無料ブログはココログ

« 政権交代と医療(53) 乙四郎元官僚語録 | トップページ | お下がりをもらう。 »

2009年11月 2日 (月)

一年間に国が国民に給付してくれるもの全て  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

<財的資源の動向 1>

先々週、国立社会保障・人口問題研究所は平成19年度社会保障給付費を発表しました。

http://www.ipss.go.jp/ss-cost/j/kyuhuhi-h19/kyuuhu_h19.asp

社会保障給付費とはILO(国際労働機関)が定めた基準に基づき、社会保障や社会福祉等の社会保障制度を通じて、1年間に国民に給付される金銭またはサービスの合計額です。

平成19年度の社会保障給付費は91兆4305億円でした。

対前年度増加額は2兆3207億円(伸び率2.6%)でした。

国民1人当たりの社会保障給付費は71万5600円です。

社会保障給付費の対国民所得比は24.4%でした。

内訳は次の通りです。

年金:48兆2735億円(52.8%)

医療:28兆9462億円(31.7%)

福祉その他:14兆2107億円(15.5%)

対前年度伸び率が大きいのは「福祉その他」(3.9%)です。

介護対策の伸び(5.2%)が大きいためです。

「医療」の伸び率は3.0%でした。

「年金」の伸び率は2.0%でした。

高齢者関係給付費(年金保険給付費、老人医療給付費、老人福祉サービス給付費、高年齢雇用継続給付費の合計)は63兆5654億円で、社会保障給付費の69.5%を占めています。

社会保障財源は、管理費など給付費以外の支出財源も含め、100兆4289億円でした。

財源の56.6%は「保険料」で56兆8740億円です。

「学長のひとりごと」11月2日 月曜日

コメント

あ、こういう接点から講演依頼があるとはねえ。
情報発信の重要性といっしょに、ネット時代の利便性を痛感します。

これまでのレポート内容からすると、聞き手は医療従事者?お医者さん?でしょうかね。学長、すごいねえ。

うん、すごいよね。
去年の春からじっと観察していますが、このひとはすごいしおもしろいね。
なんかしらないけど、うちら、親衛隊みたいになってきたねえ。
それをみこして、アイドルのカテゴリーに一時いれようとしたけど、ちょっと異色すぎた。笑

最近辞任された先生の記事よみたいですが、

学長の東京凱旋講演
聴衆は病院長や製薬企業など業界人ばかりでした。
この日、午前、厚生労働省で新任委員を交えて「中医協」が再開されたのですが、その新任委員の一人が、中医協会合を終えてまっすぐに講演を聴きに来てくれました。
時の人だったので、業界紙もぞろぞろとついて来ました。

じゃあ、アイドルのカテゴリーに入れてもOKかもね。

ミーハーな一ファンより。

うん。きっちり時代の求めるほんとうのどまんなかに周波数をあわせることができるかどうか、が、とわれている。表面にうかぶ泡をふうふうして、深い海へもぐらねばみえないものね。

ところで乙四郎、みしらぬ「ちぃ」さんの一行刺しだけど。狙われていますね。
これまで石を投げるでも読んできたように学生運動の前科もあるようだし、きみのその小さなことにはぜんぜんこだわらないが、要所要所の隙のなさは、こういうことだったんだね。

▼ リンク記事:

「竹橋乙四郎と橋爪章のあいだ」1~4までの記事は、右の「芸能・アイドル」カテゴリーを開いてもらえれば、そのどこかのページで読むことが出来ます。↓
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/cat184456/index.html

« 政権交代と医療(53) 乙四郎元官僚語録 | トップページ | お下がりをもらう。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 政権交代と医療(53) 乙四郎元官僚語録 | トップページ | お下がりをもらう。 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29