無料ブログはココログ

« 封じ込め成功事例(2)  乙四郎文書 | トップページ | エメさんを待ちながら »

2009年5月 2日 (土)

オフ会への道談義

ほんなこて。
だけん、ろいりさん、もし時間が少しでもあけば、すぐこのブログコメント欄でよかけん、連絡してくだされ。ぜったいかけつけるから。えめさんせいこさんぼんまあおつしろうはむりとしてもともかく声かけられるしこ声かけてみんなでめしくお。うんそうしよう。
ついでに六句だけでも蒔こう。←したごころ

 よかですよ、なかなか計画が立たんかったけど、いろいろ事情あって、東九フェリーで5/4早朝に新門司港に到着、その後70ccのカブに乗って久留米へと向かう予定。5/4の昼~夕方で久留米市内ならほぼ大丈夫でしょう、連絡先は…さすがにここに電話番号や携帯メールアドレスのせるわけにはいかんけんね。また連絡します。

了解。わかりました。ではお気をつけて。

おもいだしました。
はじめて夫が八女にきたとき。
50のバイクで博多からきました。
茶畑まで歩いて迎えにいきました。
あれから何年たつだろう。

4日ですか。まだシフト表をもらってないのでなんともいえませんが、善処します。
稼ぎ時なので・・・相談してみます。

オフ会>>せっかくのチャンスなのに、みなさんごめんなさい。。4、5日は岩国に行きますので、、。
呂伊利さんに会えなくて残念です★
こちらのみなさんとはいつか会えるチャンスがあると思います☆

マネージャーと相談して、4日お休みになりました。どういった形で連絡を取るのかわかりませんが、待っています。詳しいことは明日カササギの長老と話をします。
エメさん、お会いしたかったけど、又の機会にね。岩国は航空ショーですか?

よかった。ぼんさまありがとうございまする。
ひとりならできかねることです。
ところで。ついに長老、、、、でででででいやだで。
その長老は前田師に説教うけまくりですわ。
文体、てぬきするな。と。よれよれですものね。
最近わたしはブログ体というからだになっているんだそうです。そうではないかとおそれてはいたんですが。
そのうちだんだんうきあがってきます。

えめさん。いわくに。はじめて目にする地名です。
レポートおまちしてます。

ごめんごめん、私より数ヶ月若いのにね。
長く携わっているってことなんだけど。
前田師にいろいろ言われてるんだ。
窓口でもあり、愛弟子でもある。
さっぱりはしてはるけど辛口やもんね、
一直のこと、又書いてね。

 4日ということでトントントンと話が進んでいますが、70CCではスピードも出ず高速にも乗れないうえに、方向音痴の私なので、久留米に着くのは10時頃かも?そして3時頃には先に帰省しているヨメを高良台方面まで迎えに行き、櫛原の私の実家で両親の相手したりということもあるので、昼間の数時間ぐらいしか取れないと思っておいて下さい。せっかくみなさん都合つけてくださったのにごめんなさい。でも、大胆に7・8と年休取ることに決めつつあるので、5/8の朝までは久留米にいることになりそうです。この間の予定は姉や甥次第で、これはまだ未定。
 岩国と聞いてすぐ思い浮かべたのが米軍基地だったけど、三大奇橋の1つ錦帯橋が近くにあるのではなかったですか?昔「おいでませ、山口へ」という観光CMがあったのも思い出しました。三大奇橋のあとの2つは、徳島のかずら橋、山梨県の猿橋、いや日光の神橋という説もあるそうな。おっと、私は全部制覇した!猿橋はバイクで日帰り十分というところだが、JR中央本線の駅や中央高速のバス停もあるのに、ほとんど観光客が訪れないところ。

こんにちは
ぼんさん、岩国は航空ショーも計画してますが、知人に会うことと街並み散策がメインです。
宇野千代さんの故郷を一度訪ねてみたいと30代のころから思っていました。 念願なのです^^

呂伊利さん、ゆっくりご滞在ですね。 故郷を楽しんでください。
岩国>>錦帯橋も行きますよ^^
徳島のかずら橋>>こちらもいつかはと思っていますが、いずれなくなるとも聞いたことがあります。
早く行きたいものです。
ひめさん、岩国は城下町のようです。
知らない街をぷらぷら歩くのが好きですので、たっぷり歩くつもりです
レポ書きますね^^

