無料ブログはココログ

« ETC,etc | トップページ | 連句的。山村暮鳥と吉田渭城 »

2009年3月30日 (月)

のーんびりちっご弁「のさん談義」ばしゅい。

そういや「のさんごつ」もあったね。

九州弁で「たくさん」という言葉を知っとるだけ書いてくれんね・・・というmixiコミュニティーの中から、コピペします。

九州ではかなりの数の方言があっと思っとっとたい。

例えばさ。「たーいぎゃ」「そーにゃ」「どしこでん」みたいにさ。そりゃー~「たーいぎゃ」あっと思とっとたいね。

だいけんがさ、皆ん衆が思いつく限りの「たくさん」の方言ばだしてほしかったいね。

よかろか????

こういう事書く人、ばさらかよか人って思うさくらです。

ばさろ。ばさらか。がば。がばり。
さいんこさいんたんじぇんと。

なつかしかですね。
さくらさんな、こげん前から方言ば使いよらしゃったとですね。おみごと!

・・・よかろか????

が、がばいおかしかね。

こぎゃん昔からあたしゃここにコメントしよったばいね。
と新ためて時間の速さに驚き、また、父への手紙掲示板の日付を確かめに行く。
2006年11月3日。

ひゃー、私の知らない世界がここにありました。
2006年、なんばしよったやか?
思い出せません。

年をとると、時間が加速度的に早く過ぎるって本当だね。
さいきん、何年前ってのを正確に測れません。
きょねんとおもってることが、三年前だったりする。

 「のさんごつ」は、6歳下の朝倉高校出身のやつがよく使ってました、「暑してのさん」とか。そいつと一緒に話していた大牟田の人は「がばい(がーば)きた」というので、最初意味がわからなかった。大牟田方面では「がっかり」というような意味らしい。ありゃりゃ、「がばい」にも別の意味があったつの。そいから「佐賀のがばいばあちゃん」の影響で「がばい」が副詞ではなく形容詞的に使われているのが気になる。甲子園でも「がばい打線」とか。「がばいすごか」の「すごか」が省略されていることを忘れちゃいかんよ、間違った方言が広まってしまう。
 「そーにゃ」「どしこでん」(あるいは「どがしこでん」)「ばさろ。ばさらか。がば。がばり。」は今でも久留米でよく使います。「てーげー」は使うけど、「たーいぎゃ」は初めて聞いた。

« ETC,etc | トップページ | 連句的。山村暮鳥と吉田渭城 »

コメント

さくらさんご紹介のサイト、写真すばらしいです!なかに仏壇店のがあったりなつかしかった。きょねん広告とりにまわった。このヒデって人、連句にきてくれないかしらん。えーと・・れんくさんでてこらっしゃれんですか。わっかい子がはいってくるっとなあも出さんでもそんだけでうれしかとです。笑
じてんしゃ片手でメールしながら。そう一度はおっちゃけて怪我しよらした。
そういやこないだこげなメールが子(こんど高2)からきた。
「(おかあさんとかかあちゃんとかよびかけなし)
あの車でいつも聞きよる曲わかる!?佐藤ちくぜんの オネスティやなくて」
ああ。あれ。ラストクリスマス。昔ワムが歌ってヒットしたんて。(と答える。)
連句会、前田師切符買っておいて下さるそうです。祈るほかなし。

こんにちは
朝はバサラかヨカお天気やったバッテン、午後は雲のオオナッタね。
昔からオモヨッタとバッテン、バサラは鎌倉・室町時代に流行った風俗 バサラ(ロ)=婆娑羅やないとやか~とずぅ~っとおもっとると☆
バサロ、バサリ、バサラカ・・・八女弁も段活用で賑やかたいね~
今年の桜もバサラカきれいかったよ~
もう見に行かしゃったね~

しもた! 言い忘れた!
きれいでのさんじゃったよ~

しもた!
ちゃんを付け忘れた。
ちゃん!しもた~!

