無料ブログはココログ

« 政権交代と医療(58)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | »

2009年11月13日 (金)

政権交代と医療(59)   乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

<社会保障関係法規 6>

保険に関する法は8本あります。

社会保険審査官及び社会保険審査会法、社会保険診療報酬支払基金法、健康保険法、船員保険法、国民健康保険法、国民健康保険法施行法、高齢者の医療の確保に関する法律、社会保険医療協議会法

年金に関する法は18本あります。

厚生年金保険法、厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律、厚生年金保険の保険給付及び保険料の納付の特例等に関する法律、厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付の支払の遅延に係る加算金の支給に関する法律、確定給付企業年金法、確定拠出年金法、社会保障に関する日本国政府とフランス共和国政府との間の協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律、社会保障に関する日本国とベルギー王国との間の協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律、社会保障協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律、国民年金法、平成十二年度における国民年金法による年金の額等の改定の特例に関する法律、平成十四年度における国民年金法による年金の額等の改定の特例に関する法律、平成十五年度における国民年金法による年金の額等の改定の特例に関する法律、特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律、国民年金特別会計への国庫負担金の繰入れの平準化を図るための一般会計からする繰入れの特例に関する法律、石炭鉱業年金基金法、特別会計に関する法律、日本年金機構法

以上、日本の1791本の法律のうち、200本以上が社会保障関連法ということになります。

保健医療関係の仕事に従事すると、これらの半数以上と日常的な接点があります。

法を暗記する必要はありませんが、これらの法に馴染んでいることが保健医療の経営者には求められます。

「学長のひとりごと」11月13日金曜日くもり


▲ かささぎのひとりごと

ちょいとちょいと。

だんだらりんとややこしい法律のなまえが出てますが、時系列にちかい追加法案てな印象です。そんな中、がいこくの名前が突如でてくる、しかも二国だけ。
これはいったいなんだすねん。ふらんすとベルギー王国。なに結んだの。なぜ。

「日本の1791本の法律のうち、200本以上が社会保障関連法ということになります。

暗記する必要はないけど、なじんでいることが保健医療の経営者には求められます・・・。
このことば、そっくり代入して使いたい。

わずらわしい俳諧の連歌式目、連句辞典一冊をまるまる暗記する必要はありませんが、それらの式目に馴染んでいることが連句の捌には求められます・・・。

かささぎはテストうけたら零点じゃないにしても及第点はとれんめや。
(とれん=打消しの一般動詞+否定の推測を表す助詞~まいの連用形「め」+強調の「や」ではなく疑問の「や」)なにしろ八女弁ではいまでも古語をふつうにつかっとる。方言な古語ばい。

「政権交代と医療」番外編(きのうのコメント)

「このように公開の場で評決がなされますと、その結論の妥当性の如何を問わず、評決結果には従わざるを得ないような無言の圧力が醸し出されます。
劇場扇動型プロパガンダの誤謬に陥りがちな危険性を孕む手法です」
あんなにだだっぴろい場で議論するなんて。
おどろきました。たいがいけずられるためにかたちをととのえるため
ぎろんをしたのでありましょう。させたのでしょう。

農道整備関連事業費がカットされる模様ですね。
かささぎがこんど行く予定の星野村の農道完成を祝う竣工式、案内状からその予算はどこから出たかがわかります。
平成18年度から県営中間山間地域農村活性化総合整備事業により整備を進めてまいりました。とあったからです。

「普天間から出て行ってもらえませんか」
「Where to move?」
「名護市沿岸ではどうですか」
「OK. We agree.」
十数年後・・・
首相「そりゃ県外移設でしょう」
外相「嘉手納基地との統合でしょう」
地元・みずほ「県外移設が公約です」
米国「Keep promise!」
首相「名護市沿岸は・・・来年の名護市長選まで判断を待ってくれませんか」
米国「We cannot wait!」
首相「じゃ、佐賀空港ではどうですか」
米国「Saga is half nearer to North Korea than from Nago and also very close to Sasebo! Very nice location!」
   ↓

※に抄出しました。

投稿: 元官僚 | 2009年11月13日 (金) 00時08分

米国や大マスコミは今さら代替地を見つけるには時間がかかるし、日米関係にもヒビが入ると脅すが、真っ赤なウソだ。ウルトラCの候補地だってちゃんとある。「砂上の同盟 米軍再編が明かすウソ」を書いた沖縄タイムスの屋良朝博記者は、同書の中でこんな衝撃的な事実を紹介している。

 米軍再編の日米交渉に関わった米外交官は、普天間移設先として佐賀空港が「ナイス・ロケーション」と判断し、日本政府に提起したというのだ。「佐賀空港は発着便が少ない。周囲に住宅もない。沖縄の普天間飛行場を移転するのにもってこいだ」と米外交官は言ったという。

