無料ブログはココログ

« 大浦みずきさんとりかさん | トップページ | 政権交代と医療(65) 乙四郎元官僚語録 »

2009年11月19日 (木)

政権交代と医療(64) 乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 11 月 19 日 木曜日

社会保障審議会医療保険部会(厚生労働大臣の諮問機関)が16日に開かれました。

政権交代後初の開催です。

この部会では政権交代前の8月に意見を整理しており、政権交代が影響して議論の流れが大きく変わるわけでもなかったようです。

部会に厚生労働省が示した診療報酬改定の基本方針の骨子案では、重点課題として、

○救急、産科、小児、外科等の医療の再建

有床診療所も含め地域連携による救急受け入れ推進

急性期後の患者を受け入れる後方病床や、在宅療養の機能強化

手術の適正評価

○病院勤務医の負担軽減策の充実

看護師や薬剤師など医師以外の医療従事者だけでなく、看護補助者といった医療以外のスタッフの役割も評価

を挙げ、重点課題以外でも次のような課題を列挙しています。

○充実が求められる領域(精神科入院医療、歯科医療、イノベーション)を適切に評価する

○患者からみて分かりやすく納得でき、安心・安全で、生活の質にも配慮した医療(医療の透明化の推進、重症化予防)を実現する

○医療と介護の機能分化と連携の推進(回復期リハビリテーションの機能強化、歯科を含む在宅医療、医療・介護職種間の連携推進)等を通じて、質が高く効率的な医療を実現する

○効率化の余地があると思われる領域(急性期入院医療)を適正化する

このほか、後発医薬品の使用促進、医薬品、医療材料、検査に関する市場実勢価格の反映、がんや認知症医療、新型インフルエンザなど感染症と肝炎対策の診療報酬上の位置付けについても議論が求められています。

次回は25日に開かれ、基本方針の策定を目指すということになっていますが、政務三役の検討チームも、中医協も、行政刷新会議も、同時並行で診療報酬改定の基本方針を議論しており、国民から見て意志決定プロセスが非常にわかりにくくなってきています。

これまでのところ、いずれにも共通して言えることは、選挙戦中に何度も耳にした「診療報酬総額の大幅アップ」の掛け声が消えかけていることです。

診療報酬の総枠が従来通りであれば、結果的には従前からの議論の延長線上の議論で診療報酬の改定がなされることになるでしょう。

政権交代の影響はあまりないということになります。

国家戦略室が本格始動するのだそうです。

国家戦略室は、10年度予算編成の基本方針の原案や、民主党の政権公約に関する予算項目の論点整理を行います。

診療報酬の大幅アップが政権公約にありますので、診療報酬はここでも扱われることになるのでしょう。

政務三役の検討チームも、行政刷新会議も、中医協も、社会保障審議会も、政府へ判断材料を提供する役割でしかありませんが、国家戦略室は政府そのものの意志決定機構に思えます。

国家戦略室が政権公約を守って診療報酬総額を拡大するのか、それとも他の検討組織の議論に従って診療報酬の拡大を抑制するのか、着目したいところです。

「学長のひとりごと」より転載

▼ミーハーかささぎのひとりごと

かささぎの印象では、農民がらみのあまり文句はいわんだろうというところから、さっささっさと削られていきました。医療の面はどこをどう削ったのか、あまりにも早業だったのでなにもみえませんでした。笑。あとでじわり結果としてあらわれてくるのでありましょう。

ところで、酒井法子被告は福岡出身なのですよね。
かささぎの記憶では福岡は薬物使用ワースト県じゃなかったかな。

酒井被告は更生のため福祉のお勉強をなさるそうで、その大学の話題が世間をにぎわしています。時代は福祉、高齢者介護。それにぴたり照準をあわせた見事な社会復帰法であるなあ!と、かささぎは感心してしまいました。たとえのりpさんは最終的には芸能界復帰されるとしても、ほとぼりのさめるまで、(おおっとつい口がすべりました)、まじめに介護士として働いている方々のこころざしを無にしないためにも、どのようなことを学ぶのかを広く宣伝してくださることでしょう。

かささぎ整骨院に酒井被告くらいの年のわかいお父さん介護士が治療に見えます。みずからのからだをいためながらも、毎日がんばっておられるかたがたがたくさんいます。そのかたがたは労働に比しておどろくほど低賃金です。
ただ感謝してくださる人の笑顔のために。それができる人ではないとおもいますが、けれども間違いなく、宣伝はできる人です。
なによりのりぴーには
華がある。がんばれ、酒井法子!!