4日、主人も暇そうなので、連れて行こうと思っています。上手く会えるといいですね。
高良台って家の近くじゃないですか。相合の近くにカラオケやさん、ありましたよね。ふ・ふ・ふ・

ろいりーさんえめさんこんばんは。
岩国、思い出しました。
うかい。
さびしい。
さびれている。
きんたいきょう。
・・・二年前連句大会があって。やまぐちで。
そのとき、とおりぬけた町だった。ありゃあこれがかのゆうめいな・・。とおもって。
ところで。バイクは車より早く走れていいですね。
高速が混んでいてびっちり後ろからと横からとつめられて走っているとき、すぐ真後ろにぴたりと大きな単車が割り込んできた。バックミラーでみますと、そののっかってる人、たってる!つまり中腰。っていうか腰うかせてる、自転車でいうなら立ちこぎスタイル!
ハラハラしてこのひとへんじゃないやろかとおもって。どっかいってくれんやろか。でもずうーっとおなじかっこでついてくる。びたーっとつけて・・。あのときはこわかった。追撃される人のきもちだった。
バイクのみなさん。そういうことは、やめましょう。
あと、バイクにのりながら、大きなくまのぬいぐるみだっこするのもやめましょう。(くるめにいる、大のおっさんなのに超へん)目が点になるから。気がちって、あぶないんであります。
いやー。つい関係ないことまでかいてしまいました。
ほんとにこのろいりって人は二上がりもんさんみたいなので、つっこみたくなるかささぎの畑であった。

えめさんは宇野千代ファン。
その理由は・・?きものですか小説ですか生き方ですか。

こんにちは。夜は雨かな?
宇野千代さん>>30才の頃、知人から借りて読んだ本が「生きて行く私」。
内容にね、もう、「ぐっ」ときました。
読みながら、装苑に連載されていた着物の話や、昔 叔母の本をみていた頃に載っていたエッセイとかですでに見知っていた人だとわかりました。
生き方は凡人にはとても真似ができないけれど、
ものの見方や考え方にとても心ひかれます。
「人生はあざなえる縄のごとし」この本で千代さんの生き方の筋を伝えるものだと感じました。
以来、自分の中にこの言葉を銘としています(辛い事を経験したあとに、こそっと銘をひっぱりだすのよ^^)
小説よりエッセイのほうを読みましたが、映画は「おはん」を見ました。
幸吉役の石坂氏はこのぐだぐだしたどうしようもない男をみごとに演じていました。
女がしっかり者だから男が甘えてだらしないのか、どうしようもない男だから世話をしてあげたくなるのか・・「男と女」とは、現実でも不思議な世界☆★☆

↑禍福を入れ忘れました
人生<=>禍福はあざなえる縄の如し☆

もひとつ↑私も以前3号線で、このハッピーそうなくまおじさんを見ました

 バイクの中腰、立ちこぎスタイルは、スピードが遅かったり前傾姿勢に疲れた時、そのほうが体に楽だからです。ちょっと違うけど騎馬民族の馬の乗り方も中腰、立ちこぎスタイルなので、わかってあげて下さい。かささぎさんに身に覚えがないのなら、追撃しているのではないでしょう。大きなくまのぬいぐるみは、確かに怖い、精神的に。

ろいりさんは論理的ですね。
ストンと納得できます。
中腰には、そういうふかい理由があったのですね。
痔になったわけではないのか。
騎馬民族がこんなところで出てくるとは。
おしゃかさまもどひゃーです。
ところで。閑話休題。
ちょっとのあいだに、ふえている!しかもとんでもなく飛躍充実。なにがかって。「こうやの宮」関連記事。九州古代王朝。いやあずうっとさっきまでそれをのぞきこんでいました。月9ドラマみようと思っていたのに忘れてしまったよ。(きのうの「ぼくの妹」はシリアスでおもしろかったですね)
一方。
おととい知ったことですが。
星野の黒木谷農道のちかくにあるらしい、こうやんどうさん、村人のはなしから想像すると高野の堂さん。だれを祀っているのかをききもらしてしまいました。現地にいって調べてこようかとおもっているところです。かささぎの意思にかかわりのないところで、いやおうなく開けてゆく地平。七百五十年忌が昭和57年ということは、その人物はいつ亡くなっている?えーとえーとざざざっと計算して1222年ころかな。いつじだい。なにじだいよ。高野山に関連する人物が星野の黒木谷で亡くなっているってことは。だれ。わざわざ高野山の本覚院からもおまつりにくるほどの人物って、いったいだれ。

