無料ブログはココログ

« 政権交代と医療(5)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | 希望が丘星人と遠く目が合う柿日和 »

2009年9月 5日 (土)

政権交代と医療(6)  乙四郎元官僚語録

政権交代と医療(6)

 保健医療経営大学学長 橋爪 章 

民主党政策集では、医事紛争の解決策として無過失補償制度の創設を謳っています。

産科医療については既に実施されている仕組みですが、すべての診療科について訴訟提起権とは区別した公的な無過失補償制度を創設しようとするものです。

医療提供側に過失があった場合には医療提供側が賠償することになりますが、過失が明確でなくても、医療事故によって死亡したり高度の障害や後遺症が生じた患者が補償される仕組みです。

賠償の確証がないまま長期化することが嫌で訴訟を避けがちな国民性の日本人ですが、このような制度が創設されれば、かなりの適用申請が上ってくると予想されます。

医療は患者に100%の治癒を約束するものではなく、期待に反して死亡したり後遺症が生じたりすることもしばしばです。

そのような不幸な転帰をとった患者の一定割合が申請するとすれば、相当な数になります。

基金を設けて制度運営する構想ですが、かなりの額の基金が必要となるでしょう。

補償原資には保険料、健康保険料、公的支出を充てる構想です。

保険料というのは医療機関が拠出するのでしょうか。

残念ながら、昨今の医療機関には経営的にゆとりがありません。

健康保険は、ただでさえ医療支出を抑えるのに懸命なのに、医療支出以外にこのような支出が加われば破綻してしまいます。

公的支出に期待せざるを得ませんが、税収が伸び悩む昨今、安定財源が確保できるものかは疑問です。

「学長のひとりごと」9月5日付

コメント

連句的につけます。直接関係はありません。

つい最近までちいさな警備会社に勤務していました。
社員は隊員、職員(営業、指導員、事務など)あわせて、最大の時期で百名程度、最小の時期で五十名程度でした。

人数が伸び縮みするのは需要期が決まっているからで、建設作業員とおなじ季節労働者だからです。
さて、警備の現場では割合ひんぱんに事故が起きます。
警備員が被害に遭うこともあれば、警備員のうっかりした誘導で事故を起こすこともある。そうなったときのために、会社は保険会社と契約を結んで保障をしてもらう体制になっています。もちろん、高い保険料を払って。
かささぎが気になったのは、民間の保険会社(すばらしく有能で気がまわる営業員がいた、まるでサービスという言葉を体現したかのような)の保障ではなく、労災でした。

あるとき、A隊員が深夜勤務で足に大怪我を負いました。
全治四ヶ月ほどかかりました。こちらの不注意も少しはあったにしろ、全面的に向こうが悪い事故でありました。仕事中の事故だから、労災が適用になります。ところが、相手というのは受託先でした。仕事を発注したほうの作業員のせいでうちの警備員がけがをした。すると労災はあちらの会社の労災を使うのではなく、こちらの労災を使うというのです。
そのことにマイボスはとても立腹された。
労災を使うってことはとってもめんどうなんです。
事務量も半端じゃないし、いろいろと内部に立ち入られるのが面倒と。
この件もしかし、第三者の目でよくよく考えれば、労災という公的な保障であるがゆえに色々と厳しい認定作業を設けていなければ、保険事業事態がたちゆかなくなる。そういうことだったのですね。

それと似たことに社会保険のひとつ、雇用保険の加入があります。
隊員の賃金は日雇いでしたが、社会保険事務所からは必ず保険の加入をやんやと言われます。強制的につけねばならない、というようなニュアンスで。ところがそれをやりたくてもやれない事情がある。隊員はひんぱんに出入りします。次々に入ってきてはやめていく。会社ではある程度定着した隊員に、それも勤務状態がまじめで信用できる隊員には雇用保険もつけてあげますが、だれにもかれにも全員につけるわけにはいきません。
そして会社がつけられるのは、この雇用保険(賃金×0・004)だけでした。健康保険や年金などは手の届かないぜいたく品でした。

じばら、ということば。自腹。
ちいさな会社ではなんでもかんでも自腹でした。事故の補填も、本来ならば備品であるはずの制服の購入も。
だから、かささぎはこんど就職したところで、制服を二枚ずつも只で支給されたとき、ありがたいなあと心から思いました。(かささぎの旗)

« 政権交代と医療(5)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | 希望が丘星人と遠く目が合う柿日和 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と医療(6)  乙四郎元官僚語録:

« 政権交代と医療(5)  乙四郎元官僚語録 | トップページ | 希望が丘星人と遠く目が合う柿日和 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31