無料ブログはココログ

« 筑後平野の夏木立 | トップページ | 軍手とノンフィクション »

2009年8月 6日 (木)

久留米図書館城島分館

酒蔵かとおもった。

とてもすてきな図書館でした。
『砦に拠る』松下竜一著(ちくま文庫)が閉架にあった。

« 筑後平野の夏木立 | トップページ | 軍手とノンフィクション »

コメント

旧城島町の図書館ね。
インガットホールという愛称で有名な複合施設でした。図書館にジュニアコーナーがあるったい。あれが人気が高かったらしいよ。
「インガット」の由来はちっご弁でいうところの「いんがっとしとらす」の「いんがっと」であったと記憶しとります。

あ、それきいたことある!
なんもしらんでいったっちゃ。

三潴公民館、よくわかったね。入り口のところにあるブラームス石井と言うパン屋さんがおいしくて安いよ。ここの奥様が、偶然「BUN」の先輩で、美人です。
コメントが変な入り方してます。削除してね。
「れぎおん」届きました。くろねこさんは相当迷ってあったらしく、広川より2日おそくとどきました。

あれ、コメントはいってなかったね。変なの。

以前一回いっていたのね。
ここにインがっとホールも併設されていたみたい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米図書館城島分館:

« 筑後平野の夏木立 | トップページ | 軍手とノンフィクション »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31