無料ブログはココログ

« 桜島パーキングエリア | トップページ | 高岡 修氏と野間口千賀氏 »

2009年6月21日 (日)


« 桜島パーキングエリア | トップページ | 高岡 修氏と野間口千賀氏 »

コメント

茨城県ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園 で
パンパスグラス が見ごろですって。
約4メートル の パンパスグラス が植えられていて


ああ。懐かしいです。城市的人群、という筆名をみて、そう感じた。なぜだろう?
そうか、きっと以前橋爪一郎従軍記をやっているときに出会ったブログを連想させるからだろう。

コメントありがとうございました。九月ころの季節のものでしょう?調べました。パンパスグラス、というのでしたか。すすきの超大型の、とばかり思っていた。
で、記憶の中からおなじ植物をみたことがあったことを引き出しました。場所は小郡駅か大保駅のホームの端っこ。
ここからが苦労しました。
私はソラリアに二度映画を見に行ったことがありまして、そのどっちだったかなと。一つは十月十一日にパリ二十区僕たちのクラスを、もう一つがややこしい題名だったので、どうしても思い出せなかった。兵六万の近くだったとあれこれ探せどわからず。でも、ついに発見しました。ここでした。寺日シアにかける橋でした。
こちらは季節が異なるので、十月のほうであったのでしょう。

ところで、あなたはもしや、。
中国のお方ですか。勘違いでjなければ、いつもおいでくださってありがとうございます。
わたしは中国語がよめませんで、すみません。
いつか、乙四郎先生のお父上の戦時中の日記をアップしたとき、牡丹江検索で出会ったブログ、しゅうせんいんらく。鞦韆はふらここ、ぶらんこです、いんらくは淫楽ではなく、院落でした。
久しぶりに訪問しました。↓
マイナス15度!!想像もつかないです。

再度、こんどはうまくいきますか↓。
だーしゅーさんのブログでした。
(天津で過ごすインディペンデント映画な日常)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 桜島パーキングエリア | トップページ | 高岡 修氏と野間口千賀氏 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31