なにを言っているとあっけにとられるでしょうね。
言っている本人にもよく見えていないから、人にわかるはずがない。笑

エメさん、バイクはサイドカーつきのド派手なものでした。くるめではゆうめいなひとなんですか。

えめさん。私もよんでみます。宇野千代。

こんばんわ
私が以前見たくまおじさんもサイドカーでしたよ@@

1222年頃は鎌倉時代かな。 市内にも鎌倉時代からのお寺がありますよ。
鎌倉時代>>昔からみょうに心惹かれる時代です。
衣服や文化など絵巻ものに庶民が描かれているものに興味が・・。
着物も動きやすい小袖に前掛けファッションとかネ

昨夜のドラマはまりそう☆脚本家は池端俊策氏。大作書いてた方みたい。。

宇野千代さん読みますか^^

おはようございます。
昨夜この頁をひらいて文章うちこんでる途中で寝入ってしまってた。とほほ。
ぼくの妹、長澤まさみがシリアス、かわいいだけだったのが、ちょっと脱皮。ともさかりえ、ラストで死んでいたよね。つぎ、みたいね。むかしむかし、つぎはどうなるんだろ。ってわくわくして一週間まちかまえてテレビの前でみんなで正座してみてたころがなつかしい。あのころといま、たましいのからだがすっかりいれかわってる。とくにかささぎはブログ体ってからだになってしまった。はらだけまっしろのあーおかからだで浮遊するとです。いろんな雑多なもんばどっからかあつめてきて。
市内にもある鎌倉時代のお寺。
それはどこですか。

おはようございます
ブログ体>>この時代、、きっとみなさんそうかもよ^^
長澤さん>>数年前の朝ドラ「さくら」の時もかわいかったです~
日曜のこのドラマ、掛け合いのテンポもいいし、静かな場面の表情もいいし、なかなかですね☆☆☆
お寺>>幽霊の掛け軸で有名な正福寺さんです。
岩戸山資料館の石馬はもともとこのお寺にあったものだとなにかで読みました。 そうしてみると鎌倉よりもっと前かしら?
では今日もお仕事、ほどほどにお励みください。
当方、励みすぎて高いところにあるコーラのケースが手の甲に(ガン)落ちてきました・・・(^_^;)

おおそりゃ災難でしたね。
コーラのケースがなんでまた天井からふってくるんです?
ゆげがてんじょからぽとりとせなかへ。でしょうもんが。
手の甲はむこうずねよりは痛くないとしても相当いたいとおもいます。

きのうもまた十時にはおやすみしていました。
徹夜して回復するのに時間がかかるようになった。

 古い話題に戻るけど(と言っても1週間前)、ぼんさんの家って荒木なんですか?相合って、相川(あいごう)のこと?久留米から行くと高良台の次のバス停が相川ではなかったですか?小学生の時、父のスクーター(ラビット!)に乗せられてこのへんに来た時、へえ~「あいかわ」じゃのうして「あいごう」ち読むったいね、ち思った記憶がある。朝露がきれいだったのがなぜか印象に残ってます。
 で、たぶんこの近くに「荒木のおばしゃん」と呼んでいた親戚が住んでおり、何度か行って泊まったこともあったなとか、ここが典型的な農家で母屋の近くに馬小屋か牛小屋があり、ハエが飛び交う中を、私は「郷にいれば郷に従え}(そげな難しか言葉は知らんじゃったろが)でバリバリ御飯のおかわりしたが、神経質な弟はあまり食いきらんやったこと、私が初めてちゃんと泳げるようになったのはこの近くの川でだったことなどなど、様々な記憶が蘇った!その後「荒木のおばしゃん」は父の10歳上の姉で、だから私たちに親切にしてくれたということなども判明したが、その頃には引っ越されて今はその家もなく、「おばしゃん」どころかその息子(従兄になるがほとんどつき合いなかった)も亡くなって荒木とは縁遠くなった~と思ってたらヨメの実家が近くで、数年前には高良台~広川町~相川周辺を道に迷いながらランニングしたこともあります。意外とぼんさんの家の近くも通ったかも。
 いや、朝っぱらから長々とすんまっしぇんでした。