▼拉致と防衛についての昨日からの連句的コメント

コメント

拉致と解放といえば、イエメンのサヌア近郊で拉致されたJICA関係者がまだ解放されていません。
サヌアへは行った事があります(どこにでも出没する乙)ので気がかりです。
サヌアの旧市街は世界遺産です。男たちは腰ベルトの鞘に半月刀 (ジャンビーア) を納めて闊歩し、路地裏には浮浪者がごろごろ。何世紀も前にタイムスリップした感じ。
半月刀は空港の免税エリアでも売っていますが、機内持ち込み可?
ちなみにイエメンは鬢螺鈿氏の生まれ故郷。

« 大浦みずきさんとりかさん | トップページ | 政権交代と医療(65) 乙四郎元官僚語録 »

コメント

ジャンビーア

   ↑
うまくリンクできない。
ここです。
   ↓
http://mphot.exblog.jp/tags/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%A2/

今朝の政府広報
「独立行政法人等の役員を公募しています。」
28法人50ポスト(年収1500万円程度(常勤の場合))の公募を行っています。

さあ、皆さん、応募しましょう!
人気が無くて競争率は低くなりそうです。
今のところ応募者がゼロの法人もあります。
   ↓

福岡出身だったら福岡県の南部の学生数が少ない大学へ入学すればいいのに。


「イエメン人曰く、ジャンビーアは男として成人としての象徴だけではない。

ジャンビーアを身につけたときから、
 一人前の男としてこの町や家族を守っていくんだという意識を持つことなのだという。
 
そういう心意気でジャンビーアを持っているから、中身が刃を引いたものであろうと堂々とした姿と自信に満ちた姿になるのかといたく感じ入ったのである。」   
ジャンビーア、了解しました。

ところで、お役人さん向けのポスト公募のご案内ですが平和祈念事業にかかわるお役人さんは募集されていても、上記のジャンビーアのような民族の誇りに関する事業はございませんよね。片手落ちかもしれません。ということを、さくらさんからこないだいただいた本をよみつつ、ばくぜんとかんじました。なにかが、たりないんだ。わがくにには。

「お役人さん向け」のポストを剥奪し、「一般向け」のポストとして仙谷大臣が公募しています。
職を失って路頭に迷っておられる方、チャンスです。

そういう意味でしたか!失職官僚救済策かとおもった。(でもそんならもろあまくだり。)
甚だ申し上げにくい事ながらもうしあげます。
一般向きにって年収みたらじぇんじぇん一般向きではないやん。どこが一般向きよ。仕事内容も、「条約のていけつ」とかさ、たのしそうだけども官僚的政治的、しもじものものからいえば思いっきり浮世ばなれしとるで。苦笑。
あ。でも、ひょっとしたら万が一応募したい人がいてくれるかもしれません。そんなら、たのしいけど。いっそのこと、うんと非官僚的な人物が応募せんかなー。けんしろう、とか。ほくとのけんの。笑

大マスコミ曰く、天下りポストは時々顔を出してハンコを押すだけ、官僚OBは楽して高給を手にしている、ということなので、それが真実なら誰でも出来るのではないでしょうか?それともマスコミは真実を歪めて報道していたとでも?

budさんが失業するかもしれんていうてあったから、応募するように言おう。年収1500万円げな。すごかねえ。単純計算して月に100万円以上になるやんね。(計算しきらん。)私の年収分より多い。

元官僚や現官僚はもっともっと怒っていいとおもう。というかささぎだって、どんな仕事をしているのかをまったく知らなかった時点では、報道に踊らされて、定型の石投げをしていただろうとおもう。だんだんわかってきた今では、もうそんなことは思いません。国を動かすには、ずいぶん専門的な知識が必要だし、人間性も並々ならぬ辛抱がいる、。それがじかにわかっただけでも、元官僚語録をこぴぺしている価値があるというものです。ありがとう。

ぼん。ばどさん、いま、たいへんみたいね。
建設業界は真冬の時代なんだから仕方ない。
ところで、建設といえば、今日サティの本屋さんで立ち読みした家のリフォームの本に、10月17日、くらのすけ翁感謝祭で出会い、どこかで以前たしかに出会っていると感じ、どこで出会ったでしょう?とたずねたけどついにわからなかった人が出ていました。それでやっときづきました。彼女とは八女デザイン会議というもののなかで出会ったんじゃないかなと。たぶん姓は松延さん。紙漉き人です。ここのおうちが写真つきで紹介されていましたが、すごくいい雰囲気の作業場つきのおうちでした。かべが和紙。これ、いつかまねしようと決意。
人の縁ってふしぎだなあ。つくづく。一期一会なのにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(64) 乙四郎元官僚語録:

« 大浦みずきさんとりかさん | トップページ | 政権交代と医療(65) 乙四郎元官僚語録 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29