無料ブログはココログ

« 保健医療経営大学英語講座           hのないジョン、hのあるジョン | トップページ | 三潴図書館から二人日和借りてきた »

2009年11月 8日 (日)

社会保障制度諸法規の斜め一気読み!!   乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2009 年 11 月 8 日 日曜日

<社会保障関係法規 1>

日本の法令の数(20086月末日現在)は、憲法 1、法律 1791 、政令 1836、府省令 3238 、その他(勅令、閣令、太政官布告) 92です。

日本国憲法、国家行政組織法、行政機関の職員の定員に関する法律、行政不服審査法、行政事件訴訟法、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律など社会保障に特化していなくても社会保障関係者に強い影響を及ぼす法規がたくさんありますが、今回は、社会保障に特に関係深い法規を列挙してみます。

(組織、機構に関する法)15本

厚生労働省設置法、独立行政法人国立健康・栄養研究所法、独立行政法人労働安全衛生総合研究所法、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構法、独立行政法人福祉医療機構法、独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法、独立行政法人労働政策研究・研修機構法、独立行政法人雇用・能力開発機構法、独立行政法人労働者健康福祉機構法、独立行政法人国立病院機構法、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法、年金積立金管理運用独立行政法人法、独立行政法人医薬基盤研究所法、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構法、高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律

(地域的特別措置に関する法)5本

小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律、沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律、沖縄振興開発特別措置法、沖縄振興開発金融公庫法、沖縄振興特別措置法

(勅令)1本

人口動態調査令

(条約)14本

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約、難民の地位に関する条約、難民の地位に関する議定書、子に対する扶養義務の準拠法に関する条約、がん原性物質及びがん原性因子による職業性障害の防止及び管理に関する条約、社会保障の最低基準に関する条約、世界保健機関憲章、千九百六十一年の麻薬に関する単一条約、向精神薬に関する条約、細菌兵器(生物兵器)及び毒素兵器の開発、生産及び貯蔵の禁止並びに廃棄に関する条約、化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約、社会保障に関する日本国とドイツ連邦共和国との間の協定、石綿の使用における安全に関する条約、職業上の安全及び健康を促進するための枠組みに関する条約

<社会保障関係法規 2>

医政に関する法は20本あります。

(運用法)5本

医療法、救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法、外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律、死体解剖保存法、看護師等の人材確保の促進に関する法律

(身分法)15本

救急救命士法、医師法、診療放射線技師法、臨床検査技師等に関する法律、理学療法士及び作業療法士法、視能訓練士法、臨床工学技士法、義肢装具士法、言語聴覚士法、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律、柔道整復師法、歯科医師法、歯科衛生士法、歯科技工士法、保健師助産師看護師法

健康、衛生に関する法は29本あります。

(運用法)25本

健康増進法、がん対策基本法、公衆衛生修学資金貸与法、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律、地域保健法、保健所において執行される事業等に伴う経理事務の合理化に関する特別措置法、臓器の移植に関する法律、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律、検疫法、外国軍用艦船等に関する検疫法特例、予防接種法、ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律、ハンセン病問題の解決の促進に関する法律、狂犬病予防法、建築物における衛生的環境の確保に関する法律、墓地、埋葬等に関する法律、クリーニング業法、生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律、興行場法、旅館業法、公衆浴場法、公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律、水道法、水道原水水質保全事業の実施の促進に関する法律、食育基本法

(身分法)4本

栄養士法、調理師法、理容師法、美容師法

「学長のひとりごと」11月8日 日曜日

▼かささぎのひとりごと

小さな印字ですみません。

ふと思い出しました。

最近聞いたお話です。
末期がんの人が死を前にして弁護士になる夢をかなえるべく猛勉強、司法試験を受験、一次は合格、二次を待たずに不帰の人となられたそうです。

話を聞きながら、その人は永遠のいのちを手にしていらっしゃるのだと感動しました。
社会保障関連だけでも、なんとさまざまな法規があることか。
大きなものは日本国憲法や行政組織法から、身近なクリーニング業法とかまでなんとぎっしり。

それを全部覚えて内容も細かくあまたに入れて・・・、想像するさえ困難な世界。

乙四郎学長、昨日大学の英語講座にお世話になりました。
佐藤哲三教授とみなさんで学ぶ英語は、とってもたのしいです。
地域に開かれたこのような講座があることのありがたさに感謝です。

ところで、いっしょに英語を学んでいる角たからさんと、こういう話をしながら帰りました。
学長の「政権交代と医療」のおかげで、今までまったく知らなかったあちら側の世界が少し見える。
それはとてもおおきな学びです。
平面カエルがむっくりおきあがったような、といいますか。
元官僚語録だからこそのことばの重み、事実のもつ重み。

地道で孤独な学問から起き上がる世界、日進月歩の世界。
それらを身近に感じられることの新鮮さは、インターネットのおかげで田舎にあっても可能なのだ、と嬉しく思います。

連句仲間のみんなでいつも応援していますので、これからもがんばってください。

(たまにはまじめなかおでエールを送ったろかい。とおもって、これを書いた。)

« 保健医療経営大学英語講座           hのないジョン、hのあるジョン | トップページ | 三潴図書館から二人日和借りてきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障制度諸法規の斜め一気読み!!   乙四郎元官僚語録:

« 保健医療経営大学英語講座           hのないジョン、hのあるジョン | トップページ | 三潴図書館から二人日和借りてきた »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31