ろいりさんごめん!
ぼんがお返事してくれるかおもいよったけど、きづかなかったね。コメントにうもれちゃったね。

ぼんが書いていた相合、すぐ相川だと気づいたけど、まいいかと。あいごうといういいかたが哀号を連想しかささぎは五木寛之のゴキブリの歌なんぞを思い出すのでありました。

 かささぎさん、ナイス・フォロー。ところでメルアドの件、東京離れたらパソコン・メール使えないので携帯アドレスでよかでしょか、また次回にでも。
 それにしても新門司港から久留米までの道を調べたら、どこをどう通ってきたらいいのやら。20年以上前に香春岳の近くを通ってきたら、甘木の手前がクネクネの上り下り道で困ったのを思い出した。九州道路地図ば買わにゃいかん。

ろいりーさん。ぼんさんは、荒木在住でも、荒木出身でもありませんよ。ま、現住所が荒木と同じ久留米市ではありますが。
相川と書いてあいごうと呼ぶ。
地元の人間しか読めませんね。

で、わたしは広川在住ですが、国道3号線じゃなく、国道209号線が生活圏内です。相川に近い。自宅から車で3分も行けば、相川の信号に出ます。あのあたりもすっかり様変わりしましたからね、迷子にもなるでしょう。

あらあらごめんなさい。出遅れましたね。
相川もまちがってたのね、重ねてごめん。
相川にはせいこさんのほうが近いですね。私は10分弱かかります。

どこで何時に待ち合わせるのか、そろそろ決めないと。六つ門の六角堂でxx時でもいいですけど、呂伊利さんのバイク次第ですもんね。パソコンのことは良く解らないので、窓口はかささぎさんになってもらって、かささぎさんからの連絡を待ちます。よろしくね。


高良山の真上でまちあわせ、ってのはどうよ。
きついじぇ~

あ~、つつじがきれいでしょうね。
まさか徒歩で・・・といってるんじゃないでしょうね?
15年ぐらい前、子供たちと一緒に登りましたが、きつかったじぇー。最後はやっとという感じでした。
元自衛隊員という人とお知り合いになりましたが、毎日上っているとのこと。退官後も。よく覚えてないけど、15分ぐらいで登るとか。
又,南筑高校の県道部員は朝練の前に登り、毎日鍛えているとか。走って上ってますもんね。余談が長くなりました。
連絡待ってますよ~。

こんにちは
ろいりさん、お気をつけていらしてください。
先日昔のノートのことを書きましたが、、ひょっこり出てきましたよ♪(真剣に探すまえにほんとに「あら!なんでここに?」みたいに^^)
高校生のころ、クラスに提案して「青春書き込みノート」を教室の後ろ棚に置きました。
それは数冊続いて、終わるたんびに先生に持ってもらう意見があったので 渡していました。
最後のノートの時、はたして先生が大事にもっていてくれるのか不安に思いましたので(書いたほうは思い入れがあるけど先生にとってはどうかなと・・)
最後のノートは仲良し以外は誰にも言わずに私が持ち帰りました(ノート提供者の強みで^^)
書き込みの後半は数人の仲良しグループばかりがメンバーで、自宅に持ち帰って書いたりしていたので内容もかなり私的だったしネ・・(^^ゞ・・恋、おしゃれ、音楽、エッセイ、、などなど ☆彡

なので、オールナイトニッポンの実況書き部分をひめさんに添付メールしますね。
シミもそのままうつるし汚いヘタ字ですが、ご勘弁を★
長々書いていた記憶があったのですが2ページくらいです。
ではのちほどに

エメラルドさまのノート は あしたかあさって 借り受けにいきますか
じつはかささぎ、ほんとのこといえば 社交的な人間ではなーいのだ
たぶん 年代ものの目には かささぎは 発展家 と映るようでありますが
この発展家て言葉懐かしいです
青い山脈あたりにでてきそう

こんばんわ
ノート後半はほとんど私物化して書いていたのでかなりものです。
なので今回は、実況部分のコピーだけでいいでしょうか☆
添付ファイルは目に見えましたか?
見えにくかったらコピーをお渡ししますね。

明日とあさって>>今日、娘の嫁ぎ先のおばあさまが亡くなられたのでお通夜、葬式で遠出します。
一度お会いしたいとは思っていたのですよ
1、2、3日のいづれかでどうですか? 場所と時間は昼でも夜でもひめさんに合わせます
こんどのメールにケータイアドも入れときますね。
もちろん電話でもOKです。

