無料ブログはココログ

« 片桐ユズルの詩「幼年時代」  やなせたかしの本から | トップページ | 理に叶い法に叶い情に叶う公共事業 »

2009年3月26日 (木)

夕桜

夕桜

みやま市瀬高中学校のさくらを信号から写す。

昨日は保健医療経営大学の英語の公開講座の最終日。
たくさんの人達がみえて、盛況でした。
高校三年の時に英検二級に受かり、短大でも英語を学んだというのに。
単語も文法もきれいに忘れていた。
日常まったく英語は使わないものね。
月に二回の講座で十ヶ月、一応の中級英語を復習したことになるのですが、佐藤教授の教え方はかささぎにあっていたようで、最後まで投げ出さず、かといってがむしゃらにのめりこむこともなく(トシのせい)、自然体で、仕事がおわってからでもちゃんと通えたのはよかった。

新年度もいろいろなメニューで講座はあるようです。
シェイクスピアの古典英語を学ぶコースってのもあるのです。
かささぎはかつてボランティアでやった廃品回収でシェイクスピアのソネット集を拾って大事に持っている。(『円交五号』で乙骨五郎さんが、詩人としてはミルトンがシェイクスピアよりも上だ。なんていったことまでが蘇る。以前れぎおんにスティングの歌とシェイクスピアを絡めて書いたのも思い出します。)
興味はあるけど、俳句を英語に訳すという授業にも興味があるから、どっちか一つだけでしょう。ぼんはいろいろ言ってますが、今度は私が誘うつもりです。
詩のことばを選ぶ作業は、言語の闇に手をつっこむかたちになるから、とても役に立つような気がしています。せいこさんは来れないでしょうか。どうせなら、連句の仲間を誘いたい。

ところで、九州俳句誌153号を読んでいたら、みやま市の俳人を発見。
ご紹介します。

 みやま  森 さかえ

うろうろと過去世現世を凍豆腐
ペンギンをなるほどと思う日向ぼこ
花八手季節の言葉にぎりしめ
玄冬やまぼろしのごと人ゆけり
極月の水のかたさや飢餓草子

森さかえ(男性)の句は、諧謔的であははと笑える句が多い。
しかし、最後の二句にはっと立ち止まる。
ことに、極月の水と飢餓草子の一句は鬼気迫る。
誰かが、今という時代は平安時代の闇に通じるといってた。

かささぎは、大牟田の俳人、谷口慎也さんが開かれた句会で一度だけお会いしたことがあります。あれは何十年前だったかな。
かささぎ、四十台はじめ、若かった。
大牟田の学校のうら若き先生たちばかりの句会にたった一人で乗り込んでいきました。
句会は初めて、まるで道場破りみたいにドキドキ。
みなさまにはもうしわけないが、武装していった。
句風があちらさまの句会とは対極にあると思われる、高野素十のあまり人口に膾炙してない句を仕込んでいき、さりげに自分の句として出した。

結果は勿論というか何というか、一点も入らず。
だけどそれで妙に元気が出て、にこにこ顔で帰った。

そのときの句、まだ覚えているかな。

雪晴れの障子細目に慈眼かな

これはちがうな。これは日本画家川端龍子の義弟の茅舎の句。
これに似た句だった。中七はおんなじ。

なんとかの障子細めに花御堂  素十

(なんとかを思い出せん。或る寺の、かも。)
確認しました。

ある寺の障子細めに花御堂  高野素十

参照記事:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_174b.html

洛北の花背にある地蔵院:http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E6%B4%9B%E5%8C%97%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%83%8C%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E5%9C%B0%E8%94%B5%E9%99%A2&search_x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8&u=www.edita.jp/matsukaze2005/archive/category4-new.html&w=%E6%B4%9B+%E5%8C%97+%E3%81%AE+%E8%8A%B1+%E8%83%8C+%E3%81%AB+%E3%81%82%E3%82%8B+%E5%9C%B0%E8%94%B5+%E9%99%A2&d=DR8Ysp2uSfQy&icp=1&.intl=jp うわっ長!このなかの3月9日、地蔵院(別名椿寺)の五色八重散り椿ほかさまざまな椿。

http://www.arkys.net/hanaharu.html
案内:

地蔵院 じぞういん 京都市北区一条通西大路東入ル 075-461-1263 市バス「北野白梅町」下車徒歩2分

« 片桐ユズルの詩「幼年時代」  やなせたかしの本から | トップページ | 理に叶い法に叶い情に叶う公共事業 »

