無料ブログはココログ

« めぐり逢えたら | トップページ | 警察の車についてゆく »

2009年11月29日 (日)

寺田天満宮の黄葉

娘と約束していました。
太宰府の博物館に最終日の九州古代博をみにいきました。

いちばん印象にのこったものを。

長崎島原の原城址から出土したという黄金の精緻な飾り物でした。
なんとよぶのかをしりません。
時代はキリスト教が伝来してまもなくの十七世紀です。

山本健吉が原城跡で詠んだ句なんぞを思い出してしまいました。

 薯畠にただ潮騒と秋風と  健吉

(写真の寺田天満宮はかささぎ村のものを横から撮影したものです。)

« めぐり逢えたら | トップページ | 警察の車についてゆく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田天満宮の黄葉:

« めぐり逢えたら | トップページ | 警察の車についてゆく »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31