無料ブログはココログ

« 風はどこから吹いてくる空はどこへと続いてる  八女戦国百首 | トップページ | うたの下にあるもの  »

2009年8月12日 (水)

入江たか子林泰文テゴマス佐藤春夫荒井由実。談義。

ここ数日のはなしを編集しました。(かささぎの旗姫野)

 かささぎさんが間違えて見ようとした「東京物語」が、尾道→大林宣彦→柳川→「東京日和」&「柳川堀割物語」とつながっているとは、さすが!
 入江たか子の娘入江若葉は、「転校生」以来、大林映画の常連だけど、「時をかける少女」や「廃市」に母親も出ているというのは忘れてた。戦前は華族の娘として映画デビューし、三代美人女優と言われたらしいが、戦後の一時期は「化け猫女優」と呼ばれたらしい。ところで、なぜ化け猫といえば佐賀藩が有名なのだろう。小城羊羹でも食いながら調べてみるか。

ろいりさん。
入江若葉はどんな顔。しらん。でてた?さあ。
むすめなのか。へえ。入江若葉って山田五十鈴の娘かと思っていた。じゃだれ。山田五十鈴の娘。

文化学院はお金持ちの子弟のための先進的な学校で、もともとは西村伊作がじぶんの子たちのために造った。先生たちがすごい。高浜虚子与謝野晶子与謝野寛石井柏亭。石井はくていの弟は坂本繁二郎の親友だった石井鶴三。石井つるぞうは吉川英治の『宮本武蔵』の挿絵を描いた東京パック時代以来の繁二郎の友人。
藪秀野(山本健吉の最初の妻、のちの石橋秀野)は中学部から入江たか子と同級だった。秀野は奈良天理の庄屋の娘で父がロビイストみたいなことをしていて、たんぼを全部売り払って東京へ出てきたのです。姉あぐりは茶道家、妹恒子は歌人で恒子の夫が漫画家清水昆。健吉も清水こんもどっちも若き日左翼活動をしています。とことん突っ走ってる。健吉は逮捕され拘置所に三十日近く拘束された。

秀野のことをしらべていたときが幸せだったなあ。
すべてを忘れられた。おっともこどももなにもかも。まだこどもは五つだったにもかかわらず。→末子はすみたからさんちのよしくんとよく遊んでいた、たからさんちへ毎日のように御世話になってましたね、たからさんありがとう。いつもお礼もいわないでごめんなさい。ついでにかきこみました。
化け猫は根子岳にもありますね。

投稿: ひめの | 2009年8月 9日 (日) 22時48分

こんばんわ
尾見としのり氏と大林監督>>次女が中高生から大ファンで、
出演作は全部いっしょに見ました(見させられた?)
で、尾道は娘の憧れの地で、大学生の時「受験のときの恩返し」といってたまったバイト代で旅に連れて行ってくれました。
二日間ガイドブックを片手に隅々まで歩き通しました。坂という坂、たくさんの階段、、路地裏、瀬渡し船で向島へ、、。
映画に撮られたシーンでは必ず記念撮影☆
旅館は大正時代か昭和初期の建物で(偶然この場所を)時代の作家が慰留してあったとか。
林芙美子関係の記念館も見てきました。
こちらぜひぜひおすすめの地です。
やっぱり桜の季節が最高でしょうか

おはようございます
↑訂正>>娘が好きな俳優さんは尾見さんじゃなくて、「林泰文さん」でした(^_^;)
では今日もお気をつけて~

えめさん

大丈夫ですか。
電話でも咳がきつそうでした。
さっき行ってみましたが お留守だったので もしやまだ病院にいらっしゃるのではと心配になりました。ご無理なさいませぬように またたずねますね

イチジク>>さきほどはありがとうございました。
5、6回もお尋ねいただいてほんとに何度もすみませんでした。
さっそくみんなで冷えたものを頂きました。
完熟でほんとに甘いですね。
夜はサラダに使おうと思います♪
今夜のメインはマーボー豆腐です。
昨日から韓国の男の子が遊びにきているので、久々にお料理の作りがいがあります。

