無料ブログはココログ

« 何のさなぎかな | トップページ | 何の脱け殻? »

2009年4月 5日 (日)

へれんけらー

へれんけらー

« 何のさなぎかな | トップページ | 何の脱け殻? »

コメント

たしかに、すぐに連想しますね。
   ↓

おお。この英文とてもシンプルでひびきますね。
かささぎ訳
Anne held Helen's hand under a pump while signing W-A-T-E-R into her palm. Helen's whole face lit up. The word came to life, in one moment. アンはヘレンの手をポンプの下へ突き出しては、ヘレンの手のひらに水という字を書いた。ヘレンの顔がぱっと輝いた。言葉が身体の中へと入ってきた瞬間だった。
ところで、ポンプってパンプスとおなじつづりだね。
しらなかった。心臓とかガソリンスタンドの意味もあった。
英作文でてのひらにもじをかくというとき、サインではなくライトを使いそう。それと、このリットアップの使い方、受身じゃないよね。アポストロフィは所有格だよね。顔全体がかがやいた。っていうとき、ライトアップは受動態になるっちゃないと。でも日本語といっしょのつかいかたしてるね。光源が顔なのか。主客転倒といいますか。考えれば考えるほどわからん。ゆえにてきとう。

ちいさい頃、パティデュークのヘレンケラーを観た。
W-A-T-E-R のシーンは鮮明に蘇ります。
   ↓

補足。
このポンプは、お宮にずっと昔からの姿で今もあります。
いたいけな幼児は以前お寺の写真をアップしたとき、お堂にごろんと転がされていた赤ん坊です。
大きくなりました。
「さなぎ」の写真の左端にもちょこっと写ってますね。おねえちゃんがさなぎを棒きれでつんつんしているのを、そおっと横からみてる。手に何をにぎりしめているのかな。観音堂の板壁での写真。

連句的(?)に、いい映画評に出会えました。
「奇跡の人」は、ヘレン・ケラーではなく、ヘレン・ケラーを社会に適合させ更正させることに成功したアニー・サリバンのことを指すのだ、と。この映画の主人公はサリバン先生。原題は「The Miracle Worker」。Workerとはソーシャルワーカーのこと。

アン・サリバンとよむんだとおもっていたよ。
映画みたことないのですよね。当時少女漫画でも連載やってたし、よみものでも写真つきで読んだ記憶があり、映画まで見ようというきにならなかった。
赤毛のアンには夢中になったけど。
少女フレンドとかを読んでいたころ、連載記事としてケネディ大統領のむすめの日記みたいなものがありました。なつかしい。あの時代が。

 「奇跡の人」は、25年ぐらい前?に再映画化され、その時はパティデュークがサリバン先生でした。で、ヘレン・ケラー役は誰やったじゃろか~ゲゲゲ、今調べたら1979年だから、再映画化は30年も前か、わしも年取ったもんじゃ。
 ところで日本人はヘレン・ケラーを、三重苦を克服した人としてしか認識しておらず、彼女がどういう思想家だったがゆえに評価されているのかをほとんど知らない、と偉そうなこと言いながら、私も数年前まで知らなかった。

じゃなんで知ったのです。
まさかさくらももこ先生のまんがで。

ヘレンケラー>>子供時代に映画を見ました。
大勢でみたので学校か映画館だったのかまでは覚えていないんだけど、ポンプから水を受け止めて「ワ~ラ~」っていうシーンはやっぱりすごく印象的でした☆
中学のとき英語の教科書にも一部載ってましたよね(たぶん・・)

 はい、かささぎさん、数年前に読んだ本とは『アメリカの歴史教科書問題~先生が教えた嘘』でした。この本では、日本だけではなく本家本元の米国の教科書について「『打ち勝った女性』というだけで、何に打ち勝ったのか内容がない」とか、「リンカンやヘレン・ケラーなど、指導者の最高の時の光り輝く理想主義に子供を触れさせない出版社・親・教師たち」と書いてあり、また「自由と勤勉のみのイデオロギーを拒絶した」思想家であることや、「人々は考えるのが嫌い」「結論は必ずしも心地よいものとは限らない」といったヘレン・ケラーの言葉も紹介してありました。
 そういえば乙武洋匡氏だって、ただ「五体不満足」なのによう頑張った、という評価しかしてない人が多いのではと、ふと今思いついた。

うん、まったくそうです。それ以外なにもおもいうかばない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へれんけらー:

« 何のさなぎかな | トップページ | 何の脱け殻? »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31