無料ブログはココログ

« ケニア滞在記  乙四郎国際協力編 | トップページ | かるがも物語 »

2009年7月 1日 (水)

budさんの歌仙名残裏1

きのうはココログのメンテナンスがあっていたようです。

朝送信した写真三枚も届かなくて、ブログにも接続できなかった。
こういう場合、(あとで接続が回復した場合)送信した写真を待つべきか?
一週間で到着したこともあるのです。
なにを送信したかといえば、さくらさんのミニ本の写真です。
アコーディオンプリーツに折られた小さな絵本。
写真でみせる絵本。「かるがも物語」。

さて、bud さんの句が届いていました。

ばどさん、気もそぞろのときに、どうもありがとうございました。
ばどさんをご存知ない方々へご紹介をいたします。
「のんだくれ博徒」「輪のぼやき」というブログの主です。
こういう文章をかかれます。

1「発した言葉がある」一年間のつぶやき句集
http://622.dtiblog.com/blog-entry-237.html
2「忍び寄る危機」政治へのぼやき
http://622.dtiblog.com/blog-entry-236.html

歌仙『ややこ生る』

1目に青葉やま時鳥ややこ生る      恭子  
2  夏霧はれて現(あ)るる玉石     ぼん  
3蚤の市自転車こいでTシャツで     さくら 
4  学生街の行きつけのカフェ   乙四郎  
5望の夜の甍に波のさやぐらん     らん  
6  田畦豆(たのくろまめ)を小筵に入れ  整子

裏 

1秋扇追ひ払ふものと救ふもの   ぼん
2 鳥栖に栄えし久光製薬      恭子
3切れっぱしばかり溢れる抽斗に  さくら
4 心の宝こはしてごめん       乙四郎
5なみだ雨素知らぬふりの六地蔵   たから
6  寒月ゆれて刹那きらめく   えめ
7モスリンのジャケツが脱げぬ昼日向  整子 
8  グランドゴルフ赤白黄色    ぼん
9俳諧は卑俗で俳句は高尚で     恭
10 ゆったり下る野辺の春川      らん
11花の雲流れ流れてどこの空   彦山
12  陽炎の芯犯しだす午後    bud
ナオ

1静まらぬ鼓動に百千鳥響む     整子
2   恋文一つ渡せないまま     兼坊
3やさしさの沁みこまぬよに拳分    たから
4   激情愛情そして平常       ぼん
5地球よりおおきなものの居座りて 乙四郎
6   キュウリの方が多いポテサラ  えめ   
7展示会臨時雇ひも客にされ      恭子
8   昔の蔵の賑はひいづこ   乙四郎
9ほつほつと白き稜線描く風      らん
10  ポーズつくりし父の写真よ    ぼん
11十六夜の向ふにケニアありにけり  整子
12  
提灯燈り盆踊り舞ふ       えめ

ナウ
1稲架くぐる黄色い帽子田に転び   bud
2  丸い石置くポチのはかどこ    恭子  
3雑
4春
5花
6挙句

ばどさん。いい味わいの句をありがとうございました。
とてもいい句です。
気もそぞろのときに句をだしてもらうこの親心、老婆心がわかりますか。笑

『パーマネント野バラ』という西原理恵子の新潮文庫の漫画。
娘が好きでいらんいうのに私に押し付けるのですが、そんな味わいがある世界。
なさけがたっぷりしみている。
わたしはつい泣きたくなる。なんだか無性になつかしくなる。
たかむらの真っ青な歯茎がぶつかりあってカーンカーンと鳴るような。
たかむら。高村ではなく、竹冠に皇帝のこう一字の。
ポチを埋めた裏のたかむら。と最初はつけたかった。
だけど花句がもうすぐ来るので。