えめさん、思ったより元気そうでよかった。
ぼんやせいこさんとこへもそのうちもっていくから。おつしろんちも、きらいじゃなかったらね。ていうのも、うちはみんないちじくがきらいだけん。たいがいからだにいいのがきらいで、からだにわるそうなんをこのみます。まあ、あてにしないでまっとって。
わたしは、干しいちじくってのに興味があるけど、すぐ虫がつくし、干すなんてこと考えられんよ。だれかやってみたことがあったら、おしえてください。
干したの、とてもからだにいいってきいたから。

我が家もいちじくが大豊作で、実は、連日食傷気味でござる。

 あの~、昨日の入江たか子や入江若葉や、かささぎさんが疑問に抱いた山田五十鈴のコメントはどこに消えたのでしょうか?取りあえず質問への回答、山田五十鈴の娘は嵯峨三智子、容貌と演技力に恵まれながら、いわゆるスキャンダル女優として数々のトラブルを起こし、母親より早く死んでしまった人です。入江若葉は『転校生』以来、主人公のなどの母親役をやることが多かった。
 林泰文は「野ゆき山ゆき海べゆき」に子役でデビュー、「青春デンデケデケデケ」で初の主役だったのかな?
 それにしても不思議なコメント消失、まさか私の頭がボケてるのではおまへんな。

ぼけ。

ここです。
嵯峨美智子、ああ。
エメさんのおじょうさんのお好きな役者さん、見たら知ってるのでしょうけど。
わが娘は27にもなって、ジャニーズのテゴマスって二人組が大好きでよくコンサートにいきます。あやうくつれていかれそうになった。

テゴマス、かわいいじゃん。歌も上手いよ。変な題名の歌を歌っていて、フランスで人気があるんだよ。ようしっとろうが。隠れジャニーズファンです。

「野ゆき山ゆき海べゆき」

この言葉は昔、雑誌の付録についていたソノシートで聞いたことがある。
「真昼の丘べ花を敷き・・・」が続いたような気がするけれど後は忘れた。読み手も石坂浩二だったと思う。女学生の友か中3コースか中3時代か、赤いシートで何回も聞いていたから覚えていた。誰も知らないだろうね。へんなことばっかり覚えてる。映画のことは何も知らない。

ソノシート。なつかしいです。女学生の友!少女フレンド、マーガレット、セブンティーン。夢中になって読んでいました。

(さっき、はるふみとやすふみをまちがえました。
すると山下奉文大将が連句的にでてきました。)

長崎忌のきのう、九州俳句八月号が届きました。
長崎忌の作品集はまだですが、いずれ届きますので、おまちください。
ご参加ありがとうございました。

 おのれ、こしゃくな!ここかと思えばまたまたあちら、という分身の術を使いおったな。いや、私が場所間違えただけか。
 「野ゆき山ゆき海べゆき」が佐藤春夫原作というのは何となく覚えていたけど、調べてみたら、「少年の日」という題の詩だった。
             ※「殉情詩集」(大正10)所収
  1 ・
野ゆき山ゆき海辺ゆき 真ひるの丘べ花を敷き
つぶら瞳の君ゆゑに うれひは青し空よりも。
  2 ・
影おほき林をたどり 夢ふかきみ瞳を恋ひ
あたたかき真昼の丘べ 花を敷き、あはれ若き日。