コメント

今回大学の聴講はパスしたけど、2名勧誘したよ(笑)。書類をもらいに行ったらしいけど、申し込んでるといいな。
私は今英語を習いたい気分です。英語はやっぱり水曜日?
というのも息子Yが今2Wのホームステイに行っていて、私も英語の必要性を痛感してるから。レンタル携帯から、10日めに初めて電話がかかってきたら、周りちびちゃんの声。「○○が話したいって。」7歳の長男とあいさつ程度を話し、次は5歳の妹。まあ何とかなった。そこへ部屋に入ってきたらしいママの声。なぬ!やばっ!「ママと話す?」と言われればここで嫌とは言えません。「Yはとてもいい子で、子供たちとも仲良しで、皆Yが大好き。うちの子と変えたいくらい。会いたいでしょ?」てなことをフルパワーで言われると頭真っ白。しどろもどろ。ある程度感謝の言葉を用意しておけばよかった。電話を切った後どっと落ち込む。言いたいことはいっぱいあったのに、、。又いつ何時こういうことが起きるかも知れないから、少しでも何か英語に接しておきたいなと思っている今日この頃でござんす。。

あっはっは。五月からの受講じゃまにあわないんじゃない。
たからさん。よしくんはアメリカなの。電話がほんとにこまるのって言ってた人がいらしてましたが、受講したのは会話というより英作中心で隔週水曜だったよ。こんど曜日はどうなるのかな。なんなら、受講生募集のプリントを送信しましょうか。
んで、四月十一日、土曜日。ひま?ひまなら連句会するから、きて。十時から。
こんどはこないだとはちがって、みんなちゃんとすわって6時間もいられない。三時間揃っていればいいほうだとおもってる。6時間なら歌仙が巻き上がるけど、半分の時間では何が巻けるか。それでもやりますんで、きてほしい。一人でも多い方がいい。前田先生は多忙で、みえるかどうか、もう数日返事は待ってといわれてます。全てが蓋をあけてみないとわからない状態。返事まってる。

それと追伸。そのホームステイ先からの電話。日本語だったとしても、そういう場合はなんと受け答えしたらいいのでしょうね。さんきゅさんきゅってお礼をいえばいいのかなあ。わっかんねえ!

そげんなるっちゃ。さんきゅうさんきゅうって。インターネットでメールの例があった。I appreciate your kindness very much to become host family for him.とかI am glad to know that he enjoys his life with you over there.とかThank you for your hospitality.とか。
オーストラリアだったよ。明日帰ってくるけど、すごくいい家族だったらしく、帰りたくないとかいっちょる。ただパパさんがよしのデジカメのデーターをまちがって消してしまい、共に大ショックをうけてるらしい。
コアラ抱いたのとか、ヘビを首に巻いたのとか、全部パーだとか。私も見たかったよお。残りの2日間で撮りまくったと思うが。
連句のお誘いありがとう。ただもう2年以上一句も作っていない。うかぶのかなあ。自信ないよ。予定はまだちょいとわからない。

ごめんね。きのうもねてしまった。
今ごろかぜをひいた。となりの席のセイネンもお休みしてるし、みーとぅー。のどがはれた。

オーストラリア。それにしてもよく一週間もなんの連絡もせずだいじょうぶだったねえひとりむすこなのに。ひとりむすこをもつ知人は運転もさせないよあぶないからって。
あぷりしえいと、とか、あぽろじゃいずとか、ながったらしいむずかしい単語はようでてこん。それ最後のがいちばんつかえそうだね。
この日最後にならったのは、「思う」三種。
I think~中立
I hope~肯定的希望的
I'm afraid~否定的きのどくてき。
これに適当な文章をくっつけていけそうではあるなあ。
って、よく考えたらたからさん高校英語の教師免状もってるやん。なにいうとるのね。それに新婚時代香港で暮らしたって言ってなかったっけ。こっちがおしえてもらいたいところよ。

たからさん、二年間なにひとつ作ってないの。
そりゃあいかん!
せっかく上手なのに。堂々とした格高い句がよめるのに、使わなかったら包丁は錆びるよ。
でておいでよ。沢都さんが体調不良で冬眠中、きてくれるとありがたい。用事が何もなければ、おいでというサインね。天からのサイン。ほんじゃ今日は会社いきましゅ。

救世主、mari(あ)さまですね。
私と入れ違いくらいに俳句会をおやめになったんですよね。
ぜひ、春からの英語講座、受けてください。ちょうどその頃、我が家は赤ん坊が誕生する予定。夜の蝶?としての勤めもあるし、いけないと思うよ。テキストを全部終えてないのは残念ですが、誰か先生を見つけて自分なりにけりつけます。
先生に帽子をプレゼントしたけど、気に入っていただけたか・・・気になります。

かぶってくださるとおもいますよ。うふふ。

夕桜

検索450万件中23位
奮闘しとるね

ここ。
みやま、森さかえ、俳句、検索でみえています。
連衆誌が森さかえさんのホームなのですが、九州俳句にも書いておられるのです。
美術の先生かな?
というのも、以前斧田千晴から譲り受けた画家の絵の魅力について、書かれていたから。連句的なんだって。
谷口さんも森さんもそれから美女軍団も、ぜひ、こんどの大学祭での連句会にこらっしゃれんですか?あそびにおいでください。しんけんにあそぼ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕桜:

« 片桐ユズルの詩「幼年時代」  やなせたかしの本から | トップページ | 理に叶い法に叶い情に叶う公共事業 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31