社交的>>どっちかっていうと、こんな人のほうが少ないんじゃない?
みんな素朴でドキドキな人がほとんどかも(*^_^*)

よみました。
読めました。
実況ノート、すばらしいです。
そのままあの時代の人になれるノートですね。
竹橋乙四郎の大学時代の文芸誌を読んだときにも、それは生々しく感じたことですが、エメさんのこの深夜放送オールナイトニッポン実況中継の記録は、予想以上にすばらしい。
私は連休という名の一時帰休休暇を賜りましてございまするゆえ、なんとかここに乗せてあげたい。

こんにちは
高校時代のらくがきノートなのでかなり恥ずかしいですよ~
あの頃は「書きたい衝動」がかなりありました。
深夜とか授業中とかに主に書いていました
友人達やお互い、書いたものにつっこみを入れながら、漢字の間違いは訂正しながらの楽しい時間でした。
書き込みノート>>今だとブログがこの代わりをしてるかもだけど、
書き込む人それぞれ字形が違うし性格の個性の楽しさもあって、とても温ったかみがあります。
あの時持ち帰ってきてほんとによかったと思ってます^^☆
掲載はかまいませんよ。。かなり恥ずかしいのが本音ですけど。。
せっかくなら、ろいりさんが見られたあとのほうがいいかな~と思います。
△小さな薄いつっこみは写っていないかもです。。

私もクラスノート、持って帰ってます。
同窓生が集まった時たまに見せるんですけど、誰が書いたかわからないのが1ぺーじだけあるんです。解っていても言えないのかもしれませんが。
エメさんのノート、見てみたいな。実物も見たいです。

ブログは文字の羅列だけかもしれませんが、やはりそこにも人格いえ性格が出るように思います。
いろいろ想像してますので、それが当たっているかいないか、会って確かめるのも楽しみです。自分もどう思われているのやら・・・おとろしい。(福井弁かも。)

ただいまー!
今日は母をつれて、上津の山の中にある「おやざと」へほとけさんまいりにいってきました。
母の里は黒木の笠原だったけど、三十五年くらい前に土砂崩れに遭って久留米に移ったのです。
最初は南薫町、ついで高良台、さいごに上津に家を建てました。伯母はひとりでその山中の広い家にいます。時々リュックをしょって歩いて25分のルミエールまで買出しにいくそうです。草むしりさせたら右にでるものはいない。

ところで。
ぼん、みせてよ!!そのノート。
去年ちょっとだけみせてくれたのがそれ?
それじゃ、エメさんの言われるとおりにしましょう。
ろいりさんへみせてから。
らんちゃんから今日はメールがきて、こんど八女学院である金美齢講演会にいっしょにいく約束をした。ぼんも暇ならいこう。十六日だったかな日曜の昼だよ。

ほほお、金美齢女史の講演会か。
私は早稲田大学某教室で聞いた。
日本人の気がつかない日本のいいところをびしばし言って下さると思います。
で、びしばしなんだけど、私の記憶にあるのは、世界中回って物を食べた結果、パンだってチョコレートだってケーキだって日本の物が一番おいしいよってとこだけ鮮明に覚えてます。

さくらさん
こないだたかじん久々にみていたら、金さんは欠席だったけど、国民放送の台湾をめぐる偏向報道を、出演者がぶーぶーいってらした。
そのNHK番組をみなかったので、なんともいえませんが、台湾は舅一家が終戦近くまで暮らしていた地、夫の父方の祖父(大分・宇佐出身)は台湾の学校の校長でした。だからなのかもしれないですが、ずっと毎年舅あてに台湾から同窓会の案内みたいなものが来てました。非常に丁重な扱いでした。いろいろと話をききました。
あちらの人は日本人を尊敬してるのがよくわかりました。私は夫の父が好きでした。寡黙でとっても達筆だったし、胎の座ったひとだった。
十年ほど前に肺気腫でなくなりました。

