無料ブログはココログ

« けむりのある風景 | トップページ | オフ会への道談義 »

2009年5月 2日 (土)

封じ込め成功事例(2)  乙四郎文書

封じ込め成功事例(2)

  保健医療経営大学長  橋爪 章

天然痘は伊達政宗の右目を失明させたり、幼い夏目漱石を襲ったりと、世界中に流行していた疾患ですが、1977年のソマリアの患者を最後に根絶しました。

(厳密には1978年のイギリスでの実験室感染死亡事例が最後です。)

天然痘は感染力が強く、潜伏期間が2週間前後あります。

天然痘封じ込めに絶対的な威力を持ったのがワクチン(種痘)でした。

ジェンナーが牛痘種痘法で天然痘ワクチンを開発した1798年以降、天然痘は予防可能な疾患になりました。

(厳密には人痘種痘法がそれ以前に開発されており、日本でも福岡県の秋月藩の藩医である緒方春朔が、ジェンナー以前に秋月の子供たちに人痘種痘法を施し成功させています。しかし、人痘種痘法は死亡率が2%もある安全とはいえない予防接種法でした。)

WHOは、予防接種の普及によって患者総数が激減したあと、発見した天然痘患者のひとりひとりについて、発病直前に患者に接触した人々に種痘を行いました。

感染力が強くても、周辺を免疫の壁で包囲すれば、ウィルスは孤立しやがて死滅します。

天然痘は感染後でも早期であればワクチンが有効であることも幸いでした。

天然痘が発見しやすい病状を示すことも幸いでした。

幸いがいくつか重なると、人類の叡智は長い苦しみに打ち克つことができます。

保健医療経営大学「学長ブログ」より引用

  「封じ込め事例その1」はここです。↓
http://www.healthcare-m.ac.jp/app/gm/?p=281

▼かささぎの連句的

こないだ、かささぎの旗でつけた漫画資料。
もういちど添付
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html

学長橋爪章の心友、竹橋乙四郎ですが。

連休なので東京方面へ帰郷したとのことです。
愛車の軽乗用車に乗って。わお。
次の文章の下を流れる水。わお。

幸いがいくつか重なると、人類の叡智は長い苦しみに打ち克つことができます。」

これ。

乙四郎はやっぱり宗教家たい。

ち、かささぎの旗は思うた。

へい。がばすんまっしぇん。ぺこぺこり。
本人がいないのを幸いに。
このブログのやくめは、かたいものをぐにゅぐにゅに。
また、ぐにゅんぐにゅんはかたくする。
それだけでして。そこに高邁なもんはなーもなかとです。
笑。

入れ違いに神津兵六の神津呂伊利が70ccバイクで東京からこちらへ帰郷するってんで、地域学かささぎの旗はその準備をしなくちゃ。

具体的には、「おかいりー」ののぼり旗を一本。
いんにやそげなことより。
ろゐりさんが紹介した本の一冊でもよまにゃんこて。
洋物の新しめの本は筑後くんだりの図書館のどこにもあらねど、松下竜一『砦に拠る』は探したら久留米○島の図書館の閉架に一冊だけ、ある。
へいかにある。ってこた、だーれもよまんのよ。

硬派のかささぎ、おもうことがある。
ばってん、そりは『砦に拠る』ば読んでからたい。

引用文、字の大きさが制御できませんでした。
謹んでおわびもうしあげます。

« けむりのある風景 | トップページ | オフ会への道談義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 封じ込め成功事例(2)  乙四郎文書:

« けむりのある風景 | トップページ | オフ会への道談義 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31