無料ブログはココログ

« 筑後川マラソン大会の歌 | トップページ | 国土交通省振動実験車  んー何? »

2009年10月14日 (水)

政権交代と医療(41)  乙四郎元官僚語録

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

民主党政策集では、過去に政府あるいは企業が引き起こした健康被害の救済についての言及があります。

●アスベスト健康対策

石綿被害者救済法による救済レベルを、労災保険給付と同レベルに引き上げ

悪性中皮腫の全数調査を行い、中皮腫登録制度を発展

石綿肺などアスベスト関連疾患を救済制度の対象疾患に追加

家族や周辺住民への影響については、無料健診など健康管理体制を確立

業務災害については、時効期間が過ぎても請求できるようにする

健康管理手帳制度を改善

●カネミ油症被害者対策

ダイオキシン類による健康被害の全体像を国の責任で把握

医療の自己負担分の支援や健康管理手当、特別遺族給付金の支給等

●肝炎総合対策

肝炎医療費助成法(肝炎患者支援法)を制定し、総合的な肝炎対策を実施

抗ウイルス剤治療の自己負担額の上限を月額1万円に

肝炎対策の調査研究を促進し、予防体制を確立

治療のために休業・休職する患者の生活の安定

感染症に関する正しい知識の教育、広報を拡充し、差別や偏見をなくす

政府による認定のあり方がしばしば問題とされている原爆症や水俣病の救済についての言及はありません。

「学長のひとりごと」10月14日水曜日

コメント

菅副総理・国家戦略担当大臣の「連合結成20周年記念レセプション」挨拶(9日)。
「国会で多数の議席をいただいた政権党が、立法府でイニシアチブを取るだけではなく、内閣も組織する。あえて言えば、立法権と行政権の両方を預かる」
この発言が、三権分立の否定だと、一部のブログで騒ぎになっています。(マスコミは騒いでいない・・・)
三権分立とは、教科書的には、立法・行政・司法が相互牽制して権力の乱用を防ぐ原理です。 この体制が崩れると、権力のブレーキが利きにくくなります。
BS11「INsideOUT」でのやりとり。
司会(二木啓孝BS11解説委員)「それでは三権分立と異なるのでは」
菅「憲法には、三権分立とは書いてありません。議院内閣制の理解が間違っている」

乙四郎にいわれるまでもない。
かんさん
は前からすかんけん。
げさくい。てか、あほで軽い。
だいいち、国家戦略室、だなんて恥ずかし。赤面。
まるでこどもの「秘密基地」みたいやん。
おっさん年いくつや。っておもったわ。

だけどね。
こうもまたおもった。
乙四郎とか官僚とかには当然びしっとあたまに入っている、国保や社保やいろんな保険の知識、あるいは社会保障制度のことも、うちらには何一つようわかっとらんのよ。早い話が、あまりにも複雑になっていて、ことばも制度もね、だからわからん。
やっと乙四郎が解説つきで書いてくれてるのを読んで、そうだったのかと気づくくらいで、今日も院の先生に「母子加算の復活って、先生、いったいなんでしょうね?」って聴いてみたけど、「しらない」って返事でした。笑ってしまいましたが、これが現実。
ほんとにみんな、そんぐらいだってば。
だーれも自分の毎日のしごとで手一杯で、そんなことまでわかっちゃいないって。
だから、どさくさまぎれに民社党だったか社民党だったかみんなの党だったか、なまえがよくわからんけども、有権者に約束したからといって遮二無二予算をぶんどって実現したところで、それに関係する人以外にとってはきづきもしないのかもしれない。

ですが、官僚は違います。
その道のプロです。国民にはみえないこともちゃんと見えているわけだし、しっかりと本当の国益を考えてほしいです。そのための声をもっとあげてもらいたい。

官僚の国会答弁を禁止するための国会法改正案が臨時国会に提出されるようです。
国会は、本来、国会議員と閣僚とが応酬する場なので、当たり前の話かも。
これまで官僚が代わりにやってきたことを閣僚自身がやらなければならないので、能力のないお飾り大臣を排除する仕組みとしてはいいですね。