5月17日日曜日かい?
その日は福島高校の同窓会でもあるけどむしだね。
その日は娘の出産予定日。予定は未定でなんともいえないが、行きたいけど行けないと思う。せいこさんのNPOの乙四郎先生の講演会はいつ?その頃じゃなかったですか?
ノートはいつか見せたと思うけど、又持っていくよ。あれを読んで、消挙はんの才能に気がついたのでは?
エメさんほどではないが、私もよく書いていた。詩集もあるんだよ、1さつだけ。
まだとってある。未完の小説もある。これを仕上げたいけど、時間がたちすぎていて書けないでいる。
恩田陸さんの本、もう直ぐ読み終える。
感想文は又の機会に。

4月28日付書き込み訂正

県道部員改め剣道部員です。
何回も目にしていたのに今気がついた。
あほじゃね~。

ぼん、五月十七日は予定日だったね!
そわそわしてる日だったんだ。
きちんと予定日に産まれるといいね。
せいこさんに尋ねたら七月だったよ乙四郎講座。
ううよかった・・金さんがみたい!

町の広報誌に、八女青年会議所主催の金美齢女史の講演会がついてたけど、5月24日(日)16時開演になってわよ。八女学院体育館で、入場無料。演題は「呼びさまそう 日本人の心」だった。らんちゃんが言ってるの、これじゃないの?日時が一週間違うけど。笑

ちなみに、乙さんのマブダチの、保健医療経営大学学長の国際理解のための講演会は、つぎのとおり。
 と き  7月21日(火)9;30~11;30
 ところ  広川町中央公民館にて。
演題「JICA(国際協力機構)活動体験者による実情報告」・・世界を見る目が」変わる異文化理解のポイント・・・です。お時間があられる方はぜひどうぞ。入場無料!

おわ。・・・・

ひづけがまちごうとるやん!ううう
ぼんはあほだとおもいよったばってん、じぶんのほうが数倍あほだった。

 ご無沙汰しました、連休前の忙しさと荷物が片づかんのとで、パニック状態、いや一番困ってるのが通勤距離・時間の長さです。1年で別の島に移してくれんやろか。
 携帯アドレス入れておきます。場所は、八女の地理には詳しくないので、と思っていたら「六角堂」という話が出てきて、なるほどここならわかりやすい。ロイリー跡地でもいいけど、他の人たちが知らんか。ところで1つだけ心配というか何というか…皆さん女性なんですね。この年になっても女性と話すのは苦手で、若い頃はこの性分で損してました。さすがに今は昔ほどではないとしても。男性も来ていただければいいのですが、まあ、あとはどうなろきゃあなろたい。

 あわわ、まちごうて、アドレス(URL)のとこに携帯のメルアド入れて空の文送ったかも知れん。そん時は無視して下さい。

こんばんわ
ろいりさんいよいよ里帰りですね^^
当時、オールナイトニッポンの前にKBCのヤンポーとかRKBのユー&ミーを聞いていませんでしたか?
ノートにはそれも少し書いていました。
いまじどんとか^^☆彡 今もお元気なんでしょうか~?

お役に立つかどうか解らんばってん、うちの旦那を連れて行きます。三潴弁しかしゃべりきらんけん、よろしくおねがいします。

まあ、あとはどうなろきゃあなろたい。

またでた!
ろいりさん、あーたおかしかぁ。

そいばってん、これが一番九州人らしかとこ。
ここが共通なら、心配せんちゃよか、どうかなるくさい。

ろいりさん。
メールアドレスちゃんと届いてました。
じつは携帯ではなくパソコンへ送信したいものがある。それはエメさんが送信してくれた深夜放送実況中継記録一回ぶん。三枚のノートです。
添付資料としてつけて送信したい。
コピーでは字が浮き出ません。
また、パソコンでなら拡大もできますから、ちゃんと読めるはずです。
個人の日記ではなく、複数へ向けて開かれているので、微妙な味わいが面白い。個であって、公。
まるで連句みたいではありませんか。

それと、もう一個ろいりさんへお願い。
くそいそがしかろうとはおもいますばってんが。まあこらえてきいちゃり。
あつかましいお願いではあるのですけどね。
以前紹介くださった、「アメリカの歴史教科書問題 先生が教えた嘘」、これを連休中に読もうと思って、図書館をあちこち探してみました。しかし、ありません。そこで、古本で買おうかと思いました。あまり安くならない本。てか送料はらったら新品買った方が安いよな値段。
わたしがよみたいのは、序章です。
序 文 なにかがひどく間違ってしまった 富田虎男訳
このところだけでいいから、写しを取ってきてくださいませんか。
それを読んでから、買うかどうか決める。
ってことで、いつ出発なさるのですか。
そちらにいらっしゃるうちに、パソコンのアドレスを教えてください。

