無料ブログはココログ

« 歌仙『一月の』  澁谷道・捌 | トップページ | バスガイドさん中島照美さんの思い出 »

2009年6月14日 (日)

竹橋乙四郎少年日記

乙四郎少年、小学校6年生の日記。
探し物していたら出てきた。
宿題で書かされていた日記だったので、読者(穴見先生)を意識した優等生的作文。
それにしても醒めたガキだった。

8月19日金曜
今日は、朝におよぎにいって、それから、べんきょうをした。およいで、きつかったのであまりはかどらなかったがしあげた。昼から、電車と、バスにのって、一人で帰った。一人なのでちょっとこわかったが、ついてみるとなんでもない。もう一人でもいけると思う。

9月10日土曜
今日もまた、みつのり君やひとし君と遊んだ。夕方までは大部分が、いつも、みつのり君と遊ぶが、よく、あきないものだと思う。にたようなあそびだが毎日少しずつ、おもしろい遊び方をくふうしているからだろう。そして、月をみにいくようにしたがやっぱり夜になってもでなかった。

9月23日金曜
今日は、みつのり君のうちに、あそびにいくとちゅうで、あした、はれるかどうか、てんとう虫をほうり投げてとばしたら、雨ということになった。うらないなのであたるとはかぎらないが、2ひきとばして、2ひきとも落っこちたので、どうもふきつだ。

9月29日木曜
今日は29日の十五夜でまん月の日だった。このまえは、早くから月がでていたので、きょうもみたら、でていなかった。それで、あきらめてかえってしまったら、8時ごろおとうさんがかえってきて、月がよくでているといわれた。でも、せからしいのでみにいかなかった。

10月9日日曜
今日は、朝、早くおきてべんきょうをして、それから、じてんしゃのそうじをした。しばらくのらなかったので、ほこりがたくさんついていたのをとったのだから、とても、きもちがよくて、どんどんのりまわした。ごごはあそんで、あそびながら、たんかやはいくをつくった。

10月29日土曜
今日は、夜にテレビをみおわって、ちょっと休んでいたら、とおくから、サイレンがきこえてきた。そしたら、サイレンがすぐ近くでとまったのでびっくりした。それまで、しょうぼうしゃと思っていたが、外をみたら、パトカーだった。そして、うちのすぐまえにとまっていた。なぜきたのかは、わからないままだ。

11月13日日曜
今日は、朝おきて、とけいをみたら、9時半だった。そして、かみなりがなった。むかしから、こわいものは、「じしん、かみなり、かじ、おやじ」といわれているので、おとうさんがおこったらたいへんだと思って、すぐ、しゅくだいをはじめた。

11月27日日曜
今日は、早くおきて、11時ころから、スケートリンクにいって、2時間ぐらい、すべった。それから、いわたやにいっていたら、ちょうど、マラソンのある、三十分まえだったので、みんな、はたをもらっていた。もらったが、おそくなるので、すぐ、いわたやにいって、すてた。

1月28日土曜
今日は、さいしゅうどようとせんきょのよういがかさなって、はやくかえった。でも、雨だったので、あそばれなかった。それでしゅくだいのうちのプリントだけしたが、二まいして、あとはせからしくて、しなかった。

1月30日月曜
今日もがっこうがはやかったが、まだ、みちがぬかっていたので、かえってから、あそばなかった。たいくつで、そのうえ、しゅくだいをするきもなかったので、なんとなく、テレビをかけてみたが、せんきょのことばかりで、おもしろくなかった。

2月16日木曜
今日「ふるさとのうたまつり」で、「ねるじかんは、日の丸まで、」ということばがでたので、なんといういみか、おとうさんにきいたら、夜、12時ごろ、いつも、テレビのおわりに、日の丸がでているそうだ。それで、いままで、みたことがないので、こんどの土ようにみようと思う。

2月18日土曜
今日は、はやくかえったので、今日のうちにしゅくだいをしようとおもっていたが、じっこうされずに、おそくなるまで、テレビをみた。そして12時の日の丸をみるためにおきていたが、10じごろから、ねむくなった。

3月12日日曜
今日は、だれとも、あそぶやくそくをしていないので、テープレコーダーのまだ、とっていないところで、あそんでいた。テープのさいごのほうで、きれてしまったので、きれたのを、はしとはしとをつないで、何回もおなじことばをいわせるようにして、あそんだ。

« 歌仙『一月の』  澁谷道・捌 | トップページ | バスガイドさん中島照美さんの思い出 »

コメント

こがみつのりくん。なかやまひとしくん。
なつかしいなまえ!ごきんじょのともだちだったのですね。あそぶのはあそんでいたんだね。
なぞのひとだったからね、きみは。仙人みたいなかんじで。うきよのひとではなかった。笑
だけど、おつしろうは、町のにんげんだったんだなあっておもう。生活に労働の匂いがまるでしない。
きのう、せいこと話したことに、こどものころの農作業のてつだいがありました。

長い休みや週末は福岡市の従兄弟の家に寄生して「都会っ子」してました。
農繁期の休みには近所の収穫を手伝ってました。かえって足手まといだったと思います。

今日、6月14日は「日記の日」だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹橋乙四郎少年日記:

« 歌仙『一月の』  澁谷道・捌 | トップページ | バスガイドさん中島照美さんの思い出 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31