう」、分量金額などが増えること。

▼ 肝炎対策基本法成立をうけての連句的コメント

コメント

nosmoking 小沢一郎が選挙目的で選びそして選挙活動の仕方(辻立ち1日50回など)を教授された、守銭奴・福田衣里子、元キャバクラ嬢・太田和美、元風俗ライター・田中美絵子などを始めとする大量の小沢ガールズを当選させて政権交代しただけでなく、小沢派は民主党の圧倒的な最大派閥となった。
仮に参議院選挙後に党内の議員投票で党首を決めれば、鳩山由紀夫に替わって小沢一郎が党首になり、在日に参政権を与えるはずである。
守銭奴・福田衣里子は、補償金名目で国から金を取り、製薬会社からも金を取り、議員として議員報酬を取る守銭奴なのだろう。小沢には守銭奴・福田衣里子も利用の対象である。

守銭奴ですか。四回も連呼してはリアリティに欠けます。

では当チャームガールズからは 『危険な情事-肝硬編』 をお贈りしましょう。

ねえ今日子さん聞いてくれる?
昨日夜はね修羅場だったのよ。彼の奥さんから呼び出されちゃってね。する事したんでしょって詰め寄られて困っちゃったわ。謝ったわよ、誘ったのは私ですって。だけどあたしには肝炎があるから 病を移すようなことは何一つしていません。と言っても信じてもらえないかも知れないけど 夜中二人で人生ゲームをしてました。

今日子さん信じてくれる?奥さんを傷つけたくなかったのよね。これだけは信じて。

ってかさー、なんでもかんでも、国の責任を追求して賠償を求めるやりかたってどうなのあれ?石綿粉塵肺気腫はともかく、排気ガスで肺がんになったとか、あれで国に賠償してもらおうって気になるのがすごいと思う。

集団予防接種の方法って、あの時代はあれがベストだったんじゃないん?
とはいえ、ふくだえりこちゃんはかわいい。そぼくなかわいさなんで、許しちゃる。
守銭奴のどこがわるいんじゃ?人間、ひとかわむけば、だれだって守銭奴ぜよ。

ううっす!
そうぜよ。どこがわるいんじゃ。福田えりこはかわいいわい。
中傷記事って相当の技術がいる。百年はやいわ。顔洗ってでなおしてきやがれ。苦笑
おせいばあさんに同感っす。
ためしてガッテンの肝臓病のときのはりつけました。
注射針で感染してる可能性がある世代ですね、われらは。
だけどそれを保障せいなんて思わんものね。

行きつけの医院での話。
エイズ患者らしき人が飛び込みで?きてあったようだ。
小さな診療室だし、先生の声が良く通るいい声なので、いつも話は筒抜け状態。
そのときも声を潜めてあったがかえってよく聞こえた。3~4年前の話です。
駐車場にはその人のものと思われる車があり、助手席には女性が乗っていた。
同じ頃、コミック雑誌「レディースYOU]にもエイズ関連の話が連載されていた。
数回しか読まなかったので、続きを読みたいと思いつつ、そのままになってしまった。
現在は無料で匿名で診断してくれるシステムになっているようです。
(ラジオCMによる)気になる方はぜひ受診を。

2009年12月 1日 (火)

政権交代と医療(73) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 12 月 1 日 火曜日

肝炎対策基本法が成立しました。

法の目的が第一条に、基本理念が第二条に明記されています。

第一条 この法律は、肝炎対策に関し、基本理念を定め、国、地方公共団体、医療保険者、国民及び医師等の責務を明らかにし、並びに肝炎対策の推進に関する指針の策定について定めるとともに、肝炎対策の基本となる事項を定めることにより、肝炎対策を総合的に推進することを目的とする。

第二条 肝炎対策は、次に掲げる事項を基本理念として行われなければならない。

一 肝炎に関する専門的、学際的又は総合的な研究を推進するとともに、肝炎の予防、診断、治療等に係る技術の向上その他の研究等の成果を普及し、活用し、及び発展させること。

二 何人もその居住する地域にかかわらず等しく肝炎に係る検査(以下「肝炎検査」という。)を受けることができるようにすること。

三 肝炎ウイルスの感染者及び肝炎患者(以下「肝炎患者等」という。)がその居住する地域にかかわらず等しく適切な肝炎に係る医療(以下「肝炎医療」という。)を受けることができるようにすること。

四 前三号に係る施策を実施するに当たっては、肝炎患者等の人権が尊重され、肝炎患者等であることを理由に差別されないように配慮するものとすること。

肝炎に限らず、いかなる病気であれ、研究が推進され、検査や医療が受けられ、人権が尊重されなければならないことは共通のことですが、この法律によって、特に肝炎については、法制上、財政上、特別の措置が講じられることになります。

第八条 政府は、肝炎対策を実施するため必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない。

第十五条 国及び地方公共団体は、肝炎患者が必要に応じ適切な肝炎医療を受けることができるよう、肝炎患者に係る経済的な負担を軽減するために必要な施策を講ずるものとする。

また、国民にも新たな責務が生まれます。

第六条 国民は、肝炎に関する正しい知識を持ち、肝炎患者等が肝炎患者等であることを理由に差別されないように配慮するとともに、肝炎の予防に必要な注意を払うよう努め、必要に応じ、肝炎検査を受けるよう努めなければならない。

ところで、条文中に「インターネット」も登場します。

そういう時代になったということです。

第九条の4

厚生労働大臣は、肝炎対策基本指針を策定したときは、遅滞なく、これをインターネットの利用その他適切な方法により公表しなければならない。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』より)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31