<架空国会中継>

(野党=自民議員)「厚生労働大臣、子ども手当の財源はどうするのですか」
(長妻)「必要額を政府予算案に盛り込みます」
(野)「財務大臣、子ども手当の財源はどうするのですか」
(藤井)「各省の財源は各省の予算内で最大限の工面をしてもらいます。例外は認めません」
(野)「厚生労働大臣、社会保障予算から財源を捻出できますか」
(長)「これ以上、社会保障予算は削れません。毎年5兆もの財源は出ません」
(野)「財務大臣、厚生労働大臣は財源は出せないと言ってます。例外を認めるべきでは」
(藤)「例外を認めるとしても、国債発行なしに毎年5兆もの財源は充てられません。必要額を抑えるために査定します」
(野)「どういう査定を?所得制限?」
(藤)「連立政権内で所得制限を導入すべきとの意見もあるので検討に値しますが、当面は導入は考えていません。児童手当と同様に、自治体や企業にも相応の負担をお願いしたいと考えています」
(野)「総務大臣、自治体負担とのことですが、交付金で手当てする考えは?」
(原口)「自治体負担の可能性について、今、はじめて伺ったところですので即答しかねますが、到底、兆単位の交付金の上積みはできません。財源がありません」
(野)「どこにも財源がないじゃないですか。財務大臣、どうするつもりですか」
(藤)「手当額を減額して、月額ではなく年額2万6千円ということでしたら制度設計ができるかと存じます」

究極の収賄事件という発想。わたしには思いも寄らぬことでしたが、まさしく収賄だよなあと思う。マニフェストに掲げたことを実現するために、各省で財源のぶんどりぐっちょ。

泥棒を捕まえて縄を綯う。
テレビで各大臣の発言を聞くたび、そのことばがよぎるのでした。

次世代にツケをのこしてまでぶりまいた定額給付金といい、高校の授業料免除や高速道路の完全無料化といい、いまこの時期になすべき最優先の政策なんでしょうか?

生活保護世帯へのこれ以上の手厚い保護は就労意欲を減退させるだけ。むしろぎりぎりの生活でしのいでいる多くの庶民の減税を考えてほしい。ムダを省いて残る財源は国民すべてに還元すべきだ!こんな簡単な理屈がなんでわからんっちゃろ?

児童手当だの子育て応援特別手当だの、子ども手当と紛らわしいものがたくさん。
このうち、本年度補正予算で対応している「子育て応援特別手当」が、財源捻出のため執行停止になるかも、という報道がありました。
子ども手当の対象者数の5~10分の1くらいが対象の、子ども1人あたり年額3万6千円の小判振る舞いです。
本年度分の支給準備を進めている市町村や支給を期待している対象者は計画が狂ってたいへんでしょうね。
(こんな制度です)
   ↓

asahi.comに出ていました。
本日、「子育て応援特別手当」(1254億円)の執行停止が正式に決定するようです。
肩透かしの対象者数は330万人。
支給事務は市町村が担いますので、各市町村議会では、手当支給に向けて補正予算を可決済み。これから、ややこしい減額修正の手続きを踏まなければなりません。
事務作業の外部委託契約を済ませた市町村もあります。
   ↓

架空国会中継、受けました。
このところ民主党議員のテレビでの受け答えはこういうのが多いですね。
旧来の前向きに善処します、と言わず、あいまい言葉を並べただけ。

テレビがおかしい。
今朝もはよから音羽御殿(鳩山御殿ともいわれている)豪華絢爛の内部と門から玄関まで徒歩何分とかレポートで大盛り上がり。
麻生さんが高級バー入りしただけで大たたきしたのはどこ行った。

ひがみ根性丸出しさくらでした。

苦笑。うけてますよ、さくらさん。

かささぎは久々に女性セブンを買いました。
なぜって?福山雅治っちゃんが表紙だったけん。坂本竜馬にならっしゃるち。たのしみじゃねえ。
で、中をぱらぱらしてたら、鳩山幸さん紹介の記事。
宝塚出身だったのですね。へえーだからなのか。

わたしは麻生さんがすきでした。笑顔が。
まんががわかる麻生さんがすきだった。
日本は漫画立国をすべきというの最高だった。
あそこまで叩かんでもよかった。
たいへんお気の毒でした。

