無料ブログはココログ

« ひさかたの(枕詞じゃないよ)乙四郎語録のまとめ | トップページ | 久留米図書館城島分館 »

2009年8月 6日 (木)

筑後平野の夏木立

城島のきれいな体育館で、久留米図書館の城島分館はどこですか。
と尋ねたら、そこにいた人が「わたしのあとについてきてください」と車で先導して、親切に教えてくださいました。

« ひさかたの(枕詞じゃないよ)乙四郎語録のまとめ | トップページ | 久留米図書館城島分館 »

コメント

この写真最高ね。
美しき日本!よ。

なーんにも荷物持たないで雲を見ながらここをとことこ歩きたいね。

「なーんにも荷物持たないで雲を見ながらここをとことこ歩きたいね。」

さくらさんもそう思われましたか。

あまりにもうつくしかったので、道案内しますとおっしゃるかたをちょっとまたせてでも、一枚写さねば気がすみませんでした。

城島にある会社に通っていた時は、これが毎日の風景でした。筑後川の土手沿いは背振の山々と雄大な筑後川と、広がる水田で、毎日でも決して見飽きる事がなかった。
いつも俳句におさめようと試みるのですが、雄大すぎて具にもつかないものになってしまいます。(単にへたっぴーなだけですけど。)

現在は街中を通る道が通勤路です。それでも植木や田んぼ沿いの草花で季節を感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑後平野の夏木立:

« ひさかたの(枕詞じゃないよ)乙四郎語録のまとめ | トップページ | 久留米図書館城島分館 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31