無料ブログはココログ

« 蝉の庭 | トップページ | 青木繁、連句的 »

2009年7月18日 (土)

折り紙ランタン(ろうそく立て)

ランタン立て

  手の出演:山下整子(親指、なが!)

午後から大川市であった家具と絵本のカーニバルに行ってきました。

ここです。

鬼古賀の広松木工http://www.hiromatsu.org/
日記の広場の鍬塚さとこさん(『樹』、『兄(あにはからんや、のあにが正しい、山の下に豆)』『九州俳句』所属)から突如お誘いがありまして、急遽、声かけられる範囲で声かけて、絵本読み聞かせ活動中のヤマシタセイコをゲットしました、きてくれた、ありがと!
若いちちおやははおや、あーんど・ちびっ子あかんぼがうじゃうじゃ。盛況でした。
えーと、絵本人気作家のサイン会とか、あってた。
魔女の扮装のおねえさんたちがいたり、。

ひさしぶりの鍬塚さとこさん。
三年前でしたか、『二人日和』を小倉で一緒に見て以来です。
どひゃーってくらい若いし、なんともいえずかわいく色っぽいひとなんです。
十歳年上なのに。
ほんとに自己嫌悪しますねこの人の横にいるのは。
せいこさんに和紙でランタンの折り方を教えてくださいました。
よみたい絵本が400冊!家具もとってもきもちのいいものでした。

わたしはくわつかさんに新聞の手提げをいただきました。
それには手作りのヤマモモじゃむがはいっておりました。
かささぎかんげき。

ややももさんのご紹介:
さとこの日記の広場:http://satokono.littlestar.jp/frame-bbs.htm

« 蝉の庭 | トップページ | 青木繁、連句的 »

コメント

きょうは声をかけてくれてよかった。
ありがとう。
まさか、さとこさんにお会いできるなんて。
何年ぶりだったろ?
秀野ノートの出版記念以来かな?
こっちは確実に歳喰ってんのに、なんだろ?あの若さ。博多での初対面以来、歳をとられていない気がした。かわいいし、魅力的だし。

しかしですよ、きみぃ!
記事をアップすんの、早すぎねえか?
び~っくりだよ。

kyoukoさんseikoさん
会えて嬉しかったです。
いやあ、お二人とも変わっていない。
お互いにそう思って間違いない。

八女インター降りると知って、連絡したのだけれど、そこからまたずいぶん距離があって、大川と八女はそう近くはないのでしょ?
ありがとう。

瀬高まで運良く送って下さる方がいて、今帰り着きました。
みたらびっくり、もうUPされていて。
ありがとう。

らんたんは、ワトソン紙50㎝四角。
一度折ったら、広げて水にぬらしスポンジでざっと拭き取って、絵の具を垂らします。絵を描いても良いけれど、垂らしたのが模様になっていくのがいいのです。乾いたら食用油にエッセンシャルオイルを一滴まぜたのを両面塗ります。
乾いたらもとのように折ればランタンのできあがりです。
蜜蝋燭を灯して見つめるといい気持ちになりますよ。


写真は撮ってすぐ送信した。
記事はごはんつくってすぐ書いた。
こういうの、なんていうんだ?
はやいのやすいのまずいの。よしのやか!
くわつかさんはちょっとグラマーになっとんさった。
なつかしいというよりずっと切れ目なくつづいていたものにつながったかんじでした。
お父上がなくなられたことについて、なにか書きたいとおもう。くわつかさんのお父上は、寺本直さんとおっしゃる熊本の俳人でした。しばらく樹におられたから、句をおもいだそうとするんだけど。
筆洗の水捨てにけり薔薇の花
だったか。このリズムだったか。
なにしろ十五年近く前の話です。
違っていたらごめんなさい。
この句は一読後、ありありと薔薇の色までが眼にうかぶような気がしました。
ベージュみたいな微妙な色の薔薇。
寺本直さん。
享年95歳。お疲れ様でございました。ただ一度きりの邂逅をなつかしく思い出しております。

親不孝なわたしは寺本直さんの俳句を一句たりとも覚えていません。
恭子さん。ありがとう。
今「樹」を引っ張りだしてきました。

2000年の12月号104号

眼をなめてくれし母あり日向ぼこ 直

作品展望でとりあげて割と長く書きました。
106号が最後みたいです。
天真実くんの

少年の雑煮の持ちの長さかな

が隣にありました。

父を覚えていてくださって、ありがとうございます。

失礼でした、苗字が一字ちがっていて。
訂正しました。
それと。
ぼんぼり連句を必死で打ち込みました。
今しかやるときはない。とおもった。
ものすごく感動した。ことばにできない。

当時浪人生になったばかりだった黒井剣くんは、いま、どこで何をしていますか。

ろうそくランタン、時に訪問があります。
きょうは、こんなかわいらしいサイトを発見。
つけておきますね。せいこさん、こどもの日記教室のさとこ先生にも教えてあげれば、教室でちびっこたちと作られるかもしれませんね。

あら、かわいいですね。
そして、とても簡単。
クリスマス会で、こどもたちに作らせたい。

近年、地域の子供会からもおはなし会の出前要請があるのですが、おはなしだけでは時間を持て余すこともあります。
そんなときには、20分でできる工作をやるの。
それにちょうどいいかも。
メモっとこ。笑

夏のキャンドルナイトに参加したとき、ちいさなこどもたちが多くうろうろしてました。そのとき、ろうそくのあかりにわくわくしていたので、こういうのをやったら、いいのではないかな。とおもう。親も楽しいしね。それにさ。三百円の参加費が和ろうそく代になるのですけど、味気ないのよ。写真のせいこさんの手にあるやつは、むずかしそうだけど、もっと簡単につくれるなら、それをつけて五百円でうろうよ。(笑。こらこら

おりがみランタン検索120万件中2位!
1位は動画つきのこれ↓。
かささぎ思うに、このランタンも動画つきだったら、堂々のぶっちぎりの1位もんです。だって、こっちのほうがデザイン的にきれいだしシンプルかつ複雑です。

滞在時間 8分22秒 閲覧ページ数 2ページ 参照元 おりがみ ろうそくとろうそく立て クリスマス

ここです!

ここにおりかた、あります↓

まず、これをみる、
んで、八面か、数える。
八面だっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/30594654

この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙ランタン(ろうそく立て):

« 蝉の庭 | トップページ | 青木繁、連句的 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30