無料ブログはココログ

« ヌーとしまうま | トップページ | 時間をおいて又みるということ »

2009年7月13日 (月)

日本農業新聞

があったので、なつかしくて一枚。ぴんぼけですが。

写真は田門くんという名の田んぼ用の小さな水門、一定の水量になったら、電動で感知して調整してくれるらしい。いそがしい二枚舌、じゃなかった、ほれ、なんていう?兼業農家!その兼業のサラリーマン農民に、わざわざ会社を休んでまで田まわりしなくてもいいようにと、開発されたものらしい。んで、最大の欠点は無線ではないので、草刈のとき、ひっかかる。
なんてこったい。

« ヌーとしまうま | トップページ | 時間をおいて又みるということ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本農業新聞:

« ヌーとしまうま | トップページ | 時間をおいて又みるということ »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31