無料ブログはココログ

« ドヌーヴ映画と六つ門とつくしの地名とハイカイ談義 | トップページ | 梅雨明け間近 »

2009年7月 8日 (水)

国際協力と地域経営学との接点

竹橋乙四郎は帰途についたんでありますね。
ドバイの空港からコメントがきてた。

ドバイってあの神をもおそれぬ高層ビルを建造中のとこでしたよね?

技術協力プロジェクトというのは、一定の成果を一定の期限内に達成することを目的として、あらかじめ合意した協力計画に基づいて実施される国際協力事業です。

プロジェクトの実施財源は相手国政府も日本国政府も共同で負担しますが、折半ということはなく、圧倒的に日本側負担のほうが大きく、日本人の納めた税金でプロジェクトが実施されていると言っても過言ではありません。

字がちいさくてすみません。上記、学長ブログからひきました。
お金も人も技術も日本がだすんだ。
そんなこと、乙四郎ブログよむまで、ちいとも知らなかった。
知らなくても生きていけますが。
知ってよかったとおもう。
そういう地道な仕事をなさっているかたがたがいらっしゃるということを。

このところ乙四郎がいなかったのはさびしかった。
職場でもいつもとなりに座っている柳川の青年が、忌引きで数日欠席中。
マイボスとふたり、「あれ~。なんかあの子がいないとさびしい!」。
ふしぎな存在感があるのです。地味な子でとってもまじめなこまごまと動くすなおな子。
わたしのむすめと同い年だと知り、あまりにも幼いので、人事ながらなんとかしてあげようといらぬ老婆心をおこし、
「もっとあそびの映画みたらいいよ」ってすすめました。
ふだん、ニュース番組とかこちこちのしか見ていないというから。
「キューティーハニーとか、楽しいし、ばかっぽいけど絶対にこにこになれるよ」
といったら、そうですか。とすなおにきいてくれた。

キューティーハニーはむかしの映画だったんだな。
冬樹蛉あたりがすきそう、なにか書いてないかな。
とおもって、ふゆきれいブログに久々にいき、検索したら、ひとつヒット。
これです。

http://ray-fuyuki.air-nifty.com/blog/2009/07/post-207d.html

あれ。はりつけしたの、ちがってた。

もう時間ないし、これでにげよう。

えめさん、ぼんさん、まりさん(たからさん)、せいこさん、らんちゃん。
御深い、じゃなかった、オフ会したいですね。清書してもっていくから。

ああらんちゃん。とうとうお習字ならいにいくとこ、まだみつからないよね。
ボスにきいてみようか。筋金入りの昔かたぎの久留米人です、(青木繁の一族だとかささぎは信じている。)こころこもってたら、いいのではないかと。

うわわ、じかんがねえ。まだ化粧もしとらん。服もきがえとらん。
ぱじゃまのまんま。笑

五分でそれ、やる!!

seikoのとこで、こんど乙四郎を講師にまねいて、国際協力のはなしをするのだそうです。
みんなききにいってね。
まりさんもらんちゃんもいってね。ぼんもいけたらいってね。

7月21日。帰ってからはりつけます。

山下整子ブログ『31文字倉庫』:
「学長の講演会」
http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-757f.html

« ドヌーヴ映画と六つ門とつくしの地名とハイカイ談義 | トップページ | 梅雨明け間近 »

コメント

朝十五分でばたばたとかいた上の文章、なんじゃらほい。題と内容がぜんぜんちがうやん。いや、題をかいたときは、そういう内容の文をかっちりと書こうと思っていたんだけど。笑。やっぱかささぎ族やけんね。
間違ってはりつけた冬樹れいブログですけど、。
みてみたら、とってもおもしろい。
ひまならひらいてよんでみてください。どちらさまも、本音で激論してる、それも炎上するぎりぎりの線をみなが意識して。これ、えらいよねえ。

ふゆきれいさんのブログ、行って見ました。解りやすいのだけを読みました。「女子高生」のは笑いました。
「自民党?」は大笑いしました。
「脳生は人の生か」・・・今後考えるべき事ですね。でも、明日には忘れてる?
明日は手芸の日。
かささぎどん、英語はいかがでしたか?今日はちがうのかな。

きょうはなかったよ。

本日夕方のRKB番組「世界遺産」でヌー大移動が放送されてた。
つい先日まで、ヌーの群れを横切って歩いていた自分が夢みたいです。
7月はアフリカのヌーが一斉に走り出す時期。
ヌーの暴走といえば、ライオンキングでシンバの父ムファサの死因。
幸い、まだヌーは走っていませんでしたが、シマウマの群れは乙の直前を横切ってゆきました。
自然と一体化したひとときでした。
日本ではなかなか経験できないことです。

ぬうは知らないけど、縞馬はしってます。さすがに。
ちょうど前田師から付け句で縞馬の印象的な句をいただいたのでつけたばっかり。

  ここから先は標識もなく     有杜
縞馬の縞はジュラ紀の神業か  圭衛子
  胸が苦しいときの葉たばこ   恭子

つけすじがみえません、自分でつけていながら。

乙さん。ご無事にお帰りになったようですね。
以前、テレビでヌーの大移動の壮絶なドキュメンタリー番組を見たことがあります。母親とはぐれた子どものヌーの姿が印象的でした。

壮大な大地を走るシマウマの群れ。
画像でしか知りません。
強烈な印象なのでしょうね。
アフリカの大地はどんな匂いがするのだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力と地域経営学との接点:

« ドヌーヴ映画と六つ門とつくしの地名とハイカイ談義 | トップページ | 梅雨明け間近 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31