  3 ・
君が瞳はつぶらにて 君が心は知りがたし。
君をはなれて唯ひとり 月夜の海に石を投ぐ。

  4 ・
君は夜(よ)な夜(よ)な毛糸編む  銀の編み棒に編む糸は
かぐろなる糸あかき糸  そのラムプ敷き誰(た)がものぞ。

 ぼんさんがよく使う言葉だけど、こちらが逆に「よう覚えとらっしゃるね」と感心。確かM高校の校歌も佐藤春夫の作詩じゃなかったろうか、これは凡作だと思うが。ソノシートと言えば、私は数カ月前、神田の古レコード屋で赤木圭一郎のソノシート・ブック3冊を買って帰り、ヨメからあきれられた。
 明日、新幹線で久留米に帰ってきます(今日でなくて良かった、いやもう明日は今日か、ややこし)。それから親族会議ならぬ姉弟甥会議が待ち受けておる。

佐藤春夫が明善の校歌さくし。へえー

ぼんもようおぼえているね。
すごいね。
はじめてしりました。
校歌といえば、わたしは中山そらんさんブログの芦北ってとこの写真があるサイトで、もうすぐ廃校になるらしい海のなかの小学校をみました。それをみてたら、荒井由実の「瞳を閉じて」が自然に口からわいてきました。http://musinandanikki.at.webry.info/200901/article_9.html

風がやんだら 沖まで船をだそう
手紙をいれた ガラスびんを持って
遠いところへ行った友達に
潮騒の音がもう一度とどくように
今 海へ流そう

« 風はどこから吹いてくる空はどこへと続いてる  八女戦国百首 | トップページ | うたの下にあるもの  »

コメント

そうです、これです。3番が好きで、読んでから、「これこれ」と思いました。
載せて下さってありがとう。後で写しとこう。

私は15,16,17日は仕事です。彦さんは13日から16日まで休みですが、13,14は親戚との付き合いあり。遊ぶなら15,16でしてね。

ぼん。このうたも恋の詩ですね。
クラッシックな恋はいいですね。きれいです。

ろいりさんは雨の中ぶじ着かれたでしょうか。

昼におみまいのお返し配りをしました。
ある一人暮らしのおばあちゃんが、玄関先で話し込まれて、つい話に相槌をうちながら面白くて二十分ちかくも聞いてしまった、母をあっつい車内にのこしたままで。あかんぼなら死んでいた!

 私が東京で最初に勤めた高校の校歌は草野心平作詩だったが、全くの駄作だった。かつて校歌の歌詞の駄作3条件というのを聞いたことあるが、うろ覚えながら、①「あー」とかいう詠嘆詞が入っている②「われらが(わが)」…(その後に校名とか「母校」と続く)③校名を繰り返す、以上だっただろうか。
 日吉小学校の校歌では「われらはよい子」という部分があり、自分で自分のことをよい子というか?とツッコミ入れたりもして…その日吉小の前を通って、今、ネットカフェにおりまする。

ろいりさん。おかえりなさい。
オフ会どうしますか。もしするなら明日十時からがいい。みなさんどうですか。ごはんいっしょにたべよう。ぼんが仕事みたいだし、あれこれ考えていたらこの日この時間鯛しかありません。えめさんにもあわせ鯛、おつしろうにもあわせ鯛、せいこさんにもあってもらって上広川の架け橋地区のこと、はなしてもらい鯛。(これを三時間ですませよう。)場所。前回とおなじガスト上津店。ほかに場所考えてもめんどくさいから。
草野心平。れぎおんの川野りょうそう先生(おいしゃさん)が最期をかかれていたのがわすれられん。流し場におちゃわんがつけてあって。でもだれでも死ぬときはひとりだ。どんなえらい詩人でも。

こんにちは
ろいりさんおかえりなさい。おつかれさまでした。
すみません。明日15日は私の実家へ娘家族と仏さん参りです。
16日はまだ決めていませんが(娘からの電話まちです)、
あと数日いらっしゃるなら夜の部はどうですか?
夕方7時位からとかはどうでしょう。

いそがしいですね。おぼんはお客さんが多いです。
うちは昨日、仏具みがきと大掃除やっと済ませて、なんとかおしょうろさんに顔向けできました。
せいこさんち、あしたお客さんて。イチジクはないって喜んでくれた。うちは明日父母がお客さんにいくほうです。誰もいないわけにはいかないですよね。
おしょうろうさんがおられますから、やはりあしたは×でしたねえ。なんとか調整できますように、全員そろいますように。おしょうろさんにおねがいしよう。

16日10じはOKです。夜だったら18日が休みなのでいいのですが、呂伊利さんはいつまでおられるの?
オフ会の設定はほんと難しいね。男一人でも呂伊利さんは来るのかな?