エメさん、おもしろすぎっちゅうねん!
吉本出身ですかぁ?笑

ちゃんしもた!
の「ちゃん」は、しとしとぴっちゃんのぼうやがおとうにいうときの「ちゃん」とはちがう間投詞。
きょうの題のなかの「しゅい。」は「レッツ」の意味の勧誘のことば。
こどものころは、てまりをうだいて、前のうちのすずちゃん、たっこちゃんを誘って、三人でてまり歌をうたいながらボール遊びをした。そのときの誘い文句、
「あ・そ・ぼい!」さあみなさんごいっしょに。
てまりうた。
いちもんめのいーすけさん。いのじがだいすきで。いちまんいっせんいぴゃくごく。そっからしらん。というのも、そこまでたどりつくまえにたまをおとしたけね。

遊び歌にはちょいと興味があって、八女出身の川崎洋さんのご本を借りた事があります。
「いちれつらんぱんはれつして
 日露戦争はじまった」という歌がリフレインするのです。これは載っていました。でも
「キューピーよ、かいどうよ、もうすぐ十二時よ」というのは載っていませんでした。縄跳びする時の歌です。
ご存知ありませんか?

一列乱パン破裂して日露戦争はじまった。
らんぱん。ってのが意味不明だよ。なんなの。

キューピーよ。かいどうよ。あれがまちのひだ。
ってのは、なんなんだろうね。
キューピーって、いつからいるのかな。
かわいくてぶきみ。
それに、くみあわせが意外。かいどうは花でしょう。
ぼんは特殊な歌を歌ってそだったのですねえ。

これらの歌は福井出身のばあちゃんから教わったと思います。「かいどう」は「街道」と思ってましたが、花にもありましたね。どっちだろう。
さくらさん、エメさんご存知なかですか?

ぼんさん、ひめさん、私はまりつき、ごむとび、集団なわとびなどが全然ヘタダメでした。
集団の中にいてもぼんやり空想ばかりしている子でしたので、↑にあるようなまりつきの歌は全然知りません(^_^;)
あ、でも「あんたがたどこさ」だけはなんとかまりつきができますよ♪
・・だけど考えてみたら、あやとりもおてだまも未だに苦手です・・これじゃ孫に伝承できませんね

さくらさんのブログでみた青い目をしたキューピーの小さな人形と、ぼんの紹介してくれた歌(またはゴムとびするときの歌)にあったキューピーが合致したので、ふしぎにおもって、いますこしだけしらべてみました。すると最初に作ったひとのおはなしがでてきましたよ。ほんとにかわいいなあ。愛があるよねえ。
キューピーってキューピッドからきた名づけなんでしょうね。福井県ですか。本多一族の地なんですね。

エメさん。私もうんとどんくさい子だったよ。ゆうびんやさーんおはいりーって歌いながら大きな縄飛に一人二人と入って行く遊び、あのタイミングがこわかった。だから今だに太宰府からの高速入り口で車線に合流するのがおそろしい。

おかしいよ、パソコン。お気に入りの「かささぎの旗」にクリックしたらお気に入りから消えたのです。
変なの。

高速道路を走れるというだけで、わたしはあなたをそんけいします。合流するのが恐い。行ってみればすんなりいくのですが、経験が少ないのでいまだに恐い。免許を取って30余年。高速を自分で運転したのは5回ほど。
縄跳びは得意でしたけど。何の役にも立たないですね。

よくわからんのですが、アイコンが増えていて「カササギの旗」ができてました。
素人にはさっぱりわからん。

あちゃー。
どこじゃろう。
じぶんのブログなのに、どこかわからんとです。
えーと、一昨日、九州俳句事務局長の福本弘明さんからことづかりましたといって、九州俳句編集部の堀川かずこさんから、吉田いじょう句集が送られてきました。
びびびっくりざます!
しかも。きんてい、と書かれたミニ付箋に添えられたメモには、「のさん談義」の方、連句的とコメントありがとうございました。と書かれていました。

わたしは吉田渭城という俳人をそんなに知りません。ただ、花百首によって知っているだけです。その感想をいつかどこかで書いた記憶はありますが、なんで、のさん談義なんだろね?
んんん・・・わからん。

(いま きとくのちちの しぬときがわからんのとおなじくらい わからん!)

ふしぎなことに
かささぎは
おととひも休み
今日は夜三時間だけの出勤
あす行ったら
また日曜は休み
という勤務でして
おかげで院との往復や
いろいろな雑事をこなしつつ
バテずになんとか頑張れてます



ああ、わかりました!
この日の次の日に書いてました。↓


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のーんびりちっご弁「のさん談義」ばしゅい。:

« ETC,etc | トップページ | 連句的。山村暮鳥と吉田渭城 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31