無料ブログはココログ

« 結城登美雄氏講演会 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ社会制度概論 »

2009年10月25日 (日)

歌仙『籾殻山』

  歌仙 『籾殻山』

      姫野恭子 捌

放擲の籾殻山の大噴火           竹橋乙四郎
  一たきの灰のこる有明          姫野恭子
秋うららサーキュラスカート輝きて     山下整子
  リズムに合はせ口笛を吹く       青翠えめ
水のある村には村の昼時間        中山宙虫
  紙石鹸を透かし鬼灯(ほほづき)    東妙寺らん


逆縁の父は蚊さへも生かしをり        八山呆夢
  求人広告白き看板              整子
履歴書のアダムが笑ふ副都心         宙虫
  豆腐くづれる真夜中の餐            恭子
マティーニのオリーブ噛みて恋苦(にが)し  えめ
  仰ぐ額に初雪を知り             乙四郎
月凍てて少年ひとりを乗せたバス      澄たから
  電池の切れた携帯電話           呆夢
音のなき二十五階を彷徨(さすら)ひぬ    宙虫
  大聖堂にひかりあふれて          和久光陰
生き様のありて散り様花惜しむ        澄たから
  穴ぽつぽつと馬刀貝の浜          呆夢


名残表
かげろふに碧き瞳のバイカル湖        光陰
  新妻の新とれて久しき            恭子
夢語る細い鎖骨のいとほしき          らん
  大いなるもの麾(さしまね)く日々      整子
政権を変へて迎ふる世を眺め         呆夢
  水紋つくる翡翠の嘴(はし)         三枝 凛
どこまでが本当の嘘木下闇           たから
  工場の窓錆びついてをり           宙虫
間をとっていっせいに掃く人々よ        呆夢
  群舞で終はるインド映画は         たから
高原の雲間を迅(はし)る望の月        龍 ハル
  参勤道の草ももみぢに           宙虫


名残裏 
爽やかに刃物祭りの啖呵売り          えめ
  嬶いっぴき徒党は組まぬ         整子
減反に反旗唱へる農のあり          恭子
  たふとき皺に二日灸据ゆ         乙四郎
花吹雪おぼろに見ゆる由布の里       中島 倶
  夏も近づき浴衣縫ふころ          結城 登

平成21年10月25日 
保健医療経営大学中講義室3にて

客人(登場順)

和久光陰(わく・こういん)
三枝 凛 (さえぐさ・りん)
龍 ハル (りゅう・はる)
中島 倶 (なかしま・とも)
結城 登 (ゆうき・のぼる)

連衆

澄 たから  (すみ・たから)
青翠えめ   (せいすい・えめ)
竹橋乙四郎 (たけばし・おつしろう)
中山宙虫  (なかやま・そらん)
八山呆夢  (はちやま・ぼん)
東妙寺らん (とうみょうじ・らん)
山下整子  (やました・せいこ)

捌  姫野恭子

もみがらやま:http://yagu.jp/mainitikotukotu/2006/0323kirikaesi/index.html

サーキュラスカート:バイアス断ちの全円スカート。http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_fashion/w006597.htm

翡翠(かわせみ):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%9F

大聖堂:ケルンの大聖堂が25階建てとのこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%B3%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82

刃物祭り
▼ 第三回ありあけ連句興行のリンク記事はこちらでございます。

« 結城登美雄氏講演会 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ社会制度概論 »

コメント

昨日清書しながらな~んも気づかなかった私はあほ×あほですな。

今改めて見て、しみじみと良いなあと思いました。馬刀貝の句は連句の時たびたび出していたにもかかわらず、とってもらえなくて、今回ようやく陽の目を見ました。ぴったり来る場所と言うのがあるんですね。
良いなあと思った五七五も七七も書き留めてしまっておくのがいいようです。
今年の私の目標は色々な大会に投句する事だったのですが、原爆忌にしかだせてません。来年に持越しです。

最初の恋、そらん、アダム句の文体と大打越の関係にあるたから句の文体が似ていて、前田師のいわれるところの「のべている」文体です。韻文でなく散文ね。それをどっちか工夫してくださいませんか。そらんさん、たからさんん。かんがえてね。

もう時間がない。そこだけがまだ気になる。
浜に湖の移りはいいか。いい。もういい。

関は地名でしたね★。了解です。ありがとうございます。
ではお気をつけて

履歴書のアダムが笑う副都心

それと自分はずっと
工場の窓の錆と廃坑口が気になってる。
廃坑口を参勤道に変えてはどうかな?