ほんとだ。ろいりさんはいつまで休みなのだろう。
おーい。ろいりさーん。へんじー。へんじー。

こんばんは。
きょうは、わざわざ暑い中にきてくれたのにお茶もさしあげんかった。ごめんね。玄関口で帰らせちゃって。
いちじく。冷えててとてもおいしかった。
たくさんにありがとう。
実はいちじくの樹は一本植えてるのですが、ならんっちゃん。わたしが日に三度食事がわりに食べてもいいくらい大好きなわけで。それを聞いた近くの方から木を分けてくださったんだけども、なんでだ?実がなりません。
きょうは父の兄弟が見えておりまして、あの後、ガラスのお皿に盛って出してさしあげました。88歳のお姉さんと83歳の弟に。冷たくておいしかったと喜んでいただきました。


わが家は両親がいるので、日本の由緒ただしきお盆らしいお盆(笑)を過ごさねばなりません。まだ父の兄弟や甥っ子たちや父のいとこたちまでがほとけさんまいりに来てくださいます。短時間で帰る人が多いので助かりますが。

で。15日の明日は実家に行きます。実家の母の兄の新盆でもあるので、そこにおまいりにも行かねばならないので、お昼のオフ会は厳しいですね。16日、お昼はだいじょうぶです。夜の場合、18日の夜は用事があって抜けられません。
返事が遅れてごめんなさい。

せいこさん。いちじくよろこんでくれてありがとう。
そのまま放置しているとすぐ虫がきてやわらかくなるので、いちご作っていたころの冷蔵庫にいれておきました。朝もいだものです。
福山雅治の蜜柑色の夏休みって歌がだいすきになったのはなんでだろうか。と思っていたら、歌詞のみかんてところをいちごにかえたら、とてもよくわかるからでした。(むかし、こどもたちは母=ばあちゃんのことをいちごおばあちゃんと呼んでいた。)
「西の魔女が死んだ」にも、山のなかでワイルドストロベリーを収穫してふたりでジャムを作るシーンがあります。
コメントのへんじにはなってないなあ。笑
雨ばかりふります。ふってる。

もしも夜なら、18日でもいいごとなった。
会議は19日に変更します。
まだ、連絡してなかったけん、
だいじょうぶみたい。

22,23の土日、NPOのホームステイ事業。
そのための地元との打ち合わせ。

てことは、あしたの十時からか、十八日の夜七時からか。選ぶのはろいりさんでござる。

私は17日月曜から仕事です。といっても三時までなんですけどね。17日は高橋甲四郎先生のお父上、高橋昇博士のことについての講演会が文化会館でかどこでかあるそうで、らんちゃんに行こうと誘われていましたが、ボスが待っているし、仕事十日分の伝票整理が待っているので休めません。

 はい、今朝メールで返信したとおりです。気まぐれな母がせっかくその気になったので、明日はヨメと父と一緒に4人で、日田に墓参り&掃除に行くことに決まったのが昨晩のこと。腕と度胸じゃ負けないけれど、なぜか女にゃちょいと弱いので、男一人はちとつらいがお手柔らかに(彦さんは?)。また、特に連句や和歌や俳句についてはたいした話もできないので、それもご承知のほどよろしく。
 このブログはネット喫茶でしか見きらんので、これ以外で何かあったら携帯にメールください。