ぼん、せいこさんへ。
六角堂広場に駐車場あったっけ。
いまから調べる。

追伸。
竹橋乙四郎にも声かけた。
そしたらろいりさんとは逆でそっちへきのう帰った。
なんとおそろしや、軽乗用車にのって東京くんだりまで行くんだと。そういえばおつしろうの小さな車のナンバーはあっち方面だったんだよねえ。
のびたくんにしかできないことだ!笑

六角堂に駐車場はないと思う。井筒屋駐車場か、杉本か、小頭町公園地下にしかない。元のショッパーズの契約駐車場もある。杉本が一番近い。

は?
そのオフ会とやらのメンバーには、
わたくしも組み込まれてるわけ?
わたし、まったくその気がなかったんで、その話題にはあえてスルーしとったとばってん・・

そもそも、日時もよう覚えとらん。
いつじゃったっけ、それ?

ほいよ、せいこさん。
4日の午前十時頃。
あいてたらでておいでよという趣旨のもの、強制はいたしません。
せっかく都から70㏄バイクでふんだふんだしてこらっしゃるとですけん、多い方がよかちおもって。
歓迎って書いた旗を作るべきかも。笑

ところで、保健医療経営大学のことが今日新聞に写真入りでのっとった。
小アジサシの写真、とってもうまく撮れていた。
かなり近くまで寄って撮ったんだろうか。
望遠でどんぐらいまで寄れるのかな。
鳥や虫の写真は接写ががばり難しい。
ブログでは大江希望さんの蜂や蝶の写真がすごいと感心している。
西日本新聞、今日は蜘蛛研究者で独身のまま亡くなった女性を特集してありましたが、そのなかで、ひさびさに昆虫学者江崎悌三博士の名前を見つけました。博士のもとで下働きしながら、自分の研究をこつこつと続けた、と書かれていました。すばらしいです。なんのためでもなく、そうしたいから。

あいよ、了解。
気が向いたら来るね。

 アジャパー!かささぎさん、いろいろ事情があって「明日の朝この町を、僕は出て行くのです」(井上順「お世話になりました」より)、もっともまた帰らにゃならんけど。さすがに70CCバイクはきついので、東九フェリーでのんびりと2泊の船旅、これで睡眠不足解消してきます。というわけで、パソコンアドレスはお会いした時にでも~別に匿名性に隠れてるわけではないのでご理解を。それから本のほうも、近所の八王子図書館で借りて読んだので、手元にはありません。東京に帰った後、また借りて、FAXかなんかで送ることはできますが。私がメモした部分を一部紹介すると次のような感じ。

・高校生は歴史嫌いで、特に非白人生徒は米国の歴史に嫌悪感さえ抱いている
・高校のグリークラブで「歴史の本をのぞいてごらん…われわれが誇りを高くもたなければならないかわかるから」と聖歌が歌われる
・すべての大統領に対して一段落を当てている米国の歴史教科書
・歴史の専門家ではない人が書く歴史教科書
・ベトナム戦争の結果、『アメリカ国家の興隆』を『アメリカ国民の勝利』と改題~戦争には負けたが本のカバーでは勝つぞ!という意味を込めたこの教科書が販売市場の1/4を占めている

 とにかく、今から帰省の用意、ありゃりゃ、今携帯メール見たら、いつの間にか親族~兄弟ならぬ姉弟会議までやることになってしもうとる。この連休に帰省することをちょっと後悔、皆さんにお会いできるのは嬉しいけど、もうバタバタであきまへんわ。
 ぼんさんの旦那はんは三潴出身ですか、三潴高校出身者が大学のサークルの後輩に2人いました。いや、そんな話もしたいけど、関西フォークについて、また今しござるバンド活動についてなどお聞きしたいです。場所は久留米市内ならどこでも結構、旧井筒屋前でも、旧新世界入口でも、旧一番街たがみ書店前でも。ハハハ、久留米の廃墟地ばっかりや、「廃墟の鳩」が飛んでくるかも。

おはようございます。
廃墟の鳩>>なつかし~♪ 
ノートはプリントしたら薄かったのですね★ごめんなさい。
コピーしたものをお渡ししましょうか。
今日3時頃お時間ありますか? どっかでお茶しません?
ぼんさんやseikoさんはお仕事かな?
11時頃電話しますね^^ドキドキ

タガミ書店ですって?