ところで、乙四郎語録をよんでいますと、政治ってこれほどまでにたっくさんの「補助」「補助」「補償」「補償」でみちあふれているんだなあ!!って、目をみはらされる。それ、「ゆうだけの補償」なら温泉みたいでいいんですが、すべてそれらはお金ですからね。
去年の夏、乙四郎はテレビの国民放送でなぜ入市被爆者の認定をやらなかったのかの説明をしました。そのとき、わたしは番組の中での乙四郎の扱いが、まるで敵役みたいで、ほんとにいやなおやくにんさんみたいにおもえ、かわいそうだな。と思ったのですが、一方、なんでよ、なんで認定してあげなかったの。っていう糾弾の思いも感じざるを得ませんでした。(そんなふうな番組のつくりかたでしたよ)。
で、その後、よくよく考えてみましたら、それは帰するところやはり国民の税金を投入すべきかどうか。という問題であったのだな。とわかりました。
それだけをとりあげてスポットライトをあてれば、とてもかわいそうで同情すべきことに思えます。しかし、全体のなかでみはらしたときに、どのくらいの位置にくる問題なのか、だったのだろうと今は思う。
そういうことはわからないのです。流れるニュースを聴いているだけでは。

« 筑後川マラソン大会の歌 | トップページ | 国土交通省振動実験車  んー何? »

コメント

究極の収賄事件という発想。わたしには思いも寄らぬことでしたが、まさしく収賄だよなあと思う。マニフェストに掲げたことを実現するために、各省で財源のぶんどりぐっちょ。

泥棒を捕まえて縄を綯う。
テレビで各大臣の発言を聞くたび、そのことばがよぎるのでした。

次世代にツケをのこしてまでぶりまいた定額給付金といい、高校の授業料免除や高速道路の完全無料化といい、いまこの時期になすべき最優先の政策なんでしょうか?

生活保護世帯へのこれ以上の手厚い保護は就労意欲を減退させるだけ。むしろぎりぎりの生活でしのいでいる多くの庶民の減税を考えてほしい。ムダを省いて残る財源は国民すべてに還元すべきだ!こんな簡単な理屈がなんでわからんっちゃろ?

児童手当だの子育て応援特別手当だの、子ども手当と紛らわしいものがたくさん。
このうち、本年度補正予算で対応している「子育て応援特別手当」が、財源捻出のため執行停止になるかも、という報道がありました。
子ども手当の対象者数の5~10分の1くらいが対象の、子ども1人あたり年額3万6千円の小判振る舞いです。
本年度分の支給準備を進めている市町村や支給を期待している対象者は計画が狂ってたいへんでしょうね。
(こんな制度です)
   ↓

asahi.comに出ていました。
本日、「子育て応援特別手当」(1254億円)の執行停止が正式に決定するようです。
肩透かしの対象者数は330万人。
支給事務は市町村が担いますので、各市町村議会では、手当支給に向けて補正予算を可決済み。これから、ややこしい減額修正の手続きを踏まなければなりません。
事務作業の外部委託契約を済ませた市町村もあります。
   ↓

架空国会中継、受けました。
このところ民主党議員のテレビでの受け答えはこういうのが多いですね。
旧来の前向きに善処します、と言わず、あいまい言葉を並べただけ。

テレビがおかしい。
今朝もはよから音羽御殿(鳩山御殿ともいわれている)豪華絢爛の内部と門から玄関まで徒歩何分とかレポートで大盛り上がり。
麻生さんが高級バー入りしただけで大たたきしたのはどこ行った。

ひがみ根性丸出しさくらでした。

苦笑。うけてますよ、さくらさん。

かささぎは久々に女性セブンを買いました。
なぜって?福山雅治っちゃんが表紙だったけん。坂本竜馬にならっしゃるち。たのしみじゃねえ。
で、中をぱらぱらしてたら、鳩山幸さん紹介の記事。
宝塚出身だったのですね。へえーだからなのか。

わたしは麻生さんがすきでした。笑顔が。
まんががわかる麻生さんがすきだった。
日本は漫画立国をすべきというの最高だった。
あそこまで叩かんでもよかった。
たいへんお気の毒でした。