いま、みました。くじさんじゅいちふんにきてました。
ありがとうございました。
八月二十一日早朝に新幹線で帰る予定。とあります。
あしたは日田墓参りならば、十八日夜七時、ガストになりますね。ファミレスなのですが、席あいてそうな気がします。
でも予約しなきゃいけないものなのですか。
さっき、戸畑から帰ってくるとき、三号線を通ってきました。いくときは、200号線、ひやみず峠を通って、今日は只、飯塚経由。
ガストは何店だったろう?と確かめたかったのですが、上津店、または上津荒木店のどちらかだろうと思います。というのは、先日歩いたダイソーの道のちかくだったから。あっとおもった。八女から見て、でか観音さまのちょっと先の上津荒木の信号の左のかどにあります。
ではお願いします。歌を一曲。なんていいません。

きょう朝突然、鍬塚聰子さんからメールがきて、ご主人が急逝なさった、と。ことばもでないほどびっくりしました。64歳だったそうです。しぬまでになすべきことのすべてをやってしまったかのような、やすらかなおかおでやすんでおられました。
まだだれもいらしていない戸畑の斎場で、くわつかさんにお話をきいて、それからほとけさまのお顔をおがんで、失礼ながら通夜には参拝せずにかえりました。
男女二人ずつのお子たちを全員大学院までやって就職させ、じぶんは悠々自適の身になって四年、手に入れた山野三百坪に家を自分でトントンコツコツ造りながら、歩こう会の仲間たちといっしょに飲んだ日、そのまま眠るようになくなった・・・とのことでした。かささぎはなぜか、うらやましいとおもいました。
鍬塚聰子さんはとても華やかな方で、いろんな活動をなさっていますが、ご主人はとても地味なかたでした。わたしは鍬塚さんの引きで大分の俳句誌『樹(たちき)』に入ったのです、鍬塚さんには恩義を感じています。鍬塚さんと連句をやっていたころをおもいだし、もう一度しませんか。と書いたころ、こういうことがおきていたとは。にんげんの運命はわからないものですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。葬儀は明日だそうです。戸畑区の積善社です。(夫の実家の近くでした。)

まだ一度もお会いした事はありませんが・・・
ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

鍬塚先生は樹誌上でいつも解説をしていただいています。不出来な私の俳句を、時々取り上げて、ときどきほめてくださいます。
とても励みになっております。続けてのご不幸だと思います。気落ちなさっておられるでしょう。ゆっくりと時間をかけて、戻って来て下さることを念じております。

18日の件、了解しました。彦さんも来るそうです。

18日の件、了解しました。
上津バイパスの、
3号線との交差点付近のガストですね。


鍬塚さんとは先月会ったばかり。
相変わらず精力的な活動をしておられ、まぶしい魅力的な女性ですが、あれだけ自由に活動できるのはきっと家庭という基盤がしっかりつくられている証でもあろうと思いました。きっとご主人が精神的な大きな支えになっておられたのではないでしょうか。鍬塚さんを輝かせるための屋台骨であられたのにちがいありません。

おふたりの父上につづく、あまりに早すぎる死。どんなにかおつらいことでしょう。お悔やみのことばもありません。ただただご冥福をいのるばかりです。

おはようございます。
18日了解しました。 夕の来客があるので少し遅刻するかもしれません。すみません

では。そう今からメールします。
ひだりしりべんぷがいたい。なぜ。昨日の八時間の運転か。
しまった!どなたか阿修羅みたい人はいませんか。
期限、今日限りなんだったわ。いけるはずだったのに。今から親戚まわりしなきゃいけなくなりました。
どうぞおっしゃtってください、さしあげます。笑
もっとはやくいえよ!(じぶんに)こういうもんだねえ。

券は一枚だけです。

ユーミンに勲章だからかな

こちらありました
産休

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入江たか子林泰文テゴマス佐藤春夫荒井由実。談義。:

« 風はどこから吹いてくる空はどこへと続いてる  八女戦国百首 | トップページ | うたの下にあるもの  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31