無料ブログはココログ

« 古心は古語に宿るーネイティヴ八女リカン語 | トップページ | 自我の越境体験としての連句 »

2009年3月 8日 (日)

弥生連句興行於保健医療経営大学

弥生連句興行於保健医療経営大学

歌仙 『海へ拓ける』

      捌  姫野恭子

有明の海へ拓ける春意かな       姫野恭子
  青きカンバス跨ぐ燕(つばくろ)   竹橋乙四郎
雨近し樹々に辛夷のふくらみて     山下整子
  土筆のはかま取りし爪なる      中山宙虫
えんぴつを包丁で研ぐ母のあり     八山呆夢
  色なき風に揺れる電線        東妙寺らん
 
意地張りて遊ぶふりする螽蟖(きりぎりす)  乙
  二人にされてはじかみを噛み      恭
好きすきと月をまはって来るメール     虫
  穴を覗けばみえる魚籠底        夢
この不況侍ジャパン救へるか        らん
  カンパリソーダはいつも饒舌      整
石炭を拾って帰る野川守          恭
  雑巾しぼるしもやけのゆび       乙
八幡の古き鳥居にゐる鳥よ        整
  新幹線の固い槌音           虫
紅白の配置見事に花の庭         夢
  余る寒さも隠国(こもりく)の里    らん


名残表

代々の手を借り吊るす雛飾り     夢
  ぶらんこ漕いだ長ぐつ脱げた   恭
イ短調横一列の四分音符      らん
  小石ころがり山がこはれる    虫
沸点をたやすくこえし罵詈雑言   整
  夕立となる魂ごひの果て       恭
くちづけは長し緑陰深くなる      宙
  猫のぬくもり膝枕にし       乙
藍瓶を守る老爺の庵あり       夢
  何だか自由になれた気がした   整
洋灯宿(ランプやど)余白を埋める二日月  らん
  夜長に閉ぢる読みかけの書(ふみ) 乙

名残裏

小売店皮茸(こうたけ)もある舞茸も   整
  朽ちたるものを潮が引き去る     恭
初御空北に向かひて祈りをり       夢
  これからの季(とき)それぞれの時  らん
あまたある花の蕾のほころびて     乙
  学び舎がある陽炎のさき       宙  

平成二十一年三月七日(土) 10時~4時
於・保健医療経営大学連句の部屋

資料:

キリギリス http://www.insects.jp/kon-kirigikirikirisu.htm

はじかみ http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/ha/hajikami.htm

魂ごひ  http://protophilosophy.noblog.net/blog/r/10573488.writeback

魚籠  http://www.kousyu.net/dougu-biku.html

石炭拾い  http://www.justmystage.com/home/yagisan/semro.html

イ短調の名曲  http://niseaibon.at.infoseek.co.jp/am-1.htm

皮茸  http://www.ztv.ne.jp/grdymvo1/kinoko/kotake.htm

舞茸  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E8%8C%B8


   

« 古心は古語に宿るーネイティヴ八女リカン語 | トップページ | 自我の越境体験としての連句 »

コメント

前田先生がご都合がわるくてみえず、甲四郎先生もおいでになれませんでした。天真実くんは土曜は仕事だったのよね。都合つくとき又さそいますから。
この記事を編集の際、自分の薄情さにほとほと嫌気がさしたのが、風景以外いちまいも撮っていなかったこと。毎度のこととはいえ、人物写真ははなから捨ててる。せっかくそらんさんは熊本から来てくれたのだし、学長と並んで一枚写せばよかったかも。
それとお雛様。かわいい手作りのおひなさま段飾りを八山呆夢さんがひな壇に飾ってくれていたのですが、撮ってなかった!!なんとこころ貧しい余裕のなさよ。ごめんね、おひなさま。
りかさんブログでも、ちいさな雛様発見、貼り付け↓

昭和の記憶で出てきた石炭拾いの句。資料につけた満州での体験記をよみ、先日行った隣組のとあるおうちのご主人がこういう話をなさったことを思い出しました。
近隣の電子部品工場勤務のそのかたは、テレビが日本でうれなくなった今、大陸への出張を余儀なくされた。初めて一か月の自宅待機も経験したという。300人のうち約半分が東南アジアの工場へ出向させられ、かれも近々北鮮と旧満州との境あたりへ派遣させられるそうだ。マイナス20度の自然では冷蔵庫はビールを凍らせないために使うという。
うちだけではない。どこもたいへんなんだ。
そしてみんなふんばっている。

はい。
おつかれさま。
楽しく休日を過ごさせてもらいました。
ばたばたとかたづけにはいったなか。
揚句がまわってきたって感じで。
まあ、なんとかなったような気もするし。
さすが、春。
気分的にどっかふわっとした感じの歌仙になりましたね。
今回は熊本から近くてよかった。
乙四郎さん、お世話になりました。

サムライジャパン、
韓国相手に高得点。
よっしゃよっしゃ。
命運がかかっているけん、
がんばってもらわにゃ。

すぐちかくに、高校3年生になるのがおった。女の子。さよちゃんのむすめ。15日に合うので、PRしときます。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生連句興行於保健医療経営大学:

« 古心は古語に宿るーネイティヴ八女リカン語 | トップページ | 自我の越境体験としての連句 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31