無料ブログはココログ

« 呂伊利さんの駆け足投稿から | トップページ | budさんの歌仙名残裏1 »

2009年6月29日 (月)

ケニア滞在記  乙四郎国際協力編

2009 年 6 月 25 日 木曜日

本日(日本時間では昨日)、ケニアに入国しました。

ソウルとドバイの二つのハブ空港を経由しての到着です。

ソウルでは、日本からの便の搭乗者全員に詳細な質問票への記入が求められ、さらに、全員の体温が検査されました。

ドバイ空港では、世界中の人々が交差する超巨大空港であるにかかわらず、乗り換え客への検疫はありませんでした。韓国からの便だったからかもしれません。

ケニアでは、入国審査に並んでいるところへ検疫官がやってきて、

「日本人か? 日本人ならこれに記入しなさい」

と、質問票が渡されました。

<インフルエンザA H1N1 サーベイランス票>

と書かれた質問票で、自覚症状や滞在先について詳しく記入させられました。

また、入国後2週間以内に具合が悪くなったら受診医師に渡すべし、と書いた紙も

渡されました。

その紙には、この紙の所持者はインフルエンザ流行国から来ているので検体を国家インフルエンザセンターへ送るべし、と書いてあります。

ちょっと前の、日本へ入国したメキシコ人が味わったであろう気分の追体験です。

(乙四郎のケニア滞在記は、学長ブログをご覧下さい。)http://www.healthcare-m.ac.jp/app/gm/archives/category/international

↑クリックすると見ることが出来ます。これが第一回。

« 呂伊利さんの駆け足投稿から | トップページ | budさんの歌仙名残裏1 »

コメント

ただいまドバイ国際空港のラウンジからです。
帰路の途中。

ドバイ空港で800人乗りのエアバス発見!
総二階建て。どでかい!

乙様まだお帰りではなかったのですね。
変なコメント送ったから笑ったでしょうね。すんません。

ドバイ空港。TVでしか見たことありません。広いんでしょうね。お土産話を楽しみにしています。

800人乗り(エコノミークラス換算)のエアバスをネットで調べたら、タイヤは久留米の工場で作られているとか。
今、ソウルの空港からです。
もうすぐ着きます。
どんどん暑くなってゆきます。2週間ぶりに汗びっしょりになりました。

あっそ。
もうかえりついてるんでしょね。ばててひっくりかえってるだろな。おつかれさまでございました。
やっぱり梅雨はあついっす。

ブリジストンは飛行機のタイヤも作っていたのか。
きのう又後ろの左タイヤがパンクしました。
ガソリンをいれにいき、スタンドのおねいちゃんみたいなおばさん(あわわごめんなさいきれいなおねいさまでごじゃりまする、かささぎより五センチも長身の)がめざとく小さなたわみを発見してくださりました。ことし二月車検のときうしろタイヤ二本変えたばかりだったのに。
髪を武蔵みたいなアップにしたおにいさんが、いちばん安いので9000円です、ブリジストンのですから。といいました。
かささぎは内心、えっ高いんではないかに。とおもったけど、かっこいいおにいさんだったので、それで結構です。といってとりかえてもらいました。たは~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケニア滞在記  乙四郎国際協力編:

« 呂伊利さんの駆け足投稿から | トップページ | budさんの歌仙名残裏1 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31