無料ブログはココログ

« 『ややこ生る』 裏花前まで。 | トップページ | 君も魚われも魚なり   英語詩1 »

2009年6月 3日 (水)

前川さん、まっとってください。

ナガサキ原爆忌平和祈念俳句大会の締め切りがあした。

かささぎの旗ではみなさんからの投句をかきあつめて、ナガサキの前川弘明さんへまとめて送ります。

とどいております、数人分。

わくわく。

みーんなここに発表したいほどの力作ぞろいです。

句としてはまったくかたちをなさない丸山消挙の一群の句。

これはここに書いておきたいとおもいました。
これをよむと、わたしたちの育った精神風土が少なからずみえてくるとおもったからです。

ばどさん、たからさん、そして、さくらさん。
ぜひ、一句でも二句でも書いてください。

愚句    丸山消挙

あの夏は悲惨この夏平和ボケ
あの夏はもっともっと熱かった
近所では民を飢えさせ核実験
この夏も思い出すのは祭りの場
帰り際落としていった原子爆弾
無謀だよ仕掛けた奴も落とした奴も
核を持つ国が地球を破滅さす
戦争だ殺される方も殺す方も
嘘という南京も三光も中国の
三光って言葉が知られず消えていく
 三光は殺光・焼光・槍光をさし、それぞれ殺し尽くす・焼き尽くす・奪い尽くす
家族のためなら銃も取るが国は守らん
俺の意志反核反戦反体制
俺の意志半獲半煽半退勢

« 『ややこ生る』 裏花前まで。 | トップページ | 君も魚われも魚なり   英語詩1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前川さん、まっとってください。:

« 『ややこ生る』 裏花前まで。 | トップページ | 君も魚われも魚なり   英語詩1 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31