つぎをまた雑でおねがいいたします。
と、ここは同級生の丸山消挙におねがいしてみるか。

この人もなにかつくりたいのではないかと思う。
原爆忌の句をよんで、そうかんじた。

ほかにも連句へお誘いしたいひとがいる。いっぱいいる。全部おとこ。
それはかささぎが女だからで他意はありません。笑。すみません。
あべしげさんとか、長崎の前川さんとか、中津の横山康夫さん、それから大牟田の連衆誌主宰の谷口慎也さん、あと大江希望さん、fuakiの日記のあるじ、久坂夕爾って人、片岡元雄って人、それから太宰府のことまちブログのあるじのテルさん、。詩人の大岡信さんや高橋睦郎さん今村冬三さんも興味があるけど、プロはお金がかかるのが難点。貧乏だからお金のやりとりなしでやりたい。(手前勝手なことをよくもしゃあしゃあと)。

ろいりさんには花をだしてもらいたい。あおい、葵について、もう少し調べてみてください。
わたしは暇がないので調べられないのですが。

ということで。
これはぼんのお孫さんへのお祝い歌仙ですから、ぼんが「しんたん」と呼んでいたらしい幼馴染へ一句たのんでみるのがスジでしょう。
かささぎと東妙寺らんとぼんと丸山消挙とは高校で二年間同級でした。
いま、老いはじめた親をかかえて苦労しているようです。
元気だせやとはげましたい。親より自分がふけてどうする、と。

なにかだしてくれるでしょうか。頼んでみないとわからん。
かささぎも頼みますが、ぼんも頼んでください。
幼馴染の一人せいこさんも言ってくれるとありがたい。(苦笑)

« ケニア滞在記  乙四郎国際協力編 | トップページ | かるがも物語 »

コメント

おはよう。

表2句目に「石」の字があるけど、離れているから良いのですか?
孫は十月十日でうまれる。歌仙も生みの苦しみですな。

あまりよくない
離れていてもほくとわきにあることばはふまないがいい

1稲架くぐる黄色い帽子田に転び   bud
2  秘密の基地にみんな埋めた   恭子

一度だけ犬を飼ったことがある。
弟の最晩年のころから二年いました。が、フィラリアで死に、庭の西のほうの隅に埋葬しました。
そこにはその後バラの花が植わり、年に二回きれいな花がさく。
ぼんの指摘どおり発句脇という目立つところにあることばを不用意にもだしていましたので、変えました。

つけてくれないなあ。
ここで恩にきせよう。
実は一昨日らんちゃんがいい句をつけてくれてました。
おそれいりやのきしもじん。
それ、くっつけよう。
まるやましょうきょさま、つぎはぜひつきおうてください。

1稲架くぐる黄色い帽子田に転び   bud
2  秘密の基地にみんな埋めた   恭子
3レクイエム開いたままの大蛇腹   らん
4  春
5   花
6  挙句

では、春の短句をおねがいいたします。どなたもどうぞ。やってみようよ。


もうひとつものいい。

グランドゴルフの句の黄色とbudさん句の黄色。
何回も読み直しているのに今気づいた。
変わりの句、考えます。しばらくお待ちを。

おはようございます
短句で春。

☆ 蜂の巣つつき童かけだす

☆ 貝湧き出でて干潟賑わふ

差し替え句 案

1  上がる歓声グランドゴルフ

2  グランドゴルフどよめきの技

1、春挽糸が描く地上絵
2、戊(つちのえ)の日のつばくろの羽
3、お社日さんに赤飯そなふ

差し替え句第2案

ボールスティックチップもお揃い

老いも若いも時を忘れて

ぼんちゃん。なんどもすぐやってくれて、ありがと。
だけどもさ。そのままにおいておこうよ。
あの元句は、前句のモスリンのシャツがからだにまといついてなかなか脱げない。というとこからやってきた句で、着替えて体操服になった。それが赤白黄色という原色。そういえばそうでした。わたしも行ったことある。一度やったこともある。けっこう難しかった。ちょうどいい運動量。
気になりだしたら気になってしようがない色の重複。
それをこのままさいごまで置いておけるか。さあどうだ。

いいのかな、それで。
よければやはり『赤白黄色』がいいよね。

筑後川の土手で大きな大会があっていたらしく、たのしそうだった。大雨で、グランドは水没していたかもね。

ゴルフ場水没してたし ベンツがおちてもいた おかげさまで仕事いただけました
冠水道路 徐行誘導員

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: budさんの歌仙名残裏1:

« ケニア滞在記  乙四郎国際協力編 | トップページ | かるがも物語 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29