あのメインストリート沿いにあった大きな書店?
裏口は一番街にあってどっちからでも入れたんじゃなかった?
「女性セブン」をよく買ってた。なつかしい!

オフ会、インターネットの正しい利用の仕方のお手本のような会やね。
君たち。

アメリカの歴史教科書、私も図書館で探したくなりました。

残念、お仕事でありんす。お料理上手なエメさん、貴方の作られた夕飯が食べてみたい。かなわぬ夢ですが。

ぼんさん、我が家用やけんお口に合うかどうか(^_^;)
そんなのでよければいつでも。
出張でもしましょか。。
今日はお仕事ですか。 GWはいそがしかでしょね、、。
お気をつけて^^☆

« 封じ込め成功事例(2)  乙四郎文書 | トップページ | エメさんを待ちながら »

コメント

ETC付けてないので一般道のみで駆け抜けました。
主な立ち寄り場

○岡山県湯原温泉 砂湯(露天風呂)
○岐阜県下呂温泉 墳泉地(露天風呂)

いずれも、公道や橋から丸見え。
無料。
混浴ですが勇気ある女性は稀でしょう。
草なぎ君も、ここだったら逮捕されずにすんだのに。

○福井県 天の橋立~若狭湾

一車両の電車が通る単線と若狭湾に挟まれた道を走りながら、あの感動の名シーン(大漁旗と和久井映見の「ふるさと」熱唱)が蘇ってきました。
和久井映見、海へ行くわ。(回文)

○東京都 奥多摩
サイクリングツアーのおじさんたち。忌野清志郎が順調に回復して混じってるかも、と思いながら追い抜く。帰ったら訃報に接す。虫の知らせだったかも。

○鳥取県 投入堂 
   ↓

ほへ~~!大渋滞みたいなのに、勇気あるねえ。
ろいりさんみたいに船にのっていったのかとおもってたよ。船は例年より利用者が少ないって言ってた。
ETC、は、300台待ちだったりするからね。とりつけ。
のんびりしとらっしゃるけど、過酷なレースでもありますね。たどりつくまで、何回給油すんだろ。と気になりつつ。
どうぞご無事で。

忌野清志郎さん、お悔やみ申し上げます。

58歳。お若いですよね。
歌も知らないしファンでもなかったけど、憎めぬものがありました。三浦友和さんと同じ年で、仲が良かったとの事。(なぜか主人からの情報。)
乙四郎さんの「一般道道中記」も興味深く読ませていただきました。軽自動車で関東へ。せいこさんの娘さんが島根からから軽自動車で帰って来ていた話もすごいと思っていたので、東京への話、俄に信じがたし。でも、納得。岡山の姉の家へ、私も行ってみたくなった。

ぼん。そりゃそうと、あしたはどこでまちあわせるの。何度もぼんにメール送信したけど、跳ね返される。携帯を変えたとき、番地がかわったんじゃない。
ろっかくどうでまちあわせたら、駐車場を探さないといけないよね。
最初から駐車場つきで、食事もできるとこがよくない?って実はエメさんからの助言です。笑
カラオケはだめだよ。うるさくて話ができないし。
あとでお返事くださいまし。

何言ってんだか。
六角堂でOKじゃなかったの?
じゃあ、駐車場があって食事が出来る・・・丸星ラーメンかい?上津バイパスのほうがいろいろあるよね。昇和亭がわかりやすいかな。駐車場も広いし。止められないときはルミエールに止めればいい。どうでしょうか。

お風呂に入って考えた。

待ち合わせは昇和亭のところでする。
積もる話は琥珀亭(田山外科近くの喫茶店)に行ってする。広又のホテルも良いんですけどね。名前がわからん。行けばわかる。
ところで時間は10時でいいと?

↑ 訂正します。
自分のブログ見たら、連絡はいってました。詳しいことは明日決めましょう。

はい。ではしょうわていに十時。
わからっしゃるでしょうか。
エメさんが上津のバイパスにある中華料理やさんも教えてくれました。
あした朝一でメールします。今日すればよかったけど、おそくなりすぎ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフ会への道談義:

« 封じ込め成功事例(2)  乙四郎文書 | トップページ | エメさんを待ちながら »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31