ところで、乙四郎語録をよんでいますと、政治ってこれほどまでにたっくさんの「補助」「補助」「補償」「補償」でみちあふれているんだなあ!!って、目をみはらされる。それ、「ゆうだけの補償」なら温泉みたいでいいんですが、すべてそれらはお金ですからね。
去年の夏、乙四郎はテレビの国民放送でなぜ入市被爆者の認定をやらなかったのかの説明をしました。そのとき、わたしは番組の中での乙四郎の扱いが、まるで敵役みたいで、ほんとにいやなおやくにんさんみたいにおもえ、かわいそうだな。と思ったのですが、一方、なんでよ、なんで認定してあげなかったの。っていう糾弾の思いも感じざるを得ませんでした。(そんなふうな番組のつくりかたでしたよ)。
で、その後、よくよく考えてみましたら、それは帰するところやはり国民の税金を投入すべきかどうか。という問題であったのだな。とわかりました。
それだけをとりあげてスポットライトをあてれば、とてもかわいそうで同情すべきことに思えます。しかし、全体のなかでみはらしたときに、どのくらいの位置にくる問題なのか、だったのだろうと今は思う。
そういうことはわからないのです。流れるニュースを聴いているだけでは。

その乙さんのテレビ出演を見たときの感想を上手く書けなかったのだけど、今かささぎさんが書いてくれたとおりの感想でした。

テレビ番組には作成意図があって、両面を見せて考えさせるなんて手法では作れないんだろうね。
善人と悪人の物語にしないと国民には伝わらないと思われてるんだろ?
テレビは常に官僚悪で、官僚の人達はどう思っているのだろ?
乙さんのような描かれ方をしたとき、どんな気持ちで昇華させているのだろうか?
仕事さえ忠実にやっていればそれでよし・・・を肝に銘じているのだろうか?
どうせ何もわかっちゃいないやつらがごちゃごちゃ言ってると開き直って仕事してる?

なんてことをあれからいつも思っています。
あの放送で、お気の毒には間違いないのだけど、それだけではすまない厳しい現実もあっての上でのつらい仕事だったわけです。
多くの問題がそれだと思います。

ちなみに
戦争を扱うものは「すべて日本が悪うございました」に持っていく作りとなっています。

今後、公共事業が激減すると失業者がさらに増えます。民主党はこの土木建設現場からあふれた労働者を農業現場で働けるようにしむける案をお持ちだとか。

大規模な会社経営の農場ならまだしも、日本の農業はおのれの人件費を換算してたらまるっきり赤字になるような小規模農業が多いのですよ。どこにそんな余裕がありましょうや。

日本の農業施策にもいいたいことはやまほど。ここ数十年、日本は農業の大型化にむけて税金を投入してきました。(この税金の投入方法についても一般国民が聞いたらびっくりするほどてーげまんげでしたが、まあ、これはよこにおいといて)。日本の食料自給率を支えてるのは大規模農業じゃないとよ。家族で手一杯がんばってる小規模の専業農家こそが食料自給率を上げるのに一役も二役もかってる。そんな農業者が胸張って農業やってますと言える現状にしていただきたいのです。諸規模の農業世帯に給料払ってまで人を雇える余力はないのです。

原子爆弾被爆者対策予算
対象者:約25万人(高齢のため、年々減少)
予 算:約1500億円
(主な内訳)
健診: 29億円
(一般検査、がん検査、精密検査、交通費)
医療:383億円
(自己負担なし)
福祉: 42億円
(公的福祉サービスの自己負担なし)
葬祭料:20億円
(1件あたり19万9千円支給)
以上が、被爆者健康手帳所持者全員への適用。
手当:993億円
 健康管理手当
(被曝と関係があるとされる11障害のいずれかに該当する人へ月額3万3千8百円・・・高齢者の多くが該当するため、手帳所持者の約9割へ支給)
 保健手当
(健康管理手当の非該当者で2km以内直接被爆者へ健康管理手当の半額~全額)
 介護手当
(重度の場合月額10万4960円以内、中度の場合月額6万9960円以内)
 家族介護手当
(月額2万1570円)
 医療特別手当
(原爆症と認定された場合、月額13万7430円)

自身の病気が原爆症と認定されるか否かで手当の月額が4倍になります。
被爆者が原爆に関係ありそうな病気になった場合は「健康管理手当」、病気と被爆との因果関係が濃い原爆症の場合は「医療特別手当」みたいなモノサシで両者に線引きがなされていたのですが、裁判所は原爆との関係が否定できなければ認定、という判例を重ねています。線引きは難しいのですが、どこかで線引きをしなければなりません。

ちょっとお、10年に1冊買うか買わないかの「女性セブン」の今週号を私も買うたつよ。
表紙が男だったのを今の今まで気がつかなかった。
トップ記事も福山まさはる写真が満載やんね。

どうして今週号を買うたのか、最後のほうに写真の記事があって(かなり大きな特集記事)、今道先生がご登場だから。
今の今まで気がつかなかったでしょ?

