無料ブログはココログ

« 刹那、連句的 | トップページ | 中山宙虫への詫び状 »

2009年6月 2日 (火)

かるらがいた。

かるらがいた睢

下段の左から二番目が「かるら」です。
博物館でもらったビラ。

(らくがき:カンリンという楽器は高僧の大腿骨をつかって作る。

びっくりしたから、ついメモってきた。
博物館に展示されていたのはホネではないようでした。)

« 刹那、連句的 | トップページ | 中山宙虫への詫び状 »

コメント

みんなやることは似ているね。
真木大堂でいただいたリーフレットにわたしが書いた落書きは「迦楼羅」の文字。リーフレットには大火焔とあったが、会場の案内板には「かるらの火炎光背」との説明があったんで、これは短歌につかえるとおもってね。

かるらのるがさくら。ですね。
なんとかやかるらのるーがさくらです。
(あほかっちゅうねん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かるらがいた。:

« 刹那、連句的 | トップページ | 中山宙虫への詫び状 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31