 世界中に出撃する海兵隊は、沖縄の基地から単独で行くのではなく、まず佐世保港(長崎県佐世保市)から強襲揚陸艦が沖縄に出発、沖縄で海兵隊を乗せて目的地に向かう。朝鮮半島で有事の場合、佐世保から沖縄まで約2日かかり、沖縄での搭乗に数日、そこからまた九州方面に戻ってから朝鮮半島に向かうので、航路で4日分ロスしてしまう。海兵隊基地が佐世保に近い佐賀空港にあれば、大幅に出撃時間を短縮できるし、佐賀県は北朝鮮まで760キロ。沖縄の1400キロの半分だ。照屋寛徳衆院議員(社民党)もこう話す。

「鳩山首相が県外・国外移設を言うのなら、佐賀空港など具体的な県外候補地を出して、国民的議論をすべきだ。そうしなければ、沖縄県民の怒りは収まらないでしょう」

 結局、最後は沖縄へ押し付ければいいという、安易な発想が透けて見えるうちは、この問題の解決はない。(取材協力・横田一)

(日刊ゲンダイ2009年11月9日掲載)

« 政権交代と医療(58)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | »

コメント

首相の立場にあらんとする人が「最低でも県外」と言明する場合、常識的には県外案がまったくの白紙ということはないはず。(財源がないのに金を配ると平気で言明するような非常識的な人であれば話は別ですが・・・)
過去、非公式に協議された県外案は佐賀空港案、苫小牧案のふたつだけみたいなので、佐賀空港移転はまったくのガセとも言い切れないかも。
いずれにせよ、本日来日の米大統領は、年内決着をピシッと要求して帰るでしょうから、政界は年末まで何かと慌ただしくなることでしょう。

さがくうこう。ひゃーびっくりした!
でも、いわれてみれば、たしかにうんと近いね、のーすこーりあに。でもだからってこっちにうつっちゃっては、北を意識しすぎていかにもってなかんじでギラギラなかんじ。
けっきょくやっぱりおきなわにおいたまんまになるようなきがする・・・。だって財源がないのに金を配ると平気で言明するような非常識的な人だから。

 佐賀空港への移転、これは真面目な話いいアイデアではないか、佐賀にたくさんお金が落ちるし。と思ったがまてよ、佐賀空港は貨物便の利用がそこそこ多くて、それ以上の赤字を抱えている空港、あるいは空港建設予定地がもっとあるらしい。しかし何を基準にしていいのかがわからん。いろいろ検索してみたら、佐賀空港はワースト3位という記事もあれば、福島空港が需要予測達成率ワースト4位というのがやたらいっぱいでてきたり、あと静岡空港とか、来年開港予定の茨城空港とか…
 こうなったら、その赤字空港を維持している団体で入札やったらどうでしょう。米軍基地引き受けます、その代わり、赤字分は国民の税金でまかなう。明治以来、いや江戸時代から沖縄にはたくさんの苦い思いをさせてきたのだから、それぐらいしてもいいでしょう。

いつもおもいますです、沖縄にたくさんのいたみをへいぜんとあたえてきてなにもかんじていないなわれらは、と。知識としてはわかってるけど、日々のくらしがいやでもやってくるから、それにおわれてわすれてしまう・・ってことなんだけど。じっさいにそこで暮らしたこともなく、基地のもんだいを肌でかんじることができない。想像でものをいうだけです。

「世界中に出撃する海兵隊は、沖縄の基地から単独で行くのではなく、まず佐世保港(長崎県佐世保市)から強襲揚陸艦が沖縄に出発、沖縄で海兵隊を乗せて目的地に向かう。朝鮮半島で有事の場合、佐世保から沖縄まで約2日かかり、沖縄での搭乗に数日、そこからまた九州方面に戻ってから朝鮮半島に向かうので、航路で4日分ロスしてしまう。」

こういう実務的なことをずばり書かれると、どっひゃあ!!と腰をぬかさんばかりに驚き、まさに戦前にあることを実感します。もうそこまでいっていたの、ちょっとまって意識がついていけない。


でありまするので、最近のかささぎの旗がやけに政治的なものになりつつあるのを承知の上で、話題をころっと転じます。

九州俳句に沖縄がない。と以前かいてしまいましたが、その意味は、沖縄の俳人が参加されていないという意味ではなく、九州俳句大会は沖縄では開催されない。という意味でした。係りの人に前に尋ねた。誤解を与えてごめんなさい。ちなみにらんちゃんが入ってくれたよ。吸収俳句。ありがとう。らんちゃん、おとというちに古代九州展の券を二枚もってきてくれた(えめさんは只券でいかれたんですね、ウーン、宝くじも買われたら絶対あたるよ!百発百中ちかい的中率。すげ!)、らんちゃんがくれたのは音彦さんからのまわしもの。でもこないだもいかないままだった。もったいないし、みたいのだけど。こんどはいくべな。
みなさん。九州俳句、はいってちょ。れぎおんみたいに季刊で年に四冊配本。九州の名ある俳人が数多く所属なさっています。そのかたがたの作品とへいきで肩をならべられるというところが、この俳句誌の魅力であり、かつまた、どうしようもなさであります。※
※これ、この意味ですが、せいことかにはわかってもらえるとおもうけど、たいがいの同人誌は年功序列でして、一定の修行をつまないと上にいけないんだ。裏をかえせば、年季さえつめば上にいけるってことだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(59)   乙四郎元官僚語録:

« 政権交代と医療(58)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31