無料ブログはココログ

« 英語俳句 | トップページ | 病気がウツルというときの漢字は? »

2009年6月19日 (金)

杉作さんの恋句。

恋文一つ渡せぬままに     杉作
インフルエンザ君に移され
不倫がばれて免職となり

真夜中に笑うのは、かなりぶきみですね。
いんふるえんざは季語でしょうか。
おつしろう先生、どうですか。
風邪は冬の季語ですから、それに準じるとすれば。
でも今回のは季節をえらばないようですが。

不倫がばれて免職となり。

不倫はほんとに免職理由になるんだろうか?
あと、インフルエンザ君に移され。うつされの字がちがう。
おわらいの一席でした。

歌仙『ややこ生る』

1目に青葉やま時鳥ややこ生る      恭子  
2  夏霧はれて現(あ)るる玉石     ぼん  
3蚤の市自転車こいでTシャツで     さくら 
4  学生街の行きつけのカフェ   乙四郎  
5望の夜の甍に波のさやぐらん     らん  
6  田畦豆(たのくろまめ)を小筵に入れ  整子

裏 

1秋扇追ひ払ふものと救ふもの   ぼん
2 鳥栖に栄えし久光製薬      恭子
3切れっぱしばかり溢れる抽斗に  さくら
4 心の宝こはしてごめん       乙四郎
5なみだ雨素知らぬふりの六地蔵   たから
6  寒月ゆれて刹那きらめく   えめ
7モスリンのジャケツが脱げぬ昼日向  整子 
8  グランドゴルフ赤白黄色    ぼん
9俳諧は卑俗で俳句は高尚で     恭
10 ゆったり下る野辺の春川      らん
11花の雲流れ流れてどこの空   彦山
12  陽炎の芯犯しだす午後    bud

ナオ

静まらぬ鼓動に百千鳥響む    整子
2   恋文一つ渡せぬままに    すぎさく

(あと、たからさんとらんちゃんがだしてないけど。あ。ばどさんもそらんさんもね。
そらんさんへは日曜に桜島へ行ってたのんでくるとして。ばどさんはいきているだろうか。)

選句します。

   追っているのか逃げているのか  おつしろう
   方言ばかりで伝わらぬ恋      ぼん
   改札口でさよならを言ふ       えめ
   おとなになればきっとわかると   きょうこ

おつしろうの「追っているのか逃げているのか」は前句の緊迫感を知らず感知してそれにひびきづけしたものだと想うのですが、一番雰囲気的にびしっとはまる気がします。
ですが。
かささぎはきになるのです。裏たてくの、追い払うものと救うもの。

すぎさくさんの恋文句。
これは前句のもつ生一本な清潔さにつけたものです。
これをとらずばなるまいて。杉作さん渾身の一句。

みなさま。ありがとうございました。
なんだか、だんだんしりあがりことぶきです。

むねがじいんとしてきました。うううれしい。笑

次も恋。長句、季語なし。
きちんと恋をよんでくださいね。また連衆の競作。
理想の恋は、心と体がひとつになったものだろうとおもいます。
(天文歌人の恋歌を読んでいてきづいた。庚申の恋のところです。)

« 英語俳句 | トップページ | 病気がウツルというときの漢字は? »

コメント

うつす【移す】(他五)物事の位置・状態を、他の位置・状態に変える。「病気を-[=伝染させる](新解さん)

ちなみに、伝染る、は吉田戦車による当て字。北にも南にも、日本語の乱れた用法が世間へじわじわと移るのを苦々しく思う文士がいます。

おおおお。

恋句案

1  夢を見るあなたの顔をじっと見る

2  寝たままで煙草くゆらす悪い癖

3  激情愛情そして平常

こんばんわ あいらさん情報ありがとうございました☆

恋句で長句、季語なし。。

☆ 授業中 君のいる席そっと見る

☆ 言えないわ ミキの彼氏に横恋慕

☆ 夜が明けて 君のぬくもり腕の中

みんなすご!
そんな妖艶なのよう書けん。

☆内気でも恋心多し若きとき

☆銀行にプロポーズに来た同級生

☆初恋は社会科の先生地理好きに

↓は、何年か前の保険会社の川柳コンテスト一位
★プロポーズあの日に返ってことわりたい

たまたま名前いれるの忘れた。
さて誰でしょう。

伝染(うつ)るはやはり当て字でしたか。
ありがとう。
これでまたひとつ、賢くなった。

で、↑は、さ~くらさん!でしょ?


