無料ブログはココログ

« 歌仙『ややこ生る』 裏立句 | トップページ | 風媒花3  中山宙虫 »

2009年5月23日 (土)

おわわ、ねぶたは秋!

やりなおし

1目に青葉やま時鳥ややこ生る       恭子  夏
2  夏霧けぶる玉石の段(きだ)       ぼん  夏
3自由市Tシャツを着て自転車で      さくら  雑
4  行きつけ店のコーヒーの味     乙四郎  雑
5望の夜の甍の波の光るらん        らん  秋月
6  田畦豆(たのくろまめ)を包む小筵  整子   秋

はらほろひれはれな展開。いえ、ごめんなさい。
まさかねぶたが秋の季語とは。
暑いさかりの祭りで、立秋にはおわるのに。
なんてこったい!しかし歳時記には絶対服従です。
南のもんには東北の人たちのあつい想いはわからない。

おもて六句の禁忌。

神祇じんぎ・釈教しゃっきょう・恋・無常(死)・述懐・懐旧・妖怪・地名・人名・病態などは初折のおもてには出さない。

その視点から、脇の「いつか来た道」を変え、第三のねぶた句も変えました。
第三のねぶたは祭り、まつりは祀り、かみさんごとです。
連句をやっているとそういう分類に神経質になるし、同じようなもので、別のさわりない言葉を捜してくるのがうまくなる。
こうして沢山の語彙が集まります。
これは文芸に携わるものにとっては、武器が増えたことを意味します。
無駄ではありません。
今回この頁をかくために、芭蕉七部集のすべての歌仙のおもてに目を通した。発句には何を出してもいいので、伊勢参りがあったけど、ほかの位置にはなかった。あ、一つあったな。四句目くらいに角大師の句が。つのだいし。伝教大師、元三大師ともいいます。深大寺にも祀られてますし、久留米の宮の陣にもあります。関係ないか。

あとは五句目くらいにねのひのまつりのある巻きと、祝い餅を食べる句があるだけで、見事なまでに宗教色は表にはなかった。

もう一つ書きます。

それは第三のかたちといって、三句目はとめかたがきまっている

句のさいごを、「に・にて・て・もなし・らん」のいずれかで留める。
「で」これは「て」の変形だと思う。
「みてごらん」といって、第三で「て」、五句目で「らん」を使いました。
ちょうどらんちゃんのとこに「らん」がきた。

乙四郎句、いじったけど、あまりいいなおしではありません。
気になるのは、シサン*と上下が切れてたこと。
行きつけのカフェいつものコーヒー
シサンとは、下半身が四・三のリズムになることです。
いつもの=四音、コーヒー=三音に近い四音
シンプルな句なのにね。
発句がぶちぶち切れているので、流したい。
ほかにあったらさしかえますのでどうぞ。
さくらさんも、自由市のところにもっといい言葉があれば差し替えます。

フリマーでは連句の市民権はまだ得ていないようです。

ああややこしや。

« 歌仙『ややこ生る』 裏立句 | トップページ | 風媒花3  中山宙虫 »

コメント

秋の句

1、村あげて八朔祭りででんでん
2、ビードロも童も肩に放生会
3、間引き菜を酢味噌であえてぬたと呼ぶ

今朝も早起き、昼寝なし。
すでに睡魔が。

1 秋扇追い払うもの救うもの

2 俵編み土間に広がる笑と藁

3 賑わいの通りを抜けて地蔵盆

さっさと秋に行きましたがよかったでしょうか。

転じよ。が、ここの命題でありました。
転じるどころかひきずってた。

1、鶏頭の種子くろぐろと掌にこぼる
2、秋の服買はねば買はずに済みにけり(笑)
3、空つぽの水がめ法師蝉が啼く

もいっちょ。

4、自己主張ほどほどにせよと野の小菊

せいこ、ぼん、何句もありがとう。
さて、ここですが、立て句としての格、転じなどのほかに、オモテの発句とおなじ趣向をさけるという視点が加わります。発句はね、分類すると神祇扱いに準じる。いのちが生まれるのは神様の掌中の次元の話で。
玉石は玉砂利といっしょで神祇だそうです。師に尋ねました。ただし、発句と脇だけはおもてのなかでも別枠扱いですから、かまわない。霧にははれてもらいました。
ちよっとまっとって。いまかららんちゃんといってくる、おはなしをききに。きんさん!
おつしろうはいかんのやろうか。

この発句が分類すると「神祇扱いに準じる」ですか。
深過ぎるなあ、それ。
わからんじゃった。
「ややこ生る」は神の掌中でおこなわれる。
メモっとこ。

祭り、といったら夏で、○○祭りみたいなものはたいがい秋で。もともと旧暦のときには秋だったのかもしれないね、ぜんぶ。
あ、せいこはん。発句は神祇扱いっていう意味は、脇に神祇をつけてしまったからよ。発句には別段神祇を含むことばは何も入ってない。神さんのしょうちゅうのどうのこうのは、かささぎがかってにとってつけたせりふ。ごめんなんしょ忘れてくだせえ。笑
ぼんの脇がむずかしくてねえ。がば考えたっちゃん。下半分。脇でどうしても神祇がでてしまう。うぶすな、とかたまいし。とかさ。だけどそれでなんかぴたっと付くし、もういいやとおもった。
「段(きだ)」は「そこまでするか!」といわれてしまいました。すなはち、「くさいことするな」って意味。笑

考えすぎたので、あたまいたくなった。

あ。
けふ、金美齢先生に握手してもらった。
その上、どうもありがとう。ってお声をかけてもらいました。なぜでしょう。くっくっく。おしえてあげん。
75歳、はれて高貴高齢者になられたそうです。
おうつくしいかたでいらっしゃる。
ピンクのロングスカーフが似合ってらした。

ピンクは憧れの色。
はなから似合わんと決めているので、憧れている。
年をとってきたら綺麗な色を・・・とよく言われる。西洋の人は華やかな色を着こなしてあるよね。日本人はまだまだ西洋には及ばない。私も心がけて綺麗な色を買うようにしている。
白髪が真っ白になるといいのだが。ごま塩で、固くて太くて短くすれば立ってしまうマイヘアー。
ややこさんには何の関係もなかった。おそまつ。

おはようございます。
美齢先生のおしゃれ度は半端じゃないよね。
主張の中身に反比例して外見は思い切りエレガントな格好にしてある、それも作戦かなと思っています。

ぼんはピンク似合うと思うよ。決め付けないで着てごらんよ。薄いピンクふわっとしたの。
少し地味すぎ。まだ若いのだし派手なの着ましょう。
まずはさし色から。ピンクのスカーフを巻いてみて。

さくらさん。あの人は凛々しいですねえ。
かささぎはずっとそばにいたいとおもった。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おわわ、ねぶたは秋!:

« 歌仙『ややこ生る』 裏立句 | トップページ | 風媒花3  中山宙虫 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29