ちょっと聞きたいけど、福山雅治が好きって人ものすごく多いよね。
どこが魅力なのか教えて。
来年の大河ドラマ、坂本竜馬なのね。


なんかかぶること多いなぁ。姫の嬢と。

今道先生ってどなたですか?気になるので見てこう(今日、銀行で)
福山クンのラジオ番組・昔から大好きです♪
素の魅力はトークかも(声も含めて)そしてたまにちょっとHで^^

さくらさん。
何を隠そう!
テレビをほとんど見ないので、テレビ番組やら俳優さんやらの話題についていけないわたくしですが、じつはじつは、福山雅治さんのファンでございまする~~。
どこが魅力って、かれはじつにみごとなまでの九州男児でございますよ。見かけとは違う、そのギャップが大好き。あの甘いマスクからは連想できないくらいの男臭さをお持ちで、さらにエメさんがおっしゃるように声がいい。歌詞がいい。トークがいい。ぶっちゃけトークを聞いてたら、こいつ、根っから九州男児やなあって思う。(エメさんが聞いてるラジオ番組、わたしもここ数年聞いてるけど、けっこう三枚目的要素が濃くて笑える番組です)

福山くんは女性にももちろんファンが多いし、わたしのような中年女性にも人気があるのですが、負けず劣らず野郎どもにも人気があるんですよ。ここにかれの本質的なものがみえると思うのであります。

ついしん。
わたしが受け持っているパソコン教室で、小学3年生の「あおきまさはるくん」を、わたしは毎回「ふくやままさはるくん」と呼んでわらわれています。

私は好かん。
たぶん食わず嫌い。40うん才で、独身なのも気持ちが悪い。

エメさん,seikoさん
へーそうなんだ、私もとりこになるかもしれない。

それにしても、いい男の話になると、このおばちゃんたちの食いつきのはやさ。

今道先生は、センスのよさで定評のある超売れっ子お花のアレンジメントと写真の先生です。

さくらさん、ほんとですね。載っています、うしろのほうに。へえー。十年に一回かう週刊誌。じぶんは一年に一回。いずれにしろすごい偶然です。
福山雅治にはまったのは、いつか書いたんですが子がふろで歌っていたsquallからで、十年以上前のcdアルバムを借りてきて二本録音して毎日聞いてる。まだ飽きない。耳にのこる曲があって、伴奏のピアノの旋律だったり(it's only loveの最後近くのピアノ部分がききたくて何度もそこだけきいた)、サビの部分だったり(squallやGirlとかたくさんある)するんですが、歌詞も曲もとてもうまい。ラブソングがほとんどだけど、なかには蜜柑色の夏休みなんて名曲もある。あれは蜜柑農家であるおばあちゃんをひとりでディーゼル汽車にのってたずねてく少年をうたった歌です。

それから、今道という姓。
いまみちともたか と親戚ではないでしょうか。笑
バービーボーイズの。尊敬してるんで。
福山のまさはっちゃんも今道のともたかさんもいつか連句にきてくれんかな。歌詞をかくひとたちといっしょにまいてみたい。どんな恋句をだしてくれるかな。・・・たぶん、しょぼい。

>福山のまさはっちゃんも今道のともたかさんもいつか連句にきてくれんかな。歌詞をかくひとたちといっしょにまいてみたい。

すっごく、たかびーな望みだね、それ。笑
そのうえ、・・・たぶん、しょぼい。だなんて、んまー、天下のまさはっちゃんに対して、なんて、たかびーな。コメントの返しようがない。

ぼん。独身はいいよ。

ひえ~びびっくりこいただ!!なんでみてたの。しぇ~こさんってばよ。
ひとりで詩をつくる人たちは人のものを補いながらつくるのはへたにきまってる。これのどこがたかびーかえ。え、いってみ。りろせいぜんのせいぜんしゃだよば~ろ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(41)  乙四郎元官僚語録:

« 筑後川マラソン大会の歌 | トップページ | 国土交通省振動実験車  んー何? »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31