無料ブログはココログ

« 師は着物でした | トップページ | 藤ひとふさ »

2009年4月14日 (火)

こでまりと釣鐘水仙

こでまりと

« 師は着物でした | トップページ | 藤ひとふさ »

コメント

こでまりはわかるけど、この紫の愛らしい花はなんね?
初めて見るような気がする。

いま山野草図鑑で調べました。
釣鐘水仙(和名)。ヨーロッパ原産の「シラー・カンパヌラータ」、多年草。数年間植えたままにしておくと一面に群生する、とありました。どこにあると、これ?

おお。もつべきはこんじょうのとも。
しらべてくれたんやね。産休産休。
うちにあるよ。いるなら母にいうとくよ。
ぼんがくるっていいよるから、いっしょにきたら。
うちの庭ってあまり花がないんだよね。つつじも咲かないし。でもお隣の庭がそれはきれいで、つつじ、ぼたんが見ごろです。トイレの窓から見える。笑

えっ?マジで欲しいっちゃけど。いいと?
一株でよかけん。分けてね。
かわりにフリージアの球根、お分けしましょうか?
カモミールでも、花ニラでも、ヒアシンスでも、
梅雨時期ならガクアジサイか、柏葉アジサイの小さな株でも持ってこれまっせ。笑

追伸。
たらの芽もお分けできますが・・。
母様に聞いてね。

19日日曜の午後から行こうと思っていますが、どうなさいますか。前日にでも又TEL しますね。
かささぎさんちは覚えられない。スーパーの前の、医院の横を通る道でよかったかな?
入り込むところが広川のさっちゃんちに似ているので、こんがらがってます。

はいりこむ道は、くまきちひふかの前のみち。
くさば内科とおりぬけでもいける。あいていればのはなし。でも、はいりこむみち、みおとしそう。いきすぎたら、かわさきびょういんまででてしまうからね。ともかく、くまちゃんひふかをめじるしにね。

せいこさんへ。
いらんけんね、なんも。私はからす名人だから。
母は大丈夫だけど、弱ってるから。笑

その道ってガーデンバードとかいうケーキ屋さんがあるとこ?

そ。
そのみちをつきあたりまで200めーとるほどいって、みぎおれ、そのまま家のとぎれるところまで。北のはしの奥の家。
かどのくち、となりの門と前の家の門が、わがやの門をしぜんにかたち作ってくれている。てこた、入り込む口がせまいので、かささぎのくるまは両側にすり傷がたくさんある。どうか気をつけて。ま、くるまとめるとこはたくさんありますんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/29111264

この記事へのトラックバック一覧です: こでまりと釣鐘水仙:

« 師は着物でした | トップページ | 藤ひとふさ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31