無料ブログはココログ

« 政権交代と医療(17)   乙四郎元官僚語録 | トップページ | 政権交代と医療(18) 乙四郎元官僚語録 »

2009年9月16日 (水)

山ノ井用水路ー水神への接近3

山ノ井用水路

家の裏を流れる山の井用水路、こども時代はもっと広い川でした。

八女市の山の井用水路は広く農の水をまかない星野川の治水も兼ね、水神のこころをなだめ鎮めてくれるものでした。

そのおおもとには、江戸時代の中島くらのすけという名前の吉田(岩戸山古墳がある地)の庄屋さんがいます。人柱にたたれた方です。有名な伝説の人であり、今なお、地元の人たちから尊崇の念を抱かれて祀られている郷土の偉人です。下にご当地ブログからの一節を引用させていただきます。

▼吉田の庄屋「中島内藏助翁」

 山の井堰の構築に尊い人柱として殉ぜられた、吉田の庄屋「中島内藏助翁」の感謝祭が、村の田んぼが一望に見える墓前で毎年開催されております。三百四十五年前、星野川に河口を開き、八女・筑後・三潴の三千余町歩に亘る水田を潤し、筑後川にそそぐ山の井堰の構築干拓事業。現在でも、水利委員会で田植えの日取りを決定し、その日程を山の井用水関係の町内にお知らせしておりますが、関係町内の協力により、「下流の吉田に田植えの水がかかるのが最優先される慣例が続いてきた」ということからも、翁の功績の偉大さが想像されます。
 賛同者で顕彰会を結成して、墓と隣接する土俵周りの手入れ清掃を定期的に行い、毎年十月十七日には、遺族及び多くの来賓と地元関係者が参集して、翁の遺徳を偲び、墓前祭を執り行っているところです。今年は長峰小学校四年生による紙芝居「左結びの緒の草履」と、子ども育成会主催、長峰小学校男子全生徒による「顕彰相撲大会」が開催されました。農業を取り巻く環境は変わっておりますが、河川の汚染、農地の荒廃など、先代から伝えられてきた「内藏助翁の精神」が風化しているようで、この大切な郷土の遺産は、いかに時世代が変わろうとも、孫子の代まで受け継いでいかなければならないと、あらためて思っております。そのことが、郷土の自然環境と、私たちの命を守ることにも繋がるからです。

引用は、

「わがまち自慢」http://www.wing8.com/dcity-yame/kurashinojiyoho/200401/con02.html

ところで。

かささぎは、この顕彰会のことを、八女戦国百首和歌のところで最近ご連絡くださった、中島くらのすけ直系の子孫のかたのお便りでつい先日知ることができました。
なんと百首和歌はこのくらのすけ翁の直系子孫である中島道夫というおかたが所蔵しておられました。
吉田山の古墳の丘の上にある伊勢宮(大神宮)の神官が所蔵しているとばかり思っていたのですが、そうではなくて、ずうっとこの中島本家が護持してきたものだということです。

そこで、かささぎ的ひとりよがりの感慨にふけりますと、

人柱は庄屋さんの自分の意思ではなく、周囲のなんとなくのそそのかしに人柱に祭り上げられたのである、なんていう無礼な想像をやって申し訳なかった。こんなことを思うから寺田がいちばん遅く水がかかるのかもしれない。長嶺小学校にはその昔、父の姉(若くして結核死)が先生として奉職していたそうです。わが家からは上妻小学校とほぼ同じ距離に長嶺小学校があることも最近知ったことです。校区がちがうと全く関心がむかないものですね。

水神への接近。

神津呂伊利さんが書かれていた久留米の五庄屋さんの伝説もおなじ時代のことでしょうか。

久留米の五庄屋さんの伝説:http://www5b.biglobe.ne.jp/~ms-koga/069goshouya.html

筑後川のほうは寛文年間、1660年ごろとありますね。
星野川の山の井用水のほうは、・・あれ。ほとんど同じ時代のようですよ。
うーん。なんでだろう。

« 政権交代と医療(17)   乙四郎元官僚語録 | トップページ | 政権交代と医療(18) 乙四郎元官僚語録 »

コメント

山ノ井堰

5位

3位の川崎小学校便りをよみました。
内蔵助さんの感謝祭が、ここでは長峰小学校の翌日なんですね。
あ、そうだったのか!
中島教授はだから二日連投されてたのか。今わかりました。
川崎小学校の修学旅行、私たちのころと全く同じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山ノ井用水路ー水神への接近3:

« 政権交代と医療(17)   乙四郎元官僚語録 | トップページ | 政権交代と医療(18) 乙四郎元官僚語録 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31