付け句、恋の長句。
1、カンタータ媚薬のやうに麝香嗅ぐ
2、挿げ替える下駄の鼻緒の豆絞り

東妙寺らん
1目も鼻も口も苔むす道祖神
2毒虫めしろき柔肌蚯蚓腫れ
3待ち人はもうすぐ来るとおみくじに

もうちょっとまってくださいませ。
まりさんとかささぎどんとだしてない人はだしてくださーい。だしたいしこだしてよかですけん。

おはようございます。今朝は5:30に目がさめました
↑1個目書き間違いました。
  ☆授業中 君のいる席そっと見て

では、安全なよい1日でありますように

おはよう、皆早いね。

皆それぞれに性格や来し方がうかがえる恋句ですね~。想像も現実もありですからね~。

他の方のも読みたいです。
乙さん、まってますよ。badさんはなにしてるんだろ。

1諸九尼の我をつらぬく恋羨し
2伝統のおもさ切なし皇太子
3真横から見れば消えてる土星の輪

1 地球よりおおきなものの居座りて
2 丑三つにメール送りて四つを待つ
3 教えない知っているのはふたりだけ

かささぎの句も乙四郎の句もかたすぎる。
もっとやらかいのだしてほしい。
つまり、色気がほしい。
だれもそのような句はだせないのだろうか。
たしかに難しくはある。
でもそれがないと恋はとてもうすい。
恋は濃いからこいなんだ。
さくらさま、えめさま、ぼんさま。
なにかその「はだがおもさをおぼえてる」(やしろあき)みたいな、そんな句、つくってくれませんか。
どれもよんでるこっちのほうがはずかしくなるほど、うぶすぎる。やいこら。だてにとしだけとんじゃねいやい。芸をみせてよ。皮膜すれすれの勝負をしてほしい。

きのう仕事してたら、となりのへやから「ウウウワーー!!」といううめきごえ。
なんだろうとおもったら、禁煙の禁断症状にたえかねた隊員さんのうめき声でした。ぎょっとしました。

リアル。ほしいのはリアル。それも肉感のエロス。
前田圭衛子師の求めておられる恋の次元まで、到達はできないまでも、すこしくらいはひっかかりたいものです。

八代亜紀の歌詞がちがってました。
「ひざがおもさをおぼえてる」・・・○

かまつかや肌が覚えてしまひけり  櫻岡素子
  句集「野の花」より
竹薄く裂かるるばかり秀野の忌    〃
 
人間探求派とよばれた俳人達がいました。
鶴の石田波郷もそのひとりでした。
こんな句があります。
人さまのブログからコピペしますが、お許しください。

妻よわが短日の頬燃ゆるかな

 句のコメントに「熱やまず」とあるように、読んだ通りに病床で熱が下がらずにいるのだろうと思う。自分の身を案じている妻へのいとおしみが感じられるようで好きです。私などは、「短日」を、人間の人生そのもの、そのはかなさ、短さと重ね合わせて読んでしまいますが。(このコメントはここのブログマスターのものです)

さて、かささぎは、今朝さくらさんのブログにいって、少女がひとりでかくれんぼしている写真をみました。
それをみているうちに、しまおかしんの詩「かくれんぼ」を思い出し、検索したら、このブログにたどりついた。鬼をまつのはいつもおんな。とかいてあるのが印象的でした。
で、上記の石田波郷の一句です。
このブログマスターの詩人のいわれるコメントというのは、俳句の前書きをさすようです。
 
 熱やまず
妻よわが短日の頬燃ゆるかな  波郷

と、これで一句なのでしょう。
かささぎは十年前に読んだ俳句の本『エロチシズム』雄山閣書店刊、をもっていたのですが、それを今よみたいのですが行方不明で、みつけるためには本の山を切り崩し発掘しなければならぬため、断念するとして、きおくで書けば、結核のやまいは、断念しなければならないやまいであった。なにをか。合体を。その視点がなければ、この抑えた慕情の沈静する欲情の一句はわからないってことになる。
以前ぼんのところで太宰治がでたとき、『満願』を紹介しましたがあれとおなじです。
それを知ってよむのと、なにも知らないでよむのでは、おなじ「短日」でも、せつなさの度合いがまるきりちがいます。

