無料ブログはココログ

« 新明解国語辞典 (辞書にある人格) | トップページ | ちっご弁で筑後弁の思い出を語ろう。ほか、連句のお誘い。 »

2009年3月19日 (木)

カーネーション

カーネーション

むらさき色のカーネーションがきれいで、つい写しました。
去年バラをくれた隊員さんが、贈ってくれたものです。
上の壁にはマイボスのかな書道の作品が無造作に押しピンで貼り付けてあります。
このとても神経のこまやかな、勝気にみえてその実弱いところのある人と、おおざっぱでのうてんきな私とは、ふしぎと気があう。うそがない。という一点で結びついている。

« 新明解国語辞典 (辞書にある人格) | トップページ | ちっご弁で筑後弁の思い出を語ろう。ほか、連句のお誘い。 »

コメント

春色のカーネーションだね。

きょうは朝から風がつよい。
春の嵐。季語のひとつ。


気温が低いせいか、あまおうも生りが悪かった。
九時前には帰宅。
これから、裏庭で泥遊び。
これまた、春耕ともいう季語。

今日はさむかったね。
せいこさんは農業がんばってるのね。
うらやましい。
一番幸せなのは農民で仲のよい夫婦だとおもう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーネーション:

« 新明解国語辞典 (辞書にある人格) | トップページ | ちっご弁で筑後弁の思い出を語ろう。ほか、連句のお誘い。 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31