無料ブログはココログ

« 黒木の日向神社案内板 | トップページ | はぶてとるときの『点鐘』 »

2009年5月11日 (月)

体温計の歴史  乙四郎の薀蓄ばなし

体温計の普及

保健医療経営大学長  橋爪章

病気は、治療の前に診断があり、診断の前に検査があります。

通常は検査も診断も治療もすべて医療機関内で行われます。

しかし患者数が多く医療機関数が少ない場合、検査と診断(の一部)が医療機関外で行われれば効率的に保健医療経営を行うことができます。

メタボ健診でリスクが高い人を選択的に医療機関へ誘導しようとする行政施策も、限られた医療資源の効率的利用のための保健医療経営です。

インフルエンザや結核など、現在に至るまで何世紀にもわたって人類を脅かしてきた病気は感染症で、これらの感染症にほぼ共通して出現する症状は「発熱」です。

体温計は感染症を診断するための検査機器のひとつです。

体温計が家庭に普及すれば感染症蔓延地域の保健医療経営に効果的です。

ある開発途上国を訪問した折、体温計の家庭への普及率を質問したことがあります。

「体温計は医療機関にある医療機器であって、家庭にはありません」

これが、その質問への答えでした。

日本では、1921年、大日本医師会会長であった北里柴三郎博士が設立発起人となり、「赤線検温器株式会社」を設立しました。

(赤線検温器はその後、仁丹体温計(1936)、仁丹テルモ(1963)、テルモ(1974)と変遷しました。テルモは体温計の英語thermometerの語幹のローマ字読みです。)

http://www.jintan.co.jp/museum/story/index02_02.html

高品質で低価格の体温計が開発されたおかげで、わが国においては体温計が急速に家庭や学校の保健室へ普及しました。

発熱の目安である37度のところが赤く強調されるなどの工夫により、発熱の客観的な「診断」も家庭や学校の保健室で行われるようになり、37度を超えたら病気だと小学1年生でも自己診断ができるほどの国となり、感染症対策は飛躍的に進展しました。

昭和40年代以降、水銀柱式が電子式に、やがて耳赤外線式に置き換わるにつれ、「37度」はデジタル表示値のひとつにすぎなくなりました。

水銀柱式体温計は量産されなくなり、割高となりました。

多くの開発途上国は、まだまだ体温計の普及以前の状態にあります。

まずは、37度をリスクと認識できるタイプの体温計を普及させるべきだと思います。

電子式や耳赤外線式では、内臓のボタン電池が切れたら計測できません。

市販されている体温計には感熱変色式の液晶プラスチック製のものがあります。

ガラスも水銀も使わず、電池も不要で、37度以上を強調する工夫もできますが、量産されてないので比較的高価です。

これが量産されてコンドーム程度に安価になれば、国際協力の有力な手段として大量に配布することができます。

感染症に立ち向かう有力な手段を人類は手にしているというのに、誰がどのように動けばそれを途上国の人々に届けることができるのか、そんなところで人類は躓いています。

  (学長ブログよりこっそりと引用)

▼上記にささやかな抵抗を試みる。

  原始人冷血姫野

かささぎの家では体温計はまったく使いません。
手で額をさわって、おや、熱いな。
と感じれば発熱、冷たいと思えば平熱とみなす原始型です。

家にも文明の電子体温計がありますが滅多につかいません。
むかし、水銀がぽろんぽろん転がるのがみたくて

わざと壊したことがあった。
かぜをひいたと嘘をつき、祖母や母が向こうへいったすきに

掘り炬燵の中に体温計を入れると上がりすぎたので

慌てて丁度いい高熱加減になるまで振ってさまして、
ばあちゃん、熱があるけん学校休む。

とずる休みしたことが数回ある。
そういうときの体温計は信用のおける忠実なしもべだった。
だれも数字をうたがわなかった。


あとはおとなになって基礎体温をつけてた時期がある位で、

体温計は病院にかかったとき、そこでしか用いない。

看護婦さんが「計ってください」といわれるから、しぶしぶと。
こころのなかでは思っている、熱くないから熱はないのに。

「大きなお世話だーっ!!」

先進国が、途上国のかわいそうな(と一方的に思い込む先進国病)人々へ愛の手をさしのべる余計なおせっかいをしござるのは、やめましょう。

あたしゃ扶助の精神がでえっきらいだ。
そうやってどんどんその国のその人たちのふんばる力を奪ってしまう。
いいじゃんよ、わらわらとたくさんうじゃうじゃとうまれてきても、

わらわらとうじゃうじゃとむしけらとおなじようにしんでいっても。

おれは、ぜってえ、扶助なんていらん

たいおんけい。そんなものもいらん。
(かささぎ時に凶暴化しますんで周りの人はご注意下さい)。

« 黒木の日向神社案内板 | トップページ | はぶてとるときの『点鐘』 »

コメント

たかが体温計。されど体温計。

わが家の子供たちは扁桃腺でしょっちゅう熱を出していたので、体温計にはずいぶんとお世話になりました。もちろん、熱のあるなしは母親になると、呼吸でもわかるようになりますけどね。むかしっからの水銀計がお好みです。いまでもわたし自身の熱はこれではかる。

うをっ。
せいちゃん、ありがとう。
いつもいつもかささぎのがさつをカバーしてくれて。

ここが時に読まれています。風邪がはやってるときや、感染症がはやってるときは特にです。

体温計 日本 歴史

7位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体温計の歴史  乙四郎の薀蓄ばなし:

« 黒木の日向神社案内板 | トップページ | はぶてとるときの『点鐘』 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31