ってことを、かささぎは、たまたまであったブログの詩人のコメントから、思わせられたことでした。

ま。なんのかんけいもござんせんが。
ウツルが移るだって知ったこともあるかな。笑

銭湯と言いつつ走る安下宿

首すじのあざを隠して月曜日

こんばんわ
2区間の・・・じゃなかった肉感のエロスですか・・☆
ふむ~☆
以前読んだ伊集院静氏の書籍で、恋と愛の違いについて書かれていたもの(部分)がありました。
俳句には恋句というジャンルがありますが、愛句というものはあるのでしょうか?
愛してる・・と、 恋してる・・。。

ぼん。ありがと。いつも即。ありがとう。
えめさん。
高校生のころ、ともだちとこういう話をよくしていました。
「もし結婚した相手がうわきをしたらどうする?」
「ないてすがる。」
「いやだー!!」
「わかれる」
「じぶんもうわきする」

このなかでどれがいちばん好もしいか。といいますと、やはり一番の「ないてすがる」ではなかろうか。とおもいます。こういうのに正解もへったくれもないのですが、たぶん正解があるとすれば、これ。
さいていなのは、さいごのじぶんもうわきする。
これっておんなとしてさいてー。
というような論議は一応へてきたとおもう。笑
それとか。
だんだん情がうつってきて。というような台詞。
愛情では人はもたない、けっきょく、情のふかさだ。とかいう、口先だけでわかったようなかんじになるようなはなしも、していました。

愛句というジャンルは恋句でより述懐句、でのべられることがおおいような気がします。
この最初のところで、ぼんが出してくれた三句のさいご、短句「激情愛情そして平常」ってあります。
あれは見事な恋ばなれだとかんしんしました。
ふうふになるってそういうことなんですものね。

ところで、連句では恋を必ずよみますが、連句会では連衆との恋愛はご法度です。それを破れば即破門になるのが一般的みたいです。

オットが浮気したら、泣いてすがる?
ふん!
間違ってもそれだけはせんばい。
仕返しに浮気するようなこともしません。
わたしなら・・・、
そうね、ばっさり捨てる。
もしくは、きっちり落とし前つけてもらう。恐っ。

二区間じゃなくて、肉感的な恋句。
エロス。
むつかしいなあ。

1、臍の緒でつながるやうに君とゐる
2、お前さまの膝貸してくんろ つつつつつ

銭湯の句は、瀬戸内さんの若い頃の作品にあったものです。
長い事同棲している相手の目を盗み、若い学生さんとの恋に走るお・ん・な
銭湯に行くと言って出かけ、下宿に行き、事を済ませて、ばれないように流しで髪の毛を洗って帰る。
ひエーって思ったね。走って帰れると言う事は近くだっていうことジャン。こんな恋はしないぞと心に決めた。

鹿児島までお疲れ様でした。

1. 君居りし幾多の四季は風の中
2. 温もりの沁み込まぬよに拳分
3. 霞みても君は君なり桜島(恋句?)


ここに
しまおかしん かくれんぼ

検索で見えました。

ありがたく。

約39,300,000件中、8位。

なにかわかります?

「恋句」検索です。

びっくりしました。

ここへどなたさんかおみえで、つられてたどっていたら、おかしくておかしくて。
いえね、あたしは香川先生のために、おつしろうさんのコメントをさがしているだけなんですが。
つい寄り道をしました。

はじめまして。

教えて頂ければと思い、書き込みます。

しまおかしん「かくれんぼ」をご存知のようですが、どの本で読むことができますか?

笑福亭鶴瓶さんの落語「青木先生」に出てきて、興味をひかれ、実際に読んでみたいと思いました。

よろしくお願いします。

パパコマンさん
あさ5時置きでいの一番につるべさんの落語ひらきましたよ。
ああおかしかった。なみだがでた。
んならさいなら。
時間もうなくなってもうてん。
小一時間ふとんのなかで笑い転げてたんで。
さあベントやべんと、つくらんとね!


聞いてくださいましたか。ありがとうございます。
私も笑って涙が出ました。
弁当作り朝からたいへんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉作さんの恋句。:

« 英語俳句 | トップページ | 病気がウツルというときの漢字は? »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31