無料ブログはココログ

« 佐世保市街 | トップページ | 落日と旭日とにんげんの火と »

2009年8月29日 (土)

芭蕉の櫻  英語俳句 5

保健医療経営大学での英語講座

さまざまの事おもひ出す櫻かな   はせを*

かささぎ迷訳

the  cherry  blossoms 
make me remember 
so sweet regretful things     (kyoko)

佐藤哲三教授の訳

The  cherry blossoms  here  in  bloom

Remind  me  of  things  of  joy and gloom.   
 
   (Tetsuzo Sato)

かささぎ推敲句  

Cherry  blossoms  remind  me   

So  many  sweet  and  bitter things

ーー  All  at  once

韻を踏むことは難しい。
イメージと合致する英単語を並べ、リズムを整え、なんとか意味を通し。
でも韻なんて踏めない。先生の英訳をみて、あっしまった、思い出させるはちゃんとリマインドって単語があったんだ!ときづき、もう一度工夫する。でもやっぱりいまいちいまに。
さらに難しいのは、冠詞。つけるか省くか、いっつも逡巡する。
で、もう、適当にやっている。先生、ごめんなさい。(おーまいがっ・・・)

* まつおばしょうの仮名表記、なんで「はせを」なんでありましょうや。
「はせう」ならばわかるけど、「はせを」だなんて、だれが思うでしょう。
・・・まちがえた。 もういやんなる!

ごまかしのために、英訳問題の中で出てきた、ぜんぜん有名じゃない(検索してもでません)
Todd Stevenという作家の名前のスティーヴンは、有名な小説家のStephen King のスティーヴンとはつづりが違いますねえ。
なんていいました。
すると佐藤教授は、ステファンとかいてにごらないつづりなのは、きっとフランス系かなんかでしょう。とおっしゃいました。

スティーヴン・キング:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

  追伸:

みつけてきました。名前の由来。聖ステファンっていたんだ。ギリシャ系って。

stephen:http://www.behindthename.com/name/stephen

最初の殉教者とあって、気になったので、ウィキでも検索。(しつこい?)
なにしろかささぎは連句人ですんで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8E

もう一件、そのまま引用、おゆるしを。
 聖ステファン St.Stephen

原始キリスト教会最初の殉教者。日本語では聖ステパノ、聖スティーブンとも表記されます。議論に長けた彼は、妬みを買ってしまい、偽証による裁判を受けることになりましたが、そこでもユダヤ教の指導者を非難したため、怒り狂った人々によって、石を撃たれ殉教しました。アイルランドでは、12月26日を聖スティーブン(ステファン)の日として、お祝いをするそうです。
――「こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、『主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい』。そして、ひざまずいて、大声で叫んだ、『主よ、どうぞ、この罪を彼らに負わせないで下さい』。こう言って、彼は眠りについた。」(使徒行伝7章 59-60節)

   

« 佐世保市街 | トップページ | 落日と旭日とにんげんの火と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/31155699

この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉の櫻  英語俳句 5:

« 佐世保市街 | トップページ | 落日と旭日とにんげんの火と »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30