無料ブログはココログ

« チューニング中、「ややこ生る」 | トップページ | 今朝の 『親鸞』 »

2009年5月26日 (火)

裏折立句と二句目「ややこ生る」

1目に青葉やま時鳥ややこ生る      恭子  
2  夏霧はれて現(あ)るる玉石     ぼん  
3蚤の市自転車こいでTシャツで     さくら 
4  学生街の行きつけのカフェ   乙四郎  
5望の夜の甍に波のさやぐらん     らん  
6  田畦豆(たのくろまめ)を小筵に入れ  整子 


1秋扇追ひ払ふものと掬ふもの   ぼん
2 鳥栖に栄える久光製薬*     恭子

旧仮名遣いでは「栄える」は「栄ゑる」「栄へる」「栄ゆる」いずれでありましょうや?・・・古語辞典で確認、栄えるでした。

*

金美齢さんのお話の中で印象に残ったことの一つです。

「サロンパスで有名な久光製薬は昔とかわらず本社を鳥栖におき、地域に貢献している。今時とても立派である。」とのことでした。マラソン好きのらんちゃんもこう言っていた。久光の社長さんはマラソンに出てはサロンパスを配られている、と。
http://www.hisamitsu.co.jp/company/enkaku.html

前句との距離、ついているのかいないのかよくわからない。
こういうのは疎句(そく)といいます。べたつきは親句(しんく)。

(企業の回し者ではございませんのでご安心ください。)

つぎは、もう一句雑か、恋前句をおねがいします。
鳥栖出身のさくらさん、お願いします。
あるいは、マラソン好きなロイリさん、どうぞ。
どなたでも、なにかひらめいたら句をだしてくださんせ。

(しっかし、こっからどうやって恋にもっていけるだろう?)

« チューニング中、「ややこ生る」 | トップページ | 今朝の 『親鸞』 »

コメント

栄える→栄ゆ
ですから、「栄ゑる」でありませうぞ。

ね。おらもそうおもっただ。しかしな。しらべたら、栄え、です。なんでじゃろ。旧かなをしらべる辞典って何が一番見やすいでしょうね。全訳古語辞典、角川、ってこどものを横取りして調べてみた。ほんとはもっとキチンとしたのがあるとおもうけど。旧仮名だけをしらべる辞典があればいい。

久光の社長さん、瀬高の清水山ロードレースにも毎年参加しておられたそうです。
90歳にあの坂はきついよ。

鶏頭の種子くろぐろと掌にこぼる
たった一人で守る灯台

1 履歴書の趣味欄埋める軽い嘘
2 古家電エコの御旗でゴミとなる
3 筆跡をあたたかくせし肥後守

(3は「守」がかぶってしまった。)

履歴書の趣味欄埋める軽い嘘


ブリッジに惚れた年端いかぬ娘

(ほりけんが結婚したと今TVで言っていたので)
22歳、うちの子より若い。

おつしろうさん。ぼんさん。ありがとうございまする。
うれしなき・・・のあと、けりをいれるったい!
ブリッジってなん?
橋。
ひんまがって両手で地をもちあげようとする、あれですか?
それとも、トランプのゲームの種類。
意味わからん。だけど前句についてることだけはわかる。ほかにない。(無情!

ブリッジって倒立から向こう側へ足を付ける、体操のあれです。ほりけんの体が柔らかいので、ブリッジが上手で、それに惚れたんだそうです。お遊びでしたので流して頂戴。他の方ヨロシク。

>履歴書の趣味欄

略歴を求められることが多く、時に、趣味・特技を聞かれたりもします。
皆さん、どんなこと書いてますか?
(まさか「連句」とか・・・)

かつて官庁で広く配られた印刷物で、趣味を「ドミノ」と書いたことがあります。
本当は多趣味で何でもかんでも書きたいのだけど、ありきたりのを消去していったらそうなりました。
趣味欄に「コントラクトブリッジ」と書く人がいて、何となく格好良かった。少し意識したのかも。欧州の上流社会では「ブリッジ」は社交のツールです。
本当は、同じくドミノ好きな友人たちと数年に1回しかやらない程度でとても趣味とは言えないレベルなのですがね。
蛇足ながら、特技欄に「スプーン曲げ」と書いたこともあります。これはインパクトが大きかった。

鳥栖の人なら久光のはなしはいっぱいあります。
鳥栖高校から毎年どっと就職したので、親しい友人はほとんどあの会社へ就職してたし、隣近所にもいっぱいあの会社勤務の人がいたし、鳥栖の生活を支えていたことが今わかりました。


サロンパスにつなげてもいいのですか?
全然関係ないものを作るんですか?

下記適当
シップ薬貼りて友は散策楽しむ
切れ端のサロンパス引き出しにあふれ
家々にサロンパスのにおい鼻をつき
病院でもらうシップ薬、たぶん久光製

隣近所のサロンパス勤務のおじさんたちが切れ端をいっぱいもらってきてくれていました。
形が四角じゃなくいろいろな。
遠い昔ののんきな時代の話です。
以後禁止されたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏折立句と二句目「ややこ生る」:

« チューニング中、「ややこ生る」 | トップページ | 今朝の 『親鸞』 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31