はいな。そうしましょう。ありがとう。ずいぶんバランスとれた。陰陽バランス。
後からつけたたからさんが変えるべきと普通ならおもうところだけど、たから句はああ書くしかない。
そらん句がかわるのをまっていたんだ。もたもたして、ごたごたして、ちょっとまてよ。という句でした。しばらく考えないと、かささぎあたまではうけつけなかった、意味がとれなくて。アダムの句の、「行く都心」ってところ。のぼる、とかむかう、とかの意味ですよね、行くは。動詞が多いとごちゃつきますね。
すっきり剪定してくれてありがとう。

そらんさん、連句会でお初にお目にかかりお世話になりました。又このたびは、私ではどうにもならないところをささっと見事に変えていただいて、感謝感激雨あられです。
かささぎどん、どうしていいやらいっちょんわからんやったと。助かった、ふー。
連句会いろいろ本当にありがとう。スーツ姿にtomoさんのコサージュすてきだったよ。立派な講師そのものでした。さながら私は学生気分で一日楽しませてもらいました。できの悪い生徒だけど、もうちょっと勉強しとくね。

そらんさん。表参道は地名やん。ぶーぶー

あれ?参勤道ってかいたのに表参道?なら裏参道にすればよかったんじゃ?
表参道は神社などの正面からの道。
確かに明治神宮の表参道という地名があるけど。
一般的には地名じゃなかろ?
てっきりかささぎ捌きで表参道になったのかと。
参勤交替の道のつもりだったけどな。

ほんとだ!参勤道ってかいてあった。
すみませんでした。
なぜか表参道とおもいこんでいて、ああ、なるほど参道か、神祇だよな、とおもって、検索したら、地名の東京のばかりがぞろぞろでました。
参勤道といういいかたを目にしたのが初めてだった。参勤交代の道。すみませんでした。座でやっているときなら話のなかで片がついていくことです、文音は難儀。すみません。言葉、一つ覚えました。(といってごまかす)一般的なことばなんだろうかな、さんきんどう。そらんあたまでは日常語として定着してるようですね。かささぎあたまでは、「参勤交代の道」じゃないと受付けない。
きっと身近に参勤道があったかどうか、の違いかもしれませんね。みなさんのお声はいかに。

mariさんは二回もさしかえようと代案をだしてくれました。ありがとう、なんの返信も返さずすみませんでした。

①履歴書にアダムと書いて行く都心
②履歴書のアダムが笑ふ副都心

連句をはじめて巻くひとたちは、これはいったいなにをやっているんだ。と戸惑うに違いない。句を出すという命題があって、なにかを想像しながら句を創造しなければならんのだが、最初はそのてがかりが全くわからない。ただ、恋の句というのがここでのテーマです。
せいこの白い求人広告看板がある、という句がトスをあげた句。
それにべたつきで、アダム登場。
アダム、と履歴書にかいて都心へとのぼる人が①。イメージは大沢在昌の小説の世界みたいなかんじ。新宿あたりのごちゃごちゃしたところにある遊興施設のどこかにいそうな。を、まずはおもいつきます。ゲイでカーリーヘアーのおにいさんとかを。それと同時に、アダムは勿論天地創造のアダム。おとこを代表。ということで、恋句として出されたアダムという名前は、たくさんの読みを与えてくれる聖俗あわせもつすばらしい名前だったよね。このへんうまいよ。
ただ、「書」が二度でること、書いていく、がこなれがわるいので、それが捌は気になっていました。

②にかえてくださったことで、①からひとつコマをすすめたかんじになりました。それにアダムには副都心のほうが合っていますねなんとなく。ありがとうございました。
これまで恋句は山下整子がこういう場合すぐいくつも出してくれてたんですが、人を案内していなかったので、自分の最近の没句をだしました。豆腐くづれる真夜中の二時。これがもともとの句。前田先生が激賞してくださったのですが、別の句になり没だったので。二時がさしあう、時間のことばは既にでていたので次に部屋、とした。が、これもあとで居所が二つならんで出ました。(25階と大聖堂)そこでさいごに、晩餐の餐(さん)をおもいついた。こういうとき、(これがだめならあれ、あれがだめなら・・とやって)鉱脈をさがしあてる人みたいにとってもたのしい。
俳句や連句の定型詩は光脈を掘り当てるためにあるのだとおもえてくる。
三句目の恋できっちり恋のことばをだしてもらいました。えめさんの、酒もでて失恋の場面です。こうして、恋三句がでて、仰ぐ額に初雪を知る。で自然な流れです。
次に、まりさんのさしかえ。
月凍てて少年ひとりをのせたバス。
これはです。塾帰りの少年です。
考えましたが、これをいただきます。いろんなおもいがわいてきますね、。今のきょういくへのおもいもね。
まりさんもそらんさんも、大変ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌仙『籾殻山』:

« 結城登美雄氏講演会 | トップページ | 乙四郎先生に学ぶ社会制度概論 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31